ワールド シャウラ。 ワールドシャウラのおすすめ14選|世界中の魚を狙おう!|TSURI HACK[釣りハック]

ワールドシャウラでマダイ捕獲作戦 〜ワールドシャウラ2831R

ワールド シャウラ

18 WorldShaula 17114R-2 今更だけど、約2年使用してきた 17114R セブン・イレブン 4パワー です。 自分は、発売時に旧レッドのワールドシャウラ 1754R-2から買い替えしました。 買い替えの理由としては、もう少し長さ たかが 5inch 12. 5cm が欲しかったのと、スーパーレッドの Newワールドシャウラを使って見たかっただけですが... Googleから 「17114R インプレ」で検索されて、当ブログに来てくれている方が多いので、今回アップしてみました。 スペック WORLD SHAULA 17114R-2 DCシステマチックスペシャル 夢屋X-SEAT TRIGGER 対応モデル 驚異的な飛距離を実現したスーパーロングディスタンスモデル「17113R-2」。 その記録に挑むが如く、3番パワーを凌ぐ遠投能力を備えてパワーアップしたシステマチックプロダクト。 フレッシュウォーターのみならず、サーフキャスティングにおけるジグの遠投など、全ての飛距離が武器になるシーンで高いパフォーマンスを発揮 より引用• 発売: 2018年4月• 全長: 2. 41m 7ft 11in• 継数: 2本 並継• 仕舞寸法: 130cm• 自重: 160g• 0mm 実測• 適合ルアー: 15~80g• 適合ナイロン: 16~40lb• 適合PE: MAX4号• グリップ長: 305mm• テーパー: R レギュラーテーパー• カーボン含有率: 99. 定価: 75,500円• 旧 17113R程の高弾性でピーキーな調子ではありませんが、遠投性能に特化したモデルです。 ガイドシステム ワールドシャウラ ベイト のガイドシステムは、FUJIタックルの最新ダブルフットガイドの LRVガイドが採用されています。 もちろん SIC-Sリング仕様なので、リング内径が少し大きくなっています。 旧シャウラに搭載されている LNガイド 現在は廃盤 に比べ、ガイドフット幅が狭くなっていて、ロッドの曲がりを阻害しないデザインになってます。 LRVガイドとLNガイドの口径 ただLRVガイドは、リング口径が 最大 12mmしかありません、 旧LNガイドの様に 16mmのラインナップが無いので、バットガイドが12mm径となり、赤シャウラやスコーピオンの16mm径と比べ 4mmほど小口径になってます。 組合せるリール• 18アンタレスDCMD XG もはや、これ一択しか無いでしょう。 だって、DCシステマチックスペシャルだもの... 2018年の発売時に、リールとセットで買い散財しました。 PE2. 0が230mほど巻けるので、メタルジグを遠投しても余裕があります。 スペアスプールには、ビッグベイトのキャストも考慮し、PE3. 0-160m巻いて使い分けしています。 キャスト性能 ルアーウェイトは、Max80gですが、そこはワールドシャウラ 100gを超えるジョイントベイトもオーバーヘッドで投げられます。 赤シャウラ17113Rは、高弾性でシビアなので、キャストウェイトには注意してくださいね。 DCリールも軽めのルアーは苦手ですので... 14g~100超までのルアーだと、1本でカバーする事も可能です。 このロッドを買うと誰でも試して見るのが、遠投テスト 笑。 真価を発揮するのは、1oz超えのルアーですね。 硬いロッドの特性を生かして、フルキャストしてもブレないので気持ちよく投げられます。 1ozシンカーだとあまり曲がらないのですが、ロッドにウェイトが乗るようにキャストすると飛距離がでます。 ティップもすぐに収束するので、キャスト初動時のバックラもありません。 メタルバイブやメタルジグなどの空気抵抗の少ないルアーだと、スピニング勢に引けを取りません、メタルバイブ系は、ベイトタックルだと回転しにくいので、スピニングを上回る場合も多々あります。 例えば、30gのメタルジグだと、微風くらいのコンディションだと 90~100m位の飛距離が出せます。 Pモードでダイヤル 1で投げれる物ならかっ飛びます。 ただ、中、大型ミノーなどの空気抵抗があるルアーになると、スピニングの方が飛びます。 夜間の河川で、ビッグベイトを使用する場面でも、7ft 11inのレングスで扱いやすく、18アンタレスDCMDと組み合わせれば、回転しやすいジョイントベイトでも、XBモードの性能と相まって、気持ちよくキャストが出来きます。 ロッドパワー 旧赤シャウラの 1754Rと比較しても、パリッとした硬さと強さが 17114Rにはあります。 Hクラスのバーサタイルロッドとして見た場合には、1754Rのマイルドな操作性が扱いやすかったように感じます。 自分のフィールドでは、日本でも有数な激流釣り場があるので、このロッドパワーは非常に重宝しています。 7ノット 3. 購入後のテスト釣行にて、激流域で 70cmクラスの青物が掛かったので、ドラグをフルロックして、強引に引っ張り出しましたが余裕で取り込めました。 掛かっていたフックは全て変形しましたが... かなりロッドパワーがあるので、シーバスなどの口の柔らかい魚には、ドラグをガッチリと締めた状態で強引なやり取りをすると、口切れする場合もあり、魚へのダメージが大きくなります。 魚を掛けてない無負荷の状態だと、すごくパキパキの硬調なロッドですが、魚が掛かれば綺麗なレギュラーテーパーのベントカーブで粘り強さが出ます。 ロッドを立てて待っていれば、魚が自然に浮いてきます。 グリップも適度な長さなので、ウェーディング時も邪魔にならず、リーリング時の持ち替えもスムーズにできます。 ソルトシーンでの、対シーバス用途としては、かなりのオーバーパワーだと思います。 その他の選択肢 発売時の、2018年なら選択肢が 17114Rしかなかったのですが... 操作性で言えば、ワールドシャウラで、7ft以上のレングスでは、最もパワーのある 1704Rや、今年の秋に出そうな、幾分マイルドな1754Rなどの選択肢が出てくると思います。 ルアーにアクションを付ける場合は、短いロッドの方がやり易いので、1704Rも有りなのかなぁと思ってます。 また、秋に出そうな 1833RSなんかも 2oz前後のジョイントベイトを使ってのドリフトや、遠投しても使い勝手が良さそうですね。 自分は、今のところ 9ft以上のベイトロッドに関しては、購買欲がそそられないので、秋発売のロングモデルは静観しようと思ってます。 次回は、4月に「1832R-2」が届いたら、インプレをアップしますね。 18アンタレスDCMD改造しちゃいました。 spider-sw.

次の

ワールドシャウラ ドリームツアーエディション|バスロッド|ロッド|製品情報|シマノ

ワールド シャウラ

ワーシャの試し投げ後、事件が… 試し投げ、使用感についてはまた書きます。 サーフ部分で試し投げを楽しんだ後、風がだいぶ弱まってきたので、港湾釣りでもやってみようかなーと思いまして。 ジグパラマイクロを始めとしたメタルジグを投げていたら、たまーに コンコンっっというアタリが。 珍しく魚がいるなーと思いつつ、今日は赤系に反応がいい???と思ってピンクのジグに変えて3投目。 グングングン!!!!っという大きなアタリが!!!! 慣れないフッキングを上手く決めてからたぐり寄せると、結構素直に寄ってくるけど、たまに頭を振って逃げる感じ。 なんだこれ 青物の感じではないな。 ここで釣れるといったら、シーバス? はたまた、大きめのアジ?? ボトムで食ってきたから、フラットフィッシュの類??? 正解は……… でっけぇマダイでした。 そのサイズ、 60センチオーバー なんだこの魚… 初めて見たぞ。 心臓がバクバクするぞ。 ヒットパターンは ピンクのジグをフルキャストして、 ボトムバンプさせてました。 そしたら、フォールで食ってきた感じでした。 ちなみに、釣れたジグは ムーチョルチアのピンクキャンディ(18g)。 安売りされていた小さなジグが、大きな仕事をしてくれました。 スポンサードサーチ ちなみに、いろんな人に助けてもらいました 先に書いたとおり、今日は全く釣る予定ではなかったため、タモなんか持ってきてない。 しかも、プライヤーとかが入ったフローティングベストを家に忘れるという、うっかりさん全開。 そんな時に限って釣れるという…。 近くのおじさんがタモを貸してくれたり、隣のおじさんがサクッと魚を〆てくれたり、家族連れの人がプライヤーを貸してくれたり…。 準備不足が恥ずかしくなるほど、いろんな方に助けていただきました。 特に、タモを貸してくれたおじさんは、ジグを外す時に魚が暴れて、手にフックが突き刺さったりもしまして…。 フックを一度貫通させてからカエシを潰して抜くという、話でしか聞いたことなかった光景を目の当たりしました。 ちゃんとプライヤーを持ってきてたら…と思うと、おじさんに申し訳なくて申し訳なくて…。 お礼とお詫びだけさせてもらいましたが、「大丈夫大丈夫、 指貫通しただけだから 笑 」 と、 どう考えても大丈夫じゃないだろ…という状況を笑い飛ばしておりました。 こんなブログ見てるとは思えませんが、改めてありがとうございました。 というか、ワーシャは凄いぞ なんだこのロッドは。 まず、 ルアーが飛ぶ。 マジで飛ぶ。 そして 強い。 60オーバーのマダイでも、余裕を持って寄せられました。 綺麗に曲がりつつ、粘って粘って、 ロッドの力で魚を寄せてくる感じ。 クソ高いロッドではありますが、軽くて感度が良くて強いということを実感できました。 財布のダメージはでかいけど、他のロッド投げ打って買う価値あったわ…。 スポンサードサーチ.

次の

ワールドシャウラ 17114R インプレッション

ワールド シャウラ

ワーシャの試し投げ後、事件が… 試し投げ、使用感についてはまた書きます。 サーフ部分で試し投げを楽しんだ後、風がだいぶ弱まってきたので、港湾釣りでもやってみようかなーと思いまして。 ジグパラマイクロを始めとしたメタルジグを投げていたら、たまーに コンコンっっというアタリが。 珍しく魚がいるなーと思いつつ、今日は赤系に反応がいい???と思ってピンクのジグに変えて3投目。 グングングン!!!!っという大きなアタリが!!!! 慣れないフッキングを上手く決めてからたぐり寄せると、結構素直に寄ってくるけど、たまに頭を振って逃げる感じ。 なんだこれ 青物の感じではないな。 ここで釣れるといったら、シーバス? はたまた、大きめのアジ?? ボトムで食ってきたから、フラットフィッシュの類??? 正解は……… でっけぇマダイでした。 そのサイズ、 60センチオーバー なんだこの魚… 初めて見たぞ。 心臓がバクバクするぞ。 ヒットパターンは ピンクのジグをフルキャストして、 ボトムバンプさせてました。 そしたら、フォールで食ってきた感じでした。 ちなみに、釣れたジグは ムーチョルチアのピンクキャンディ(18g)。 安売りされていた小さなジグが、大きな仕事をしてくれました。 スポンサードサーチ ちなみに、いろんな人に助けてもらいました 先に書いたとおり、今日は全く釣る予定ではなかったため、タモなんか持ってきてない。 しかも、プライヤーとかが入ったフローティングベストを家に忘れるという、うっかりさん全開。 そんな時に限って釣れるという…。 近くのおじさんがタモを貸してくれたり、隣のおじさんがサクッと魚を〆てくれたり、家族連れの人がプライヤーを貸してくれたり…。 準備不足が恥ずかしくなるほど、いろんな方に助けていただきました。 特に、タモを貸してくれたおじさんは、ジグを外す時に魚が暴れて、手にフックが突き刺さったりもしまして…。 フックを一度貫通させてからカエシを潰して抜くという、話でしか聞いたことなかった光景を目の当たりしました。 ちゃんとプライヤーを持ってきてたら…と思うと、おじさんに申し訳なくて申し訳なくて…。 お礼とお詫びだけさせてもらいましたが、「大丈夫大丈夫、 指貫通しただけだから 笑 」 と、 どう考えても大丈夫じゃないだろ…という状況を笑い飛ばしておりました。 こんなブログ見てるとは思えませんが、改めてありがとうございました。 というか、ワーシャは凄いぞ なんだこのロッドは。 まず、 ルアーが飛ぶ。 マジで飛ぶ。 そして 強い。 60オーバーのマダイでも、余裕を持って寄せられました。 綺麗に曲がりつつ、粘って粘って、 ロッドの力で魚を寄せてくる感じ。 クソ高いロッドではありますが、軽くて感度が良くて強いということを実感できました。 財布のダメージはでかいけど、他のロッド投げ打って買う価値あったわ…。 スポンサードサーチ.

次の