ドコモ光 プロバイダ変更。 料金プラン

ドコモ光のプロバイダ変更は可能なの?変更方法や流れ、必要な料金などをまとめてみた!

ドコモ光 プロバイダ変更

対応していない場合は混雑している時間帯の速度が極端に遅くなる可能性が高いです。 で使えるプロバイダ24社の比較表を用意しました。 ドコモ光はプロバイダを選べますが、料金などの契約体系は一括タイプの光回線です。 ドコモ光公式、もしくは提携プロバイダのどちらかから申し込めば、もう片方の手続きは必要ありません。 タイプA・Bで料金が違うほか、 IPv4 over IPv6 v6プラスなど の対応状況、 特典内容などで比較していきたいですね。 ランキング作成基準• 通信品質の高さ(公式や口コミ、測定サイト情報を基に判断)• 更に、 Wi-Fiルーターの無料レンタルは、他社よりもハイスペックな機種が用意されています。 GMOとくとくBBより少し遅いものの、十分に速い実測値となっています。 ただ、 無料レンタルできるWi-Fiルーターの機種が、GMOとくとくBBよりも一回り低スペックなんですよね…汗 Amazonで5,000円ぐらいの機種で、最大速度は867Mbpsになります。 無料の訪問サポートもありません。 その分、 オプション条件なしの時のキャッシュバックが10,000円と、高額になっています。 DTIはかなり良い条件のプロバイダですが、 GMOとくとくBBと比べると少しだけ劣ってしまうな~といった印象でした。 「みんなのネット回線速度」によると、 平均値は180Mbpsでドコモプロバイダの中で3位となっています。 問題ない速さかと思いますが、やはり GMOとくとくBBと比べると少し劣ってしまいますね…。 また、 ぷららは無料レンタルできるWi-Fiルーターのスペック詳細が不明なのも気になるところです。 「お客様でメーカーおとび機種を選択いただくことはできません」と記載されています。 ぷららも条件が良いプロバイダですが、 やはりGMOとくとくBBと比べると少し劣ってしまうな~といった印象ですね。 ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ! GMOとくとくBBのおすすめポイント• ドコモ光のプロバイダの中で最も通信品質が高い• 無料レンタルできるWi-Fiルーターがハイスペック• 訪問サポート無料・マカフィー1年無料• キャッシュバックは5,500円~最大20,000円 今回、ドコモ光のプロバイダ全24社を調べてみましたが…、 一番おすすめ出来るプロバイダは「GMOとくとくBB」だと思いました! 1位の決め手は「通信品質の高さ」ですね!自社計測の平均値は約320Mbps、速度測定サイトでもドコモ光プロバイダ内で1位と、優れたプロバイダである事が分かります。 キャンペーン内容も優れており、 特にWi-Fiルーターは他社と比べてもハイスペックな機種が無料で使えます。 訪問サポートも無料ですし、設定が不安な方も安心です! 特典も通信品質も良い「GMOとくとくBB」、是非ご利用を検討してみてください…! ドコモ光のプロバイダ選びの3つのポイント プロバイダの選び方• ランキングの基準にもなっている、プロバイダ選びの3つのポイントを紹介していきます。 1.料金が安いタイプAに属するプロバイダから選ぶ 税抜 戸建て マンション タイプA 5,200円 4,000円 タイプB 5,400円 4,200円 単独タイプ 5,000円 + プロバイダ料 3,800円 + プロバイダ料 工事費 18,000円 15,000円 キャンペーン期間中は工事費無料 初期費用 契約事務手数料:3,000円 契約期間 2年 違約金 13,000円 8,000円 ドコモ光は 選択するプロバイダに応じて「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」の3つがあり、料金も異なります。 タイプAが最も安く、 タイプBは200円高額、 単独タイプは別途プロバイダ契約が必要なので高額になりますね。 料金が高いタイプBが高品質なプロバイダなのか?と言ったら、そういう訳でもありません。 ドコモとプロバイダ間の契約内容の都合でしょうか…? なので、 料金が安い「タイプA」から選びましょう…! IPv4 over IPv6 とは…? IPv4アドレス・IPv6アドレス両方で、通信速度が速い「IPoE方式」で接続できる通信方式のこと。 IPv6 IPoEやv6プラス、単にIPv6オプションと呼ばれる事もあります。 の通信速度は、プロバイダによって異なります。 ドコモ光を使う場合、 通信速度が速い「IPv4 over IPv6」に対応しているかどうか、は重要になってきます…! 従来の接続方式である「PPPoE方式」は混雑や設備的な問題から、通信速度が遅くなってしまいます。 ひどい場合だと、10Mbpsも出ないなんて事も…。 新しく登場した「IPoE方式」は混雑に強く、PPPoEとは別の通信設備を利用するため設備的にも余裕があります。 IPoE方式を使えば、常時100Mbps以上は安定するでしょう! ただ、 このIPoE方式は本来IPv6アドレスでしか使えない仕組みです。 技術の進歩により、 IPv4アドレスでもIPoE方式を使えるように実現したのが「IPv4 over IPv6」です! 「IPv4 over IPv6」は各プロバイダではなく、専門の事業者 VNE事業者 が提供しています。 事業者によってサービス名が異なるため、名称にバラつきがあるんですね。 v6プラスはJPNE社が提供するIPv4 over IPv6です。 長くなってしまいましたが…、 IPv4 over IPv6に対応したプロバイダを選ぶようにしましょう! チェックしたいキャンペーン内容• キャッシュバック• ルーター無料レンタル(ルーターの性能もチェック)• 訪問サポート無料• ドコモ光は申込先や利用プロバイダによって、キャンペーン内容が異なります。 ドコモ光の場合、キャッシュバックは最大で20,000円(ドコモ側で取り決めがあるのかも…?)で、ルーター無料レンタルや訪問サポート無料が多いですね。 おすすめの「GMOとくとくBB」は、特典内容は良い感じですが、キャッシュバックはオプション条件が多めです。 オプション不問で選ぶならDTIの無条件10,000円が優れています。 どこを重視するか?でプロバイダ選びも変わってきますね。 GMOとくとくBBはルーターが高性能なので、その分オプション条件なしの時のキャッシュバック額が低いのでしょう。 この記事で紹介したプロバイダのキャンペーン内容以外にも、代理店が実施しているキャッュバックなどもあります。 について、詳しくは下記記事も参考にしてみてくださいね。 申込は電話 or ドコモショップのみで、WEB上で手続きは出来ません。 プロバイダ変更の際に、プロバイダの違約金は発生しません。 が、ルーター無料レンタルを利用している場合はルーターを返却する必要があります。 また、プロバイダのオプションを利用している場合は、オプション解約の旨をプロバイダ側まで連絡しないといけません。 手数料3,000円のみで変更できるので、現在使っているプロバイダの品質に不満がある方は変更してみてください。 まとめ.

次の

ドコモ光でプロバイダを変更する簡単な手順と設定方法とは?

ドコモ光 プロバイダ変更

【目次】• 【まず結論】OCN光からドコモ光へ乗り換え それでは、まず結論から。 OCN光からドコモ光への乗り換えはとてもお得です。 理由は、 ドコモのスマホ代割引があること、 特典で乗り換え費用がかからないこと、 dポイントがお得なことです。 プロバイダが同じなので、通信速度もほとんど変わりません。 ただし、デメリットも1つあって、マンションの月額料は100円上がることです。 なので、 ドコモ以外のスマホ代割引のない方は、乗り換えはおすすめしません。 乗り換え手順もとてもかんたん。 OCN光から事業者変更承諾番号をもらって、ドコモ光へ申し込みすることです。 同じフレッツ光回線なので、工事はありません。 最後に、 OCN for ドコモ光は専用ページからの乗り換えで限定特典があります。 専用ページは以下のリンクから移動できますので、こちらから手続きしてくださいね。 【口コミサイトからの速度情報】• 上りの速度(アップロード) ・OCN光 =145 Mbps ・ドコモ光=148 Mbps• 下りの速度(ダウンロード) ・OCN光 =178 Mbps ・ドコモ光=196 Mbps• 応答速度(Ping) ・OCN光 =23 ms ・ドコモ光=24 ms この通り、ほぼ同じ通信速度です。 なので、 乗り換えた後に遅くて使えなくなる事はありません。 乗り換えのキャンペーンがある OCN for ドコモ光は、キャンペーンも豊富です。 具体的には、 20,000円キャッシュバック、 dポイント5,000ptです。 これらは、新規申し込みだけで無く、転用や、事業者変更も対象の特典です。 ハッキリ言うと、相当お得な特典です。 乗り換えだと、キャッシュバック金額が下がるケースが多いですが、OCN for ドコモ光は20,000円のままです。 この通り、乗り換えによるメリットはかなり大きいです。 OCN光からドコモ光のデメリット デメリットは1つです。 マンションの月額料金が100円上がる デメリットは、 マンションの月額料金が100円上がることです。 マンションと戸建てで、料金を比べました。 ただし、ドコモスマホを使っている人が1人でもいると、月額料金よりもスマホ代割引の方が大きいです。 なので、 ドコモのスマホを使っている人は、ドコモ光にしましょう。 ドコモのスマホを使っていないマンションでOCN光の人は、特に乗り換えなくても大丈夫です。 ドコモ光の申し込みで 2万円の限定キャッシュバック 【OCN光からドコモ光】比較一覧 ここで、OCN光とドコモ光を一覧で比較にしました。 メリットデメリットでご紹介したとおり、 OCN光のマンションが100円安い以外は、全てドコモ光にメリットがあります。 jp ドコモ光の方が明らかにお得ですね。 \ドコモ光とOCNの 公式特典はこちら/ <限定特典サイト> 【OCN光からドコモ光】乗り換えのキャンペーンや違約金 続いて、乗り換えの特典や違約金を計算しました。 特典や違約金から初期費用を計算 初期費用は 乗り換えで6,000円のプラスになりました。 OCN光の違約金や、ドコモ光の初回事務手数料はかかりますが、特典が大きいためです。 計算結果は、以下の通り。 【乗り換えの初期費用合計】 項目 金額 OCN光の違約金 -11,000円 ドコモ光の事務手数料 -3,000円 OCN for ドコモ光 キャッシュバック +20,000円 合計 +6,000円 OCN光の違約金とタイミングは? 違約金は11,000円です。 また、OCN光は通常、2年の自動更新で契約します。 なので、 2年ごとの25ヶ月目と26ヶ月目は、違約金がかかりません。 以上が、乗り換えの初期費用とタイミングでした。 【OCN光の電話番号】• 電話番号:• なお、メールやマイページからは、受け付けていません。 電話でもらいましょう。 【手順2】OCN for ドコモ光へ申し込み 続いて、OCN for ドコモ光へ申し込みます。 【手順2-1】ドコモ光の限定特典サイトから登録 続いて、以下の ドコモ光の限定特典サイトから、仮申し込みします。 移動先の『申し込み』ボタンを押すと、以下の『お申し込みフォーム』へ移動します。 【お申し込みフォーム】 お名前、メールアドレス、電話番号、OCNお客様情報番号を入力する。 なお、 『OCNお客様情報番号』は、OCN会員登録証に記載があります。 【手順2-2】OCNからの電話で内容確認 仮申し込みが終わると、OCNから登録した番号に折り返しの電話があります。 内容は、 事業者変更の料金、手続き、切り替え日、キャンペーンの確認です。 OCNからの説明を聞いて、問題なければ契約を進めましょう。 思っていたことに相違があれば、キャンセルしても大丈夫です。 なお、説明はOCN側からあるので、ユーザーの準備は必要ありません。 契約に関する書類は、1週間くらいで送られてきます。 【手順2-3】OCN v6アルファへ申し込み 電話を受けた後に、 OCN v6アルファへ申し込みします。 申し込みは、以下のリンクから。 なお、この手続をしないと、通信速度は速くなりません。 必ずOCN v6アルファの手続を済ませてくださいね。 申し込みが終わると、 1週間くらいで専用のルーターが到着します。 【手順3】OCN光からドコモ光の切り替えと設定 電話で話した、切り替え日になると OCN光からドコモ光へ切り替わります。 工事はありません。 【手順3-1】ルーターを交換する 切り替え日になると、 OCN v6アルファ用のルーターへ交換します。 かんたんなイメージ図を以下に記載しました。 工事はありません。 手順さえ守れば、乗り換えはシンプルです。 \ドコモ光とOCNの 公式特典はこちら/ <限定特典サイト> 【OCN光からドコモ光】よくある質問・注意点 最後に、乗り換えに関するよくある質問・注意点をまとめました。 OCNお客様情報番号が分からない OCNお客様情報番号は、OCN会員登録証に書かれています。 会員登録証のお客さま情報番号を確認してくださいね。 OCN光からドコモ光へ電話番号は引き継げる? NTT固定電話からの電話番号は引き継ぎできます。 ドコモ光には、『ドコモ光電話』がありますし、どちらも月額料は500円で同じです。 ただし、OCN光で発番した電話番号は、引き継げない可能性があります。 どちらにしても、 OCN光へ電話する時に、引き継ぎしたいことを伝えてくださいね。 OCNメールはそのまま使える? そのまま使えます。 光回線はOCN光からドコモ光になりますが、OCN会員は解約になりません。 OCN会員であればOCNメールはそのまま使えます。 gooポイントはそのまま使える? そのまま使えます。 gooポイント公式ページを確認したところ、引き続き使えると書かれていました。

次の

プロバイダ一覧

ドコモ光 プロバイダ変更

以上のことからタイプBよりタイプAのようが、月額料金の安さや選べるプロバイダの選択肢が豊富です。 よってプロバイダ選びはタイプAよりを選ぶことがおすすめです! 2、ドコモ光のキャッシュバックやポイント還元、工事費無料など特典が充実しているプロバイダを選ぶ ドコモ光はキャッシュバック15,000円・ポイント10,000円還元、工事費最大18,000円、wifiルーターの無料レンタルといった特典が充実しているプロバイダを選びましょう! どのプロバイダを選んでもドコモ光でインターネット接続は可能ですが、特典が充実していた方が工事費のコストが抑えれたり、有料wifiルーターを無料レンタルできるので特典付きのプロバイダを選びは必須です。 Sランクの評価がついた GMOとくとくBB、DTI with ドコモ光の2社は15,000円のキャッシュバック・dポイント10,000pt還元といったキャンペーン内容や、v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル、、工事費無料といったと特典サービスが充実したプロバイダです。 2社のキャンペーン・特典内容には違いがほとんどなく、 一見なぜDTI with ドコモ光がもっとも優れているか?と疑問に感じる方も多いと思います。 その理由を突き詰めていくと 無料レンタルのWi-Fiルーターがハイスペックということに差があることから「GMOトクトクBB」が最もおすすめできる!」と判断しました。 GMOとくとくBBドコモ光をWiFi環境でインターネット接続するためのルーターを初期設定する接続方法は! ここではGMOとくとくBBドコモ光の申込契約~解約までの流れで簡単にお伝えした[WiFi環境でインターネット接続するためにルーターを初期設定する]についてより具体的に解説していきます。 以下ボタンより画像付きでバッファローWiFiルーターを初期設定する接続方法について解説していますので気になる方はチェックして下さい。 ドコモ光のプロバイダを変更する3つの方法はコレ! ドコモ光のプロバイダ変更は以下3つの方法で進めていきます。 「IPoE方式」とは従来の接続方式「PPPoE方式」よりも優れた新しい接続方式になります。 さらにはほぼ無限のIPアドレスを割り当てれる新しいバージョンの「IPv4 over IPv6通信」と呼ばれる通信方式とセットになった「IPoE方式、IPv4 over IPv6通信」と表示されたプロバイダを選びましょう。 ドコモ光で最速インターネット接続をしたいなら 「IPoE方式、IPv4 over IPv6通信」と表示された通信方式を選ぶことでv6プラスに対応した高速インターネットを楽しめます。 上でご紹介した5社は全て「IPoE方式、IPv4 over IPv6通信」に対応したプロバイダです。 またv6プラス対応WiFiルーターを無料レンタルできるものだけをピックアップしました。 通信方式がIPv4 over IPv6通信でも、v6プラスに対応したWiFiルーターを使用しないと高速インターネットが利用できません。 0 キャンペーンの充実度 ・最大15,000円キャッシュバック ・最大10,000ポイント付与 5. 0 速度期待度 IPv6 IPoE対応 3. MyDoCoMoで確認する 現在利用中のドコモ光の契約内容を見るために「」にログインします 電話で確認する ドコモ携帯の場合は151、一般電話の場合は0120-800-000の窓口よりプロバイダ名を確認することができます ドコモショップで確認する お近くのドコモショップよりプロバイダの確認をしてもらうことができます。 ドコモ光のプロバイダについてよくある質問や不安FAQ5つ ここではドコモ光のプロバイダについてよくある質問や不安FAQ5つを解説していきます。 【Q1】ドコモ光のプロバイダで人気なGMOとくとくの評判はぶっちゃけ良い?それとも悪い? 【A】ドコモ光GMOとくとくBBのツイッターに掲載中の悪い~良い評判までを集めてみた結果 「全体的にポジティブな評判が多い」ことが分かりました。 詳細は以下ボタンよりチェックできるので確認してみて下さい。 【Q2】ドコモ光プロバイダの契約ID・パスワードが届かない… 【A】申し込み後にプロバイダの契約ID・パスワードが届かい場合はドコモ光に問い合わせる必要があります。 【Q3】ドコモ光プロバイダの解約方法は? 【A】ドコモ光プロバイダの解約したい方は以下ドコモインフォメーションセンターに問い合わせる必要があります。 電話 受付時間 ドコモインフォメーションセンター 0120-800-000 午前9時〜午後8時 【Q4】ドコモ光のプロバイダ変更をしました、日数はどのくらいかかる? 【A】ドコモ光のプロバイダの変更にかかる日数は最短で10日です。 10日後〜翌月末日までの好きな日程を自分で選ぶことができ予約日にプロバイダが切り替わる流れとなります。 よって現在利用中のプロバイダの廃止は新しくプロバイダを変更した利用可能になった日以降となります。 【Q5】ドコモ光のプロバイダを乗り換える方法は? 【A】ドコモ光のプロバイダを乗り換える方法は3つのステップより進めて下さい。 といったこちらの流れよりプロバイダを乗り換えることができます。 まとめ いかがだったでしょうか?今回はドコモ光の正しいプロバイダの選び方を初め、全プロバイダ25社の料金や通信速度の速さなどのスペック比較したものを解説しました。 またその中からよりスペックが優れた人気プロバイダおすすめ10選をピックアップした結果GMOとくとくBBがもっとも最速でおお得に申し込めるプロバイダとして紹介しました。 プロバイダ選びで迷っている方がいれば「GMOとくとくBB」で申し込み頂ければ間違いないと思いますので、以下ボタンより再度ランキングの詳細をチェックしてみて下さいね!.

次の