イミテーション レイン sixtones。 SixTONES「Imitation Rain」インプレッション――「デビュー曲の魔法」との戦い

Imitation Rain / D.D.

イミテーション レイン sixtones

『Imitation Rain』に感じた色気 そもそも自分はジャニーズについて詳しいわけではない。 知らない曲もたくさんあるし、メンバーの顔も名前も知らないグループがたくさんある。 それでもジャニーズグループのデビュー曲は印象に残っている曲が多い。 デビュー時は特にプッシュされることが多いからだろうか。 ポップな曲や明るい曲が多いように感じる。 アイドルが歌うからこそ輝く曲が多いと思う。 SixTONESというグループが『Imitation Rain』という曲でデビューした。 この曲が個人的に好きだ。 良い曲だと思う。 カッコいい曲だと思う。 それに今までのジャニーズグループのデビュー曲とは違う印象を感じた。 それが新鮮に思った。 新人としての初々しさを感じなかったのだ。 まるでベテランのような色気を歌やダンスから感じる。 それに自分は魅力を感じた。 Say! 基本的にはアップテンポの曲もしくはポップで明るい曲が多い。 アイドルだからこそ歌えるような内容の歌詞が中心。 グループのコンセプトやキャラクターが伝わるような楽曲も多い。 NEWSやSexy Zoneは歌詞にグループ名が出てくる。 それに対してSixTONESの『Imitation Rain』はスローテンポのバラード。 音は重厚なロック。 明るい曲でもない。 むしろ暗い曲。 グループのコンセプトやキャラクターが伝わるような曲でもない。 でも魅力的なのだ。 ただただカッコいいのだ。 YOSHIKIの提供曲 『Imitation Rain』はX JAPANのYOSHIKIが作詞作曲を手がけている。 『Rusty Nail』や『JADE』を組み合わせたようなのようなX JAPANのミドルテンポの楽曲に近い雰囲気がある。 松田聖子• J-Pop• provided courtesy of iTunes YOSHIKIはバンドマンであり、作曲家やプロデューサーとしても一流なのだ。 提供先の魅力をしっかりと引き出す。 しかしSixTONESの『Imitation Rain』ではYOSHIKI自身の個性が際立っている。 提供先の個性を潰してしまうのではと危惧するほどに。 YOSHIKIは滝沢氏の熱心な思いと海外での活動を視野に入れたSixTONESの目標や思い描く夢に共感し、オファーを受けた。 引用: どうやらあえてYOSHIKIの個性を詰め込んだようだ。 これは危険でもある。 作曲家にとっては得意な方法で得意な方向性の楽曲を作ることができるので作りやすいかもしれない。 名曲も生まれやすいとは思う。 だが提供先の個性や魅力を潰してしまうかもしれない。 しかし『Imitation Rain』からはSixTONESにしか歌えないと思わせるような工夫もされている。 そしてYOSHIKIの個性が詰め込まれた楽曲で、自分たちの個性を出すことが難しい楽曲だからこそ、SixTONESの魅力も引き立っているようにも思う。 SixTONESとYOSHIKIの組み合わせで化学反応が起こる X JAPANの雰囲気は感じる曲だ。 しかしX JAPANとは違う魅力も含まれている。 いや、SixTONESが歌うことで違う魅力が生まれている。 X JAPANはTOSHIのハイトーンボイスが魅力の1つ。 しかし『Imitation Rain』はX JAPANの曲と比べるとキーが低い。 低い声で響かせるように歌っている。 それに色気や艶を感じる。 サビはメンバーがユニゾンで歌っている。 声が重なることにより美しいハーモニーになる。 メンバー全員歌が上手い。 だからこそ感じる美しさだ。 ソロのパートも印象に残る。 声質は全員違うが、歌唱方法は曲の雰囲気に合わせて統一されている。 違う声が順番に歌うことで新鮮な気持ちになる。 それでも歌唱方法は統一されているので違和感はない。 X JAPANの歌はTOSHIハイトーンボイスの迫力に圧倒させられる。 SixTONESにはそのような魅力はない。 その代わり艶や色気がある。 複数人数で歌うことによるハーモニーの美しさがある。 先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ「SixTONES」という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。 YOSHIKIは最初からわかっていたのだ。 自分の個性を詰め込んだ曲を提供したとしても、新しい魅力を楽曲にSixTONESが吹き込んでくれることを。 実力があるからこその「このデビュー曲」 『Imitation Rain』を聴けばわかるが、SixTONESは全員歌が上手い。 デビューしたばかりとは思えない。 基本的に低く艶のある歌声で楽曲は展開されていく。 それだけでも魅力的なのだが、中盤でハイトーンでサビを歌う部分がある。 そこで歌唱力の高さを特に感じる。 MVでいうと2分頃の部分だ。 1人のメンバーのソロパートなのだが、ハイトーンで歌う透き通った声が美しい。 裏声も綺麗だ。 ボーカリストとしての実力も感じる。 歌いこなすこともできるし、楽曲に新しい魅力を吹き込んでくれると信頼したのだと思う。 楽曲自体もYOSHIKIの個性が詰め込まれてはいるが、SixTONESが歌うからこそ引き立つような展開一部ある。 ハイトーンのソロでのサビが終わった後は転調し低いキーでユニゾンのサビになる。 艶のあるユニゾンの低音が心地よい。 このような転調はソロボーカリストの曲では滅多にない。 複数のボーカリストがいるからできる曲展開だ。 そのような工夫を取り入れるYOSHIKIの作曲家としてのセンスも見事に思うし、その期待にしっかり応えるSixTONESも流石だと思う。 『Imitation Rain』と同じようにSixTONESは異質な存在になるかもしれない 『Imitation Rain』は名曲だと思う。 しかしジャニーズグループのデビュー曲としては異質だともおもう。 重い音でミドルテンポのロックバラード。 歌いこなすことも簡単ではないと思う。 SixTONESの実力を認めたからこそ提供された異質な曲だとは思うが、SixTONES自体も異質な存在なのかもしれない。 それは良い意味での話だ。 滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また「SixTONES」が海外での J-POP のイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。 最初から海外での活躍を期待され、それに向けた楽曲を用意することは異質ではと思う。 他のグループとは違う意味での期待もされているように思う。 「海外でのJ-POPのイメージを一新させる」 それは簡単なことではない。 今のSixTONESが海外に出てすぐに実現できる目標だとも思えない。 しかし期待をしてしまうのもわかる。 現時点でも実力はあると思うが、まだ伸び代がありそうな予感もする。 他のジャンルの楽曲に挑戦する姿も観てみたい。 それも魅力的な音楽になる予感がする。 異質であることは強みでもあり魅力でもある。 そんな異質な魅力でSixTONESが海外での J-POP のイメージを一新させる姿を観てみたい。 それは、遠い未来ではないような気もする。

次の

【ピアノ動画】Imitation Rain / SixTONES【ピアノ|初級】(電子楽譜カノン)

イミテーション レイン sixtones

この記事の目次• ストーンズの歌が上手い! ストーンズはYOSHIKIさんが楽曲提供したものがデビュー曲になったり、ジャニーズらしからぬしっとりとしたバラード曲「 Imitation Rain」がデビュー曲になったりと、 とにかく他のジャニーズグと「違う」ところが多いグループ。 もちろん 良い意味で従来のジャニーズのイメージとは外れ、新たなジャニーズを背負う新時代グループとして期待されていますが、特に他のジャニーズグループとは違う点として、、 歌がめちゃくちゃ上手い! いや、歌だけじゃなくダンスもキレッキレでめちゃくちゃ上手いのですが、ほんと「 歌とダンスが上手い人を選抜した」という感じの印象を受けます。 その歌もダンスもめちゃくちゃ上手いストーンズのデビュー曲『 Imitation Rain』です。 他のジャニーズグループと比較 ただ、ストーンズの曲を聴いただけでは、あまりジャニーズの中での上手い下手が分かりづらいと思います。 あくまでデビュー当時の話 それに比べれば ストーンズの歌の上手さは異次元だと言えます。 歌が上手いのは「口パク」だから? しかしですが、あまりにもストーンズの歌が上手すぎることから一部のファンからは「 口パク」なんじゃないか?という疑問も上がっているようです。 京本大我 ストーンズきっての歌うまといえば 京本大我さん! 「歌」が自身の活動の原動力であり、歌唱力はストーンズNO. 1というより、 ジャニーズJr. でトップクラスです。 ジェシー ストーンズNO. 2は帰国子女の ジェシー! 日本語はもちろん、英語の歌唱力が抜群です!京本大我さんと同じく ジャニーズJr. でトップレベルの歌唱力を持つと言われています。 田中樹 田中樹さんと言えばラップ! ストーンズのラップパートを担当しており、 ラップの上手さはジャニーズNO. 1と言われています。 クールで渋い美声と早口のマシンガンフロウは、ジャニーズと言うよりもはやラッパーです。 松村北斗 続いて 松村北斗さん。 松村北斗さんの魅力と言えば 色っぽさ!歌声だけではなくダンスやパフォーマンスにも表れていますが、歌唱力もジャニーズJr. ではかなりハイレベルに位置します! 京本大我さんやジェシーさんほどではないかもしれませんが、決して負けず劣らずの歌唱力があります。 森本慎太郎 森本慎太郎さんの特徴は 甘くて滑らかな歌声。 高音でもをその甘い声を維持できる歌唱力を持っています! 6位. 高地優吾 ハイレベルな歌唱力に加えて、 高地優吾さんは ボイスパーカッションを得意としています。 中丸雄一さんに教わったそうで、めちゃくちゃ上手いですよ! 以上、ここまでストーンズの新人らしからぬ 歌の上手さと、メンバー内の 歌唱力をランキング形式で発表してきました! 紅白にも出場する SixTONES(ストーンズ)。 来月のデビューが楽しみですね!.

次の

【1月22日更新】SixTONES(ストーンズ)のデビュー曲の詳細と個人的感想

イミテーション レイン sixtones

今回紹介する 「Imitation Rain」は、SixTONESのデビュー曲であり、 YOSHIKI(X JAPAN)がプロデュースした楽曲になります。 YOSHIKIはプロデュースに際して 滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした。 あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。 先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ『SixTONES』という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。 デビュー、おめでとうございます。 とコメントを残しています。 X JAPANの 「ENDLESSRAIN」を連想させる楽曲タイトル名も 「紅」を想起させる 「紅に染まるまで」という歌詞にも納得ですね。 いや送る歌というよりは、想う歌と言った方が正しいかもしれません。 そうすると、楽曲メロディーの独特な暗さや、これから展開されていく歌詞との辻褄もバチっと合うのです。 はじまりの歌詞で登場する「You 君 」こそが今は亡き主人公の友。 主人公は君が言った 「私は空になり、あなたは太陽になる」という言葉を想起している。 しかしそんな希望に満ち溢れた言葉 夢 は、今では実現しようのないことだから「Fake dreams 偽物の夢 」だと皮肉を噛みしめるように綴られている。 もっと深読みすると 「私は空になり」という言葉には 「空に行ってしまう」という未来予知の意味も含まれていたと考えることもできる。 次はラップ部分の和訳歌詞に着目していきます。 空に行った君の影響で、生死について深く考え 「この世のやるせなさ」に苦悩しています。 どんなに積み上げても、どんなに名声を上げても、命が停止してしまえば、それで何もかもが壊れてしまう everything breaks 「死」というどうしたって逆らえない未来、それを前にした人間の無力さを痛いほど感じました。 紅に染まるまで 戻れない 時代を振り返る 流れる時間を止めて My friend いつかはたどり着くよ 夢の世界に Imitation Rain 模造の雨 時には激しく 心に降り注ぐ Shall we play this game 一緒にゲームをやらないか 紅に染まるまで 雨に打たれて 戻れない時代というのは、君がいた過去を指すのでしょう。 しかし主人公は過去ばかりを悔いている訳ではありません。 「My friend いつかはたどり着くよ 夢の世界に」とあるように、君がいった世界を 「夢の世界」であるとポジティブに捉え、そこに辿り着くまでの人生を謳歌しようとしている。 Imitation Rainは、模造の雨。 これはクソみたいな世界で振ってくる雨を比喩しているのかも知れないし、自分の心の涙を表しているのかも知れない。 これは読み手によって解釈が変わってくるところ。 ただ、過去に蓋を閉め 「Shall we play this game」と前向きに人生を謳歌しようとしている姿から、 「紅に染まるまで 雨に打たれて」という締めの歌詞は 「色のない世界にも、いつか色 紅 は宿る」というメッセージを感じずにはいられない。 また歌詞考察中では触れませんでしたが、YOSHIKI作詞という部分から、亡くなったX JAPANのメンバー「HIDEとTAIJI」の存在が頭から離れませんでした。 2年程前のYOSHIKIの言葉ですが 「HIDEとTAIJIの夢。 それは僕の夢でもある。 海外はまだ少し扉を開けただけ。 ほんの少し風穴が開いただけ。 いかにHIDEが偉大だったか、TAIJIも凄いプレイヤーだったので僕たちが活躍すれば、それが広まる」 この言葉を思い出して、筆者は目頭が熱くなりました。

次の