アインズ ウル ゴウン スロット。 【スロット初打ち感想】パチスロ『オーバースロット アインズ・ウール・ゴウン』(オーバーロード)│ブレスロ.2dps

オーバーロード スロット パチスロ アインズ・ウール・ゴウン オバロ OVER

アインズ ウル ゴウン スロット

アインズ・ウール・ゴウン(モモンガ)は、本作「オーバーロード」の主人公である。 現実世界では、「鈴木悟(すずき さとる)」という名のサラリーマンであったが、爆発的人気を誇ったDMMO-RPG「」で作成したアバター「死の支配者(オーバーロード)」のまま、NPCを含むギルド拠点ごと異世界へと転移してしまった。 モモンガという名は、ゲーム時代のHNであるが、転移後自らが長を務めてきたの名を名乗る。 これは、ただ一人残った自分が去っていったメンバー全員を背負う意味を込めたためである。 ゲーム時代、雑務と調整、そしてギルド運営費を一人稼ぐ毎日を送っていた。 しかし転移後は、自らを絶対の支配者と称えるメンバーの子供ともいえるNPC達の忠誠にこたえるため、名実ともにギルド長、ひいては絶対の支配者になろうと日々努力している。 前述したとおり中身は一般人のため、王としての振る舞いや言動を手探りで行っており、鏡の前での練習や、皇帝であるジルクニフの日々を観察している。 自身がに「世界征服なんて面白いかもしれないな」といったのがきっかけで、配下は世界征服へと邁進しているが、そんな気は一切なかった。 さらには、全てがアインズの手の上でことが進んでいるように思われているが、偶然や幸運、そして配下や周囲からの「死の支配者(オーバーロード)」という見た目の先入観などが原因だったりもしている。 そのため、アインズは様々なところで知ったかぶりを重ね、その都度やといった優秀な配下に丸投げをしている。 しかし、人間だったころのサラリーマンとしての経験からくる前もって準備してからの交渉術は巧みであり、魔導国建国後は冒険者組合長のアインザックやドワーフのルーン工匠達の心を見事掴んでいる。 だが、想定していないところからくる質問などにはめっぽう弱い。 日々の練習の成果はしっかりとでており、「騒々しい静かにせよ」というセリフに遭遇した者すべてがそのあふれ出る支配者感を味わっている。 また、支配者らしい座り方なども研究しており、とから絶賛された。 基本的に温厚な性格で無益な殺戮は好まないが、だからと言ってなんでも助ける訳では無い。 行動を行う時には必ずナザリックの損得を考えるため、殺すことが利益になるならば大量虐殺も辞さない。 仮想現実が本当の現実になった影響でアンデッド化したため、表情は無くなり感情の起伏もある程度抑制され、恐らく一定以上の感情になると強制的に沈静化が行われる(例:18禁行為による興奮・過度な怒りなど) このアンデッドの感情問題はアルベドが調査したが、情報が乏しく、さらにはある問題も起こったため中止となった。 ナザリックのNPCには人間種がほぼいないのもあり、NPCの人間嫌いを宥めるのに苦労している。 アインズ自身はカルネ村で「初対面の人間には虫にむける程度の親しみしかないが……どうも話してみたりすると、小動物に向ける程度の愛着が沸く」と発言していることから分かる通り同族意識は全くない。 だが、NPCの言う「下等生物」相手でも受けた恩義には恩義で、忠勤には褒美で返す。 彼にとってNPCは今はなき親友達が残していった忘れ形見であり、子供のような存在。 そんなNPCに向ける思いは子を案じる親のそれであり、NPC達と栄えあるナザリックの誇り、親友との思い出を傷つける存在には怒りを露にする。 度にもよるが熱烈な事であることが多く、シャルティアが洗脳され自らの手で殺した時やツアレを誘拐されたときには苛烈な報復を行った。 今までの行動から自身は"S"だと思ってきたが、の時ハムスケの上に騎乗するという羞恥プレイ(周囲から見たら驚きや畏敬だろうが)に動揺しなかったため実は"M"なのではないかと疑っている。 一昔前の自分がカッコいいと思っていたことを詰め込んだのが、自身が作成したNPCであり、今でも軍服はかっこいいと思っている。 しかし、ドイツ語や派手な言動は現在の黒歴史となっている。 『戦闘は始まる前に終わっている』by. ぷにっと萌え アインズの強さはユグドラシル時代に培われた戦闘技術であり、多数のPKやPvP、ギルド内でPvPの練習で魔法による戦闘経験は群を抜いている。 仲間からの信頼も厚く、から状況対応能力は一番と評価を受けた。 基本戦略は何よりも情報収集が最優先。 リスクを嫌い、事前準備にかなりの手間をかける。 情報を得るためなら、相手の攻撃を一方的に受け続けることで敢えて初戦を落とし、得た情報を分析して次の戦いに活かす戦法を取る。 アインズは3回戦って2勝したほうが勝ちという自分ルールを選択している。 モモンガのPvPの勝率は5割。 ちなみに、直伝の「誰でも楽々PK術」は、相手の情報をとにかく収集して、奇襲で一気に終わらせる戦い方。 これがの基本戦術になっていた。 こぼれたミルクは元には戻らないんだ• It is no use crying over spilt milk(「覆水盆に返らず」の英語版)• 友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。 Greater love hath no man than this, that a man lay down his life for his friends. (ヨハネ福音書15-13)• 知恵の実は、独占してこそ価値がある• 鉄人が独裁すると凄い• 哲人政治。 戦略ゲームで土地を占領するとパルチザンがでる• 戦略ゲームでよくある敵の土地占領時に民衆データが下がって起こる反乱。 貝より始めよ• 隗より始めよ。 ナッシュさんが囚人になった場合• ナッシュ均衡。 囚人のジレンマ。 肉を切ったら……骨が出た?• 肉を切らせて骨を断つ。 馬鹿の考え休むに似たり、か• 下手の考え休むに似たりの別の言い方。 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。 幸運の女神に後ろ髪はない• 『幸運の女神は前髪しか無い Grasp Fortune by the forelock. : 2-255でンフィーレアを自分の半分ほどと言っているので30代と思われる。 : 1-233• : 1-191• : 1-013• : 1-024• : 10-021• : 10-085• : 過剰な感情が抑圧されるアンデッドでも、強い感情を表す事の出来る存在と出来ない存在がいる事の調査を行った:特典小説「プレイアデスな日」-024より• : 1-036• : 10-348• : 書籍では使わずに無くなっている。 : 老廃物は出ないが汚れ等は付着するので全く必要無いわけではないが• : 3-310• : 2-045• : 1-118• : 「web:魔法」プレイヤーは魔法職1レベルで3つの魔法を覚える。 100レベルの積み重ねで通常なら300使える。 : 1-220• : プロローグ下-38• : 2-285• : 剃刀の刃 レイザーエッジ• : ジルクニフの思考 10-277• : 10巻幕間• : 2-242• : 「亡国の吸血姫」-107• : のちのイビルアイ• : 1-021• : 1-082• : 1-124、3-378、11-333: 考察:シャルティア戦は武装変更で炎属性が弱点のままになった。 : 1-087、web戦火-2で右腕につけた腕輪から発動している。 : 1-123• : web魔法• : 3-360• : 8-330 考察:2-336の移動阻害対策の指輪だけで完全耐性かは不明なので下記の指輪と分けて記載する• : 1-082• : 「亡国の吸血姫」-328• : 13-145• : 3-263• : 1-082• : 6-326• : 7-315• : 1-082• : 3-326• : 2-336• : 2-336• : 「亡国の吸血姫」-328• : 3-326• : 「亡国の吸血姫」-204• : 「亡国の吸血姫」-204• : 9-083• : 10-036• : 10-093• : 10-319• : 10-337• : 10-345• : 10-423• : 11-024• : 14-195• : 14-340 アインズが 「至高天の燭天使が出たら全力で戦闘する必要がある」と言ってますが これの元ネタはパスファインダーRPGの「至高天の王」から来てると思われます。 ・天使系種族の最上位。 最も偉大なものであり、神格のように信仰されることもある ・能力値ダメージ、能力値吸収、(魅惑)効果、(強制)効果、[即死]効果、生命力吸収、および石化に対する完全耐性をもつ。 ・物理攻撃すべてが神聖属性扱い(エピックかつ善の武器)になる ・再生:高速治癒を持つもの同様、決まった量のダメージを治癒するが、それらは再生が機能している限り死なない。 ある一定の攻撃形態は再生を妨げるが、こいつの場合、エピックにして悪のダメージか、そのクリーチャーと同等かより上位の力しか再生を妨げることができない ぶっちゃけツアーよりもこいつのほうが、間違いなくアインズの天敵。 そりゃ全力戦闘しますわ、というか単騎じゃ勝ち目がない。 あの瞬間が転移直後からに作中現在にいたるまで最も危険を感じた瞬間と思われる。 オバロで一番不可解なのは、筋力の謎だと思う。 魔法職メインのアインズは、自分に騎乗位を仕掛けてきた戦士職メインのアルベドを引き剥がせない。 (戦士職の方が筋力が高いはずなので、これはスジが通る) だが、魔法職がメインであるマーレはアルベドを引き剥がせる。 (これは不可解) 2. 戦士としての性能が30Lvぐらいであるアインズの抱擁から、同じく30Lvぐらいの戦士職がメインであるクレマンは逃げられない。 (筋力ならクレマンの方が高そうだが、レベル差の影響だろうか?少なくとも、ハンデとしてアインズは魔法を使用していない。 ) web版だと、2トンの石椅子をブン投げたアインズを見て、クレマンはビビってしまっている(クレマンは2トンの椅子を投げる事はできない、と思われる) マーレの筋力どうなってんだ?(笑) アインズでも2トンの椅子はブン投げられる。 という事は、アルベドやセバスなどの戦士職は、さらに重い物を投げれる事になる?.

次の

【最速実践】スロット新台オーバーロード「AINZ OOAL GOWN絶対支配者光臨」/窪田サキが最速実践!【スロット】

アインズ ウル ゴウン スロット

裏切るというか、逆ですね。 主人公への思いが強すぎる故に、くだらないと言っています。 「アインズ・ウール・ゴウン」というのは、元々はギルド名です。 主人公の本来の名前は「モモンガ」になります。 アインズを名乗っているのはギルド名を世界に知らしめるため。 つまりギルドリーダーとしての行動です。 しかしアルベドが恋焦がれているのは「アインズ・ウール・ゴウン」というギルドのリーダーではなく「モモンガ」という個人に対してです。 アルベド的には偉大なのはモモンガであり、世界に知らしめるべきはモモンガの名だと思っています。 しかし、主人公はあくまでアインズの名を高めようとしています。 その事に対する不満が「ぐだらない」です。 つまり 「(ギルド名の)アインズ・ウール・ゴウン(なんて、モモンガ様という至高の存在に比べれば)くだらない(のに、なぜこちらの名ばかりを祀り上げるのか)」 というような意味になります。 ですから主人公を裏切る事は無いでしょうが、例えばデミウルゴスあたりが「アインズという名前は高まるが、モモンガの名は貶される作戦」とかを提唱した場合には敵対関係になってもおかしくは無いです。 ネタバレです。 大前提としてアルベドは【モモンガさんを殺すような】裏切りはしません。 そしてナザリックのNPC達を『大事な仲間』だと思っています。 アルベドが裏切るのか?・・・ 答えは「アルベド達NPCが裏切られた」です。 モモンガさん(プレイヤー)しか知らない事実 至高の41人はユグドラシルを辞めた。 (ナザリックを捨てた)事を 【アルベドだけは知っているのです】 これは推察になりますが、アルベドはモモンガさんが知らない間にワールドアイテムである真なる無(ギンヌンガガプ を創造主のタブラさんから渡されていますが 渡すときに個人的に何かを言われたのではないかと言われています。 その内容がおそらくはナザリックを捨てるという意味の言葉なのではと。 NPCは基本は自分の創造主が1番で、何物にも変えられないすべてで、これだけならいなくなった創造主を思って悲しむだけだったのですが、偶然にもモモンガがアルベドの設定を書き換えます。 「モモンガを愛している」の一文でしたが、これによって創造主という鎖から解き放たれました。 アルベドが敵意を持ち敵対視しているのは「至高の41人」です。 ナザリックのNPC達は仲間として認識し、 至高の41人は自分達を捨てていった裏切り者達だと思っているのです。 今は自由意思を持ったNPC達ですが モモンガさんにとってNPC達はどこまでいっても 「大切な仲間達が残していった息子、娘達」です。 モモンガさんにとっては 至高の41人 >> NPC達 どうしても仲間の41人が上なのです。 もし至高の41人の誰かがオーバーロードの舞台である異世界に来れば、モモンガさんは喜んでナザリックに迎え入れるでしょう。 NPC達も涙を流して迎え入れるかと思います。 その事を気に入らないのはアルベドだけなのです。 (唯一加えるならパンドラ) あいつら(至高の41人)はここ(ナザリック)を捨てていったのに今更支配者ヅラして戻ってくるとか気に入らない。 ここ(ナザリック)の支配者は最後までここを捨てることなく残ってくださったモモンガ様だけ だと思っているのです。 至高の41人に対して殺意すら抱いている状態なので、モモンガが名を変えたことも不満だったりします。 【アインズ・ウール・ゴウン】は【41人を指す名】。 もしアインズを名乗るのなら41の中で唯一モモンガだけだと思う反面、41人を指す名を称えるのが不満なのです。 アインズ・ウール・ゴウン=至高の41人(モモンガを除く)に対して殺意を持っているのです。 アニメで詳細はありませんでしたが、モモンガの抱き枕とかぬいぐるみがあるアルベドの寝室はギルドメンバーだけが使える寝室のひとつです。 他の階層守護者達は自分の部屋を持っていたのですが、創造主のタブラさんがそこまで気が回らなかったらしくアルベドの個人的な部屋、寝室が無い事に気づいたモモンガさんがギルメンの部屋のひとつをあげました。 ユグドラシルにおけるギルドの最大構成員人数は100人までで、アインズ・ウール・ゴウンは最大でも41人までしか居なかった為に使われていなかった空き部屋がまだまだ沢山あったのです。 で、ギルドメンバーの部屋の為、ギルドの象徴である「アインズ・ウール・ゴウンの旗」が部屋の隅にあったのですが アインズ・ウール・ゴウンを憎むアルベドはこの旗をビリビリに破いて踏んづけています。 これが「くだらない・・」の真相です。 自分達NPCを裏切った至高の41人に対する敬意をくだらないと言っているのです。 そして1期でモモンガさんが改名するときに折った「モモンガの旗」を私室に持ち込んで大事にしています。 更にネタバレを言うと原作では既に 仮に他の至高の41人を見つけた場合に、すぐさま殺せるだけの直属の部隊をアルベドは手に入れています。 もうひとつネタバレ パンドラズアクターだけは特殊で、NPC達の中で唯一創造主に捨てられることが無かったNPCです。 創造主がモモンガなので、元からモモンガ以外の至高の41人に牙を向くことができる存在です。 そしてモモンガさえ居れば他はどうでもいいので、他ギルメンがナザリックを出て行った事は気にしていませんが、モモンガを捨てた事で悲しませている事を実は気にしていて、本音では他の至高の41人を憎んではいます。 が、やはり創造主がモモンガなのも強く反映していて、モモンガの想いが一番なので、モモンガが他のギルメンを大事にしている事もよく理解している為、至高の41人に対しての憎しみは完全に隠しています。 アルベドは至高の41人に対して「自分達を創った事に感謝はすれど、捨てた、裏切ったからには敬意は向けない」という感情 パンドラは「モモンガ様の元から去り悲しませる至高の41人は憎い。 だけどモモンガ様が大事にしている方々だから牙を向く事はない」 というような違いです。

次の

【オーバーロード】設定差まとめの最新解析【OVER

アインズ ウル ゴウン スロット

6 97. 9 99. 6 101. 5 103. 2 106. 2 110. 通常時は末尾86のG数ごとに訪れる「オバロゾーン」や、レア役などで突入する自力タイプの連続演出「 1K ワンキル チャンス」からボーナス当選を目指し、ボーナス中の抽選でATへと繋げるのが基本ルート。 AT 「OVERLORD」は純増約2. バトルを有利に進めるための「攻撃力UP」「麻痺」「毒」などの特殊効果や、効果を増幅させる「オーバーリンク」、一撃必殺の「ジャッジメント演出」など手に汗握る攻防が楽しめる。 バトル開始時に勝利時の報酬が既に告知されているのもこれまでに無い大きな特徴で、報酬とバトルの展開に一喜一憂できること間違いなしだ。

次の