犬鳴 村 解説。 映画【犬鳴村の解説】怖いシーンや実在する犬鳴トンネルを詳しく説明

【映画】犬鳴村のあらすじネタバレと感想!予告動画が怖いと話題に!

犬鳴 村 解説

2月7日の金曜日に劇場公開されてから、 話題を呼んでいる映画「犬鳴村」 監督は、 呪怨シリーズや 「バイオハザード・ベンデッタ」を 手掛けた清水崇氏が担当。 実在する心霊スポットを舞台に したことが話題性を呼んで ヒットに繋がったようにも 思われますね。 この記事では、そんな映画 「犬鳴村」について、• あらすじを含むネタバレ• 最後のラストシーンを考察 という括りでまとめていきたいと 思います! この記事を読んで頂くことで、 映画「犬鳴村」をご覧になった方は、 余韻に浸る(作風でもないかもですがw) ことができますし、 まだ観ていない方も、予習できるような 内容となっていますので、 最後までご覧頂ければと思います。 精神が壊れてしまった女性や 行方不明になった人物など、 そして続々と発生する人の死。 そんな不思議な出来事が 起き続ける中で、奏はひとりの 女性がいきなり死んでしまうという 現場に鉢合わせてしまいます。 その女性は、死ぬ前に 「犬鳴トンネル」と呼ばれる 心霊スポットの存在と、 そのトンネルの先にある村に ついて語り、息を引き取りました。 その女性が最後に語った 「犬鳴トンネル」とその先に ある村が、 これまでの奇怪な出来事と 関係していると考えた奏は、 真相を明らかにするために 問題の「犬鳴トンネル」に 向かうことを決意します・・・ 次々に起こる不可解な死 引用元 映画「犬鳴村」制作委員会 精神科医の森田奏が勤務する病院では、 奇妙な出来事が連続して起こっていました。 彼女が担当する患者の中に、「遼太郎」 という少年がいて、最近奇妙な夢を見ると 告白をします。 ママが悲しむから」というもの。 遼太郎は、実は身寄りのない 女性が産んだ子供で、 遼太郎の父親が妻には黙って いたことが劇中で語られています。 そして、「あっちのママ」は 恐らく犬鳴村の血筋の人間かと。 話は前後しますが、以前奏の兄である 悠真は、彼女の明菜と心霊スポットと呼ばれる 「犬鳴村」に足を運んでいました。 最初はおふざけ気分もあったのか、 はしゃぐ様子も見られたものの、 悠真とはぐれた後に、 とてつもない恐怖体験をしたせいか、 錯乱状態に陥ってしまい、 奇妙な童歌を口ずさみながら、 気持ち悪い絵を描くようになって しまいました・・・ 明菜は「トイレに行く」と言ったきり、 悠真の部屋を出たまま帰ってこないので、 しかも、弟の康太が明菜を見かけた ときにはお漏らしをしながら 歩いていた様子。 その後身内で明菜を探しに行き、 ようやくみつけたと思たら、 明菜は悠馬に「もうすぐ行くよ」と 電話で謎のメッセージを語り、 鉄塔の上から身を投げて命を 絶った後、彼女の身体は悠真の 目の前で落下してしまいます。 のちに判明した死因は墜落死ではなく、 溺死だったとか。 明菜の葬儀では、明菜の家族が 取り乱した様子で悠真に怒りを ぶつけていた様子。 森田家は何も言い返すことが できず、頭を下げる事しか できずにいた。 葬儀が終わった後、医師の上野と 晃が会話していて、 明菜の死について事情を知っていた 様子だった・・・ スポンサーリンク 明菜の死因を突き止めるために、犬鳴村に 引用元 映画「犬鳴村」制作委員会 悠真は明菜の死因を突き止めるために、 友人3人を連れて犬鳴村に向かいます。 ところが、友人はすぐに悠馬を置いて 帰ってしまう始末・・・ しかし、弟の康太が車の中に 隠れていてこっそりついてきていて、 悠真を助けようとするも、 ふたりともトンネルの中に消えて行って しまいます・・・ その後、森田家の主治医である 山野辺が病院に運ばれたが、 ベッドの上で溺死してしまい、 悠真の3人の友人は、トンネル付近にある 電話ボックスの中で遺体となって 発見されるという、 これまた奇妙な出来事が起こって いました・・・ 奏も犬鳴村に・・・ 引用元 映画「犬鳴村」制作委員会 奏の父・晃は母・綾乃に対して 冷たくあたっていました。 そのことを怪訝に思った奏は 母方の祖父の家に行き、 祖父と今は亡き祖母との思い出 話をしているなかで、 思わぬ事実が発覚します・・・ なんと、奏の祖母は祖父が子供の頃に 家の前に捨てられていた子供だった とか。 また、祖母には幼少期から不思議な 能力があったとのことで、 例えば他人の妊娠の有無や、 死期を予期することができたと いいます。 その話を聞いて、奏は過去に 祖母ととある青年を見かけたことが あったことを思い出します。 祖母の墓参りに行った奏は、 そこでかつて見かけた謎の青年と 出会い、 「見せたいものがある」と言い、 奏をとある場所に連れて行って、 昔の犬鳴村の様子が撮影された フィルムを見せられます。 そこでは、土壌が悪いような土地で 生活している人たちが、 狩りをして自給自足している様子が 描かれていました。 そんな平穏に暮らしていた村に、 とある企業が村にやってきてから 事態が一変します。 犬鳴村に関する悪評を流し、 他の部落との交流を絶たせる といった酷い仕打ちをして、 孤立無援の状態に追い込みます。 また、その企業は犬鳴村の土地を ダムにしようと計画していたようで、 尚且つその企業のトップは奏の 父方の祖父であることが発覚。 そして、青年と共にこれまでの 事件や、悲しい過去の悲劇を止める ためにと犬鳴村に行くことを決意します。 犬鳴村で発覚した事実とは・・・? 引用元 映画「犬鳴村」制作委員会 犬鳴村にやってきた奏は、 行方をくらませていた兄の悠馬と 弟の康太を探します。 道中で、犬に襲われるものの、 なんとかして兄弟を発見します。 ふたりの兄弟は檻に閉じ込められて いましたが、なんとか助け出すことに 成功します。 その後、奥のほうから女性のうめき声が 聞こえてきて、共に来ていた謎の青年が その女性に近づいていくと、 出産後間もない赤ん坊と、女性(摩耶) が横たわっているのを目撃します。 青年は、奏に赤ちゃんを託して 「俺たちの子供を守ってくれ」 と叫びますが、 摩耶が「赤ちゃんを返して!」と 赤ちゃんを取り返そうとしてきます。 しかし、そのまま村を脱出すべく トンネルを抜けようとする途中で、 悠真は奏と康太を逃がすために 女性を取り押さえようとしますが、 噛みつかれてしまいます。 彼女の後ろには村人たちの 幽霊のようなものが襲い掛かろうと していました。 奏と康太はなんとかトンネルを 抜けることができたものの、 とある民家の前で気絶して しまいました。 家から出てきた少年は、赤ん坊の 存在に気が付いたのか、 家の中に連れていきました。 しかし、少年には奏たちの存在には 見えていなかったためか気づかなかった 様子。 実は、この 少年と赤ちゃんは、 奏の母方の祖父と祖母であることが わかりました。 また、その後兄が遺体となって 発見されたのですが、 彼の足元には、(恐らく謎の青年と 摩耶の)ふたりの遺体がしがみついた 様子でした・・・ そして、事件は収束して片付いたと 思ったものの、 奏の患者だった遼太郎が退院するとき、 病院を出る遼太郎のそばには、 「あっちのママ」がいて、 振り返った奏の口からは牙が 出ているのがわかりました・・・ inunakimura2020 がシェアした投稿 — 2019年11月月15日午前2時28分PST ラストシーンの考察 奏の患者だった遼太郎が退院するときに、 「あっちのママ」がいたり、 遼太郎が振り返った時に、奏の口から 牙が出ているのが確認できたのは、 奏が犬鳴村に行って、謎がわかり、 自分も犬鳴村の住民の血を引いて いることがわかったために、 「覚醒」したことを示すサイン だったのではないかと思います。 「あっちのママ」というのは、 犬鳴村の住民のことで間違いない でしょうし、 遼太郎も実は犬鳴村の住民の 血を引くものだったのでは ないかと。 それを裏付けるものは、 少年の現在の両親は実の親では なく、 身寄りのない、既に亡くなった 女性の子供であることが 語られているからです。 謎の青年と摩耶の正体とは? 恐らくですが、謎の青年は奏の 恋人だったのではないでしょうか? 摩耶はひいおばあさんにあたるの だと思われます。 但し、謎の青年が奏のお婆さんの 実の父親かどうかはわかりません。 摩耶は犬に捕らえられていた 小屋の中で出産していたので、 もしかすると、本当に犬が 種付けしたことで生まれた 子供だったかもしれないからです。 パンフレットには、摩耶が 犬と交わることで霊的な 能力を持つようになると 書かれていましたし、 摩耶が犬のような化け物に変化 したことからも、 犬と交わっていたことは 事実なのでしょう。 しかし、摩耶の一族は、 巫女として飢餓や災害を 乗り越えるために、 犬と交わることをしていた とのことなので、 元々は人に危害を加えることは しないのだと思います。 しかし、ダム建設の事故によって 亡くなったことがきっかけで 現世を彷徨っているため、 元々持っていた能力が、 血筋のない人間には呪いと なってしまったのではないかと。 だけど、摩耶の両親が 剛雄と加耶子っていうのは ファンサービスなんでしょうか?! 犬鳴村の特徴について また、本作でわかった犬鳴村の 特徴は以下4点になります。 犬鳴村の血筋の人間は犬化する 可能性が高い• 奏の祖母のように、不思議な能力を 持つタイプも存在する。 この要素を見る限りでは、 映画「サイレン」や、 「リング」の貞子の母親の 要素を感じたりもするのは 気のせいでしょうか?! なんとなく、清水崇監督の 作品だからかもですが、 終わり方がハッピーエンドでは なくて含みを持たせる感じなのは、 どこか破滅的というか、 呪怨とも重なる感じがしますね。 ただし、奏が犬化したからといって 人間に危害を加えるかどうかは わかりませんし、 うまくとけ込んで隠し通して いくような気はします。 【追記】エンドロールに女性の顔が?! 引用元 犬鳴村 エンドロール動画 現在、SNSを中心に話題になっている、 本作のエンドロール動画に女性が 映りこんでいるという説について。 これは、制作側も気づかなかった とのことでしたが、 これが一体何なのかはわかりません。 ツイッターでは、木や石なんじゃ ないのかとも言われているものの、 不気味な事には変わりないですから。 一応お祓いでもしといたほうが いいような気はしますがね・・・ 映画「犬鳴村」の感想 inunakimura2020 がシェアした投稿 — 2020年 2月月5日午前5時17分PST 主人公の奏を演じた三吉彩花さんの事を、 昨年公開された「貞子」で主演を 演じた池田エライザさんとごっちゃに してしまいました。 役柄も、病院勤務だったし 雰囲気がなんとなく似ている気も。 特に「呪怨」に出ていた奥菜恵さんや、 高嶋政伸さん、石橋蓮司さんの演技も インパクトがありましたね~ 実際にこの作品のような出来事が あったとしたら怖いですが、 映画の製作前に清水監督を はじめとする制作陣が、 福岡県にある旧犬鳴トンネルに 足を運んだそうですが、 当初は昼と夜の2回以降と 予定していたものの、 夏の暑い昼間に行ったときに 寒気と恐怖を感じたとのことで、 夜の視察は取りやめにした というエピソードがあるようです。 そんなわけで、危険スポットと 呼ばれるところにはやたらと 足を運ばないほうが良さそうですね。 映画「貞子」でもシーンとして 取り上げられていましたが、 ユーチューバー的な存在の 青年が危険スポットに足を 運んだために、 結局死んでしまうという 展開がありました。 個人的には、こういう作品は 注意喚起でもあると受け止めて、 悪ふざけで足を運ばないよう 心掛けていきます! また、物語のネタでいうと、 劇中で犬化していたことから、 奏がラストで牙を生やすシーンの フラグが立っていたように 感じます。 だけど、奏のおじいちゃんの隼人には 襲い掛かることもなく、仲睦まじい 感じだったので、 むやみやたらと人間を襲うような 種族でもなかったのかなとは 思います・・・ (もしくは、ふつうの人間と一緒に 暮らすことで獣性が失われて 穏やかに育ったのかもしれませんが) 昔は悲しい出来事があって、 怨霊のようになってしまった けれど、 そのきっかけを作った 晃の父親はもっと悪いというか 元凶でもあるので、 結局はなによりも人間の欲のほうが 恐ろしいということを伝えたかった のではないかとも感じました。 おススメ記事 犬鳴村以外にも、話題作について 取り上げていますので、 宜しければ是非ご覧ください。

次の

犬鳴村のロケ地撮影場所は?都市伝説とされる所以も調査!|CINEMA Adjust

犬鳴 村 解説

実在する日本最恐の心霊スポットを映画化した犬鳴村。 この記事はホラーを見れない方に向けて文章と写真で『最恐』を 詳しく解説していきます。 映画のゾクっとするシーンもネタバレしていくのでトイレがまだな方は今のうちにどうぞ! また、実在する心霊スポットと犬鳴村の都市伝説もお伝えしていくのでぜひ、最後までお付き合いください。 映画概要 タイトル 犬鳴村 公開日 2020年2月7日 監督 清水崇 出演 三吉彩花 森田奏 坂東龍汰 森田悠真 古川毅 成宮健司 宮野陽名 籠井摩耶 大谷凜香 西田明菜 奥菜恵 優子 須賀貴匡 圭祐 田中健 寺田農 山野辺 石橋蓮司 中村隼人 高嶋政伸 森田晃 高島礼子 森田綾乃 梅津陽 森田健太 笹本旭 遼太郎 解説1. 犬鳴村のあらすじ 監督は 清水崇。 あの呪怨を手掛けている名監督です。 僕はリングよりも断然、呪怨の方が怖いと思っているので、犬鳴村は期待を裏切らないだろうと思っていました。 いざ見ると…やはり期待は裏切りませんでしたわ(笑)。 表現も演出も文句なし! さて、本題に入ります。 物語は犬鳴トンネルの先にある犬鳴村で繰り広げられます。 三吉彩花が演じる臨床心理士の森田奏が本作の主人公。 そして奏の周りでは不可解な出来事が次々と起こります。 あるカップルの女性が突然死してしまうのですが、死ぬ前になんとあの犬鳴村に足を踏み入れていたのでした。 その女性は村であるものを見たと言うのですが、奏は奇妙な出来事の真相を突き止めるべく、犬鳴村に向かいます。 解説2. 明菜の不可解な死 主人公である奏の兄と、その彼女である明菜は犬鳴村に入ってしまいます。 二人は途中はぐれてしまいますが、その間、明菜の身にある恐怖が襲いかかり、気がおかしくなってしまいます。 そしてその後は投身自殺…。 奏の兄の目の前に現れた明菜は無残な姿となっていました。 ですが、どう見ても鉄塔からの投身自殺ですが、死因は投身自殺ではなく、溺死と判断されることに。 どう考えてもこの死には秘密が潜んでいそうですね。 個人的には明菜が天に召される時のシーンは怖かった…。 そして彼女を失った奏の兄はプチンッ! ブチギレた兄は友達3人を連れて犬鳴村に乗り込みます。 が、3人ではありませんでした。 車に隠れてこっそりと着いてきた弟の康太も合流。 とてもかわいいんですよ、弟の康太くん。 しかし、その後はまるでお決まりのように兄と弟が行方不明になってしまいます。 なんかホラー見ていると毎回思うんですが、たいがいグループで明らかにヤバそうなところに突っ込んでいきますよね。 そして一人ずつ消えていく…。 これってもう王道パターンですよね。 解説3. 車のシーンがやばすぎ。 ビビらない人いる? 僕が一番びっくりしたのは車のシーン。 車のフロントにいきなりですよいきなり。 マジで声が出ちゃいましたから笑。 これでビビらない人っているのかな。 映画館では僕と同じように「ウォっ!」となっている人多数!笑 もし、これから映画を見ようとしている方は車のシーンが出てきたら要注意です。 いきなり落ちてくるんで!! 心の準備をしておいてくださいね笑。 解説4. 迫りくる犬の襲撃! 幽霊じゃないんかーいって思うかもしれませんが、犬も襲ってきます。 どちらかといったらこの映画、幽霊とか呪霊というよりはゾンビ系に近いですね。 厳密に言うとゾンビではありませんが。 僕はゾンビ系が平気なのでぶっちゃけそこまで怖いとは思いませんでした。 で、行方不明だった兄と弟を見つけた奏は犬の襲撃をかいくぐり、何とか兄と弟の救出に成功。 すると奥から女性のうめき声が聞こえてくるのです。 仲間の青年が駆けつけるとそこには赤ん坊と女性がいました。 奏が赤ん坊を抱きかかえると兄弟で脱出を図ります。 解説5. 今度は大量の村人の襲撃! 脱出を試みる奏とその兄弟ですが、大量の村人が襲ってきます。 よく見ると赤ん坊と一緒にいた女性はみるみる姿が変わっていきます。 獣というか犬人ですね。 変貌を遂げた犬人の女性は兄にガブリ!! 捕まってしまいました! 奏は無事に逃げ出しますが、兄は後に遺体となって発見されます…。 ここが物語のクライマックスですが、幽霊系じゃないですね、ある意味ゾンビ映画です笑。 解説6. 物語の真相 物語の全容をネタバレすると、赤ん坊は 奏の母方の祖母なのでした。 そして祖母が奏の母を産み、奏と兄弟を産む事になります。 つまり赤ん坊はこの村の子なので、奏ら兄弟はこの村の血を受け継いでいるのです。 どういう意味かというと、3人は犬人。 ラストシーンでは奏の口から牙が生えてくるのでした。 ちょっと複雑に聞こえるかもしれませんが、要約すると、犬鳴村の住人は犬人であった、という事になりますね。 だからゾンビ系という訳です。 正直、驚く場面はいくつかありましたが、ゾゾっとする幽霊系の怖さはあまりありませんでした。 映画としてはまあまあですかね。 解説7. 実在する犬鳴トンネル 映画でも出てくる犬鳴トンネルは福岡に実在する最恐心霊スポット。 かなり有名なので、若者らが肝試しとしてよく訪れるそうですね。 犬鳴村の入り口には「この先、日本国憲法はつうようしません」といった看板があるなど、心霊スポットを盛り上げる要素が盛りだくさん。 ですが、犬鳴村は地図に存在しませんし、その村を見た人は誰ひとりといないようです。 グーグルアースでも調べてみましたが、村らしきものはありません。 都市伝説もいくつか存在しており、村人に見つかったら殺されるといった噂が独り歩きしているようです。 デマだという意見が圧倒的に多いですが、トンネルの雰囲気はいかにもって感じなので、肝試しスポットとしては最恐なのではないでしょうか。 解説8. 問題のシーンは映画のエンドロールで実際の犬鳴トンネルが映し出されるシーン。 見てみると本当に女性の影らしきモノが見えました 汗。 鳥肌が立ちましたね。 早速見ていただきましょう! どうでしょう? 女性の顔がこちらを覗いているように見えませんか? きっとコレを見て鳥肌が立った人がいるはず! 見え方は人それぞれかもしれませんので、女性の顔に見える人もいれば見えない人もいることでしょう。 そしてこのシーンの後に映像のアングルがブロックの頭上を通過していくのですが、よ~く見てみると石が積まれているようにも見えます。 ちなみに映画の撮影スタッフたちもこのシーンを見て驚いたようなので、合成ではなさそうです。 本当に写り込んでしまった女性の霊なのか…。 それともただの石なのか…。 最恐の心霊スポットという事もあり、これは本物なのかもしれませんね。

次の

映画『犬鳴村』の真相を暴露!?”恐怖の噂”を徹底考察!!

犬鳴 村 解説

日本国憲法が一切通じない• 警察も介入しない いわくつきの土地なわけです。 近くにある犬鳴峠で起こった 「犬鳴峠リンチ焼殺事件」を皮切りに、数々の恐ろしい現象が相次いでいるんだとか…。 また、 犬鳴村の村人は普通の人間ではないと噂されています。 村人以外が立ち入ると、鎌を持って驚異の速さで追いかけてくるそうです。 (怖い…) 犬鳴村の近くは電波が通じないと言われているので、もし迷い込んでしまったら助かる術はありません。 そのため巷では 最悪・最凶の心霊スポットとも言われています。 そんな恐怖度MAXの犬鳴村が、ついに映画化を果たしたという訳ですね!(楽しみ…!!) 映画『犬鳴村』のあらすじは?どんな内容? 予告からしてヤバイ雰囲気が漂っていますね…。 — 臨床心理士である森田奏(演:三吉彩花)の周りでは、奇妙な現象がひっきりなしに起こっていました。 「わんこがねぇやに ふたしちゃろ」 不思議な歌を口ずさむおかしな女性が現れたり、変死事件が相次いだり。 物事全ての共通点を探ると、心霊スポットである 『犬鳴トンネル』に行き着きます。 「トンネルを抜けた先に村があり、そこで〇〇を見た」 突然死した女性が、死ぬ間際に残した言葉です。 全ての謎を突き止めるために、一同はいわくつきの「犬鳴トンネル」へ向かうことに。 しかしこの先には踏み込んではならない、恐ろしい真実が隠されているのでした。 — 犬鳴トンネルでは過去にという、痛ましい事件が起こっています。 心霊スポットとして有名な部分に焦点を当てつつ、こうした過去の事件も取り入れたストーリーとなっているのでしょうか? 予告を観る限りだと、 ホラー要素がたっぷり含まれていて和製ホラー好きにとっては期待大! また「主人公が病院勤務」という設定も良いですね。 病院=霊の温床というイメージを随所に与えつつ、ジャパニーズホラー独特のドキドキ感溢れる作品に仕上がっていること間違いなし! 2月の上映が今からすごく楽しみです! 『犬鳴村』のポスターが怖いとウワサに…。 映画『犬鳴村』の新しいポスター、よく見たらめちゃくちゃ恐い。 しかし、よーく見てみると何者かの顔が浮かび上がってきます。 これはトンネルを抜けた先に見える「〇〇」の正体なのでしょうか? それとも、トンネル内に潜む、恐怖の心霊なのでしょうか? その謎はいかに…。 犬鳴村のポスターに映ってるやつが一瞬Chelsea GrinのEPの人に見えたんで合わせたら想像以上に怖くてびびった。 — 渋谷ブルータル ShibuyaBrutal なんだか大喜利をしている人もちらほらSNS上で見掛けますが、皆様は怖いお顔が確認できたでしょうか? 『犬鳴村』に対する期待度はどう?見どころは? 個人的な期待度はかなり高めで、 「星5つです!」と叫びたくなる程には大きな期待を寄せています。 それはなぜか?と言いますと、 超有名かつ最凶の心霊スポットでありながら 今まで「犬鳴村」を題材にした作品が出てこなかったからです。 だからこそどんな世界観や演出で村を描いていくのかが、非常に気になるところ。 前述したリンチ事件もそうですが、かつて起きたカップル行方不明事件(セダンに乗ったカップルが帰らぬ人となった話)等も作中に含めるのかな? なんて想像してしまいます。 村人は近親交配を繰り返して生き続けている• 昔は差別の酷い地域だった• 村に近付くと圏外になる といった有名な噂も取り入れられていると嬉しいですね。 そう考えると、 多少の事前知識は頭に入れておくとより楽しめるかもしれません。 まっさらな状態でも楽しめるとは思いますが、やはり知っている噂や逸話が入っていると「あー!この話!」とビビッとくることも多そうな予感! 映画公開前に、「犬鳴村」についてぜひ調べてみて下さいね! まとめ:映画『犬鳴村』は戦慄必至のホラー作品!是非とも映画館で観てほしい 予告映像やポスターを観るだけでも、びびっと戦慄が走る映画『犬鳴村』。 映画公開後は鑑賞レポートも執筆するので、ぜひお楽しみに! 以上、たかなし亜妖でした。

次の