餃子の王将 チャーハン レシピ。 「林修の今でしょ」パラパラチャーハンの作り方!桃の木・チャーハン王・ふーみん・王将が伝授!

【人気1位】美味しい王将のチャーハンの作り方。炒飯再現レシピ

餃子の王将 チャーハン レシピ

安くてウマイことで知られる大衆中華 『餃子の王将』。 餃子もイイけど、天津飯や焼き飯もイイ。 関西出身の筆者(沢井)は、王将が大好きだ。 ……なのに、それなのに!! ロケットニュース編集部の徒歩圏には『餃子の王将』がないのだ! なんでや、なんで編集部を王将の近くにせんかったんや!! 私はいま、王将の焼き飯が食べたいんやぁぁぁぁぁぁぁぁ!! ……と、嘆いていると耳寄りな情報が! なんと最強中華調味料 「味覇(ウェイパァー)」で炊いたご飯を使うと「王将に限りなく近い焼き飯」が作れるというのだ。 マジかよ! 以下のレシピで作ってみたぞ!! 味覇の分量は人によって諸説あるようだが、今回は、以前作った「」の分量を基準に作ることにした。 ・食べてみた 火を入れてから5分で完成して驚愕。 こんな簡単で、ホンマに『餃子の王将』の焼き飯になるんやろか? 半信半疑で食べてみると……こ、これは!? 鼻に抜ける油と鶏ガラスープの香り。 コッテリとしながらもしつこくなく、食べれば食べるほど食欲を刺激する魔性の味……王将や、『餃子の王将』の焼き飯にソックリや!! 目を閉じると、そこは王将。 幼い頃に聞いた「メグちゃん、お昼は王将にしよか?」という父の声が聞こえた気がするくらい王将の焼き飯だった。 ・王将マニアにも食べてもらった「これはアリ!」 餅は餅屋! 熱烈な王将ファンにも聞いてみよう!! ということで、ロケットニュースの王将王(おうしょう・おう)こと和才記者にも食べてもらったところ……「これめっちゃウマいですよ。 コクがあってウマいですよ。 マジで」とのこと。 王将マニアからも「これはアリ」との判定だった。 やった! もちろん、『餃子の王将』で焼き飯を味わうのがベスト。 しかし、今後、あなたの家や職場の周りに常に『餃子の王将』があるとも限らない。 そう、失ってからアタフタしているようでは遅いのだ。 そんなときのための「味覇で炊いたご飯でチャーハンを作ると『餃子の王将』の焼き飯になる」という豆知識、覚えておいて損はしないはずである。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

[ウワサのお客さま]王将 リュウジ先生・餃子麻婆豆腐レシピ3選!

餃子の王将 チャーハン レシピ

餃子のよくある質問 レシピに関連したよくある質問の答えです 中国で餃子とは? 中国では餃子は皮を食べるもの。 シュウマイは中身を食べるものと言われる。 餃子のカロリーは? 一般的な餃子は1個生が30〜50kcal。 焼けば1個50〜75kcalになります。 外食なら1個90kcalにもなります。 このレシピの基本の餃子では、1個生で32kcal、焼きで38kcalです。 エビ入り餃子のカロリーは、1個生で29kcal、焼きで32kcalです。 餃子のコツ、ポイントは?• 野菜の水気をよく切る 餃子をカリッと焼くためには、 野菜の水気をよく切ることです。 キャベツをゆでて使う場合も、みじん切りにして水気を絞りましょう。 もんで水気を絞ります。 肉だけでよく練る 野菜を入れないで、 ミンチだけでよくこねることもポイントです。 粘り気が出て、焼いても野菜の水分をのがさないので、ジューシーな餃子になります。 目安は白っぽくなって粘りが出るまで。 野菜を加えてからは軽く混ぜる 野菜を加えたら、 混ぜすぎないようにしましょう。 混ぜすぎるとまた野菜の水分が出てきて、たねがべちゃべちゃになります。 水ではなく熱湯を入れる 水だと沸騰するまでに時間がかかり、その間に皮にしみ込んでいくので、ふやけて焼き上がりがベチャッとします。 熱湯を入れましょう。 皮がパリパリにならない時は? 少し火力を弱めてじっくり焼いてみて下さい。 焼き色をつけようと強火で一気に焼くよりも、皮がパリパリになって、カリッとした食感も長持ちします。 プロの技を知りたい? 名店レシピに関するテレビの情報を見たのですが、作り方の参考になればと思います。 市販の餃子にはラードやごま油がたっぷり入っていることもわかります。 作り方• 具を一日冷蔵庫で寝かす。 具に胡麻油を入れたり、古い油をつなぎに入れる。 旨みの他、ジューシーになって、たねのパサつきを抑えるため。 焼く時は水をたっぷり入れ、ふたをして5分蒸す。 湯を捨て、ごま油を回しかけてパリッと焼く。 すると外はパリッ、皮はもちもちの餃子ができる。 長く焼くとコシがなくなるので、たっぷりの湯で焼いて捨てるのだそうです。 麺をゆですぎるとコシがなくなるのと同じ理由だとか。 (業務用鍋なので最初に水を入れても温度管理は大丈夫。 ) プロのレシピは? テレビで見た別の名店レシピの情報です。 作り方• 砂糖、塩、胡椒、酒、醤油、ごま油、ラードをミンチに混ぜる。 野菜はおろししょうが、おろしにんにく、長ネギ、キャベツ(ゆでずに生を使用)、ニラ。 たっぷりの湯で蒸し焼きをした後、湯を捨てる。 油をぎょうざにかけ回して焼き上げる。 エビをあんに混ぜ込みたいときは? 包丁のハラで押しつぶしてからたたくと粘りが出ます。 食感も残したい場合は、半分を粗みじんにします。 肉と野菜の割合は? 一般的な餃子を作る場合ですが、肉が多いと固いあんになります。 肉と野菜が 1対2くらいの量にすると、出来上がりが柔らかいおいしい餃子になります。 しかし、ダイエットレシピでは野菜をもっと多く入れましょう。 余ったら冷凍保存できるの? 餃子は冷凍保存できます。 皮どうしがくっつかないように冷凍するのがポイントです。 保存方法• ラップを敷いたバットに、餃子がくっつかないように間隔をあけて並べる。 バットごとチャック付きポリ袋に入れて閉じ、冷凍室に入れる。 完全に凍ったらバットをはずして餃子をバラバラに入れ、そのまま冷凍室で保存。 2週間ほど保存できます。 食べるときは解凍しないで凍ったまま焼きます。 宇都宮餃子レシピを知りたい? テレビの料理番組で見みた宇都宮餃子のニラ餃子のレシピです。 あんを作る時に、まず先に醤油だれを作るそうです。 作り方• 醤油、ごま油、塩、砂糖、ニンニク、生姜、卵を混ぜて醤油だれを作ります。 それに豚のひき肉を加えて混ぜる。 ネギとニラのみじん切りも加えて混ぜる。 包み方は、手前に三角ゾーンを作ってから、ひだを右から左に寄せていく。 ためしてガッテンの餃子情報(1) ギョウザをプロ並みにおいしく焼くワザ (ためしてガッテン暮らしの役立ちワザ事典より) おいしい焼きギョウザのポイントは? プロが焼いたギョウザは、 皮が透き通ってモチモチしているのが特徴。 これは、皮のでんぷんが 大量の水と熱で「 糊化(こか)」するからです。 「焼く」ではなく「ゆでる」ことでモチモチに 家庭でギョウザを焼くときには、先に焼き目をつけてから少量の水で蒸し焼きすることが多いようですが、 最初にたっぷりのお湯でゆでて皮を糊化させるのが、おいしい焼きギョウザのポイントです。 焼き目をパリパリにするにもゆでてから焼くのが鉄則! おいしい焼き餃子のもうひとつの条件は、皮の表面にきれいな焼き目がついてパリッとしていること。 そのためには、ギョウザを ゆでたあとに油を加えて、焼き目がつくまで1分半ほど焼けばいいのです。 糊化がうまく進んでモチモチになっているほど、焼き目はパリッとします。 ふっくらジューシーな具の作り方は? 1、最初に肉に塩だけを加えてよくこねてから調味料を加え、2、野菜を加えたら軽く混ぜるのがポイントです。 ひき肉に塩を加えて よくこねる。 調味料を加える。 全体が白っぽくなって粘りが出てくるまでさらによくこねる。 持ち上げて軽くふっても落ちなくなればOK。 しんなりしたらもんで水気を絞っておく。 3にこのキャベツ、ニラ、長ねぎを加えて全体を 軽く混ぜたら具にラップをかけて 冷蔵庫で2時間冷やす。 具を包んでモチモチにゆでる• ひだを寄せて閉じる 皮のふちに水をつけ、ひだを寄せてくっつけていく。 具は皮の中心より右に寄せて置くと、ひだを作るときに具がずれずに中心におさまる。 熱湯を注いで3分ゆでる 油はひかずに、ギョウザの高さの半分まで熱湯を注ぎ、フタをして強火で3分ゆでる。 (冷凍ものは4分)• 湯を捨てサラダ油を加えて1分半焼く 3分ゆでたらフタのすきまから湯を捨てる。 サラダ油大さじ1を回し入れ、フタをして約1分半、焼き目がついてパリッとするまで焼く。 1分半はあくまで目安。 美味しそうな焼き目がついたら、できあがりです。 ためしてガッテンの餃子情報(2) ためしてガッテン決定版! ギョーザの鉄則 ここからは、ためしてガッテンのホームページからの要約です。 ためしてガッテン流で焼くと、なぜ皮はパリパリ、もちもち、具はジューシーになるのか、その理由を記しておきます。 宇都宮がギョーザの街となったのは何が日本一だから? ギョーザの購入額が日本一。 日本で一番ギョーザを買って食べている市。 名人が焼いた餃子はどんな感じ? 名人が焼いた餃子は、皮はパリッ、もちもち、具はジューシー、具が透けて見える。 主婦が焼いた餃子はどんな感じ? 主婦が焼いた餃子は、皮は硬い、かちかち、具は生焼けっぽい、具が見えない。 名人と主婦の焼き方の違いは? 名人の焼き方 名人はまずお湯を入れて、その後お湯を捨てて、油を入れ焼く。 1度焼き。 主婦の焼き方 主婦は先に油を入れて焼き目をつけ、後で水を入れてなくなったら完成。 2度焼き。 どうしたら皮が透明になるのかスタジオで実験 水がたっぷりの時は、70度Cくらいで皮は 透明になる。 大きさも大きくなった。 水が少ない時は、70度Cを過ぎても白くなるだけで透明にならない。 大きさ変化なし。 糊化(こか)するともちもち&透明になる? でんぷん粒が 大量の水と熱で変化する事を「 糊化(こか)」という。 この糊化を起こしているかどうかが美味しく焼くポイント。 糊化すると もちもちした食感が生まれ 透明になる。 ギョーザの底の温度を測定してみた 名人 すぐに100度Cで十分加熱。 水を入れて急降下。 さらに具の温度変化も測定してみた 名人 すぐに100度Cに。 十分加熱。 主婦 なかなか100度Cに上がらない。 最後にようやく70度Cくらいに。 これが生焼けの原因。 ジューシーさの秘密は? 名人はまず醤油、塩などを入れ、肉だけで よくこねると保水力バッチリ! こね不十分だと保水力弱い。 よくこねるとジューシーさが引き出される。 ミオシンが 編み目構造を作るので、水を保持する力が強くなる。

次の

餃子の王将の再現レシピ9選!すぐに簡単♪外食気分!| 知らないと損しちゃう美容の教科書

餃子の王将 チャーハン レシピ

今日は皆さんが大好きな王将のチャーハン(焼き飯)を自宅で作る再現レシピをご紹介します。 このページにたどり着いた方は、おそらく本当に王将のチャーハンが大好きな方で、かなりマニアックな部分まで頑張って調べてこられたと思います。 なぜなら一般には知られていないチーユ、ラード、ネギ油、いの一番などの調味料も含まれているので、おそらく今ご覧になっているあなたは相当の本格派であと一歩の所まできていることでしょう。 せっかくご覧いただいたのでガッカリさせないためにも、このページで「これだ!」と満足してもらえるためにも、すべて包み隠さずお教えします。 王将そっくりのおいしいチャーハンが完成した方は是非教えてくださいね! それではいってみましょう!! 炒飯を作るのに必要な道具• 中華鍋(鉄なべ推奨。 なければ一般用フライパンでも可)• お玉(ステンレスでも鉄製でもOK• 高火力が出るガスコンロ(なければカセットコンロ) まず王将のようにパラパラのチャーハンを作るには、高火力が一番重要になります。 熱しやすく冷めにくい鉄製の中華鍋は中華の世界では必需品です。 中華鍋はネットでも買えますし、ほぼ永久に使えるので1家に1つは持っておいても良いと思います。 こちらは持ち手が熱くなるので、フライパン用ミトンやぬれた雑巾などを使って鍋を持つか、持ち手が木製の中華鍋を選ぶといいでしょう。 3人分以上は一度に作らず、2回に分けて作りましょう。 (3分で出来ます) そしてIHや火力が勝手に弱まってしまう家庭用コンロでは、パラパラになる前に火力が弱くなってしまいますので、 火力が弱くならないガスコンロが必要です。 実は日本の家庭用ガスコンロはほぼすべてが火事防止のためにセンサーがついており、一定の温度になると火力が小さくなってしまいます。 そのため 家庭で作るときにはカセットコンロがおすすめです。 ちなみに私が自宅でパラパラチャーハンを作るときは家庭用コンロですが、真ん中のセンサーを取り外して火力が小さくならないように改造しています。 ごはん:1合(普通より少しだけ水少なめで炊くといい• オリーブオイル:(サラダ油でもOK)• ニンニク:1個 ひとたま• ネギ油:(あればでOK)• ごま油(あればでOK)• チーユ(鶏油):大さじ1(ラードや牛脂で代用可)• 塩:2つまみ• 胡椒(ホワイトペパー):2つまみ• 砂糖:1つまみ• いの一番:小さじ2(または味の素)• 醤油:大さじ1• 酒:大さじ1 (中国お酒推奨。 なければ適当な料理酒)• 卵:2個(1人分なら1個)• チャーシュー(ブロックベーコンでもOK :おこのみで• ネギ:1つまみ 一番左に見えるのはマヨネーズではないですよ!(笑) これはスーパーで買えるラードになります。 プロ秘伝!王将チャーハンの作り方(完全再現) 1.鍋慣らし用油を準備する まずは小さな鍋に皮をむいたニンニク1個分とオリーブオイルをどさっと入れて弱火で火にかけます。 ネギ油、ごま油もあれば大さじ3程いれてください。 フツフツしてきたら更に5分温めて、オイルポットなどにニンニクとオリーブオイルをまとめて入れておきます。 これは次回からも何度も使うので常温保存しておいてください。 オイルポットに作り置きした「慣らし用油) この手順が面倒な方は省略してもいいですが、できれば大さじ2の油に対してニンニク1かけら程度を温めて、油にニンニクの香りを移しておくと仕上がりが変わります。 2.中華鍋に火をかけて鍋慣らし。 中華鍋に火をかけます。 煙が出てきたら「1」で作った慣らし用ニンニク油をお玉2杯分ほど入れて、鍋全体になじませます。 これは鍋にご飯がくっつかないようにするためと、王将のようなおくゆきのある味わいにつながる重要な工程になります。 中華鍋を持っていない場合は、一度ご飯を電子レンジでアツアツにして、卵とご飯を混ぜ合わせてからフライパンに投入しする方が確実にパラパラの炒飯ができます。 この場合は5の手順に進んでください。 有名な中華料理のシェフも言っていましたが、「炒飯は字の通り炒めるものだというけれど、自宅でフライパンを使って作るなら、先にご飯と卵を混ぜ合わせる混ぜご飯が 絶対に一番いい。 」です。 3.オイルポットに油を戻して調理開始 鍋慣らし用のニンニク油をオイルポットに戻したら、鍋に残っている油は拭き取らずに、チーユ(鶏油)またはラードを大さじ1と、新しいオリーブオイルを大さじ1入れます。 サラダ油でもいいですが、オリーブオイルの方がパラパラになりやすくて、ヘルシーなので出来るだけ太りたくない方にもおすすめです。 ラードや牛脂は出来上がりが牛丼やカルビ丼のような甘い味になりやすいので、ラードや牛脂を使う場合は小さじ1程度で十分です。 ダイエット中なら白ご飯の代わりに玄米もおすすめですよ! 火力は強火のままで始めますが、油を入れたあとに煙がモンモンと出てくると油がコゲ臭くなりますので、すぐに調理を始められない場合はいったん火を止めて、調理開始する直前に強火で火をつけたほうが安心です。 ここから一気に作るので材料はすべて準備しておいてください。 調味料は1つの小皿に全部入れておくといいです。 4.溶き卵とご飯を炒める 溶き卵2個(1人なら1個)を入れたらすぐに白ご飯を入れます。 卵が固まってしまう前にご飯と混ぜ合わせ、全体的に卵色にご飯が黄色っぽくなっていれば大丈夫です。 まずは鍋をあまり振らずに、ご飯全体が鍋にあたるようにお玉でかるくつぶすように広げます。 ご飯の品種は何でもいいです。 私は魚沼産のコシヒカリを使っています。 炒飯には硬めの「ゆめぴりか」や「あさひの夢」を使っていた時期もありますが、正直なところ、カセットコンロと中華鍋があれば殆ど どんなお米でもパラパラになるので、普段使っているお米を少し水少なめで炊いてもらえればいいと思います。 私はカロリーを気にしている時でもチャーハンを食べたいので、たまに玄米を使って炒飯を作っています。 5.パラパラになってきたらチャーシューを入れる すぐに塩や具材を入れるとご飯から水分がでてくるので、 ある程度パラパラになってきたらチャーシューを入れます。 次に 調味料(塩、胡椒、砂糖、いの一番)を入れて炒めます。 上記の調味料が無ければ少量の小さじ2程度のウェイパーを使っても美味しいです。 その後にネギを加えます。 ネギはしっかり火を通さなくて大丈夫です。 ここからは鍋をふり、お玉などで素早く切り混ぜるように水分を飛ばします。 6.仕上げ 仕上げには 醤油を少々鍋はだにかけて、醤油を焦がすようにして香りづけをします。 最後は お酒を少々かけて10秒ほど炒めれば完成です! お酒の工程は、飛ばしすぎた水分を戻し、パラパラなのにしっとりしたコクのあるチャーハンを作る重要なポイントです。 出来上がった炒飯がこちら。 パラパラなのにしっとりしていて、口もとに近づけただけで、もう、ウマいです。 いの一番や、砂糖、お酒など聞くと驚かれるかと思います。 私も調理学校の先生に聞くまではお酒を入れる事にびっくりしましたが、パラパラなのにご飯が柔らかくおくゆきのある味わいにする決め手となっているのです。 このレシピは私が王将に何年も通って自分の舌と直感を信じて、プロの料理人からもアドバイスを受けながら完成したレシピなので、実際の王将とは作り方が違うかもしれませんが、是非お試しください。

次の