お 大事 にし て ください。 「お大事になさってください」の意味は?メールで使える表現も

「お大事に」は敬語? 正しい意味と使い方を知ろう【定型文つき】

お 大事 にし て ください

「お大事に」は正しい敬語? 「お大事に」を敬語だが省略形 「お大事に」は「お大事になさってください」や「お大事にお過ごしください」というフレーズを省略した言い方で、「お大事になさってください」などは敬語として正しい表現です。 「お大事に」が敬語表現を省略しているからといって、敬語でないかというと、そういうことはありません。 「お大事に」は敬語表現とされていて、上司や目上の人に使ってもいいとされています。 ただし、「お大事に」が省略形だと知ると、目上の人に向かって略語を使うのは失礼なようにも感じます。 また物足りなさも感じる表現ですので、そのような場合は省略形ではない「お大事になさってください」を使ったほうがいいでしょう。 「お大事に」の意味と使い方 「お大事に」の意味 「お大事に」には、相手の具合を気遣いつつ、早く健康状態がよくなるようにと願う気持ちが込められています。 また、相手の調子をいたわるあいさつ表現の一つです。 「お大事に」の使い方 体調を崩した同僚や上司に、またはお見舞いした相手や病院で診察を受けたとき患者に対して、「お大事に」が使われます。 使うタイミングは帰り際です。 その前に使ってしまうと言われた相手は帰るすることを促されているように感じてしまいので、使うタイミングには気を付けましょう。 「お大事に」を使ったさまざまなフレーズ 「お大事になさってください」は丁寧な敬語表現 相手を気遣う表現として、簡潔で敬語表現として正しいのが、この「お大事になさってください」です。 「お大事にしてください」は口語ならOK このフレーズもよく聞かれますが、「お大事」の「お」は丁寧語であり尊敬語なのですが、「ください」が丁寧語なので、尊敬表現としては間違っています。 正しくは「お大事になさってください」なのですが、口語としては「お大事にしてください」も敬語として通用しているのが実情です。 「お大事になさってください」の例文 以下の3例は「お大事にしてください」に修飾語句または何を大事にしてほしいのかを付けたことで、相手への気遣いが特に感じられる言い回しです。 「ご無理をなさらずお大事になさってください」• 「お体を大事にしてください」 「お大事になさってください」の類似表現と使い方 「お大事にされてください」 よく聞かれる表現ですが、「大事にする」を尊敬語に変えたあとに「ください」と丁寧語が続く少し違和感を感じる表現です。 しかし日常的には通用しています。 「お大事になさいませ」 「お~なさる」は高位の尊敬表現ですから、「お大事なさいませ」も大変丁寧な尊敬表現です。 目上の人の中でも尊敬する相手に使うのがいいでしょう。 「お大事にどうぞ」 医療の現場、医師や薬剤師などが患者に向かって「お大事にどうぞ」と使われる場合があります。 だからと言って会社の同僚などに使うのが間違っているわけではないのですが、違和感を覚えることもあることを知っておきましょう。 具合を気遣う敬語表現• 「お体に気をつけてください」 「お体に気をつけて」と短く言うこともできますが、目上の人に対しては命令口調に聞こえてしまうこともあるので、ここは丁寧に「お体に気をつけてください」と言いましょう。 「ご自愛くださいませ」 手紙の末文にもよく使われる「ご自愛ください」は、目上の人にも使っていい表現とされています。 ですから「ご自愛ください」でもいいのですが、より丁寧な言い方として「ませ」を語尾につけるだけで、印象がずっとやわらかくなります。 メールでの具合の気遣い方 メールや手紙には「ご自愛ください」 メールや手紙で「お大事になさってください」を使ってもいいのですが、より積極的に使っていただきたいのが「ご自愛ください」です。 口頭では使われない結びのあいさつ文としてよく使われます。 ご自愛くださいませ」 また「くれぐれ」を文頭につけるとさらに丁寧な表現になります。 「くれぐれもご自愛ください」 「お大事に」を使うのなら一工夫 もしも「お大事に」を使いたいのならば、一工夫を加えた言い回しをするといいでしょう。 その例文が次のようになります。 「季節の変わり目ですから、お体をお大事になさってください」 「お大事に至りませんようにお祈り申し上げます」 相手に、なぜ、どうして体調を大事にしてほしいのかを具体的に考えて、文章にするようにします。 するとメールや手紙でも活きた表現になります。 「お大事に」に対しての返事の仕方 「お大事に」と言われたときに、ちょっと困るその返答の仕方ですが、一般的なのは次の通りです。 「ありがとうございます」• 「お気遣いありがとうございます」• 「お心遣いありがとうございます」 病院での診察で医師から「お大事に」と言われた場合にも「ありがとうございました」か、それに続けて「お世話になりました」と答えれば、丁寧な返答となるでしょう。 また体調がひどければ、一言も言わず、会釈だけでも相手に気持ちは伝わります。 まとめ 「お大事に」は相手の健康状態を気遣った時によく使われるフレーズで、目上の人にも使える尊敬表現です。 ですが、「大事になさってください」という文の省略形であることから、より丁寧な言葉遣いを意識するのであれば、省略しない表現を使うようにしましょう。

次の

「お大事に」は敬語? 正しい意味と使い方を知ろう【定型文つき】

お 大事 にし て ください

「お大事にどうぞ」の意味は、「お体を大切にしてください」といった意味です。 普段使用する頻度もかなり高い言葉でしっかりと意味を理解して使えると便利でしょう。 また、使い方としては、かぜぎみの人が会社などでいた場合に、帰りに「お大事にどうぞ」と使用します。 これを言われた相手は、気をつかってくれてありがとうと思うことが多いです。 「お大事にどうぞ」は色々な場面で使用できるので重宝します。 メール メールで「お大事にどうぞ」を使用する場合は、文章の最後の方で使用することがあります。 例えば、「会議の欠席の件は承知いたしましたので、お大事にどうぞ」と使用します。 メールで「お大事にどうぞ」読むと非常に気持ちの良い言葉になります。 あくまでも相手のことを思ってメールで「お体に気を付けて」と言っているので誰でも、印象の良い言葉でしょう。 メールで「お大事にどうぞ」を使用した場合と、口頭でいった場合とでは意味は変わらないですが、メールで読むと相手の気持ちが伝わってきます。 病院 病院における「お大事にどうぞ」の使い方としては、看護師が退院する人に対して「お大事にどうぞ」といったりします。 意味としては、「退院してもお体に気を付けてください」といった意味となります。 病院では当たり前にように使用される「お大事にどうぞ」という言葉ですが、普段厳密な意味を考えて聞いている人は少ないでしょう。 医療機関であれば、「お大事にどうぞ」といった言葉は、挨拶と同じくらい大切な言葉です。 家族 家族における「お大事にどうぞ」の使い方としては、冗談の意味も含めて使用します。 理由としては「お大事にどうぞ」はかなり丁寧な言い回しなので家族に対して使用する機会は少ないでしょう。 もしも同じような意味で使用する場合は、「お大事に」といった短めの表現で十分に相手に伝わります。 家族間で「お大事に」と言われれば、やさしい言葉を言われたのでうれしく思う人もいるでしょう。 看護師 看護師は病院内で「お大事にどうぞ」は頻繁に使用します。 例えば、外来で診察を終えた人に対して「お大事にどうぞ」と普通に言ったりします。 言われた人も「ありがとうございます」といって返事をするのが多いでしょう。 考えてみれば、看護師の仕事は患者を看護することなので「お大事にどうぞ」という言葉は、看護師らしい言葉であるともいえます。 また、「お大事にどうぞ」と言っている看護師は、印象がよくまた同じ看護師と話しがしたいと思うものでしょう。 「お大事にどうぞ」の上司への使い方としては、本当に「お大事にどうぞ」をいうタイミングであるか考えて発言するようにしましょう。 部下に対して「お大事にどうぞ」をいうときは、問題はなくても体調などが悪い上司に対して「お大事にどうぞ」を使うときは、気をつかう必要があります。 言われた上司が逆に気分を害するようでは、「お大事にどうぞ」を言わない方が良いでしょう。 そのあたりの判断をするには、自分が言われてみてどう感じるか予想してみることがポイントでしょう。 上司に「お大事にどうぞ」と言うときの注意点 上司に「お大事にどうぞ」を言うときの注意点としては、言ってよい上司なのか判断することが大切です。 もともと性格上「お大事にどうぞ」と言われてうれしくない上司もいます。 そのような上司に対して機嫌の悪いときに、「お大事にどうぞ」と言ってしまうと問題になる場合があります。 人によっては、「あなたに言われたくない」と思われることもあるでしょう。 もちろん、自分としては相手を気遣っていった言葉でも相手のよっては、違ったとらえ方をする上司もいるので注意しましょう。 「お大事にどうぞ」への返信方法 「お大事にどうぞ」という言葉は間違いがどうかは、どのような場面で使用するかによるでしょう。 普通に使用している場合は、問題ありませんがあまりにも目上の人に対して「お大事にどうぞ」と言うと問題になるケースもあります。 間違いでなくても会話の中で違和感が残る言葉になると、コミュニケーションを上手にとれていないことにもなるので注意が必要でしょう。 「お大事にどうぞ」の使い方を間違わない方法 「お大事にどうぞ」を間違わないように使う方法としては、どのような場面で「お大事にどうぞ」を使用するか事前に決めておくと良いでしょう。 すべてその場で判断できるとは限らないので、事前に「お大事にどうぞ」と言う場面を決めておくと良いでしょう。 さらに、柔軟に自分の決めた場面で上手に言いまわしを変えるのも良い方法です。 大切なことは、相手にとって「お大事にどうぞ」という言葉が何を意味するか考えることでしょう。 「お大事にどうぞ」「お大事にしてください」の違い 「お大事にどうぞ」の敬語としては、「お大事になさってください」があります。 これは、いくつかある「お大事にどうぞ」の敬語の一つになります。 「大事になさってください」はかなり使用される言葉なので、色々な場面で使えます。 「お大事になさってください」と聞いて嫌な気分になる人はいないでしょう。 基本的には、「お大事にどうぞ」を覚えておいて、状況に応じて「お大事になさってください」を使用すると良いでしょう。 「お大事にどうぞ」の他の使い方 では、「お大事にどうぞ」の他の使い方としては、車で相手を駅まで送っていってわかれるときに、「お大事にどうぞ」といったりします。 これは、挨拶の一つとして「お大事にどうぞ」を使用しています。 体調不良の人に対してだけ使用するのが「お大事にどうぞ」ではなくて、色々な状況でも使用できるのが「お大事にどうぞ」でしょう。 頻繁にある友達に対しても、別れ際に「お大事にどうぞ」といっても意味は通じます。 好印象な「お大事にどうぞ」の使い方.

次の

お大事に・お大事にしてくださいのビジネスシーンでの使い方・例文集

お 大事 にし て ください

そもそも、「大事をとって」とはどのような意味を持つ言葉なのか、まずは基本的な意味について確認していきましょう。 「大事をとって」という言葉の意味が、正確にわからないという方は、この機会に1度、「大事をとって」という言葉と向き合い、意味などについて見直してみることをおすすめします。 今回は、「大事をとって」の意味について考えていくにあたり、「コトバンク」に掲載されている解説を引用し、参考にしていきます。 以下に引用した解説から、「大事をとって」という言葉には、無理をしなかったり、物事などを軽々しく見ずに、深刻にとらえたりすることを表現する意味が含まれていると言えそうです。 また、余裕のある判断などを意味するケースもあり、「念のため」といった言葉に置き換えることもできると考えられます。 続いて、敬語で「大事をとって」という言葉を使用する場合、どのように使えば良いのか、使い方や敬語表現への言い換えについて考察していきます。 結論から言うと、「大事をとって」という言い回し自体の敬語表現への言い換えは、一般的には特に使われていないと考えられます。 しかし、「大事をとって」という言葉の前後の文章で敬語などを使用して、文章全体を敬語表現へと言い換えるケースは多いと言えるでしょう。 例えば、「今日は大事をとって休みます」という文章であれば、「本日は大事を取って休ませていただきます」といった言い回しへ言い換えて使用するケースが多いと予想できます。 このように、「大事をとって」という言い回しは、ともに使用する言葉や言い回しを敬語表現にすることで、敬語表現へと言い換えることができると考えられるでしょう。 続いて、メールにおける「大事をとって」の使い方について考察していきます。 「大事をとって」という言葉を使用してメールを送るシチュエーションとしては、会社などを欠席する場合や、期限などの延長の申請をする場合などが考えられます。 「大事をとって」という言葉は、「念のため」「万が一」といった言葉と同じような意味を持つ言葉なので、余裕を持って物事を見つめたり、余裕のある行動を取ったりしたい場合に使われるケースが多いのです。 しかし、会社を休む連絡などは、重要な連絡の1つでもあります。 そのような連絡を、メールで済ませることを、非常識と考える人も少なくありません。 ですから、上司に電話が繋がらない場合などは、メールで「大事をとって休ませていただきます」などと連絡を入れ、後から電話でも再度連絡を入れるなどの対応を取った方が良いという見解も存在しています。 続いて、会社ではどのように「大事をとって」という言葉を使用するのか、シチュエーションや使い方を考察していきます。 社内で「大事をとって」という言葉を使用するシチュエーションとしては、自分や身内の体調不良で早退をしたい場合や、期限などの延長をお願いする場合などが考えられます。 「体調が悪いので、大事をとって本日は早退させていただきます」といった形で使用するケースが多いでしょう。 また、部下や後輩が早退したり休んだりしたことを、上司へ伝える際の報告でも、「大事をとって」というフレーズが使われることもあります。 「部下の〇〇は熱があるとのことなので、大事をとって休ませました」といった言い回しで使用できると考えられます。

次の