レコード 大賞 3 連覇。 今年の日本レコード大賞受賞曲はFoorinのパプリカ、史上最年少でレコード大賞受賞。乃木坂46は3連覇逃す…

TBS「レコ大」乃木坂46三連覇確実で炎上危機|エンタMEGA

レコード 大賞 3 連覇

半崎美子公式サイトより 今年の『NHK紅白歌合戦』の総合司会が3年連続でウッチャンナンチャンの内村光良に、紅組司会が綾瀬はるか、白組司会がジャニー事務所の人気グループ・嵐の櫻井翔に決定するなど、音楽業界も年末に向けて慌ただしい動きを見せている。 そんな中、音楽界最大の賞レースと言われる「日本レコード大賞」の行方も気になるところだ。 「ここ2年は乃木坂46が連続で大賞を受賞していますが、今年も際立つようなメガヒット曲はなく、乃木坂46の3連覇が有力視されています」(スポーツ紙音楽担当記者) その一方で、今夏にはレコ大に大きな影響力を持つと言われる大手芸能事務所社長のX氏のある行動が、音楽業界内に波紋を広げていることは当サイトでも報じている。 「X社長といえば、毎年自身がプッシュしているアーティストのシールが貼られた高級スイカを日頃懇意にしている業界関係者、マスコミ関係者にお中元として贈ることで知られています。 それが、今年は天童よしみさんのシールだったことが大きな謎を呼んだんです」(前出の記者) それと言うもの、そもそもX氏が過去にお中元のスイカにシールを貼り、自身がプッシュしていることをアピールしていたアーティストは、「レコ大」の最優秀新人賞を狙う売り出し中の新人アーティストやグループというのが大半で、すでに輝かしい実績やキャリアを誇るベテラン歌手の天童を今さら推すこと自体が違和感ありありなのだ。 さらに、前出のスポーツ紙の記者はこう語る。 「X社長と天童さんは業界歴も長く、当然交流はあり、以前に天童さんが自身のお母さんをX社長に紹介するなど関係性は悪くないとはいえ、蜜月の仲かというと微妙です。 加えて、レコ大に関して言えば、天童さんはすでに一昨年に『最優秀歌唱賞』を受賞していますし、今年是が非でも『大賞』を狙っているという気配もないですしね」 そうした折、ここに来て注目を集めているのが天童が新曲でタッグを組んでいるアーティストの存在とか。 「天童さんは今夏に新曲の『大阪恋時雨』をリリースしましたが、この曲を作詞、作曲し、楽曲提供しているシンガーソングライターの半崎美子さんです。 「現在はサンミュージック時代の元マネジャーが彼女の個人事務所に移りサポートする形で、シンガーソングライターとして活動を続けています。 元々、半崎さんの類まれなる歌唱力は桑田佳祐さんや笑福亭鶴瓶さんといった業界の大物たちも高く評価していたのですが、じつはX社長も以前から半崎さんの実力を買っていたという噂もあるんですよ」(音楽業界関係者) 最近では双方のイベントにゲストとして出演し、同曲をデュエットするなどコラボを活性化させている天童と半崎だが、「紅白」や「レコ大」での活躍も期待できそうだ。

次の

乃木坂46、三連覇なるか? 『日本レコード大賞』各賞受賞者決定 /2019年11月16日 1ページ目

レコード 大賞 3 連覇

年末の「レコード大賞」はEXILEが3連覇を果たしましたね。 この結果は、予想外というか意外な結果だったかと思います。 一般紙、スポーツ紙にも掲載されていましたが、2010年のオリコン売り上げ Best10はAKB48と嵐で独占されていたので、てっきり「AKB48vs嵐」と いう図式の中に、流行語大賞の「ゲゲゲの~」のブームに乗った、いきもの がかり、「また君に恋してる」の坂本 冬美さんが絡むといった感じかな、と思 っていたのですが…。 今回は、嵐はノミネートされて然るべきだと思っていたのですが、されていません でした。 7年前もSMAPが「世界に一つだけの花」で受賞確実視されていたか と思うのに、ジャニーズ事務所側の意向で辞退する格好であゆが3連覇を果た したと聞いています。 そこで質問なのですが…。 ジャニーズ事務所とレコード大賞は、何か受賞にまつわるトラブルとかが過去に あったのでしょうか?そうじゃなきゃ、7年前のSMAPも今回の嵐もノミネート されていないこと自体、非常におかしいと思うのですが…。 特に彼らのFanの 人たちは納得がいかないんじゃないか、と思っていますし。 誰か詳しい事情を知る方、教えてください。 ジャニーズ事務所は賞レースに出場しない事務所です。 かつてはレコ大にも出場していましたが、その時は同じ時期に一つのグループしかありませんでした。 ジャニーズはあくまでも年功序列の上下関係であり、人気に関係なく先輩グループが立場が上です。 今の時代は、嵐・V6・SMAPなどジャニーズの複数のグループが存在します。 この状態で賞レースに出れば、ジャニーズ同士で賞を争う事になりかねません。 ジャニーズ同士で潰し合いをする事になりますし、場合によっては先輩を押しのけて後輩が受賞する可能性もあります。 これでは事務所内の各自の立場が崩壊してしまいます。 それを防ぐ為に、ジャニーズ内で争いにならないようにしているのです。 これがジャニーズ事務所がレコード大賞への参加を辞退している理由です。 同じ理由から、テレビで同じ時間帯にジャニーズタレントが複数の番組に出る事はありません。 誰かが出演している番組がある時間帯は、他の番組には誰も出しません。 ジャニーズとはそういう事務所なんですよ。 ファンもそれを知ってますから、どんなに人気が出ても賞には興味無いですよ。 レコ大絡みのトラブルは過去に近藤真彦がトラブルに巻き込まれましたが、レコ大とジャニーズのトラブルではありません。 近藤真彦の母の遺骨が盗まれ、返して欲しければレコード大賞への出場を辞退しろと脅迫された事件です。 本人が悩みぬいた末に出場を強行しレコード大賞を受賞しました。 その結果、母の遺骨は未だに戻って来ていません。 レコード大賞受賞後にこの事実が報道され、世間は大騒ぎになりましたよ。 ちなみに、今年の場合は最初からEXILEで決まっていた出来レースですよ。 レコード大賞は、昔からレコード会社の影響力の強さが物を言う賞です。 あれだけ有名だった山口百恵も、レコード会社が弱小で無冠の女王と呼ばれてました。 90年代の小室ファミリー全盛期以降は、完全にレコ大はavexの私物化状態です。 95年のTRFを筆頭に、2010年までの16年間で実に11回がavexのアーティストが大賞を受賞しています。 2連覇の安室奈美恵、3連覇の浜崎あゆみとEXILE、どれもavex系列のレコード会社です。 avexが続いて批判が出ると、翌年は他の会社のアーティストに獲らせるというサイクルの繰り返しです。 日本レコード協会の会長がavex社長だった時代もありますから仕方の無い事です。 1990年の第32回日本レコード大賞で、「お祭り忍者」でデビューした忍者が、ジャニーズ事務所が希望していた演歌・歌謡曲部門ではなく、ロック・ポップス部門にノミネートされたことを不服とし辞退しました。 それ以降、所属タレントに優劣をつけさせないという事務所の方針で賞レースへの参加はすべて辞退しています。 1987年に近藤真彦が日本レコード大賞にノミネートされている時、亡くなった母親の骨つぼを盗まれた事も一つの要因ではあるようです。 SMAPが「世界に一つだけの花」の大ヒットにより日本レコード大賞の候補に挙がった時には、「歌詞の中にあるように、ナンバーワンを目指すよりもオンリーワンを大切に歌ってきた。 そのメッセージを貫きたい」との理由でノミネートを辞退しています。 2010年に近藤真彦が最優秀歌唱賞を受賞したのは特例で、今後も賞レースには出ないとジャニーズ事務所がコメントを出していました。 坂本冬美の「また君に恋してる」は2009年発売の曲で、2010年のレコード大賞の対象期間から外れます。 大賞ノミネート曲の中で1番売上枚数が多いのはAKB48ですが、握手券目当てで1人で何枚も買う人がいることは世間に知れ渡っていて シングルに比べてアルバムの売上枚数が極端に少ないことからもわかります 、その商法がどう判断されたかだと思います。 AKBの次に売上枚数が多いのは、EXILE「I Wish For You」約25万枚、いきものがかり「ありがとう」約17万枚です。 仕事を持っていたら朝ドラを見れない人も多いでしょうし、私の勤務先の人はいきものがかり自体を知らない人が結構いて、いきものがかりの大賞は無いと思っていました。 ある週刊誌が「EXILEが三連覇するのではないか」と書いていたのは、「AKB48は商法が問題視されていて、ジャニーズ事務所は辞退しているので、そうなると売上や活躍度的にEXILEの対抗馬がいない」という内容でした。 大賞ノミネート曲の中ではEXILEが大賞にふさわしかったと思います。

次の

年末の「レコード大賞」はEXILEが3連覇を果たしましたね。

レコード 大賞 3 連覇

『第60回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が30日に放送され、乃木坂46が今年4月にリリースした20枚目シングル『シンクロニシティ』がレコード大賞を受賞したことで、乃木坂46が史上8組目となるレコ大2連覇を達成し、公式ライバルグループのAKB48の記録に並んだのですが、ネット上では批判の声が噴出し炎上状態になっています。 発売初週のミリオンセラー達成は歴代5組目、2000年代以降ではAKB48に続いて2組目の快挙となっており、この曲で2年連続のレコード大賞受賞が発表されるとメンバーたちは喜び、白石麻衣さんは年内の活動もってグループを卒業する西野七瀬さんとハグし、涙を浮かべながら喜びの挨拶をしていました。 』こそが、レコード大賞に相応しいのではないかとして批判の声も噴出しています。 ネット上で反応を見てみると、• ここまで落ちぶれたかレコード大賞• 日本握手券大賞• つくづく金に汚い世の中だよな。 金金金金ですわ。 毎日テレビ見てるのに初めて聞いた すげーなこの国• いやいやこれ駄目でしょ どう考えても乃木坂はないわ レコ大もう終了でいいわ• なぜ、DA PUMPが大賞じゃなかったのか、いまいち分からない。 乃木坂46のファンには悪いけど、どういう判定基準があるのか、明らかにしてほしい。 老若男女、今年はU. が浸透しただろうに。 カバー曲が大賞取れないなら最初からノミネートしなきゃ良いんだよ。 カバーだからDA PUMPはダメって理屈は分かるけど乃木坂はねぇよ。 せめて米津とかにやれ などの批判が上がっており、炎上状態になっています。 なお、今年のレコード大賞の受賞対象となる優秀作品賞には、以下の10曲が選出されていました。 【第60回日本レコード大賞 優秀作品賞受賞曲】• AKB48『Teacher Teacher』• 欅坂46『アンビバレント』• SEKAI NO OWARI『サザンカ』• DA PUMP『U. TWICE『Wake Me Up』• 乃木坂46『シンクロニシティ』• 西野カナ『Bedtime Story』• 氷川きよしさん『勝負の花道』• 三浦大知さん『Be Myself』• 特典が付かない今年のデジタル配信ランキング(オリコン発表)を見てみると、 1位は米津玄師さんの『Lemon』でダウンロード数は約180万、2位はDA PUMPの『U. 』で約54. 1万、3位はback numberの『瞬き』で約43. 4万となっているのですが、乃木坂46の『シンクロニシティ』は50位以内にすらランクインしていません。 こうした結果などから、乃木坂46のCD購入者の多くが特典目的のファンとみられます。 一方のDA PUMPの『U. 』は、CDの出荷枚数こそ11月時点で13万枚を超えた程度ではありますが、デジタル配信数は54万ダウンロードを突破、YouTube上の公式ミュージックビデオの再生回数は公開から5ヶ月で1億回再生を突破し、12月31日午前10時時点では1億3800万回も再生(『シンクロニシティ』は約1967万)されており、米津玄師さんの『Lemon』に次いで今年大ヒットした作品となっています。 そのため、今年のレコ大で優秀作品賞に選出された作品の中では、『シンクロニシティ』よりも『U. 』の方がレコード大賞に相応しいという声が上がるのは当然かと思います。 優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。 審査対象は『優秀作品賞』に選ばれた作品とする。 」とされています。 』は、イタリアのユニット『Joe Yellow(ジョー・イエロー)』が1992年に発表した同名楽曲のカバーで、これまで外国人が作曲した楽曲が大賞を受賞したことは無いのですが、レコード大賞の審査基準としている 「大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品」に当てはまる作品です。 ID:MTc4NzA1Nzcy 私は正直、今年の日本レコード大賞はUSAかなだと思っていたが、日本レコード大賞はシンクロニシティだった。 でも、シンクロニシティが日本レコード大賞だと知っても、へーしか思わなかった。 シンクロニシティが日本レコード大賞を取っても、シンクロニシティは良い曲だし、日本レコード大賞の審査員が選んだんだから、シンクロニシティは、日本レコード大賞にふさわしいかもと思っていた。 でも、私は個人的に、2018年のNO1最優秀曲はUSAだと思っている。 でも、私の両親やみんなの言う通り、日本レコード大賞は乃木坂46の事務所がお金を日本レコード大賞に払ったから、乃木坂46を大賞に選んだのが本当だったとしたら、日本レコード大賞は最低だし、日本レコード大賞はもう終わるべきだと思う。 私もそんな日本レコード大賞は絶対に見たくない!!

次の