トランプ 大統領 声明。 米国、欧州26カ国からの渡航制限を開始へ、期間は30日間、トランプ大統領が声明

トランプ大統領、共和党員は盤石 それ以外には支持広がらず

トランプ 大統領 声明

聯合ニュース ホワイトハウス「トランプ大統領、今日重大発表」・・・韓国時間夜10時 ドナルド・トランプ米国大統領が27日(現地時間)、「重大発表」をするとホワイトハウスが発表した。 ホーガン・ギドリーホワイトハウス副報道官は26日夜、「(トランプ)大統領が明日の午前9時(韓国時間午後10時)重大な声明を発表する」と語ったとAFP・ロイターなどが報じた。 ギドリー副報道官は追加の説明をしておらず、トランプ大統領の重大発表がどういった分野に関するものか不透明だとロイター通信は伝えた。 トランプ大統領は、ホワイトハウスによる発表の1時間ほど前に自身のTwitterアカウントに「非常に大きなことが起きた!」と書いたが、具体的な内容については言及しなかった。 ロイター通信は、現在トランプ大統領がウクライナ疑惑をめぐる弾劾調査とシリア駐留米軍撤退で政治的苦境に立たされていると伝ええた。 トランプ大統領は民主党の大統領候補ジョー・バイデン前副大統領に対して捜査外圧を行使したという「ウクライナスキャンダル」に巻き込まれ、米下院の弾劾調査に直面している。 また、シリア北東部に駐留している米軍の撤収を命じてイスラム国(IS)撃退戦で米国の同盟軍として戦ったクルド人に対するトルコの侵攻を黙認したという批判も受けている。 もしくは北朝鮮への経済制裁を解くか。 それでこそ重大発表と言える。 共感875非共感142 トランプ、ユン・ソンヨル解任を発表。 チョ・グクとともに検察改革の両輪 トランプ、改名して花札になることを発表。 キム・ジョンウンと結婚?笑 共感55非共感10 トランプは世界で最も大きな力を持つギャングだ! 義理や正義などは捨てて金になる仕事だけをする奴! 共感28非共感5 米中貿易交渉の合意だろう。 共感11非共感0 北朝鮮問題は米国にとって重大なことではない。 共感6非共感1 重大発表!韓国に続き、米国もハンバーガーが4ドルに。 共感4非共感0 もしかしたら辞任発表ではないか。 弾劾されるよりも自ら引く方が良いだろ? 共感4非共感0 アルカイダの構成員を射殺したと自慢するつもりだ。 共感4非共感0 「ジョンウンは私を失望させた。 北朝鮮を爆撃する」 共感7非共感1 そんなことよりムン・ジェインはいつ下野するんだ? 共感5非共感39.

次の

ドナルド・トランプ

トランプ 大統領 声明

写真:AP通信 米トランプ大統領は2020年3月12日、欧州26カ国からの訪米を制限すると発表した。 新型コロナウイルスのパンデミック対策の一環で、感染拡大による米経済への打撃や市民生活の混乱に対処するためとしている。 欧州から米国への渡航制限は、3月13日金曜の午後11時59分から発効とし、対象期間は30日間。 AP通信によれば、トランプ大統領はこれまで新型コロナウイルス感染拡大に対し、楽観的な見方を示してきたが、今回の声明では、欧州における対応の遅れを非難。 欧州からの旅行者が「種を持ち込んだ」ことで、米国内に複数のクラスターが発生したとしている。 「中国には早い段階から対処し、これが防疫に役立った。 今度は、欧州が同じ状況になっている」とトランプ大統領。 ただし英国は対象外。 そのほか、「適切なスクリーニング検査を受けた米国人」(同大統領)や貨物も対象から外した。 状況が改善すれば、予定を切り上げて、渡航制限を解除する可能性もあるとしている。 米国土安全保障省が明らかにした詳細によると、今回の渡航制限の対象となるのは、訪米前の14日間に「シェンゲン協定」対象地域を訪れた外国籍の旅行者で、イタリア、ドイツ、ギリシャ、オーストリア、ベルギーなどが含まれる。 米国の永住権を持つ居住者、米国市民の近親者、または「今回の声明で言及している条件の該当者」は含まれない。 これまでの楽観ムードから一転、米政権が新型コロナウイルスに対する強い危機感を表明したことで、比較的穏やかだった米国内の様相も一変した。 各地でイベントがキャンセルとなり、大学では対面での授業は休講となった。 学校に通う子供を持つ家庭も、対応に追われている。 現在、米国内での感染者数は1000人以上。 WHO(世界保健機関)はパンデミックを宣言している。 一方、米議会では3月11日、数十億ドル規模の予算を組んだ救済策を打ち出したところで、早ければ12日中にも採決が行われる。 議会の調査委員会で、今後の見通しについて意見を述べたアメリカ国立アレルギー・感染症研究所のディレクター、アンソニー・ファウチ博士は「今後、感染者はさらに増えて、状況は悪化する」との見方を示し、「新型ウイルスによる致死リスクは、季節性インフルエンザの10倍にのぼる」指摘した。 トランプ大統領の発表後、米国防省でも関係者に向けて複数の指示を通達。 CDCが新型コロナウイルス感染の高リスク地域に指定している中国、イラン、韓国、イタリアの4カ国からの往来について、軍関係者とその家族などを対象に、60日間、あらゆる渡航を制限する方針を決めた。 だが、今回の大統領による対策は、旅行による感染拡大を主に意識した内容となっていることについて、効果を疑問視する声もある。 米国内ではすでに「コミュニティ内での感染拡大」が始まっており、渡航歴や旅行者との接触が見当たらない感染ケースが出ているからだ。 一方で、検査体制が不十分なため、正確な感染状況が把握できないのではという市民からの不安払しょくについての言及はなかった。 病院に十分な感染者の収容力があるのか、それとも飽和状態になりかねないのか、といった問題も懸念されている。 ジョージタウン大学の公共衛生専門家、ローレンス・ゴスティン氏は、大統領の声明後、「欧州のほとんどの地域は、米国と同じぐらい安全だ。 それにCOVID-19はすでに米国に入り込んでいる。 細菌に国境は関係ない」とツイッターに投稿した。 首都ワシントンでは、現在も訪れる観光客の姿があるが、匿名希望の関係者によると、こうしたツアーも間もなく受け入れ中止になる模様だ。

次の

トランプ大統領の声明を受けダウ平均は一時200ドル超上昇=米国株前半

トランプ 大統領 声明

死者数めぐり「20人超か」「確認されていない」「80人」... 日本では、菅義偉官房長官が8日の会見で、「日本政府として、すべての関係者に緊張緩和のための外交努力を尽くすことを求める」と述べた。 米軍の死傷者については、「20人超か」とフジテレビが正午頃に米政府関係筋の話として報じたが、米AP通信は同じころ、米軍に死者は確認されていないと、米当局者の話として伝えた。 一方、共同通信などによると、イラン国営テレビは15時までに「米国のテロリスト」が「少なくとも80人」が死亡したと放送した。 トランプ氏はツイッターを更新し、被害状況について「今のところ良い方向だ」とし、「明日の朝」(日本時間の8日夜から9日未明)に声明を発表すると明らかにした。 一方、イランのザリフ外相も「我々は事態のエスカレートや戦争を求めてはいない」などとツイッターで発言した。 ニュースサイトのコメント欄やツイッターなどでは、「今回はこれで手打ちにしようということかな?」「イランの国民感情がこの程度で収まるとは思えない」など様々な意見が出ている。 識者のツイッター投稿では、日本国際問題研究所主任研究員の小谷哲男氏が8日昼の段階で、「トランプ政権関係者によると、先程のイランからの攻撃はわざと標的を外した可能性が高いと分析しているらしい。 鎮静化のチャンスか」と指摘していた。 もっとも、被害状況をめぐる情報は今後更新される可能性があり、予断を許さない状況となっている。

次の