トーンモバイル デメリット。 TONEモバイル(トーンモバイル)の総合評価!メリット&デメリット解説【2019】

トーンモバイル故障、破損したらどうする?修理サポートの欠点を紹介

トーンモバイル デメリット

月額1,000円の容量無制限のデータ通信プラン(またはTONE SIM for IPhone)を中心に必要なオプションを足していく形です。 この月額料金には以下のサービスが含まれています。 au版、SoftBank版は6S以降で要SIMロック解除 下の図を見るとTONEのスマホの方が出来ることがかなり多いです、iPhoneの場合は主に居場所確認機能を利用する目的での購入がよさそうです。 (iOS12からスクリーンタイムという機能が搭載されて、子どものアプリ使用時間の制限もできるので、iPhoneならもうTONEは不要かもしれません) TONE トーンモバイル のメリット サポート充実で安心して使える 使い方で迷った時には、コールセンター、自宅でのリモートサポート、TONEを取り扱うTSUTAYA店舗での対面サポート、更には使い方を勉強できる講習会まで開かれており、困った時のサポート体制が万全で安心して使う事ができます。 ちなみにリモートサポートとはTONEのサポートの方が離れた場所からお手持ちのスマホにアクセスし、直接操作して不具合を直してもらえるサービスです。 これまでスマホを使いたかったけど 使い方が分からなかったらどうしようか、という不安を解消してくれるサポート体制です。 料金プランも他の会社のようにたくさんあるわけではなく1つだけ。 選択肢が少ないとも取れますが迷わないで選択できるのは良い点です。 もし 他の機能が必要ならオプションで付けたす事ができるので無駄な費用はかかりません。 子供にも親にも優しい TONEの見守り機能「TONEファミリー」 動画の説明にもありますが子供がいる親用に行動履歴や今どこにいるかmapで知れる機能、利用時間帯の制限、歩きスマホの警告、家族伝言といった様々な機能が搭載されています。 お子様の安全を守るためにも使えるスマホと言える。 最近物騒なニュースなども聞くので 防犯対策を考えておられる方にもオススメ。 ついついスマホを使いすぎてしまう、遊びにでかけてしまうお子様やそれが心配な親御様にピッタリな機能です。 Tポイントが貯まる さりげなく嬉しいのがTポイントが貯まるという点。 必ず掛かる 月々のスマホ代がポイントに変わっていくのでお得感たっぷり! ポイントでの 月額支払いも可能で少しづつでも節約したい人にはとっても嬉しい! TONE トーンモバイル のデメリット 090音声のオプションは少し高め さらにTONE同士のIP電話では家族間無料なので通話料金も気にすることなく使うことが可能です。 メッセージやIP電話の様な基本的な機能は問題なく使用できるので心配なく。 通常速度に戻るには、3日間の使用量が300MB以下になるのを待つ必要があります。 または高速チケットを購入し使用する方法もあります。 解決策としては 家にインターネット回線がある場合、ルータ(WiFi)を飛ばす機械を設置してWiFiで通信すれば問題なく動画の視聴もSNSもし放題になります。 ただ、 実測はもっと遅いのであまり使えないという評判です。 あまり、使わない、使わせたくない場合はそれでもいいかもしれませんが、たくさん利用しようと考えている方には向きません。 これも定期的に購入するなら他の格安SIMの方が安く済みます。 TONEの使い方としては 外ではLINE等のメッセージアプリがメインの利用で家ではWiFiで利用するなどの工夫が必要そうです。 2年以内の解約で違約金が toneを申し込むに当たって 最低利用期間が2年という期間が障壁になるかもしれません。 ちなみに 2年以内の解約で9,800円の解約金がかかります。 ほかの格安SIMではデータ通信のみの契約だと最低利用期間がないのが普通で、音声SIMでも最低利用期間を設けない事で差別化しているところもある。 格安SIM特有の手軽さや安さが少し減る反面、サポート体制は万全となっているのでやはりどちらを取るかという問題かもしれません。 実際大手キャリアのdocomo,au,SoftBankと比べるとまだまだ大幅に安いので、スマホにするのに不安が残る人にはそれでもいいチョイスとなります。 TONE トーンモバイル のスマホ TONE e20 価格:19,800円 画面:6. 26インチ OS:android9. バッテリーやトリプルカメラ、cpu、メモリとどの点をみても合格点。 端末価格が安いのでかなり手が出しやすくなった印象です。 また、サポートとして購入時の箱に端末を置くだけで、不具合を修正してくれる機能があり問題が起こった時も安心です。 まとめ TONEのスマホは、家族やお子様、はじめての人に優しい作りになっています。 エンターテイメント重視のスマホの使い方ではなく、 家族との連絡用やサポート重視のスマホとして選ぶときにはいいかもしれません。 逆に、ゲームや画像の含まれるSNS、ウェブ閲覧をメインで考えているときには通信速度や端末のスペックからオススメしません。 そういう時は基本料にSNS使い放題や子どもを守るフィルタリングアプリが無料で含まれてる、通信速度が速くフィルタリングアプリ無料のなどがオススメです。 TONEはオプションを何もつけない場合は1,000円で利用でき、サポート体制も充実しているので教えてもらいながら安心して利用したい場合にオススメです。

次の

トーンモバイルを子供に持たすメリット・デメリット

トーンモバイル デメリット

格安SIMの中でも月額千円からスマホが持てると衝撃プライスのTONEモバイル 今まで使っていたスマホ代が1,000円になるなら、誰もが使いたくなるのは当たり前ですよね。 普通の格安SIMは、データ容量3GBで音声通話を含めても、2,000円以上はかかってしまいます。 なのにTONEモバイルは、インターネット使い放題(容量無制限)で通話基本料も合わせて月額1,000円という破格の値段! これなら誰でも乗り換えるでしょう! ・・・と思った反面、本当に信用していいのか?(安かろう悪かろうではないのか?)という疑問も出てきたので、実際に購入して使っている人の口コミを調べてみることにしました。 TONEモバイルを実際に使っている人の口コミ 一言でいうと酷いです。 起動直後に TONEストアやPlayストアの自動更新があると必ずフリーズします。 バッテリー3000mAhあると謳ってるのに電池持ちが悪すぎて1日持ちません。 カメラが綺麗と公式サイトにありますがピントが合わずQRが読めません。 よくフリーズするのに関わらず、ボタンで強制終了出来ず裏蓋いちいち外さないと強制終了出来ないので残念です。 スマホから足を洗いたい方におすすめ! これは子供も、大人もスマホから遮断させようとする素晴らしいスマホです。 これは子供だけですが、残り使用可能時間が一分毎に出てくる上、使用可能時間であってもロックしていくスタイル。 これは子供を侮辱しているのでしょう。 子供ってクソだと思ってるんですよね!そして、TSUTAYAの対応も素晴らしく、スマホの画面が割れたため、交換するだけで3時間も丁寧に時間を掛ける上、作業中に唐突にどこかへ電話、そのまま客も拘束してくれます。 別の案件でサポートに連絡すると、なんと「分かりません」と返答をしてくれるという、何とも素晴らしいもので、担当員も、遠隔操作をしながら、同じ操作を何回もさせ、実質10分で終わるものをこれまた1時間も掛けて丁寧に設定、おかげさまで、スマホは音楽しか聞かないただの音楽プレイヤーと化しました。 ネット速度も無制限ではあるものの、サイトすらまともに開けないほどの速度であり、さらに、よく通信が切れて、再起動させるという、何とも良いネット環境!人類にスマホから手を離そうと言っているのですね!この世の中にぴったり! なんとまぁ、素晴らしいものです。 TONEモバイル 思ってたよりダメでした。 子供が通学でバスや電車を使って1時間移動するのに、やはり携帯を考えましたがGPS機能で 位置情報がわかるスマホにしました。 大手では高いので TONEモバイルにしました。 良かれと思って子供は2人、 TONEモバイルにしましたが、失敗と言った方が良いと思います。 結果的に携帯回線をオプション980円を付けないと、使えないです。 思ってたよりダメでガッカリしました。 IP通話は電波が少しでも弱いとつながらないので、緊急には適してないです。 「安かろう悪かろう」の典型 格安スマホを買い替え検討しても、 TONEモバイルけはやめるべき、1000円で ユーザーを騙して契約させる 「安かろう悪かろう」の典型 検索速報は遅く直ぐ止まる 通話はプチプチしょっちゅう切れる そしてサポート体制がなっていない。 サポートデスク 困ったことが起こっても、マトモにとりあわない、 ありきたりの事務的対応で解決してくれない。 契約時と対応時で説明が違ったりコロコロ変わったり、それを指摘しても「それはそのときよく確認理解しなかったのでは?」とはぐらかして逃げる。 全くトラブル解決を助けてくれない。 それでも、と使いたい人、契約時穴が開くほど約款を読み、質問を浴びせ、納得と覚悟をして TONEスマホ を買って下さい。 予想もしなかった事態に直面して酷い目に会いますから。 かくいう私が1000円につられて今までで一番ひどい携帯電話つかまされてしまいました。 高い授業料でした。 tone mobile 嫁の電話と自分の電話、、、2台使っているので間違いないと思いますが、、、、全くつながらない、、、電話がかかりにくいし、かかってこない。 動作は遅いし、サービスセンターにもっていけば状態が悪くなる、、、2年間は解約できないの一点ばり、、、、。 ツタヤはこんな会社になってしまったのか、、、、。 サービスも端末もひどすぎる、、、、。 あと、、、解約まで2か月も払わなければならない、、、、。 いやすぎる。 やすかろう、悪かろうでやめた方が良い。 TONEm15 オンラインで購入。 それなりです。 子どものためにオンラインで購入しました。 まだ数日ですが、普通に使ってます。 GPSも若干もたつくこともありますが、それなりに正確です。 通話はIPのみ、それなりにつながります(最初から期待していないので十分)普段はSkypeで、会話と通話です。 ラインは、便利だが弊害も多そうなので、本人が必要と感じ、ネットに慣れたところを見計らって解禁することに。 Gmailとキャリアメールがもらえますが、今のところは未使用です。 これも、ラインと同じく本人の成長にゆだねます。 アプリも制限をかけ、YAHOO安心ネットでネットはフィルタリング、さらにスマホ本体に使用時間制限をかけてます。 ちょこっとゲーム 無課金、落としきり、時間制限のないもの)をしたり、学習ソフト(漢字や計算)をそれなりに使ってます。 youtubeは、WiFiのある自宅のみ、それも夕飯後1時間のみ使用可、みたいな設定もできます。 月1000円+安心オプション500円 本体は一括払いで29800円、税別)GPS+Skype+無難なゲーム+学習アプリで、年齢に合わせて徐々に拡張可のスマホ。 3大キャリアの見守り系よりも割安かな、ぐらいです。 いろいろ不満もアップされているようですので、お分かりかと思いますが、CMで謳っているような幅広い層が使える、、というものでは決してありません。 通話環境も、はっきり言って不安要素です。 子どもに渡せる状態にするために、上記のような条件を考えましたが、スマホ本体、ホーム画面、アプリで、、と、制限をかける段階が多岐にわたり、ストレスなく使える状態にするまで四苦八苦しました。 TONEファミリーやONEなど、本当に面白い機能をもっています。 急激に心身ともに成長する子どもに使用環境を合わせられる、というのも魅力です。 ただ、厳しい言い方かもしれませんがヘビーユーザーには物足りなさすぎる機種であり、子どもだろうがシニアだろうが、使用者にあった環境を設定できる「支援者」 使用者本人でも可)がいてこそ、本領を発揮する機種だと思われます。 実際に調べてみると、予想以上にひどい結果でした。 少しは悪い評価もあるのかな、と思っていましたが、ほとんどのユーザーがつながらない、使えない、など失敗したという意見でした。 せっかく安いのに、口コミ評価のようにストレスになってしまっては乗り換えない方がいいのかもしれません。 TONEモバイルは使えない格安SIM? では、本当にTONEモバイルは安いだけの使えないスマホなのでしょうか? 不満に思っている人の多くは、TONEモバイルの安さだけに注目して、本当の仕組みや機能を理解していないだけかもしれません。 TONEモバイルは月額1,000円と言う安さをアピールしているので、安さを求めて契約するのは当然かもしれません。 ですが公式サイトをよくみると、通信速度は、通常時500〜600kbpsと書いています。 通常スマホで快適に動画をみるには、4Mbps(4000kbps 程度必要です。 この速度では、スマホに詳しい人なら動画をみたりインターネットを快適に使うことは難しいことが理解できるはずです。 TONEモバイルで動画を快適にみたい人は1Gプラス300円の高速チケットを買う必要があります。 また通話に関しても、月額1,000円の中には、050番号でかけられるIP電話しか含まれていません。 090の電話番号を引き継ぎたい人は毎月950円のオプションが必要になってくるのです。 このように、格安SIM初心者には少しわかりずらいですが、TONEモバイルは、安い基本料でオプションをつけて行くことで機能が増えて行く格安SIMと言うことがわかります。 TONEモバイルは、スマホヘビーユーザーには物足りないし、不満が多いスマホかもしれません、ですが家族を見守る機能や、ゲームやネットをやりすぎの子供に制限できる機能を使うため、子供に持たせたいと言う親御さんのためにはぴったりのサービスかもしれません。 実際に悪い口コミばかりではなく、このような口コミもあります。 TONEがあれば子供も安心、便利な機能も無料なのはスゴイ! 子供の居場所もすぐに確認できるので心配することが少なくなりました。 買う前は危険なアプリをダウンロードしないか不安でしたが、TONEなら親が制限できるので安心です。 スマホなんて使いこなせないと思っていました。 今さらスマホなんて使いこなせないと思っていました。 最近友人が買ったTONEのスマホを見せてもらい画面のシンプルさに驚きました。 これなら使えるかもしれないと思い勇気を出して契約しました。 実際に購入して自分でもこんなに使えるんだと驚いています。 TONEモバイルは、誰もが満足できるスマホではないかもしれませんが、使い方や環境によっては好まれるスマホとなっています。 あなたも自分の環境や使い方と照らし合わせて検討してみてはいかがでしょうか?.

次の

トーンモバイルは090オプション必須!IP電話の3つのデメリット

トーンモバイル デメリット

通信速度は遅い? めちゃくちゃ遅い!とまではいきませんが速くはありません。 まずまずといった速度です。 格安SIMの宿命です。 TONEモバイル+M15で朝と昼間の実測値(高速チケット使用)を出してみたので参考程度にみてください。 測定結果:2017年6月(東京都江戸川区) 使用アプリ:RBB SPEED TEST 使用する場所(環境)、時間帯で揺らぎがあるのであくまで参考程度にとどめておいてください。 5Mbps)程度でした。 一般的に10Mbpsを超えると快適に利用できると言われています。 軽いホームページ閲覧やLINEなどの利用であれば5Mbpsもあれば問題ありません。 速度重視ならサブキャリアを 速度を求めるのならばサブキャリア(UQモバイル・ワイモバイル)を使うのが良いです。 もともとの速度が高く、混雑時間帯でも快適な速度が出やすいです。 以下のページでまとめているので気になる人はチェックしてください。 参考記事: 参考記事: 専用端末の性能は低め TONEモバイルは格安スマホとしてはかなり特殊で、 スマホ端末とのセット販売のみになっています。 用意されているスマホ端末は1種類のみです。 このスマホ端末の性能がやや低いです。 端末価格が29,800円で、スマホ端末としては中堅どころの価格帯ですが、その価格帯の中では正直イマイチです。 2017年6月現在、M15という機種が販売されています。 以下M15のスペックです。 M15スペック 機種名 TONE m15 製造メーカー: freebit OS Android 5. 1 lollipop CPU MediaTek MT6735 クアッドコア 1. 5インチ HD カメラ 背面 1300万画素 フルHD1080p動画撮影 前面 500万画素 バッテリー 3000mAh WiFi WiFi 802. 6mm 重さ 165g スペック的にはRAM(メモリ)がやや弱いです。 あとしいていうならCPUがクアッドコアで、この価格帯の機種としては物足りないです。 3万円前後の機種ならオクタコア(8コア くらい欲しいところです。 現時点では問題なく動作しますが、1年2年と使っていると動作に不満が出る可能性が高いです。 最低利用期間が2年間 最低利用期間が2年間です。 他社の格安SIMだと1年間程度のところが多いのでこれはイマイチなところ。 2年間以内の解約の場合、9,800円の違約金が発生します。 最低利用期間なしのSIMカードが欲しい人は以下のページにまとめているのでそちらも参考にしてください。 参考記事: 逆にメリットは? TONEモバイルのことをボロクソに言いましたが、逆にメリットは何なのでしょうか?誰が持つのに向いているのでしょうか? このTONEモバイルは完全に子供・老人向けの格安スマホです。 それ以外の人は全く相手にしていません。 利用制限・見守り機能 TONEモバイルは標準でwebフィルタリング機能(有害サイトの閲覧禁止)が付いていたり、現在地の確認、利用時間の制限をしたりすることができます。 公式でプロモーションビデオが用意されているのでそちらを見るとよりわかりやすいです(音が出るので音量注意)。 TONEモバイル公式PV.

次の