ホットクック シナモンロール。 ホットクックで作るおやつ⑥シナモンパン

ホットクック1.0Lモデル(KN

ホットクック シナモンロール

A以外 *1時間ほどかかりました。 2、めん棒で生地を伸ばし、Aをまんべんなくふりかける。 手前から巻いていき、巻き終わりを閉じる。 3、2を6等分に切り、断面を上にして内鍋に並べる。 *クッキングシートを敷いて入れました。 4、シナモンパウダーをふり、ふたをしめる。 と出てきたので運命!?と思いみてみることにしました。 サラタメさんの動画です。 ちょっと自分に質問 主体的に生きてる? 以前よりは、自分がやりたいことなどを言えるようになり、自分軸ができてきたかな。 まだまだですが、思い出させてもらって良かったです。 わかりやすい動画でしたよ。 wakuwakuseikatsu.

次の

ホットクックレシピ シナモンロール

ホットクック シナモンロール

ホットクック大好き!自ら貧血気味で分子栄養学を学んでいるぴろりんこ です。 このサイトでは、主に調理家電で作る貧血女子に捧げるレシピと、旅の記録を発信しています。 ホットクックでトマトたっぷりのロールキャベツ レシピ ホットクックは時間と温度を管理してくれるので、煮込み料理もほったらかして出来ます。 ロールキャベツは時間がかかるだけに、ほったらかしがありがたい。 ほったらかしで調理してくれるホットクックで作る、水を少しと生のトマトのロールキャベツ、とてもおいしいです。 ホットクックでトマトたっぷりのロールキャベツ 材料と作り方 材料• 豚のひき肉 約300g 塩麹大さじ1をもみ込み一晩おく• キャベツ 1個• トマト 小さめ5つ• じゃがいも 2個• 水 200ml 作り方• キャベツの葉は蒸し上がったら冷ましておく• 玉ねぎはみじん切り、じゃがいもとにんじんは適当なサイズに切る• ひき肉と玉ねぎを混ぜる• キャベツの葉に、等分したひき肉をのせ巻く 爪楊枝で巻きはしを止めます• 内鍋に半分程度トマトを敷きロールキャベツを載せる 残りの野菜と水を加える• 出来上がり 水分がちょい少なかったと感じましたが、そのままのレシピを記載しています。 ロールキャベツは、一手間かかる分行程が多くなりました。 ホットクックでロールキャベツ 作り方を画像で解説 豚のひき肉 前日に塩麹を揉み込みます 1. キャベツの葉は蒸し上がったら冷ましておく 5. 7g ゼロリセットして7. 7gの塩を計りながら入れます。 詳細は下記に記載あります。 出来上がり• キャベツの葉の下ごしらえと冷まし• ひき肉をこねてキャベツで巻く いつもは野菜をカットし煮込むだけの行程ですが、ロールキャベツはその前に上記2行程が加わります。 手間をかけた分だけ、確実においしいのがロールキャベツです。 ホットクックで作ると野菜の旨味がたっぷりで、ほぼ無水で作れました。 巻かないロールキャベツのレシピも紹介しています! (ホットクックKN-HT24B使用) リンク キャベツの栄養 キャベツの胃粘膜修復作用は、かなり昔から認識されていたようです。 千切りのキャベツはトンカツの漬けは合わせとしてよく登場しますが、消化の劣るとんかつといの粘膜を強化するキャベツの組み合わせは理にかなっているものといえます。 「からだにおいしいあたらしい栄養学」より キャベツは加熱するととても柔らかくなります。 だから消化にやさしいと思っていましたが、胃粘膜を保護するビタミンUが豊富だから胃にやさしいのでした。 ビタミンUはキャベジンとも呼ばれています。 レタスやセロリにも含まれています。 昭和の時代には、キャベジンという胃腸を整える薬がありましたね。 加熱するとビタミン類の一部が熱で失われますが、その分たくさん食べられます。 ロールキャベツにはひき肉を使用します。 ひき肉はすでに塊肉が撹拌されていますから、消化にもやさしいです。 消化力が低めの貧血さんの体にもやさしいロールキャベツです。 まとめ• ホットクックで作るロールキャベツ レシピ• キャベツの栄養 上記2点を紹介しました。 ロールキャベツが好きで毎年、この季節に作っています。 手間も時間もかかるので、余裕がある時に作ることをおすすめします。 ホットクックで作ると、トマトたっぷりでほぼ無水のロールキャベツが作れます。 美味しいですよ。 ぜひ作ってみてください! ブログランキングに参加しています。

次の

ホットクックレシピ 再チャレンジ シナモンロール

ホットクック シナモンロール

ホットクック大好き!自ら貧血気味で分子栄養学を学んでいるぴろりんこ です。 このサイトでは、主に調理家電で作る貧血女子に捧げるレシピと、旅の記録を発信しています。 ホットクックでトマトたっぷりのロールキャベツ レシピ ホットクックは時間と温度を管理してくれるので、煮込み料理もほったらかして出来ます。 ロールキャベツは時間がかかるだけに、ほったらかしがありがたい。 ほったらかしで調理してくれるホットクックで作る、水を少しと生のトマトのロールキャベツ、とてもおいしいです。 ホットクックでトマトたっぷりのロールキャベツ 材料と作り方 材料• 豚のひき肉 約300g 塩麹大さじ1をもみ込み一晩おく• キャベツ 1個• トマト 小さめ5つ• じゃがいも 2個• 水 200ml 作り方• キャベツの葉は蒸し上がったら冷ましておく• 玉ねぎはみじん切り、じゃがいもとにんじんは適当なサイズに切る• ひき肉と玉ねぎを混ぜる• キャベツの葉に、等分したひき肉をのせ巻く 爪楊枝で巻きはしを止めます• 内鍋に半分程度トマトを敷きロールキャベツを載せる 残りの野菜と水を加える• 出来上がり 水分がちょい少なかったと感じましたが、そのままのレシピを記載しています。 ロールキャベツは、一手間かかる分行程が多くなりました。 ホットクックでロールキャベツ 作り方を画像で解説 豚のひき肉 前日に塩麹を揉み込みます 1. キャベツの葉は蒸し上がったら冷ましておく 5. 7g ゼロリセットして7. 7gの塩を計りながら入れます。 詳細は下記に記載あります。 出来上がり• キャベツの葉の下ごしらえと冷まし• ひき肉をこねてキャベツで巻く いつもは野菜をカットし煮込むだけの行程ですが、ロールキャベツはその前に上記2行程が加わります。 手間をかけた分だけ、確実においしいのがロールキャベツです。 ホットクックで作ると野菜の旨味がたっぷりで、ほぼ無水で作れました。 巻かないロールキャベツのレシピも紹介しています! (ホットクックKN-HT24B使用) リンク キャベツの栄養 キャベツの胃粘膜修復作用は、かなり昔から認識されていたようです。 千切りのキャベツはトンカツの漬けは合わせとしてよく登場しますが、消化の劣るとんかつといの粘膜を強化するキャベツの組み合わせは理にかなっているものといえます。 「からだにおいしいあたらしい栄養学」より キャベツは加熱するととても柔らかくなります。 だから消化にやさしいと思っていましたが、胃粘膜を保護するビタミンUが豊富だから胃にやさしいのでした。 ビタミンUはキャベジンとも呼ばれています。 レタスやセロリにも含まれています。 昭和の時代には、キャベジンという胃腸を整える薬がありましたね。 加熱するとビタミン類の一部が熱で失われますが、その分たくさん食べられます。 ロールキャベツにはひき肉を使用します。 ひき肉はすでに塊肉が撹拌されていますから、消化にもやさしいです。 消化力が低めの貧血さんの体にもやさしいロールキャベツです。 まとめ• ホットクックで作るロールキャベツ レシピ• キャベツの栄養 上記2点を紹介しました。 ロールキャベツが好きで毎年、この季節に作っています。 手間も時間もかかるので、余裕がある時に作ることをおすすめします。 ホットクックで作ると、トマトたっぷりでほぼ無水のロールキャベツが作れます。 美味しいですよ。 ぜひ作ってみてください! ブログランキングに参加しています。

次の