ゴーゴー ジャグラー 2 設定。 【ゴーゴージャグラー2】設定差のあるブドウ、チェリーを判別する打ち方・設定判別・解析

ゴーゴージャグラー 設定2

ゴーゴー ジャグラー 2 設定

||||| ゴーゴージャグラーKK 設定差・設定判別要素まとめ スポンサーリンク ここでは、の中でもNo. 1の設置店舗数(2018年3月現在で4567店舗)を誇るの 設定差、設定判別ポイント、設定6看破要素についてまとめました。 は、チェリー狙い時の機械割が 設定1で約98%、設定6で約108%と甘い機種に分類できるので、 設定差のある数値や確率、設定判別ポイントをしっかり把握して立ち回れば勝率や収支もアップすると思います。 ぜひチェックして高設定をGETしてくださいね。 9 97. 3 98. 0 99. 7 101. 5 103. 4 106. 5% 差 1. 11倍 1. 50倍 1. 単純に、総回転数に対するBR回数(BR確率)で設定を判別します。 また、は REG確率に比較的大きな設定差があるので重視しましょう。 設定6と設定1でREG確率に1. 50倍の設定差があり、強い設定判別材料と言えます。 REG確率に着目すれば設定の高低はもちろん、 設定6看破の大きな手がかりになると思います。 5 差 1. 08倍 1. 48倍 1. 26倍 は単独ボーナス確率にも設定差があります。 特に 単独REGボーナスに大きな設定差があり、 設定6と設定1で1. 48倍の設定差。 単独REGボーナスに着目すれば、設定の高低を見抜ける場面も多いと思います。 例えば、理論値でボーナスを引いた場合、 5000Gでの単独ボーナス回数は以下のようになるので参考に。 スポンサーリンク 【表-3】BR比率(BIGとREGの出現割合) BR比率 (BIG:REG) 設定1 1. 4 : 1 設定2 1. 3 : 1 設定3 1. 2 : 1 設定4 1. 1 : 1 設定5 1 : 1 設定6 1 : 1 特に ゴーゴージャグラーの高設定を看破するうえで参考になるのがBR比率。 は高設定になるほどREG比率が高くなり、 設定5、設定6はBR比率=1:1となるので設定看破材料として活用できます。 例えば、理論値でボーナスを引いた場合、 5000Gでのボーナス回数は以下のようになるので参考に。 46 差 1. 04倍 1. 02倍 1. 04倍 は、 通常時のブドウとチェリー確率にも設定差が付けられています。 小役をカウントすることで設定の高低、状況によっては設定6を看破できる場合もあります。 小役確率は確率分母が小さく収束しやすいので、設定判別にとても有効です。 実際にホールで設定6が使われているかを見抜くためにも活用できると思います。 2 差 1. 15倍 1. 56倍 は、 チェリー + ボーナスの出現率にも設定差があります。 56倍の設定差。 ただし 確率分母が大きく、設定差もそれほど大きくないので参考程度に。 ゴーゴージャグラー 設定判別・設定6看破要素まとめ は、設定差のある、以下の確率を参考にして設定判別していきましょう。 2 上記の数値はゴーゴージャグラーの設定6の理論値なので、設定6看破材料として参考にしてみてください。 総合的に判断して、これらの条件を満たすような挙動を示したら設定6の期待が高まると思います。 また、の通常時の打ち方はを見抜くために チェリー狙いをおこない、 小役確率は などでカウントしてデータを取りながら判別していきましょう。 スポンサーリンク.

次の

ゴーゴージャグラー低設定の挙動とスランプグラフ(波)の特徴

ゴーゴー ジャグラー 2 設定

Contents• スペックは変わっているのか? 気になるゴーゴージャグラー2のスペックについてですが、前作のゴーゴージャグラーと全く同じ据え置き仕様です。 ゴーゴージャグラーシリーズは、ボーナス合算・ぶどう、どれを取っても 非常に判別しにくい難しい台という印象です。 今作では 「リールスロー回転」「きらめき点灯」「隠れツノっち」といったプレミアが追加されようです。 実際のホールだとそこまで回らず不発で終わるなんてことも全然ありえるでしょう。 96でした。 ぶっちぎりで設定6の数値となっていますね。 ゴージャグ2 全6 スランプグラフ ついでに近所のお店さんが全6? をやっていたようなのでそちらのデータも掲載しておきます。 出過ぎw 出ている台をのぞいてその他の台は4,5000回転近くまで揉んでいます。 実際にホールでみたら全台形には見えないかもしれないですね…。

次の

ゴーゴージャグラーKK「設定5」挙動と勝率とスランプグラフの特徴!

ゴーゴー ジャグラー 2 設定

コンテンツ• ゴーゴージャグラー|設定6から設定1まで全設定のグラフの特徴を画像と実機データで説明| 設定差をグラフから判別する方法 さて、それでは早速設定6から見てみましょう! ゴーゴージャグラー設定6のグラフと特徴 まずは実機設定6のグラフのサンプル画像をご覧ください。 第1ピークまで上がるのが早くすぐに2000枚行く事が多いです。 ハマリが浅い割に連荘が強くグングン上昇します。 またトレンドラインは最下点のラインと平行になる事が多いですが、このラインを突破するのはほとんど6です。 6でない場合は、その後急落してしまいます。 早い段階で強い上昇が来ると当日の差枚数の到達点が上がります。 詳しくは下記の記事で解説していますが、このサンプルは2000枚まで 早い段階で出た為に最終的に7000枚に到達しています。 設定差が出やすい第1ピークからの落差も少なくすぐに上昇して戻します。 設定6は不安なくハマリも浅く、ペカると期待に応えて連荘してくれますし尚且つBIGが連荘します。 設定5の場合は、一定の差枚数に達するとBIGが弱くなりがちです。 最大ハマリも500G行くことは一日に1. 2回あるかどうかです。 連続して300超えるとか頻繁に超える場合は、設定45かそれ以下を疑いましょう。 ゴーゴージャグラーの実機の統計データは下記の記事で詳しく紹介しています。 合わせてもご覧ください。 ゴーゴージャグラーも公表値が低く公表されています。 ジャグラーの設定6はかなり出ます。 ゴーゴージャグラーの設定6は頻繁に5000枚出る機種です。 結果的に差枚数がつかない台は設定6ではありません。 頻繁に300Gを超える場合や、連続して300Gを超える場合は まず設定6ではありませんので設定判別に使いましょう。 45位になります。 設定6のみ終日全く落ちない事もあります。 設定5でもブドウが良く、その後低下する実践記事もありますのでこちらも見てみてください。 設定5でも充分に出るので設定6を敢えて置いてくれる事は少ないです。 また平均連荘も一時的に3. 0に迫り最終的に2. 5以上程度に落ち着きます。 この辺りの統計データはで公開しています。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定5のグラフと特徴 まずは実機設定5のグラフのサンプル画像をご覧ください。 ゴーゴージャグラーの設定5の出る枚数は差枚で3000枚程度です。 この台は朝から1000枚まですぐに出ている為、4000枚に到達出来ました。 途中で設定5と気付ければ4000枚でやめるべき台です。 止めるべき枚数の判断方法は以下の記事で紹介しています。 しかし、その後伸び切れるかが設定6との差になります。 4000枚出た後に、3000枚まで落とされていますが、このような落ち方は設定6ではしません。 打たないと結果が分からないため、設定6が入っている根拠があるかが非常に重要になります。 また打ち慣れると分かってきますが、設定6よりはハマリの頻度が高く子役確率も落ちやすいです。 ゴーゴージャグラーの設定5も公表値が低く公表されています。 朝から跳ねる場合を除いて約3000枚の出玉を望める設定ですが、 3000枚到達した後はやめないと落とされます。 設定6よりは頻度が高く、3000枚を達成したとはまとめてハマリが来ます。 01ありますが、設定6ではありませんし、高設定域の設定差が少ないため 設定4以上との判断しか出来無い機種ですね。 またジャグラーのブドウ確率は一定ではありません。 限界の差枚数に達すると例外なく落ちます。 3000枚到達した後に、ハマリが深くなり連荘も弱くなるので止め時を見失わないようにしましょう。 高設定を後追いして負けた事が無い人は恐らくいないでしょう。 しかし、途中で波が変わるように出来ているので、 さっきまでと変わり「 当たらない・連荘しない・子役も落ちない」で回収されてしまうのです。 これは実は設定が無かった場合もあるでしょうが、 本当に高設定でも設定6でない限り起きるのです。 しかし、サンプルの台では9000回転回せれば最高点を更新する台です。 残り時間と枚数を考慮して勝利できるのかを考えて稼働すると収支に結びつきますよ。 こちらの記事に管理人が使っている方法を記載しているので是非読んでください。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定4のグラフと特徴 まずは実機設定4のグラフのサンプル画像をご覧ください。 この台朝から不調で出始めに時間を要していますが9000回転近く回っており 何とか2000枚に到達しています。 乱高下が激しく一度強い連荘が終わったら誰かに打ってもらって ハマり切ったところ打つ方が時間効率が良いです。 設定3はマイナスまで普通落ちますのでそこが設定4と設定3の差になります。 ジャグラーのボーナス確率は出始めのボーナス確率がその設定のボーナス確率です。 ハマリは少ないはずですがREGに偏る事で差枚が調整されます。 0など非常に多いですね。 ブドウ確率は設定4以上の判断に使いましょう。 設定5以上と違いBIGの連荘が少なく、間違ってBIG3連とかするとすぐにハマります。 基本的に2000枚到達したら連荘抜けでやめて構いません。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定3のグラフと特徴 まずは実機設定3のグラフのサンプル画像をご覧ください。 設定4は若干右肩上がりですが設定3は真横に行きます。 リセットで設定3を入れると調子が良い場合は2000枚でも出ます。 しかしその後きっちり0まで回収してくれるのでホールとしては助かるはずです。 設定3を後追いすると負けるので高設定の根拠を持っていないと履歴打ちはしてはいけません。 設定4以上と違いBIGが3連しにくいので数珠連で上がっている台は大体3です。 設定5以上になるとBIG4連など出玉が早い事が多いです。 BIG4連などしている台のみに着目すれば設定3をかわせる事が多いですが 高設定を使う根拠がやはり一番大事です。 ジャグラーのボーナス確率は出始めのボーナス確率がその設定のボーナス確率です。 設定4と勘違いしやすくなるのはこのためですが、これだけペカっても REGに寄せて出玉を回避するのは設定3の仕事です。 高設定は8割がたは素直に出ます。 出玉がつかない台はおかしいという考えを持つように意識しましょう。 86%になると6回に1回程度の割合で300Gを超えますので結構辛いです。 300Gを超えるジャグラーを追う時は設定判別が済んでいるか根拠がある台のみです。 管理人もわからずに捨てる事はありますが、ほとんどが低設定の中で わからずに追うのは危険ですし継続して勝てません。 ペカる台もすぐにブドウが悪い事に気づくのでペカっていても下の設定だなとわかります。 低設定や中間でも光る時ってホントにあるんですよ。 管理人はBIG1回分で出るだけだして、はまり出したらすぐに捨てますね。 この方法は本当におススメですのであなたも試して下さいね。 詳しくはこちらの記事に記載しています。 設定5以上と違いBIGの連荘が少なく、間違ってもBIG3連以上ほぼしません。 基本的に2回連荘が続くとやめないといけない設定ですね。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定2のグラフと特徴 まずは実機設定2のグラフのサンプル画像をご覧ください。 REG確率など完全確率じゃないから単体では有害なデータになってしまいますね・・・ ジャグラーの高設定の平均投資枚数は550枚程度です。 倍の1000枚入れても出ない台はほぼ否定するでしょう。 全く当たらなかった台が、当たってから普通に高設定として出だす台はありますが すでに連荘が発生している台はそういう台ではありません。 投資枚数の上限を決めると負ける金額を抑えれます。 通常は多くて1000枚程度にすると良いでしょう。 この台は1000回転を超えるハマリもありますが、高設定以外は300でやめれば 被害はぐっと少なくなります。 これは連荘が弱いので影響を受けにくいためです。 設定3同様で84%になると6回に1回程度の割合で300Gを超えます。 何度も言いますが300でやめましょう。 BIG1回分が150ゲーム位で無くなる事もざらにありますね。 BIGがほぼ連荘しないので出玉が増えません。 高設定はBIGがドンドン連荘する台なので、連荘が弱い台はとっとと捨てましょう。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定1のグラフと特徴 最後は実機極悪設定の設定1グラフのサンプル画像をご覧ください。 05とかありますが、ぶどうの信頼度はこんな物です。 また連荘もしないため、こういう台は絶対に打ってはいけません。 実際の機械割は87%程度です。 ちょっと打っただけで猛烈に負けるのはこのためですね。 サンプルの台は67%ですがこれは2. 3回に1回は300Gを超えています。 しかしサンプルのように 極端に当たっていない台はブドウ確率だけが良い事が多々あります。 これは機械割を保とうとしてくれているのか、稼働を上げるための罠なのかはわかりませんが こういう台はしょっちゅうあります。 ブドウ確率だけで判別をしていけないのはこのためですね。 全く連荘する気がしない気分にさせてくれる設定です。 もしこういう台を打っていて連荘したら100Gいったらすぐにやめましょうね。 -スポンサーリンク- まとめ 今回はゴーゴージャグラーの全設定のグラフの比較をご覧いただきました。 もちろん狙いたいのは設定6ですが現実的に見かけるのは設定4程度です。 そのため中間設定の波を読んで収支を上げていく必要があります。 こちらの記事でも中間設定で収支アップを狙う方法を具体的に記事にしましたので是非ご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 よろしければこのサイトをシェアしていただければ幸いです。

次の