なかなか 治ら ない ニキビ。 ニキビ跡がなかなか治らない3つの原因|ドクター松下ブログ|五本木クリニック

鼻のニキビがなかなか治らない方のための対策

なかなか 治ら ない ニキビ

例えば、あなたが足を骨折したとします。 この時、病院に行って足を固定してもらうか場合によっては手術しますよね。 「 足を叩いて治そう」なんて思わないはず。 そんなことしたら、足が曲がったり、一生歩けなくなります。 w でも実際、 「叩いて治す」と同じようなことをしてしまっているんです。 骨折しても足は叩かず、すぐに病院に行くのは、 「治し方・対処法を知ってるから」ですね。 骨折したらどうするか?は小さい頃から大人に教えられてきているので、 実際その現象が起きても、頭にインプットされている対処法に沿って行動すればいいだけです。 じゃあ、ニキビってどうですか? 何も教わってませんよね。 おそらく小さい頃から「ニキビができたら触らない」「洗顔しすぎない」てなことを教わっていれば、 今では私の肌はツルッツルだったでしょうね。 過去の私自身に言い聞かせるように言わせていただくなら、 あなたは、 ニキビの治し方について、何も知りません。 当時私は、 毎日一生懸命洗顔したり、コットンで化粧水つけてみたり、蒸しタオルやってみたり、パックやってみたり・・ 巷で「ニキビにいい」と言われている方法は一通り試しました。 でも、全くといっていいほど効果はありませんでした。 中には本当に良い方法はあったのかもしれませんが、 「 それがどう自分の肌に影響をもたらすのか?」 「 そもそも自分の肌は今どういう状況なのか?」 「 それをやって何がどう改善されるのか?」 「 それをやる必要はあるのか?」 などは一切判断できていなかったので、失敗したのは当然です。 これじゃぁ、治るものも治りませんよね。 悪化の一途をたどるだけ。 「ニキビが悪化、なかなか治らない」という状況を引き起こしているのは、自分自身だったりします。 >> 現在25歳です。 高校生まではニキビなど全くできなかったのですが、大学、社会人と年を重ねるごとに白ニキビがおでこ全体、こめかみ、あごにたくさんあります。 ここ2年間はナリス化粧品を使っていました。 今はニキビが改善されないので迷走中で、ツルハなどで手に入るリサージのSを使っています。 夜はリサージSのクレンジングミルクと洗顔をして、スキンケアをしています。 たまに肌のざらつきなどが気になるときはコスメデコルテのクリームクレンジングをしています。。。

次の

皮膚科に行ってもニキビ・肌荒れがなかなか治らない理由

なかなか 治ら ない ニキビ

この記事でわかること• 顎ニキビができる原因とは 顎ニキビはいったいどのような原因で発症してしまうのでしょうか? 具体的な 顎ニキビができる理由を紹介していきます。 とても 乾燥しやすいパーツと言えます。 一方で、顎周りは 皮脂腺がたくさんある箇所です。 皮脂分泌がとてもさかんなエリアということになります。 そのため、顎周りの皮膚が乾燥するたびに、身体は皮膚の乾燥をケアしようとして、皮膚を大量に分泌します。 過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまい、ニキビに発展してしまうというわけです。 ホルモンバランスの乱れを受けやすい 前述したように、顎周りは 皮脂分泌が過剰になりやすいエリアです。 そして皮脂の過剰分泌は、ホルモンバランスの乱れから引き起こされることも多いです。 女性ホルモンの分泌バランスが乱れて、ニキビができてしまうこともあります。 女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンは、皮脂分泌の活性化を促す傾向にあるため、顎ニキビができやすくなってしまうというわけです。 スキンケアの悪影響を受ける 顎周りは、意外にも スキンケアが行き届きにくいエリアとなっています。 メイクが十分にクレンジングできていなかったり、洗顔料が残ってしまったりしやすいのです。 肌の表面に残った汚れが毛穴に詰まって、ニキビに発展してしまうケースも珍しくありません。 また、逆に 一生懸命スキンケアをしすぎて顎ニキビができてしまうこともあります。 クレンジングや洗顔で強く擦り過ぎてしまい、肌が傷ついて保水力が落ち、ニキビができてしまうことがあるのです。 刺激の強すぎる洗顔料やスキンケアコスメなどによって、ニキビが悪化するケースもあります。 顎ニキビがなかなか治らない理由 顎ニキビは、 一度できるとなかなか治らない人が多いです。 たとえ一時的に良くなったとしても、繰り返し顎ニキビができてしまい、頭を悩ませる人も少なくありません。 顎ニキビがこんなにもしつこいのには、どのような理由があるのでしょうか? 外的な刺激を受けやすいから 顎はどうしても露出することが多く、外的な刺激を受けやすいパーツと言えます。 紫外線や外気に触れやすく、 清潔かつ安定した状態に保つのがとても難しいでしょう。 ふとした時に触ってしまうことも多いですし、マフラーやマスク、食事などもあります。 このような外的刺激の多さから、顎ニキビは治るまでに時間がかかりやすいと言えるのです。 ストレスや体調、生活習慣の影響を受けやすいから 前述したように、顎ニキビは ホルモンバランスの乱れによってできることが多いです。 ホルモンバランスが崩れる原因は、日々の疲れやストレス、体調不良をはじめとして、 乱れた生活習慣などが挙げられます。 これらの体内からくる原因には、シンプルな解決方法が少ないという弱点があります。 「ストレスの原因を無くせばいい」とは言っても、仕事や人間関係など、簡単にきって切れないものはたくさんあります。 女性であれば、 生理の影響で女性ホルモンの分泌バランスが崩れ、顎ニキビができることも。 生理は周期的なものですから、一度落ち着いても次の生理の際にまたニキビができてしまうことがあり得るのです。 顎ニキビができやすい人の特徴 ここまでの内容で、 顎ニキビができてしまう原因は大体把握できたでしょうか。 それでは続いて、どのような人に顎ニキビが発生しやすいのかも紹介しておきます。 乾燥肌の人 前述したように、あごの周辺はただでえ乾燥しやすいエリアとなっています。 それに加えて、元々乾燥肌の人は、 皮脂の過剰分泌を起こしやすいのです。 肌のバリア機能も下がりやすいため外的刺激に弱く、顎ニキビが治らないことも少なくありません。 あごを触るクセがある人 顎ニキビが繰り返しできやすい人や、なかなか治らない人は、あごを無意識に触るクセがあるかもしれません。 顎ニキビに関わらず、 ニキビは刺激が大きいほど悪化しやすいです。 肌のバリア機能が低下しているところを触ってしまえば、角層が傷ついて剥がれやすくなります。 剥がれた角層は毛穴に詰まって、皮脂の蓄積を招き、最終的にニキビを作ってしまう危険性があるのです。 睡眠不足になりがちな人 睡眠不足は、ホルモンバランスを大きく崩す要因のひとつです。 身体が十分に疲れを癒すことができないので、肌の新陳代謝も低下し、顎ニキビをはじめとした肌荒れを引き起こしやすくなってしまうのです。 タバコを吸う人 タバコに煙に含まれているニコチンやタールは、血管を収縮させて、血流を滞りがちにさせる危険性があります。 肌の正常なターンオーバーを妨げてしまうため、古い角質が毛穴に詰まり、顎をはじめとしたニキビができやすくなってしまうのです。 また、肌の保湿力を低下させる危険性もあるため、肌のバリア機能も下がるでしょう。 接触や紫外線の刺激を受けやすくなり、顎ニキビが悪化しやすくなることもあります。 生理が重い人 生理前は女性ホルモンの分泌バランスが乱れ、顎ニキビをはじめとしたさまざまな肌荒れが引き起こされやすくなります。 肌荒れだけではなく、腰痛やむくみ、冷えや胃腸力の低下など、生理前後のトラブルが大きい人は、顎ニキビもできやすい傾向にあるのです。 顎ニキビのセルフケア方法 顎ニキビができてしまったら、どのようなセルフケアが適しているのでしょうか。 おすすめのセルフケア方法を紹介していきます。 スキンケアを徹底する 適切なスキンケアをすることは、顎ニキビ対策におすすめです。 あご周りはとにかく乾燥しやすいため、 保湿を徹底しましょう。 化粧水や乳液を保湿力が高いものに切り替えたり、パックやクリームなどのサポートアイテムを適宜取り入れたりするようにしてみてください。 顎ニキビを皮膚科で治療する方法 顎ニキビを治すためには、皮膚科をはじめとした 病院 クリニック でのケアがおすすめです。 具体的な治療内容を解説しておきましょう。 抗生物質(飲み薬)の処方 アクネ菌による炎症を抑えるため、抗生物質の飲み薬を処方してもらいます。 顎ニキビが比較的重い場合に取られる治療内容です。 抗生物質(塗り薬)の処方 患部に直接塗る抗生物質を処方してもらいます。 軽度から重度まで、幅広い顎ニキビの症状に対応している方法です。 面皰圧出 ニキビに穴をあけて、貯まっている皮脂を押し出す方法です。 皮膚科によって対応していない場合もあります。 ケミカルピーリング フルーツ酸などのピーリング剤を用いて、ニキビの角質を剥がす方法です。 美容系の皮膚科やクリニックで取り入れることが多いです。 低用量ピルを処方 こは皮膚科ではなく、婦人科で取られる方法です。 ホルモンバランスを整えて、顎ニキビをできにくくするアプローチです。

次の

肌荒れが治らない…専門家が教える意外な「ニキビ」の原因8

なかなか 治ら ない ニキビ

例えば、あなたが足を骨折したとします。 この時、病院に行って足を固定してもらうか場合によっては手術しますよね。 「 足を叩いて治そう」なんて思わないはず。 そんなことしたら、足が曲がったり、一生歩けなくなります。 w でも実際、 「叩いて治す」と同じようなことをしてしまっているんです。 骨折しても足は叩かず、すぐに病院に行くのは、 「治し方・対処法を知ってるから」ですね。 骨折したらどうするか?は小さい頃から大人に教えられてきているので、 実際その現象が起きても、頭にインプットされている対処法に沿って行動すればいいだけです。 じゃあ、ニキビってどうですか? 何も教わってませんよね。 おそらく小さい頃から「ニキビができたら触らない」「洗顔しすぎない」てなことを教わっていれば、 今では私の肌はツルッツルだったでしょうね。 過去の私自身に言い聞かせるように言わせていただくなら、 あなたは、 ニキビの治し方について、何も知りません。 当時私は、 毎日一生懸命洗顔したり、コットンで化粧水つけてみたり、蒸しタオルやってみたり、パックやってみたり・・ 巷で「ニキビにいい」と言われている方法は一通り試しました。 でも、全くといっていいほど効果はありませんでした。 中には本当に良い方法はあったのかもしれませんが、 「 それがどう自分の肌に影響をもたらすのか?」 「 そもそも自分の肌は今どういう状況なのか?」 「 それをやって何がどう改善されるのか?」 「 それをやる必要はあるのか?」 などは一切判断できていなかったので、失敗したのは当然です。 これじゃぁ、治るものも治りませんよね。 悪化の一途をたどるだけ。 「ニキビが悪化、なかなか治らない」という状況を引き起こしているのは、自分自身だったりします。 >> 現在25歳です。 高校生まではニキビなど全くできなかったのですが、大学、社会人と年を重ねるごとに白ニキビがおでこ全体、こめかみ、あごにたくさんあります。 ここ2年間はナリス化粧品を使っていました。 今はニキビが改善されないので迷走中で、ツルハなどで手に入るリサージのSを使っています。 夜はリサージSのクレンジングミルクと洗顔をして、スキンケアをしています。 たまに肌のざらつきなどが気になるときはコスメデコルテのクリームクレンジングをしています。。。

次の