ヤオハン 栃木 倒産。 ヤオハンって何故倒産したのですか?

ヤオハンって何故倒産したのですか?

ヤオハン 栃木 倒産

(株)八百半商店は、1947年(昭和22年)6月に設立されたスーパーストア。 法人化までの乾物商としての業歴と合わせ110年以上を有する老舗で、「ヤオハン」の店名で栃木県南部を主体に店舗網を構築。 「栃木市民の台所」として利用され、県内同業内でも2位の規模を誇り、2001年5月期には年売上高約99億9700万円を計上していた。 しかし、消費低迷下において同業者との競合も相次ぐなか、店舗のスクラップ&ビルドを進めていたが、2006年5月期の年売上高は約86億円に下降していた。 こうした状況において、過年に行った店舗出店等の不動産取得に伴う過大な設備資金が固定化。 借入金返済能力に問題を抱え、主力行の国有化に伴い事業再生を模索していたが、2007年3月28日食品スーパー部門を(株)ターンアラウンドとちぎ(現:(株)ヤオハン)に譲渡。 当社は株主総会の決議により7月31日に解散していた。 ヤオハン開発(株)は八百半商店の不動産管理部門を分離独立すべく、1972年4月に設立。 八百半商店の店舗や駐車場、外食産業用店舗やCDレンタル店などの不動産賃貸業務を手掛け、2000年3月期には年収入高約3億6600万円を計上していたが、八百半商店の事業譲渡に伴い所有不動産を売却したのち当社も解散、特別清算となった。 負債は推定で(株)八百半商店が約50億円、ヤオハン開発(株)が約10億円。 2社合計約60億円。 なお、現在「ヤオハン」の店名にて栃木市内5店舗、小山市内1店舗、佐野市内1店舗、壬生町内1店舗、大平町内1店舗の合計9店舗の経営を行っている(株)ヤオハン(栃木市)と今回2社の特別清算について一切関係は無い。

次の

関東の倒産情報|破産・民事再生などの倒産速報ニュース

ヤオハン 栃木 倒産

概要 [ ] にのとして創業し、世界15ヶ国で店舗を運営する小売・流通チェーンに発展した。 最盛期の売上は、グループ全体で年間5,000億円程度であった。 中国では、にはのに大型百貨店「Nextage」を開業した。 同店は、としてはのに次ぐ世界第二位の店舗面積であった。 創業者夫婦の長男でありヤオハン社長として急速な業務拡大を行ったは「」の熱心な信者であり、同社ではこののを社是(後述)として取り入れ、活動の原理としていた。 ヤオハン・ジャパンを除くヤオハングループ(日本国外の事業)は、以降にすべて解体、・譲渡された。 社是 [ ] 「生命の実相哲学の正しい把握とたゆまざる実践を通して、全世界人類に貢献するための経営理念を確立する」 これは、熱海の1店舗のみで営業していた当時に定められたものである。 新店舗開店の際には、「」の祈りが和田と社員で欠かさずに行われていたという。 沿革 [ ] 明治時代、貧しい農家の次男であった田島半次郎が始めたの青果商「八百半」は、やがて、小田原一の青果商となり、湯本・箱根・湯河原・熱海・伊東一帯で手広く青果卸を扱うようになった。 - 青果商・田島半次郎の奉公人であった和田良平、で行商を行う• - 和田良平、田島半次郎の娘・カツと結婚• 12月 - 和田良平と、に「八百半商店」を開店• 10月 - 株式会社八百半商店を設立、法人化• 7月 - 株式会社八百半商店が株式会社八百半食品デパートに商号変更• - 株式会社八百半食品デパートの事業を引き継ぐ受け皿会社として、株式会社和田商事を設立• 7月 - 株式会社和田商事が、株式会社八百半食品デパートより営業権を譲受し(旧)株式会社八百半デパートに商号変更。 が社長就任• - この頃からチェーン展開を始める• - 株式会社八百半デパート、静岡県で大型店1号店を「富士ショッピングセンター」に出店。 同年、伊豆半島に7店舗チェーン展開• - 海外進出第1号として、に現地法人を設立し店開店(1980年3月に和議によりブラジルから撤退)• - に輸出入を業務とする現地法人を設立• で財を成した系の Aw Boon Hwe)と南海交易を設立し、翌年9月に第1号店をに開店• 和田良平死去。 への集団感染により三島店一時営業停止• 9月 - 休眠会社「株式会社田中板硝子店」(1948年6月3日設立)の商号を「 株式会社八百半デパート」に変更• - 株式会社八百半デパートが(旧)株式会社八百半デパートを(いわゆる株式額面変更目的の合併)• - 第一次ボウリング場ブームの後に経営不振となったボウリング場を改装、スーパーマーケット「B作戦」と名付けて多店舗化を進める• - ブラジル第4号店を開店。 同年ブラジルヤオハン倒産(和議申請)。 3月 - 第1号店を現地法人にて開店• - アメリカ第1号店フレズノ店開店• - シンガポール第4号店を開店• 12月 - 第2部に株式上場。 この頃からが行われる - 沼津支部の粉飾決算に関する判決による• 11月 - 名古屋証券取引所第1部に指定替え(1997年12月上場廃止)。 ヤオハン第1号店店開店• - へ出店(現地法人設立。 第1号店開店は1988年5月)• 第1部に株式上場(1997年12月上場廃止)。 ・による資金調達を始める• ・へ出店(現地法人設立。 第1号店開店は1988年3月)• - の店運営を目的に株式会社ヤオハンベスト設立。 ヤオハン香港がに上場。 IMM国際卸売センター社をシンガポールに設立• へ出店、香港第3号店開店、アメリカ・に開店、第4号店開店、へ現地法人設立・出店• - 株式会社杉山商事を吸収合併• - ヤオハン・インターナショナル・ホールディングスを設立。 和田晃昌が社長就任、和田一夫は代表権のある会長となる• 国際流通グループ・ヤオハン総本部を香港に設立。 - 型店舗「NEXTAGE半田」(現・)()開店• 1990年 - - 転換社債・ワラント債の大量発行で624億円をから調達• 5月 - タイ第1号店開店。 同年、中国大陸にも出店• - 株式会社八百半デパートが 株式会社ヤオハン・ジャパンに商号変更。 決算期を毎年5月20日から3月31日に変更• - へ出店• 4月 - 和田カツ死去。 同年、、へ出店• ヤオハンインターナショナルホールディングスをに株式上場。 - 株式会社ヤオハン・ジャパンの本店を静岡県熱海市から同沼津市へ異動登記• - 百貨店型店舗「NEXTAGE知立」(現在の、愛知県)開店• アジア一の巨大百貨店である第一八佰半百貨店開店。 八佰半上海IMM卸売センター開業• シンガポールIMMホールディング社をに株式上場。 マレーシア ヤオハン社をに株式上場• 国際流通グループ・ヤオハンの総本部をへ移転• 経営危機が表面化• - 直営店舗15店舗と子会社の1店舗とを、(現:)ならびに東海ダイエー(現:ダイエー)に営業譲渡(2013年8月にダイエーがイオンの連結子会社となり当社も後述の通りイオングループとなっている為ダイエーグループのエリア再編により2014年3月に存続していた店舗は当社が買い戻した。 - 株式会社ヤオハンベスト9店舗をベスト電器子会社関東ベスト電器(本社・東京都)に営業譲渡。 - 株式会社ヤオハン・ジャパンが適用申請し倒産• - 株式会社(現:株式会社)が支援表明• - 株式会社ヤオハン・ジャパンが更生手続開始申立、事業にジャスコ株式会社会長が就任、海外事業から撤退• - 株式会社ヤオハン・ジャパンの元社長ら3人をが違反(違法配当)()の疑いで逮捕• 12月 - 更生計画案提出• - 更生計画が認可決定。 株式会社ヤオハン・ジャパンが子会社であった株式会社アイ・エム・エムジャパンを吸収合併し 株式会社ヤオハンに商号変更、決算期を毎年3月31日から2月末日に変更• 7月 - ヤオハン香港清算• 2月 - ヤオハンインターナショナルホールディングを天安中国が買収• - 静岡地方裁判所より会社更生手続終結の決定が下る• - 株式会社ヤオハンが 株式会社に商号変更、本店を静岡県沼津市から同駿東郡長泉町に異動登記 旧ヤオハン荻窪店() 現在はマックスバリュ小田原荻窪店として営業 ヤオハンの店舗は静岡県内を中心に展開した。 最盛期には57店舗を運営していた。 1997年、資金繰りの悪化に伴い、経営が優良な店舗を中心とする12店舗が大手スーパーの子会社(現ダイエー)に売却された。 この4店は同年12月1日からダイエーの看板を掲げ営業を開始し商品供給や運営指導はダイエー側が行った。 (現在は、買い戻しをして建て替えた沼津店(現・マックスバリュ沼津南店 )を除き全て閉鎖) 1997年、ヤオハン・ジャパンが会社更生法の適用を申請、事実上の倒産をした後さらに9店舗が閉鎖された。 存続店舗はにより会社更生計画での営業が続けられた。 更生計画が完了しマックスバリュ東海へ商号を変更した後、現在の新規店舗、改装後のヤオハン店舗には「マックスバリュ」の名称が付けられている。 なお、商号変更後も一部の店舗は「ヤオハン」の名称を残していたが、2011年1月29日から既存の店舗も順次「マックスバリュ」に屋号変更され、同年2月19日に「マックスバリュ」への屋号統一により、国内における「ヤオハン」の屋号は姿を消した。 上海新世紀商廈-第一八佰伴 店名は「八百伴(パーパイパン)」と称される。 1992年、中国新技術創業公司(CVIC)との提携により、「賓特購買中心(北京八佰半百貨店)」を開業。 これは、外資が中国の小売市場に参入した初めての例となった。 1993年5月30日、試験的な出店としてに「上海第一八百伴」を開業。 1994年からは「上海八佰半スーパーマーケット」及び「上海八佰半」を展開した。 1995年12月20日には同市に巨大百貨店「Nextage Shanghai 新世紀商場(新世紀商厦)」を開店、初日には107万人の来客があり、この記録はに掲載された。 経営破綻以降 [ ] 中国及び、中国系住民のあいだでは「ヤオハン(八佰伴)」の力が強い ため、その名称が存続している場合が多い。 しかしながら、それらのいずれでも創業者である和田一族やとの資本関係はない。 上海の「上海第一八百伴」などがその例であり、所有・運営するのはヤオハンとは無関係な地元・中国資本である。 アメリカ [ ] 店 1984年、ヤオハンU. は日本の食料品や日本製品を中心に扱うショッピングセンターをカリフォルニア州に開店した。 初年の売り上げは1300万ドルであった。 その後、カリフォルニア州内に6店など全米に8店舗を追加開業し、1993年には年間売上げ約1億2600万ドルとなった。 また、ニューヨーク・では持ち帰り用の「大吉」を4店舗経営していた。 当時の背景として、カリフォルニアにおける人口は1990年までの10年間に倍増して280万人になっており、ヤオハンU. ) であったという。 ニューヨーク店 ニューヨーク・とはの対岸にあたる(Edgewater)に1988年に完成した3棟からなる複合施設「Waterside Plaza」の中核テナントとして、同年に開業した。 同施設は、Feldman Enterprises社(ニュージャージー州)が、同社が1985年に310万ドルで購入した土地にショッピングセンターを用途として建設したものである。 当時同地区は寂れた産業地区であったが、難工事により嵩んだ開発費に起因する高額な賃貸料に納得するアメリカ企業がなく、そのために日本企業が勧誘されたという。 結果、ヤオハンUSAが同複合施設全体を一括でリースする契約を締結した。 経営破綻以降 [ ] ヤオハン・グループの崩壊時に存在していた9店舗の全てが、「ミツワ・マーケットプレイス」として営業を継続している。 これらはヤオハンの元社員が独立して買い取ったものだという。 詳細は「」を参照 カナダ [ ] の都市であるのアジア系ショッピングモールの集中するGolden Village地区に1993年、「ヤオハン・バンクーバー店」として開店した。 現在はショッピングモール「ヤオハン・センター」として営業を継続しているが、経営するのは()のユニ・プレジデント()グループである。 キーテナントのスーパー部門はの1店舗「オーサカ・スーパーマーケット店」として運営されている。 同社は当初アメリカの中華系スーパーマーケット、タワ・スーパーマーケットとユニ・プレジデント・エンタープライズ社(統一企業公司)の合弁であった。 2009年7月にロブロー社に買収され、現在は同社の子会社として運営されている。 イギリス [ ] 1992年、ロンドンに出店。 寿司店のチェーンも運営していた。 その他 [ ]• かつては野球部()を保有しており、にも・の2度出場した。 出身選手には、がいる。 中国・で鰻の養殖を行うとの合弁により、格安チェーン店「うな仙」を日本国内で展開したことがある。 から加工までを中国で行うことにより、うな丼一杯を580円という低価格で販売していた。 倒産時の経営トップであったは、生前で自らの失敗経験を基にして経営コンサルティングの仕事をしていた。 脚注 [ ]• に係る大型倒産等事業主に指定• 日本食料新聞 電子版 1997年8月11日 2013年4月29日閲覧• 日経流通新聞 1998年12月8日 ヤオハンから買収の大型4店 セイフーから分離 別会社化、ダイエーが指導より• マックスバリュ東海 2009年8月31日プレスリリース 2013年4月29日閲覧• 2012年2月14日, at the. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語) Archive• イオン食品館• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

栃木県のヤオハンのスーパーは、静岡県の経営破綻したスーパー...

ヤオハン 栃木 倒産

概要 [ ] にのとして創業し、世界15ヶ国で店舗を運営する小売・流通チェーンに発展した。 最盛期の売上は、グループ全体で年間5,000億円程度であった。 中国では、にはのに大型百貨店「Nextage」を開業した。 同店は、としてはのに次ぐ世界第二位の店舗面積であった。 創業者夫婦の長男でありヤオハン社長として急速な業務拡大を行ったは「」の熱心な信者であり、同社ではこののを社是(後述)として取り入れ、活動の原理としていた。 ヤオハン・ジャパンを除くヤオハングループ(日本国外の事業)は、以降にすべて解体、・譲渡された。 社是 [ ] 「生命の実相哲学の正しい把握とたゆまざる実践を通して、全世界人類に貢献するための経営理念を確立する」 これは、熱海の1店舗のみで営業していた当時に定められたものである。 新店舗開店の際には、「」の祈りが和田と社員で欠かさずに行われていたという。 沿革 [ ] 明治時代、貧しい農家の次男であった田島半次郎が始めたの青果商「八百半」は、やがて、小田原一の青果商となり、湯本・箱根・湯河原・熱海・伊東一帯で手広く青果卸を扱うようになった。 - 青果商・田島半次郎の奉公人であった和田良平、で行商を行う• - 和田良平、田島半次郎の娘・カツと結婚• 12月 - 和田良平と、に「八百半商店」を開店• 10月 - 株式会社八百半商店を設立、法人化• 7月 - 株式会社八百半商店が株式会社八百半食品デパートに商号変更• - 株式会社八百半食品デパートの事業を引き継ぐ受け皿会社として、株式会社和田商事を設立• 7月 - 株式会社和田商事が、株式会社八百半食品デパートより営業権を譲受し(旧)株式会社八百半デパートに商号変更。 が社長就任• - この頃からチェーン展開を始める• - 株式会社八百半デパート、静岡県で大型店1号店を「富士ショッピングセンター」に出店。 同年、伊豆半島に7店舗チェーン展開• - 海外進出第1号として、に現地法人を設立し店開店(1980年3月に和議によりブラジルから撤退)• - に輸出入を業務とする現地法人を設立• で財を成した系の Aw Boon Hwe)と南海交易を設立し、翌年9月に第1号店をに開店• 和田良平死去。 への集団感染により三島店一時営業停止• 9月 - 休眠会社「株式会社田中板硝子店」(1948年6月3日設立)の商号を「 株式会社八百半デパート」に変更• - 株式会社八百半デパートが(旧)株式会社八百半デパートを(いわゆる株式額面変更目的の合併)• - 第一次ボウリング場ブームの後に経営不振となったボウリング場を改装、スーパーマーケット「B作戦」と名付けて多店舗化を進める• - ブラジル第4号店を開店。 同年ブラジルヤオハン倒産(和議申請)。 3月 - 第1号店を現地法人にて開店• - アメリカ第1号店フレズノ店開店• - シンガポール第4号店を開店• 12月 - 第2部に株式上場。 この頃からが行われる - 沼津支部の粉飾決算に関する判決による• 11月 - 名古屋証券取引所第1部に指定替え(1997年12月上場廃止)。 ヤオハン第1号店店開店• - へ出店(現地法人設立。 第1号店開店は1988年5月)• 第1部に株式上場(1997年12月上場廃止)。 ・による資金調達を始める• ・へ出店(現地法人設立。 第1号店開店は1988年3月)• - の店運営を目的に株式会社ヤオハンベスト設立。 ヤオハン香港がに上場。 IMM国際卸売センター社をシンガポールに設立• へ出店、香港第3号店開店、アメリカ・に開店、第4号店開店、へ現地法人設立・出店• - 株式会社杉山商事を吸収合併• - ヤオハン・インターナショナル・ホールディングスを設立。 和田晃昌が社長就任、和田一夫は代表権のある会長となる• 国際流通グループ・ヤオハン総本部を香港に設立。 - 型店舗「NEXTAGE半田」(現・)()開店• 1990年 - - 転換社債・ワラント債の大量発行で624億円をから調達• 5月 - タイ第1号店開店。 同年、中国大陸にも出店• - 株式会社八百半デパートが 株式会社ヤオハン・ジャパンに商号変更。 決算期を毎年5月20日から3月31日に変更• - へ出店• 4月 - 和田カツ死去。 同年、、へ出店• ヤオハンインターナショナルホールディングスをに株式上場。 - 株式会社ヤオハン・ジャパンの本店を静岡県熱海市から同沼津市へ異動登記• - 百貨店型店舗「NEXTAGE知立」(現在の、愛知県)開店• アジア一の巨大百貨店である第一八佰半百貨店開店。 八佰半上海IMM卸売センター開業• シンガポールIMMホールディング社をに株式上場。 マレーシア ヤオハン社をに株式上場• 国際流通グループ・ヤオハンの総本部をへ移転• 経営危機が表面化• - 直営店舗15店舗と子会社の1店舗とを、(現:)ならびに東海ダイエー(現:ダイエー)に営業譲渡(2013年8月にダイエーがイオンの連結子会社となり当社も後述の通りイオングループとなっている為ダイエーグループのエリア再編により2014年3月に存続していた店舗は当社が買い戻した。 - 株式会社ヤオハンベスト9店舗をベスト電器子会社関東ベスト電器(本社・東京都)に営業譲渡。 - 株式会社ヤオハン・ジャパンが適用申請し倒産• - 株式会社(現:株式会社)が支援表明• - 株式会社ヤオハン・ジャパンが更生手続開始申立、事業にジャスコ株式会社会長が就任、海外事業から撤退• - 株式会社ヤオハン・ジャパンの元社長ら3人をが違反(違法配当)()の疑いで逮捕• 12月 - 更生計画案提出• - 更生計画が認可決定。 株式会社ヤオハン・ジャパンが子会社であった株式会社アイ・エム・エムジャパンを吸収合併し 株式会社ヤオハンに商号変更、決算期を毎年3月31日から2月末日に変更• 7月 - ヤオハン香港清算• 2月 - ヤオハンインターナショナルホールディングを天安中国が買収• - 静岡地方裁判所より会社更生手続終結の決定が下る• - 株式会社ヤオハンが 株式会社に商号変更、本店を静岡県沼津市から同駿東郡長泉町に異動登記 旧ヤオハン荻窪店() 現在はマックスバリュ小田原荻窪店として営業 ヤオハンの店舗は静岡県内を中心に展開した。 最盛期には57店舗を運営していた。 1997年、資金繰りの悪化に伴い、経営が優良な店舗を中心とする12店舗が大手スーパーの子会社(現ダイエー)に売却された。 この4店は同年12月1日からダイエーの看板を掲げ営業を開始し商品供給や運営指導はダイエー側が行った。 (現在は、買い戻しをして建て替えた沼津店(現・マックスバリュ沼津南店 )を除き全て閉鎖) 1997年、ヤオハン・ジャパンが会社更生法の適用を申請、事実上の倒産をした後さらに9店舗が閉鎖された。 存続店舗はにより会社更生計画での営業が続けられた。 更生計画が完了しマックスバリュ東海へ商号を変更した後、現在の新規店舗、改装後のヤオハン店舗には「マックスバリュ」の名称が付けられている。 なお、商号変更後も一部の店舗は「ヤオハン」の名称を残していたが、2011年1月29日から既存の店舗も順次「マックスバリュ」に屋号変更され、同年2月19日に「マックスバリュ」への屋号統一により、国内における「ヤオハン」の屋号は姿を消した。 上海新世紀商廈-第一八佰伴 店名は「八百伴(パーパイパン)」と称される。 1992年、中国新技術創業公司(CVIC)との提携により、「賓特購買中心(北京八佰半百貨店)」を開業。 これは、外資が中国の小売市場に参入した初めての例となった。 1993年5月30日、試験的な出店としてに「上海第一八百伴」を開業。 1994年からは「上海八佰半スーパーマーケット」及び「上海八佰半」を展開した。 1995年12月20日には同市に巨大百貨店「Nextage Shanghai 新世紀商場(新世紀商厦)」を開店、初日には107万人の来客があり、この記録はに掲載された。 経営破綻以降 [ ] 中国及び、中国系住民のあいだでは「ヤオハン(八佰伴)」の力が強い ため、その名称が存続している場合が多い。 しかしながら、それらのいずれでも創業者である和田一族やとの資本関係はない。 上海の「上海第一八百伴」などがその例であり、所有・運営するのはヤオハンとは無関係な地元・中国資本である。 アメリカ [ ] 店 1984年、ヤオハンU. は日本の食料品や日本製品を中心に扱うショッピングセンターをカリフォルニア州に開店した。 初年の売り上げは1300万ドルであった。 その後、カリフォルニア州内に6店など全米に8店舗を追加開業し、1993年には年間売上げ約1億2600万ドルとなった。 また、ニューヨーク・では持ち帰り用の「大吉」を4店舗経営していた。 当時の背景として、カリフォルニアにおける人口は1990年までの10年間に倍増して280万人になっており、ヤオハンU. ) であったという。 ニューヨーク店 ニューヨーク・とはの対岸にあたる(Edgewater)に1988年に完成した3棟からなる複合施設「Waterside Plaza」の中核テナントとして、同年に開業した。 同施設は、Feldman Enterprises社(ニュージャージー州)が、同社が1985年に310万ドルで購入した土地にショッピングセンターを用途として建設したものである。 当時同地区は寂れた産業地区であったが、難工事により嵩んだ開発費に起因する高額な賃貸料に納得するアメリカ企業がなく、そのために日本企業が勧誘されたという。 結果、ヤオハンUSAが同複合施設全体を一括でリースする契約を締結した。 経営破綻以降 [ ] ヤオハン・グループの崩壊時に存在していた9店舗の全てが、「ミツワ・マーケットプレイス」として営業を継続している。 これらはヤオハンの元社員が独立して買い取ったものだという。 詳細は「」を参照 カナダ [ ] の都市であるのアジア系ショッピングモールの集中するGolden Village地区に1993年、「ヤオハン・バンクーバー店」として開店した。 現在はショッピングモール「ヤオハン・センター」として営業を継続しているが、経営するのは()のユニ・プレジデント()グループである。 キーテナントのスーパー部門はの1店舗「オーサカ・スーパーマーケット店」として運営されている。 同社は当初アメリカの中華系スーパーマーケット、タワ・スーパーマーケットとユニ・プレジデント・エンタープライズ社(統一企業公司)の合弁であった。 2009年7月にロブロー社に買収され、現在は同社の子会社として運営されている。 イギリス [ ] 1992年、ロンドンに出店。 寿司店のチェーンも運営していた。 その他 [ ]• かつては野球部()を保有しており、にも・の2度出場した。 出身選手には、がいる。 中国・で鰻の養殖を行うとの合弁により、格安チェーン店「うな仙」を日本国内で展開したことがある。 から加工までを中国で行うことにより、うな丼一杯を580円という低価格で販売していた。 倒産時の経営トップであったは、生前で自らの失敗経験を基にして経営コンサルティングの仕事をしていた。 脚注 [ ]• に係る大型倒産等事業主に指定• 日本食料新聞 電子版 1997年8月11日 2013年4月29日閲覧• 日経流通新聞 1998年12月8日 ヤオハンから買収の大型4店 セイフーから分離 別会社化、ダイエーが指導より• マックスバリュ東海 2009年8月31日プレスリリース 2013年4月29日閲覧• 2012年2月14日, at the. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語) Archive• イオン食品館• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の