大田区 産婦人科。 大田区の産婦人科の病院とクリニック【お医者さんガイド】21件の該当があります

大田区の婦人科の病院・クリニック 38件 【病院なび】

大田区 産婦人科

診察のご案内 2020. 09 【休診日】原則 日曜・祝祭日・水曜日 診察はコロナウイルス対策のため、現在電話での予約のみとしております。 ご相談も 03-3777-7712で承ります。 人工妊娠中絶等について 2020. 09 コロナウイルス対策をして行っております。 先ずはお電話にてお問い合わせ下さい。 ピルの処方について 2020. 09 経口避妊薬(ピル)、緊急避妊(アフターピル)、生理日変更のご相談をお受けしております。 オンラインでも受付ております。 子宮がん検査で異常がでたら 2020. 09 精密検査(HPV検査、コルポスコープ検査)ができます。 プラセンタ注射を行っております 2020. 09 骨粗鬆症・いつの間にか骨折チェック受付中です。 妊娠中の皆様へ 2020. 09 妊婦健診時に可能な限り4Dエコーを行っています。 USBメモリーに記録出来ます。 また、エコーの画面をスマートフォンにて撮影していただけます。 風疹・はしか・インフルエンザに注意 抗体検査やワクチンを受けましょう。 2020. 09 大田区大人の風しん抗体検査ワクチン接種受付中です 2020. 09 大田区民の男性女性共に無料です 帯状疱疹のワクチン接種・子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)接種も受け付けております。 大田区のがん検診等について 2020. 09 前立腺がん検診、肝炎検診(7月から)。 受診番号通知書をご持参下さい。 大田区特定健康診査も行います。 子宮がん検診、肺がん検診、大腸がん検診等は7月より始まります。 医院概要.

次の

大田区の産婦人科の病院・クリニック 14件 【病院なび】

大田区 産婦人科

おすすめポイント• 「鵜の木駅」徒歩約1分。 通院に便利な医院です 東急多摩川線「鵜の木駅」から徒歩約1分です。 駅から近いので、妊娠中の方やお子さま連れの方でも通いやすい医院です。 医院前に、駐車スペース(1台分)があります。 明るい雰囲気で初めてでも受診しやすい産婦人科 院内は、ピンクやホワイトなどを基調とした明るい雰囲気となっています。 「産婦人科に行くのは恥ずかしい」という方も、受診しやすい医院です。 内診は必須ではないので気軽に相談できます 月経痛や月経前症候群は、内診を必要としないケースも多くあります。 患者側の不安に配慮し、必要な検査のみ行う医院なので、内診は怖いと思う方も気軽に相談できます。 院長が産婦人科の医師を目指したのは、多くの診療科目の中で産婦人科が、唯一命の誕生と向き合える場所だからです。 当院では、現在お産は行っておりませんが、産後のお母さまや乳幼児のお子さまのケアに努めております。 近年は核家族が増えたことにより、周囲に相談できる相手がいないという親御さまも多いです。 そのような親御さまが、病気を含めて育児についてもご相談いただけるような場所になることが当院の目標です。 育児のお悩みのほか、母乳やご自身の体調など、どんなささいなことでもご相談ください。 患者さまのさまざまなお悩みにお答えできるよう、スタッフ含めて研修や勉強会を重ねて、新しい知識の習得にも努めております。 当院では患者さまの身近なクリニックとして、患者さまが不安な時はすぐにご相談いただける場所でありたいと考えております。 お母さまの産後のケア、乳幼児の健診、育児や健康についてのお悩みなど、何かあった時にすぐにご相談いただけることが、身近なクリニックの大きなメリットです。 ご相談いただいた内容に当院が対処できない場合であっても、当院では大学病院をはじめとした、患者さまの症状に合わせた専門の医療機関と連携をしております。 お身体の異常だけではなく、不安やお悩みについてもお気軽にご相談ください。 料金は料金表をご確認ください。 市町村によっては公費負担があります。 当院にご来院される患者さまの多くは女性で、はじめは皆さま緊張されています。 診察を行う際にも、診察台に乗ることに抵抗感を抱かれる方もおられます。 当院では、女性の患者さまが不安を抱かないよう、コミュニケーション面で不安を緩和できるような対応を心がけております。 患者さまはご来院された時に、どんな先生に診てもらうのかという不安を抱えておられるので、その不安を取り除けるよう笑顔であることはもちろん、丁寧で親身な対応を心がけております。 従来の足を開いて固定するタイプの診察台に恐怖心を抱かれる方もおられるので、当院では無理に足を開くことがなく、患者さまの負担が少ない、新しいタイプの診察台を導入いたしました。 患者さまに頼っていただき、お悩みをご相談いただくためには、できる限り患者さまの抵抗感や恐怖心を拭えるような工夫をしていく必要があると考えております。 当院では診察を行ったあとの、患者さまに症状や治療内容についてご説明させていただく時には、患者さまへの伝わりやすさを重視しております。 治療や病状について患者さま自身が理解することで、治療のモチベーションが上がるように努めています。 また、治療方法については、こちらから押し付けることはせず、説明した上で患者さまに選んでいただくようにしています。 言葉だけで説明するのではなく、子宮や卵巣の状態などは、図を用いてお話しするようにしております。 特に病気の患者さまの場合、患者さまによっては病名をお話しした段階でショックを受け、こちらの説明が頭に入っていかないことがあります。 そのような場合には、続けざまに症状を説明するのではなく、図を用いて簡潔にお話しするように心がけております。 患者さまの頭に内容が入らないような状況でも、図をお持ち帰りいただいて後ほどご自宅で確認できるようにしております。 当院では、身の丈にあった診療を心がけております。 広く浅く地域の皆さまに貢献するのではなく、自分自身の診療技術に見合ったもの、患者さまのためにできることを誠実に突き詰めることで、地域の皆さまに貢献したいと考えております。 まずは産婦人科の医師として、お悩みを抱えておられる女性やお子さまに寄り添った医療をご提供いたします。 女性だけではなく地域の健康推進に努められればと考えております。 生活習慣病は初期症状がほとんどないため、気付かない方が多いです。 健康診断などで数値の異常が見つかった方や、ご家族に生活習慣病の方がいらっしゃる方は、ぜひご相談ください。 産婦人科の医師を目指したきっかけを教えてください。 私は、産婦人科の医師をしていた父の姿を見て育ちました。 それが、産婦人科を目指すようになったきっかけだと思います。 産婦人科というのは、生命の誕生に携わることができる診療科目です。 そのことも魅力的だと感じています。 産婦人科という興味深い仕事に携わることができているので、毎日、忙しく仕事をしていてもストレスがたまりません。 患者さまの症状が改善されていくのを、日々、目の当たりにできるのはとてもうれしいことです。 医院にはどんなお悩みを持った患者さまがいらっしゃいますか? 月経に関するご相談が多いと思います。 たとえば、「月経痛がつらい」、「月経の周期が不規則」、「何か身体に異常がありそう」などといったことを心配してご来院するというケースです。 若い世代の方だけに限らず、昔から通院してくださっているご年配の方もいらっしゃいますので、患者さまの年齢層は幅広いです。 診療のモットーを教えてください。 大学では、病気を診るのではなく患者さまを診るようにと教わりました。 今もその教えを実践し、患者さまが「何に困っていらっしゃるのか」、「何を不安に感じているのか」ということを理解するように努め、そのお話をもとに診察していきます。 説明・カウンセリングで重視していることはありますか? 言葉だけで説明しても、患者さまには伝わりづらいので、図や写真を使うようにしています。 また、超音波検査の写真なども患者さまにお渡ししています。 写真を見ながら、「ここがこうなっています」と具体的にお伝えすることで、ご自身の身体が今どうなっているのかをご理解いただきやすいかと思います。 また、説明する時には、患者さまの目を見てお話ししています。 患者さまの目を見て「あまり理解できていないな」と思ったら、ご理解いただけるまでしっかりと説明します。 できるだけ多くの患者さまにご納得いただけるように、一つひとつ丁寧に説明していくことが重要だと考えています。 女性の患者さまへ配慮していることはありますか? 患者さまのプライバシーに十分配慮しています。 産婦人科というのは、受診するのに勇気がいる診療科目だと思います。 ですから、当院を受診したということは、患者さまが勇気を振り絞ってくれたということです。 そのような患者さまの抵抗感・恐怖心を少しでも軽減できるよう、プライバシーには十分配慮して診察をしています。 診察室にはお一人ずつしか入れませんし、また、診察室の声が外に漏れるという心配もありません。 プライバシーについて不安なくご自身のお悩みを相談できる環境を整えております。 お困りのことがありましたら、どのようなことでもお気軽にご相談ください。 今後力を入れていきたいと考えている治療について理由と共に教えてください。 現在も力を入れているのですが、胎児の状態を確認する超音波検査には、今後も力を入れていきたいです。 最近は、体外受精によって新しい命を授かるケースも増えていますが、中には、自然に授かれなかったことに対して「やましいことをした」とネガティブに捉えてしまう方もいます。 そのやましさによって、赤ちゃんに対する愛情が少し疎遠になってしまう場合もあるのです。 当院ではそのような状況を減らしたいと思っているため、超音波検査では赤ちゃんの映像をご覧いただきながら、お母さまに「かわいい赤ちゃんですね」と言葉をかけるようにしています。 お声がけをすることで、お母さまも赤ちゃんに対する愛情が芽生えてくると思っています。 貴院のスタッフの自慢できる点を教えてください。 患者さまの立場に立ち、事務的ではなく、親身になってサポートしてくれるスタッフがそろっていることです。 患者さまが何かお困りでいらしたら、親身になりすぎることもあるぐらい、寄り添って説明してくれています。 お父さまの尊敬している点、見習いたい点があれば教えてください。 「身の丈に合った診療で、自分ができることを患者さまのために一つひとつ行っていく」ということが、父の診療のモットーでした。 父はよく「自分は、目の前の患者さまをコツコツと診ることしかできないのだ」と言っていたのを覚えています。 論文や本で新しい治療方法を見たからすぐ試してみようとするのではなく、患者さまのためになる治療を行っていくように心がけていました。 もちろん、検査などは新しいものを取り入れていかなければなりません。 しかし、治療方法については、患者さんにとって本当に必要なものかどうかを考えながら選択していました。 このことは、私も見習っていきたい点です。 ,Ltd. googletagmanager. html?

次の

大田区の産婦人科の病院・クリニック 14件 【病院なび】

大田区 産婦人科

産婦人科 産婦人科とは、 産科と 婦人科に分かれていて、産科は、 妊娠(妊婦検診)から 出産、そして 産後は胎児検診などの母子管理まで、といった出産に携わる診療科です。 また不妊症の女性を対象として 不妊治療を専門に行っている医療機関もあります。 婦人科は、女性特有の病気全般をあつかい、 生理不順・ 月経痛・ 不正出血・ おりものの異常・ 子宮内膜症・ 子宮筋腫などを治療します。 その他、 避妊相談・ ピル処方 低用量ピル・アフターピル による生理日変更・ 更年期障害、あるいは 中絶手術や 性感染症にも対応することがあります。 また、 乳がん・ 子宮がん・ 卵巣がん・ 子宮頸がんの早期発見治療を目的とした がん健診を実施している医療機関もあります。 おっぱい 乳腺 に関する診断と治療は、本来一般外科が行っていますが、 乳腺外科・ 乳腺科という乳腺疾患に特化した診療科も増えてきています。 おっぱいに何らかの症状のある場合は、このような乳腺を専門としている医療機関を受診することをお勧めします。 東京都 大田区 内 駅周辺の 産婦人科• 新整備場 しんせいびじょう 駅 の 産婦人科 0• 天空橋 てんくうばし 駅 の 産婦人科 0• 羽田空港国際線ターミナル はねだくうこうこくさいせんたーみなる 駅 の 産婦人科 0• 羽田空港国際線ビル はねだくうこうこくさいせんびる 駅 の 産婦人科 0• 羽田空港国内線ターミナル はねだくうこうこくないせんたーみなる 駅 の 産婦人科 0• 羽田空港第1ビル はねだくうこうだいいちびる 駅 の 産婦人科 0• 羽田空港第2ビル はねだくうこうだいにびる 駅 の 産婦人科 0• 流通センター りゅうつうせんたー 駅 の 産婦人科 0•

次の