君の膵臓を食べたいアニメ映画。 映画「君の膵臓を食べたい」のネタバレあらすじと感想考察や評価も!ラストの結末の意外なオチのアニメ作品

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」 感想・レビュー|映画の時間

君の膵臓を食べたいアニメ映画

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」 感想・レビュー 22件 げきじょうあにめきみのすいぞうをたべたい• 上映終了• レビュー• 総合評価 3. 81点、「劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」」を見た方の感想・レビュー情報です。 投稿はから受け付けております。 [クリックで本文表示] 最後の遺書のシーンがファンタジーっぽい演出になるのが気にくわない。 せっかくいい雰囲気で涙ぐんでたのに、あの演出で一気に涙がひいた。 [クリックで本文表示] 桜良の声が甲高くてぶりっ子な感じで気になって中々話に集中出来ませんでした。 みんなから人気がある子の設定なのでもう少しぶりっ子感が無い方がよかったのでは? 漫画、実写版の映画も見ていたので少し残念でした。 最後の方の映像も、急にアニメっぽくなるところが私は、いまいちな感じでした。 内容自体はとてもよいので娘と何度も見ています。 [クリックで本文表示] 俺的には、面白いと思いました。 主人公の役をやった俳優さんの棒読みな所が、主人公が人と接してなくて喋り慣れてない感じに思えました。 とりあえず通り魔殴ってきます。 「気にしすぎかもしれないが」さんからの投稿 評価 なし 投稿日 2020-05-05 なんか最近のドラマとか、これはアニメだけど、女が強くて男が弱くてジェントルマンが多いなと思う。 あのヒロインの親友の女、男の子を蹴ったり胸ぐら掴んだり。 女がやってもいいけど男がやったらどえらいことになる。 逆差別じゃないのか。 ちなみに私はすい臓がんの術後治療中です。 途中で腹たって、見るのやめました。 正直、春樹と自分の性格が重なる部分がありました。 春樹に感情移入してしまい泣いてしまいます。 桜良と春樹の声優どちらも良かったと思います。 録画していたので3回も見ました。 何回見ても泣いてしまいます。 見てない人は見るべきだと思います。 多分話題作りのために俳優を選んだのだろうけど、普段アニメで声優さんの演技を聞き慣れている私にはちょっとという感じ。 プロの人ならもう少し印象も変わっていたのではないでしょうか。 それ以外はとても良かったです。 季節の情景もとても美しくて、見いってしまいました。 人それぞれ意見があると思いますが、原作にない場面、変更した所がある作品は?と思ってしまいます。 大人の事情、監督スタッフの考えもあるとは思いますが、「原作」がいい作品ほど忠実に映像化してほしいです。 (希望) P. タイトルは奇抜に見えますが、いい映画ですね。 沢山の方に見ていただきたいですね。 実写版も素晴らしかったですが、春樹の人間性は容姿、声ともに北村匠海さんよりしっくりしました。 高杉真宙さんの演技は賛否両論あると思いますが、他人に興味がなかった春樹にはすごく合っていると思います。 自分はこの作品は恋愛作品だとは思っていません。 何というか、、、恋愛と言えば恋愛なのでしょうが作中の桜良の台詞にもある通り友情とか恋人とかそういう類いでは表せないと思います。 sumikaさんのオープニング、劇中歌、主題歌すべてにおいて合っていて大好きになりました。 最後に桜良の死因に関してですが、初見では納得いかなかったり、題名の意味にも理解が追いつかないかもしれませんが、しっかり各キャラクターの台詞を聞きながら見返していただくと作者の意図等わかると思います。 ストーリーは とっても好みだっただけに もったいないなと思いました。 [クリックで本文表示] 原作は中盤までしか読んでいなくて結末は知らないまま映画を見に行きました。 正直さくらちゃんの死因は賛否両論あるかなって感じ。 私は有りだと思いました。 残念だと感じた所は主人公役の方の演技。 最初の方は違和感しかなかったです。 ほかのキャラと比べると棒読み感が凄いので目立つんですよね。 ただ見ていくうちに慣れるかと思います。 内容はとてもいいし泣けました。 「こと。 主人公の女の子の声が甲高い&ブリブリ過ぎて、のっけから違和感。 性格があざとくて、中盤までは嫌いでした。 気になってレビューを見たら、男の子の声の方に違和感感じてる人が多く見うけられてびっくりでした。 個人的には男の子は自然でキャラに馴染んでいた感じがしたので好きでした。 ストーリーは可もなく不可もなく… また観たくなる感じではなかったのですが、原作と実写版を観てみたいとは思いました。 今年一番の傑作映画です。 ほとんどの人が観なければ後悔するような今年の一大傑作です。 これは絶対に見に行った方が良いですよ... ハンカチはお忘れなく.. 映画を沢山観てる訳では無いですが、今まで見てきた映画に中で一番心に刺さる内容でした。 後から原作も読みました。 若干物語が変更されている部分があるのですが、どちらにもそれぞれ良い部分があり、映画,原作小説共にとても面白かったです。 残念なところを一つ上げるとすると「僕」役の声をプロの声優の方ではなく、俳優の方がされていた事ですね。 やっぱり演出が素晴らしかったって事なのかしら。 実写版の「僕」はかっこよすぎてちょっと違和感がありましたが、今回は程よいオタク感もあり雰囲気出てました。 アニメだからか、地元での映画館では上映してないのが残念です。 実写版観た方にも是非オススメです! P. 絵とストーリーの流れは完璧。 主役の声だけ、なぜ俳優にやらせたのか疑問です。 他は全てベテラン声優さんが演じているので、技量の無さが際立ってしまっており終始辛いです。 声優さんの演技を聞きなれている方には苦行かと思います。 私は、原作、実写見ずに行きました。 ほんとに良かったですね、ヒロインの桜良に主人公の僕が変えられて行く姿には私も頑張ろ!って思わせてくれますね、是非この作品は作画も綺麗なので、劇場で見て頂きたいです!sumikaさんが歌う曲も必見です。

次の

映画「君の膵臓を食べたい」ネタバレ!原作と違うあらすじラスト最後の結末!

君の膵臓を食べたいアニメ映画

オープニングテーマ・劇中歌・主題歌 制作決定! 神奈川県川崎市出身、片岡健太(Vo. )、荒井智之(Dr. )、黒田隼之介(Gt. )、小川貴之(Key. )からなる4人組バンド。 2017年はバンド史上最大規模のツアーを敢行、Zepp DiverCityTOKYOを始め全ての会場でチケットは即完売。 5月に購入者が自ら価格を設定して購入する価格設定自由音源「Dress Farm 3」を発表、そして7月には1stフルアルバム「Familia」をリリースし、オリコン週間チャート5位を記録。 2018年4月には『Fiction e. p』をリリースし、オリコン週間チャート3位を記録、5月から始まるツアーは日本武道館2daysを始め各所でソールドアウトが出るなど、人気が加速している最注目バンド。 sumika Film 4• ファンファーレ MUSIC VIDEO• Documentary sumika 片岡健太(Vo. )コメント 牛嶋監督とは楽曲制作前から打ち合わせをさせて頂いて、その後も1曲ずつ、お互いのイメージ共有をしながら進めました。 作品と真摯に向き合っている事が、コンテの端々からも伝わってきて、この作品に音楽家として携われる幸せを噛み締めながら、楽曲制作に臨む事が出来ました。 素晴らしい原作があって、そこにリスペクトを持った制作チームと共に、化学変化を楽しみながら、作品を作り上げました。 一ファンとしても完成を心から楽しみにしております。 住野よる先生コメント まずファンとしてとても嬉しいです。 数年前に読者さんから教えていただいたことがきっかけでsumikaの音楽に出逢い、ファンになりました。 CDを買いライブも行きTシャツも持っています。 そして、作者としての嬉しさがあります。 『君の膵臓をたべたい』はまぎれもなく読者さんが世に送り出し、育ててきてくれたお話です。 そのアニメの曲を、読者さんを通じて知ったsumikaの皆さんが作ってくださることは、『君の膵臓をたべたい』という本へのクライマックスとして、これ以上なく素敵なことだと感じています。 牛嶋新一郎監督コメント 最初にsumikaさんに各シーンのイメージや曲調を提示し、そこに歌詞と曲をつけてもらう形で楽曲制作を進めました。 何度か机を囲んで話し合いをさせていただき、ここまで作品に寄り添って楽曲を作っていただいた経験もないので、本当にありがたいことだと感じています。 映画スタッフが繊細に作りこんだ映像に、sumikaさんの曲が乗ったとき、とても美しい化学変化を起こすことができたと思っています。 原作ファン、sumikaファンの方々が、映画を通して、相互的に好きになってもらえたら幸いです。

次の

アニメ映画『君の膵臓をたべたい』と実写版、どちらが泣ける?【ネタバレ紹介!】

君の膵臓を食べたいアニメ映画

オープニングテーマ・劇中歌・主題歌 制作決定! 神奈川県川崎市出身、片岡健太(Vo. )、荒井智之(Dr. )、黒田隼之介(Gt. )、小川貴之(Key. )からなる4人組バンド。 2017年はバンド史上最大規模のツアーを敢行、Zepp DiverCityTOKYOを始め全ての会場でチケットは即完売。 5月に購入者が自ら価格を設定して購入する価格設定自由音源「Dress Farm 3」を発表、そして7月には1stフルアルバム「Familia」をリリースし、オリコン週間チャート5位を記録。 2018年4月には『Fiction e. p』をリリースし、オリコン週間チャート3位を記録、5月から始まるツアーは日本武道館2daysを始め各所でソールドアウトが出るなど、人気が加速している最注目バンド。 sumika Film 4• ファンファーレ MUSIC VIDEO• Documentary sumika 片岡健太(Vo. )コメント 牛嶋監督とは楽曲制作前から打ち合わせをさせて頂いて、その後も1曲ずつ、お互いのイメージ共有をしながら進めました。 作品と真摯に向き合っている事が、コンテの端々からも伝わってきて、この作品に音楽家として携われる幸せを噛み締めながら、楽曲制作に臨む事が出来ました。 素晴らしい原作があって、そこにリスペクトを持った制作チームと共に、化学変化を楽しみながら、作品を作り上げました。 一ファンとしても完成を心から楽しみにしております。 住野よる先生コメント まずファンとしてとても嬉しいです。 数年前に読者さんから教えていただいたことがきっかけでsumikaの音楽に出逢い、ファンになりました。 CDを買いライブも行きTシャツも持っています。 そして、作者としての嬉しさがあります。 『君の膵臓をたべたい』はまぎれもなく読者さんが世に送り出し、育ててきてくれたお話です。 そのアニメの曲を、読者さんを通じて知ったsumikaの皆さんが作ってくださることは、『君の膵臓をたべたい』という本へのクライマックスとして、これ以上なく素敵なことだと感じています。 牛嶋新一郎監督コメント 最初にsumikaさんに各シーンのイメージや曲調を提示し、そこに歌詞と曲をつけてもらう形で楽曲制作を進めました。 何度か机を囲んで話し合いをさせていただき、ここまで作品に寄り添って楽曲を作っていただいた経験もないので、本当にありがたいことだと感じています。 映画スタッフが繊細に作りこんだ映像に、sumikaさんの曲が乗ったとき、とても美しい化学変化を起こすことができたと思っています。 原作ファン、sumikaファンの方々が、映画を通して、相互的に好きになってもらえたら幸いです。

次の