嵐 二宮 妻。 嵐・二宮和也の妻にネット上で誹謗中傷 名誉毀損罪などの法的問題も

二宮和也と伊藤綾子の結婚に批判(反対)の理由は!?伊藤綾子が匂わせ投稿が嫌われる原因!?

嵐 二宮 妻

Contents• 伊藤綾子に妊娠中の噂?通院している場所は山王病院?【画像】 元フリーアナウンサーの 伊藤綾子さんが妊娠中であると言う噂がネットを中心に広がっています。 これは『週刊女性PRIME』が 伊藤綾子さんが産婦人科に通っていることをスクープしたことがきっかけです。 また、通院している病院は東京都港区にある 山王病院だということもわかりました。 以前より付き合いが噂されている嵐の二宮和也さんとの間にできた子供の為に、産婦人科に通院しているのではないかとも言われています。 この山王病院は、以前に 松嶋菜々子さん、広末涼子さん、工藤静香さんなど有名人が多数出産した、セレブ御用達の有名産婦人科なので、 伊藤綾子さんが頻繁に通院している姿を目撃されているのであれば、妊娠中であると判断されても仕方がないかもしれませんね。 しかし、元々この伊藤綾子さんは、二宮和也さんとの交際を思わせぶりに世間に公表する匂わせ上手とも言われている女性です。 この産婦人科通院情報も、もしかすると、 妊娠したのかもと世間に噂を広げたい現れなのではないかと私は考えます。 伊藤綾子と同じ産婦人科に通う人から妊娠確定情報? 伊藤綾子さんが、噂の産婦人科である山王病院に通っていると言う情報は、 同じ産婦人科に通う人からの情報が元になっているようです。 その情報は、同じ山王病院に通っている人が、 伊藤綾子さんを病院内で目撃し、 「 この人たぶんおめでた」と掲示板に書き込みをしたと言う噂から始まっています。 これにより噂の広まりに拍車がかかってしまう事態に・・・。 しかし、それだけで妊娠確定情報と言うのは、ちょっと怪しい気がしますね。 たまたま誰かのお見舞いに行っていたのかもしれない訳ですし、もしかしたら、妊娠ではなく妊活であるとも考えられます。 産婦人科には、出産に備えて通う人もあれば、不妊治療で通う人もいます。 頻繁に伊藤綾子さんが産婦人科に通っているからといって妊娠確定情報は、時期早々であると考えられますね。 伊藤綾子が産婦人科に通う理由は二宮和也の子供のため? 伊藤綾子さんが産婦人科に通っている理由が、本当に 二宮和也さんの子供のための妊活であると考えるのであれば、これは大変 デリケートな問題があるはずです。 伊藤綾子さんは、現在38歳で 出産を急ぎたくなる年齢になってきています。 そこで、愛する二宮和也さんの子供を早めに妊娠したいのであれば、有名な産婦人科での不妊治療を試すのも気持ちはわかりますね。 例えば、人工授精であれば自宅で排卵誘発剤を服薬して、生理開始から1~5日で1度受診し、排卵前に再度受診、人工授精のために受診というのを、1回のサイクルで妊活を行います。 1カ月に3回くらい通院するのが通常なので、伊藤綾子さんを山王病院で目撃したと言われている回数と一致します。 もし、本当に妊活の為に伊藤綾子さんが山王病院へ足しげく通っているのであれば、 匂わせているだけと誤解を受けている伊藤綾子さんの赤ちゃんを授かりたいと言う思いを感じますし、実際に同情の声も上がってきています。 本当に伊藤綾子さんが妊活をしているのであれば、週刊誌の記者などが追いかけまわすのも気の毒な気がしますね。 また、そもそも『 産婦人科=妊活』と考えるのも間違っている気がします。 実際に婦人科系の悩みがあって通っているのかもしれませんし、そうであればなおさら週刊誌などの報道でむやみに触れてはいけないのではないかと思いますね。 また山王病院は産婦人科だけでなく色々な科があるので、産婦人科以外の科にかかっていた可能性も捨てきれないのではないかと思います。 どちらにせよこういったデリケートな問題に関してはそっとしておいてあげるのが、大人であり二宮和也さんのファンではないでしょうか。 この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます。

次の

二宮和也が「奥さん匂わせ」? 送り迎え回答で「自分と妻のこと言ってる?」とファン激怒

嵐 二宮 妻

アイドルグループ・嵐のさんが、元フリーアナウンサーの一般女性との結婚を発表しました。 人気アイドルの電撃的な結婚発表に、驚きと祝福の声が上がった一方で、二宮さんのファンの中には「素直に喜べない」「涙が止まらない」など、戸惑いや悲しみを訴える人も少なくありません。 さらには、相手の女性のことを快く思っていない一部のファンから、「クソ女」「死ね」「消えてほしい」といった誹謗(ひぼう)中傷の投稿やハッシュタグも見受けられ、ネットは大荒れの様相を見せています。 近年、ネット上で目にすることが増えた、特定の人物に向けた誹謗中傷の法的問題について、グラディアトル法律事務所の井上圭章弁護士に聞きました。 名誉毀損罪、侮辱罪、信用毀損罪… Q. 特定の人物に対する誹謗中傷を行った場合、どのような罪に問われる可能性がありますか。 井上さん「一般に、誹謗中傷といっても内容は千差万別で、刑事・民事の両方で責任を問われることがあります。 例えば、『あの人は不倫している』『犯罪者で前科持ちだ』など、人の社会的な評価を下げる内容について、多くの人が見聞きできるような状況で発言したり、ビラを貼ったり、ネット上の掲示板に書き込んだりした場合、名誉毀損(きそん)罪や侮辱罪に問われる可能性があります。 また、発言の内容が『あの店の弁当を食べて食中毒にかかった』『あの店は倒産寸前、取引をしない方がよい』などと、うそを言って店の業務を滞らせたり、店の信用を低下させたりした場合、業務妨害罪や信用毀損罪に問われる可能性があります。 これらの行為は民事上、『不法行為』にあたるもので、これらの誹謗中傷によって損害が生じた場合、損害賠償責任を負うこととなります。 例えば、誹謗中傷を受けた場合の慰謝料請求としては、裁判例などをみると、およそ10万〜100万円程度の額が認められています。 なお、大手出版社などが個人の名誉を毀損したような場合は、数百万円から1000万円程度になることもあるようです」 Q. それは、ネット上での匿名の人物による誹謗中傷でも適用されるのでしょうか。 井上さん「匿名の人物であっても、誹謗中傷と認められる行為がある以上、名誉毀損罪や侮辱罪、業務妨害や信用毀損などの罪に問われる可能性があり、また、民事上、損害賠償責任を負うこととなります。 ただ、実際に刑事裁判や民事上の請求をしていくにあたっては、誰がその書き込みなどを行ったかを特定する必要があります。 例えば、ネット上の匿名掲示板への書き込みの場合、そこに残っているアクセスログを頼りに誰が書き込んだのかを特定していきます。 書き込んだ人物が判明してから、具体的な刑事・民事上の手続きに進んでいくことになります」 Q. 罪を問われる「誹謗中傷」と判断される基準は、どのようなものですか。 井上さん「例えば、誹謗中傷が名誉毀損罪にあたるのかという場合に問題となることが多いのは、『事実の摘示(てきじ=示す)』があるのか、また、『名誉を毀損した』といえるのかといった点です。 なお、摘示される事実はその真否を問わず、うそであっても真実と受け取れるような事実を摘示した場合にも名誉毀損罪に問われる、という点に注意が必要です。 また、名誉を毀損したかどうかについては、人の社会的な評価を低下させる恐れのある状態をつくり出したかどうかによって判断されます。 そのため、実際にその人の社会的な評価が低下したかどうかは無関係です」 Q. 特にネット上において、罪を問われる誹謗中傷に該当する可能性が高いと考えられるのは、どのような言葉・内容でしょうか。 井上さん「一般に、内容虚偽の事実について『犯罪行為を行っている』といった内容の誹謗中傷をしたような場合、名誉毀損罪などの罪に問われる可能性が高いと考えられます。 ネット上の誹謗中傷について、その対象が芸能人のケースと一般人のケースとでは、罪の重さに違いはありますか。 井上さん「基本的に、罪の重さを考える際には、どのような行為であったか、それによってどのような被害を受けたのか、といった事情が考慮されます。 そのため、被害者が芸能人という、ただそれだけでは、一般人より罪が重くなるといったことはありません。 ただ、芸能人の場合は一般人に比べ、芸能活動を行っていく上でこれまで培ってきた社会的な名誉・評価が大切であることから、それらの名誉・評価が低下した場合に大きな被害を受けることとなります。 このような点から、芸能人であることが罪の重さに影響を与える可能性はあります」 Q. 誹謗中傷を受けた人の配偶者や家族が、法的手段を取ることも可能なのでしょうか。 井上さん「基本的には、誹謗中傷を受けたことに対する法的手段を取ることができるのは、被害者本人のみです。 ただ、配偶者が誹謗中傷を受けた場合、実際は夫婦そろって警察に行って相談したり、弁護士事務所に相談に行ったりすることになり、場合によっては誹謗中傷によって傷ついている配偶者をサポートする形で手続きを進めていくことも多いでしょう」 Q. 一時の感情で、誹謗中傷をネットに書き込むケースは起こり得ると考えますが、自覚のないうちに犯罪行為を行わないために求められる意識・行動とはどのようなものでしょうか。 井上さん「誹謗中傷をネット上に書き込むことは、名誉毀損罪や侮辱罪、業務妨害罪といった犯罪に該当し得る行為であることを、日頃からよく理解しておくことが大切だと思います。 ネット上への書き込みは、瞬時に不特定多数の人が閲覧し、半永久的に残り続けるものであり、書き込まれた人は甚大な被害を受け続けることになります。 ネットの特性や、被害者が受ける被害の甚大さをよくよく考えておくことが必要なのではないでしょうか」 外部サイト.

次の

「嵐・二宮の結婚」はジャニーズ凋落の始まりだ

嵐 二宮 妻

自然派生活アピールは逆効果? 5月26日、嵐の二宮和也が、公式インスタグラムストーリーを更新。 二宮は家庭菜園を楽しむ様子を投稿したが、これがまたしてもファンの反感を買っている。 「この日、二宮はインスタにて、『実はさ、そうなんですよ…トマトだけじゃないんだぜぇ。 これもやってるんだよ…! めちゃくちゃ凄くないっ!? 作物の写真に感動しています!』といったコメントとともに、自宅で栽培しているキュウリの写真を投稿しました。 二宮は先日、ミニトマトを育てている様子も明かしており、かなり家庭菜園にハマっているようです」(芸能ライター) そんな二宮のトマト写真といえば先日、投稿を見たファンの間で「嫁が撮ったんでしょ?」「ニノは家庭菜園なんてするタイプじゃない! 嫁の影響?」「不健康そうなニノが好きだったのに、嫁の顔がチラついてしょうがない」と、新婚を匂わせていると炎上することに。 そのため、今回の写真にも激怒するファンが相次いでいるという。 「キュウリ写真が投稿されると、一部ファンの間で『トマトで炎上したのにキュウリをアップするなんて……』『わざとやってる?』『「かずくーん、この写真使ったらぁー?」って声が聞こえてくる』と、再び炎上することになりました。 しかし今回の写真には、トマト単体だった前回の写真と違い、キュウリに触れる二宮の右手も一緒に写っている。 そのため、炎上しないようにあえて自分で撮影したことを強調している可能性もありますが、一部のファンは二宮の結婚生活を想像。 妻からのファンへのマウント行為と受け取ったようです」(前出・芸能ライター) トマトで荒れたのだから、キュウリで荒れないわけがない。 芸能人への誹謗中傷が問題になっているさなかだが、二宮も家庭菜園くらいは自由に投稿させてくれ、という心境だろうか。

次の