キシリトール ガム 歯磨き 後。 ガム Q&A|お客様相談室|お口の恋人 ロッテ

効果的なキシリトールの食べ方

キシリトール ガム 歯磨き 後

こんにちは。 白根歯科クリニック院長の白根和明です。 「 キシリトールガムは虫歯予防にも効果がある」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? キシリトールガムは、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の代謝を阻害する作用があるので、虫歯を予防する効果があると言われています。 今回は、キシリトールガムの食べるタイミングや虫歯の関係について詳しく解説します! ただし、今回ご説明する「キシリトールガム」および「キシリトールのお菓子」の定義として、「キシリトール100%」の場合を指します。 一般的なお店で販売されている「キシリトール入りガム」、「キシリトール入りお菓子」は、キシリトールが少し含まれているのみで、それ以外は、水飴や砂糖などが含まれているため、う蝕の原因となりますのでご注意ください。 (当院をはじめ、医療機関で販売されている「キシリトールガム」はキシリトール100%です。 ) 1. キシリトールとは? キシリトールとは、糖アルコールの中の一つであり、 トウモロコシの芯などが原料となっている成分です。 キシリトールは特別な成分のように思えますが、果物のイチゴなどにも含まれているものです。 他には、ナスやラズベリー、ほうれん草、玉ねぎ、にんじんなどの野菜にも含まれています。 商品としては、キシリトールが配合されたガムやキャンディーが販売されています。 キシリトールガムが虫歯予防になる理由 キシリトールは天然素材の成分の一つですが、なぜ虫歯を予防することができるのでしょうか? キシリトールには、虫歯の原因菌であるミュータンス菌を減少させ、虫歯の原因となる酸を作らないように働きかけます。 また、ガムの甘さの成分により唾液が促進されるので、虫歯になりにくい環境にしてくれるのです。 2-1. 悪化した虫歯が治ることはない キシリトールは虫歯予防に有効であるとお伝えしましたが、悪化した虫歯を治す効果はありません。 見た目にも変化がなく、比較的初期段階の虫歯であれば、キシリトールガムを食べることで唾液が促進され、歯の再石灰化が進み、修復することがあります。 これは、キシリトールそのものの効果ではなく、唾液による再石灰化の効果です。 すでに悪化してしまった虫歯がある場合、キシリトールガムを食べることにより、治癒させることは難しいため、早めに治療しましょう。 3.キシリトールガムを食べるタイミング キシリトールガムを食べるタイミングとしては、歯磨き前、歯磨き後でも問題ありません。 歯磨き前に食べることで、歯についた歯垢を落としやすくしてくれる作用があります。 また、歯磨き後や寝る前に食べることで、唾液の分泌が増えて、虫歯ができにくい環境にしてくれます。 歯磨き後や寝る前に食べることに抵抗がある人は、歯磨き前に食べると良いでしょう。 <まとめ>虫歯予防は定期検診を受けよう 今回は、虫歯予防の効果が期待できるキシリトールガムについてご説明しました。 キシリトールガムは、唾液の分泌や砂糖が使用されていないので、虫歯になりにくい環境を作ってくれます。 キシリトールガムはあくまで虫歯予防の習慣なので、定期検診をしっかり受診しましょう。

次の

ガム Q&A|お客様相談室|お口の恋人 ロッテ

キシリトール ガム 歯磨き 後

歯磨きガムとは 歯磨きガムとは、一体どのようなものかご存知でしょうか。 歯磨きガムは、歯磨きを行うことができない場合、若しくは歯磨きと併用して利用するガムのことを言います。 歯磨き粉と同じような成分が含まれており、歯の健康を保ってくれます。 歯磨きガムは食事の前?後? では、歯磨きガムは、食事の前と後、どちらに利用する方が望ましいのでしょうか。 答えは、食事の後です。 食事をするとどうしても口の中は汚れてしまいます。 食事の後に歯磨きガムを噛むことで、口の中の汚れを落とし、清潔に保つというわけです。 歯磨きガムはどのくらい噛めばいい? 歯磨きガムは、基本的に、味がなくなるまで噛むことが推奨されています。 これは、きちんとガムの歯磨き成分が浸透するまでにある程度時間がかかるためです。 味がなくなるまでの時間は噛む人や商品によっても異なりますが、大体5分以上が目安です。 歯磨きガムは一日何個が理想? 歯磨きガムは、一日3~4個くらいを食べるのがベストです。 歯磨きガムは他のガムと違って、キシリトールなど歯の健康維持につながる成分が含まれています。 キシリトールには、虫歯予防のほかの副作用として、腸内の水分を吸収する働きがあるとされており、これによりお腹が緩くなるという作用が報告されています。 ガムを数個食べる程度ではこの副作用の心配はしなくてよいですが、あまり多く食べすぎてしまうとお腹が緩くなってしまう恐れがあるため、注意が必要です。 歯磨きガムの効果とは では、歯磨きガムを噛むことで得ることができる効果とはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでその効果について少し説明します。 虫歯予防 歯磨きガムを噛むことで得ることができる効果の一つ目は、虫歯予防を行うことができるということです。 これは、歯磨きガムを噛んですぐに効果を表してくれるものではありません。 毎日噛み続けていれば得ることができる効果の一つです。 特にキシリトールが配合されている歯磨きガムの多くは、3ヶ月を目安に続けることを推奨しています。 続けることで、虫歯になりにくくなりますので、ぜひ、継続的に試してみましょう。 口臭 歯磨きガムを噛むことで得ることができる効果の二つ目は、口臭予防です。 口臭の原因のひとつに『唾液の分泌不足』がありますが、ガムを噛むことでこれを予防できるからです。 また、ガム自体にフレーバーが含まれているものであれば、口の中をリフレッシュしてくれる効果もあるでしょう。 口臭は自分では気づくことが中々難しいもの。 自分の口臭が気になるときは、歯磨きを行うことが一番ではありますが、どうしても歯磨きを行えない場合は、歯磨きガムが大活躍します。 おすすめの歯磨きガム それではここでおすすめの歯磨きガムについて紹介します。 ぜひ、チェックしてみてください。 クラシエ 歯みがきガム まずご紹介するのが、クラシエの『歯みがきガム』。 このガムの特徴は、なんといってもその噛みごたえにあります。 ガシガシした噛みごたえが、口腔内に刺激を与え、歯磨きをした後のような爽快感をもたらしてくれます。 もちろんシュガーレスで、「ガムを噛んでかえって虫歯になってしまった」というようなこともありません。 ロッテ NOTIMEガム ロッテから発売されている『NOTIMEガム』は、その名の通り時間がないときでもさっと噛んで口腔内を健康に保つことのできるガムです。 こちらはブロックタイプのためしっかりとした噛み心地で、噛んだ後には爽やかなミントの香りが漂います。 仕事の合間など、忙しくて歯磨きできない場合でもこれさえあれば安心です。 キシリトールガム(オーラルケア) 最後に紹介するのは、「キシリトールガム(オーラルケア)」です。 このガムは、歯科医院専用のガムとして、歯医者さんもすすめている商品の一つ。 キシリトール100パーセントで作られており、歯にも付きにくいというのが特徴です。 薬局やドラッグストアなどで販売はされていませんが、ネットで購入することは可能です。 歯磨きガムを噛んで虫歯のない歯を目指そう 歯磨きガムは、健康な歯を保つために効果をもたらしてくれるガムの一つです。 歯磨きガムを噛んで、虫歯のない健康な歯を保っていきましょう。

次の

【危険】キシリトールガムが添加物まみれで身体に良くない理由│バカだけど、本気

キシリトール ガム 歯磨き 後

キシリトールの効果は、専門的には「無益回路」と言いい、砂糖に似ているために虫歯菌が間違って取り込むため、虫歯の原因である「酸」を作らないと言う事です。 さらにガムを食後に食べる事により本来の唾液の作用を正常に戻し、口の中のphを元に戻す効果が大きいのです。 従って食べる量や回数よりも、食べている時間が大切になります。 毎食後・おやつなど食事をした後に必ず20分間かみ続ける事が望ましいのです。 食事、間食の都度に使用すれば効果的とお考え下さい。 通常は食後30分以内の方が良いとされています。 寝る前に使用しても問題はありませんが、お子様の場合は、歯磨き後は飲食はしないと言う生活習慣の方が良いと考えますので、就寝前には歯磨きの前にして下さい。 また、フッ素入り歯磨き粉を使用している場合には、歯磨き後にガムを噛むのはやめた方が良いでしょう。 フッ素の効果を高め、体内への誤飲を避けるためには、ガムを食べ終わった後に、歯を磨くべきです。 研究によれば歯磨き前と後での効果の差はほとんどありません。 ガムが先です。 キシリトールはそれ自体では酸を作らないという消極的虫歯予防作用です。 カルシウムが存在するとキシリトールと結びついて歯にカルシウムを運搬する作用があり、これが積極的虫歯予防作用です。 このため現在はキシリトールガムなどにはカルシウムが添加されているのが普通です。 さて、なぜ歯磨き後に食べてはいけないかというと歯磨き剤を使用すると歯磨き後にもフッ素が口の中に残り、それが歯を強化するからです。 ガムを噛むと唾液分泌が促され口の中に残ったフッ素を洗い流してしまうのです。 キシリトールとフッ素の虫歯予防効果を比較するとケタ違いにフッ素が優ります。 歯磨きの後は少量の水でのうがいにとどめ、口の中にフッ素が残るようにすることが効果的であり、推奨されています。 それらの中でも、再石灰化という観点から比較すると 若干ではあるがキシリトールが一番優れた効果を示しています。 唾液そのものには再石灰化を発現させる力がありますが、自分の口の中では再石灰化が起きない人がいます。 キシリトール(ガム)を使用することで、再石灰化が認められるようになりました。 また、キシリトールを用いなくても再石灰化が見られた人たちには、再石灰化現象がより強くなっていることが確認されています。

次の