よきかな 千と千尋の神隠し。 千と千尋の神隠しのハクの性別とその正体の龍神さまにまつわる伝説とは

千と千尋の神隠しのハクの性別とその正体の龍神さまにまつわる伝説とは

よきかな 千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠しで好きなシーン(好きな場面) ・好きな場面は千が泣きながらおにぎりをほおばっているシーンです。 ご飯を食べることによって安心した気持ちと、これからの不安がないまぜになっているのが分かって、見ているほうも悲しくなります。 女性、25歳 ・千と千尋の神隠し好きなシーンは千尋が湯婆婆の双子の姉を尋ねて、カオナシたちと電車に乗っているシーンです。 日が暮れてだんだん心細くなっていくような何とも言えない切なさがありました。 女性、54歳 ・腐れ神だとおもっていた川の神様が「よきかな」と千の頑張りを褒めてくれたシーン。 理由は千尋から千に変わり一生懸命仕事をしていたのが報われ嬉しい気持ちになるため。 女性、33歳 このシーンは地味に味があっていいですよね笑 ・腐れ神が油屋へやって来て、千尋たちのおかげで人間たちに汚された川から本来の河の神様の姿に戻って帰っていくシーン。 女性、30歳 ・湯婆婆に名前を変えられてしまうシーン。 あそこあたりから作品の雰囲気が変わってこれからどんな展開になるのか気になるような面白さが出てくるように感じるか 男性、30歳 ・ハクが千尋におにぎりを作ってきてくれるシーンが好きです。 ハクの優しさを感じるシーンでもあり、それまで千尋が張り詰めて頑張っていたということに心を打たれるシーンで好きです。 女性、21歳 ・ハクが千尋におにぎりをあげ、千尋が大粒の涙を流しながら頬張るシーン。 今まで辛かったのをずっと我慢していたんだな辛かったんだな、と胸がキュウっとなるからです。 女性、35歳 この動画だとアフレコのため完全に雰囲気が壊れてしまっています(笑)が、本篇では本当に感動ですよね。 ・千尋たちがゼニーバの家に行ってゆっくり話をするところ。 なんだかほんわかしてとても和めるシーンだから。 女性、39歳 ・ハクと千尋が最後別れるシーンがとても心に残っています。 あわよくば2人には幸せになってほしかったので、ハクの振り向かないでという場面で何度も胸がつらくなります。 ですがその反面そのシーンが1番好きでもあります。 男性、27歳 千と千尋の神隠しで好きな曲(好きな音楽)の生の声を紹介 ・千と千尋の神隠しで好きな曲は、仕事はつらいよです。 吹奏楽部で曲を吹いたのですが、その時の印象が強く残っています。 御湯屋の雰囲気と途中でカオナシが入ってくるところの音楽が好きです。 女性、25歳 ・やはりエンディングで流れる「いつも何度でも」が一番好きです。 初めて聴いた瞬間に衝撃を受け、すぐさまCDを購入しました。 木村 弓さんの歌声とハープがとても優しく、暖かく、心に響きました 女性、54歳 ・「いつも何度でも」。 千と千尋の神隠しと言ったらこの曲。 この曲を聞くと、心が穏やかになり癒やされるため 女性、33歳 ・いつも何度でも、この作品の内容にぴったりで歌詞は切ないが、未来を見続ける純粋な歌詞が好きです。 柔らかい歌声にも癒されます。 女性、35歳 ・千尋がハクにおにぎりをもらって食べながら泣いているときに流れる音楽が好き。 その音楽と千尋の涙を見てるとなんだか切なくなってくる。 女性、39歳 ・やはり、いつも何度でもです。 これを聞くと、ああ千と千尋だなあとしみじみと思います。 木村弓さんの歌声とハープの奏でる音が本当に綺麗ですごく印象に残るからです。 それにこの曲が流れる度またもう一度視聴してみたいという気持ちにもなれます。 男性、27歳 まとめ 千と千尋の神隠しで好きなシーン(好きな場面)と好きな曲(好きな音楽) ここでは、もののけ姫が好きすぎるファンの方のその好きなところについて生の声を伺いました! 映像の綺麗さから世界感、キャラ自体や声が好きなどさまざまな「好き」が詰まっているのがわかります。 なお、何度みてももののけ姫は面白いので、以下のような映画見放題のネット動画などを活用して、再度たのしむのもいいです。 素晴らしい映画にたくさん触れて毎日の生活をよりたのしんでいきましょう。

次の

千と千尋の神隠しのハクの性別とその正体の龍神さまにまつわる伝説とは

よきかな 千と千尋の神隠し

C スタジオジブリ 性別 男性 年齢 100歳以上? 性格 優しい 正体 名のある川の神様 声優 はやし・こば オクサレ様のそれぞれの項目について解説していきます。 オクサレ様の見た目 オクサレ様の見た目は全身にヘドロを纏い、ヘドロの隙間からは紫色の液体を出しています。 全身だけではなく息からも異臭が漂っています。 身体を引きずるようにして進み、初め千尋に渡したお金もヘドロまみれで原型は留めておらず、思わず笑顔が引きつり鳥肌が立ってしまうほど。 背丈は大きく、オクサレ様を出迎えに来ていた千尋と湯婆婆も見上げてしまうほどです。 千尋がお湯を出したことによって頭から薬湯を浴び、ヘドロが落ちたあとの姿は女性と言うよりも男性の顔であるため、性別も男だと判断しても問題ありません。 年齢についても名のある川の神様であることから、古くからある川であることが推測できるので100歳以上だと考えられます。 オクサレ様とハクの関係 オクサレ様が油屋を訪れたとき、はの印鑑を盗みに行っていたのか登場しません。 しかし、この2人には共通点があるのです。 それは2人とも川の神様であることです。 ハクはコハク川の神様で、オクサレ様の正体は名のある川の神様。 そして、川の神様に共通しているのは2人とも竜の姿になるのです。 オクサレ様が竜の姿になったとき、まだハクが竜の姿になれることは作中で明らかにされていませんので、オクサレ様の登場は伏線の意味も考えられます。 オクサレ様の性格 オクサレ様は優しい性格だと言えます。 それが分かるシーンが、千尋が足を滑らせて誤ってヘドロまみれの湯船に頭から入ってしまったシーンです。 動くのもやっとのヘドロが敷き詰められた大湯では、湯船の中ももちろん身動きが取れないほどヘドロまみれで千尋は動くことができませんでした。 そのときに千尋のことを見捨てず、そっと救いの手を差し伸べたのは誰でもないオクサレ様でした。 そして、自分を助けてくれたお礼に千尋にだけニガダンゴを差し出すのです。 オクサレ様の正体 オクサレ様の正体は、名のある川の神様です。 神様の中でも名がある存在なのに、どうしてゴミまみれになってしまったのか。 それは現代社会の実情を表していると言われています。 コミカルに描きながらもポイ捨てや不法投棄が増えることによって自然が破壊されることを描いた宮崎駿監督の訴えは考えさせられるものがあります。 オクサレ様の声優 C スタジオジブリ オクサレ様の正体でもある川の神様の声優を担当したのは、作曲家のはやし・こばさんです。 油屋を訪れたオクサレ様ですが短い登場シーンでもしっかりと存在感をアピールしており、声優を担当したはやし・こばさんの本業は作曲家であり、声優としての出演は千と千尋の神隠しが初めてでした。 2016年に80歳で敗血症のため亡くなってしまいましたが、河の神様のシーンは今でも千と千尋の神隠しの名シーンとして語り継がれています。 オクサレ様の名シーン オクサレ様の名シーンについて解説していきます。 オクサレ様は千尋が初めて接客したお客様であり、千尋にとっても油屋にとっても印象的なお客様です。 油屋にやってきたシーン.

次の

よきかなの意味とは?千と千尋の神隠しにも出てきたセリフの謎とは!?

よきかな 千と千尋の神隠し

音声と字幕の違い 私が購入したDVDが海外版だったからか、 英語音声と英語字幕が8割以上異なっていました。 ディズニーDVDでも音声と字幕が若干異なることはあるのですが、ここまで大きな違いはありません。 最初は、文字数を少なくするためかなぁ?と思っていたのですが、 音声 字幕 guest customer pants trousers pretty beautiful など、字幕のほうが文字数が多いものも多く、文字数を少なくするためではないようでした。 湯屋にくる「お客様」であれば「 guest」という単語がピッタリのハズなのですが、字幕でわざわざ「customer」に変更する意味がわかりません。 他にも、音声のほうがしっくりくるものが多かったため、音声の英語から学ぶことにしました。 注意点 そして、こんなことを言っては元も子もないですが、 ジブリ映画よりは、ディズニーなどの もともと英語圏で作られた作品で英語を勉強するのがオススメです。 英語に素人の私でも、「これは…」と思うものが多く、日本の映画は適当に扱われているのかなぁ。 と感じました。 」なんてよく使いますよね。 「Let us~」を直訳すると「私たちに~をさせてください」になり、少し意味が異なるように感じます。 えーんがちょ!せい!えーんがちょ!切った! 最近の子どもは「 え~んがちょ」を知らないようでした。 子供の遊びとして取り入れられた 民俗風習の一つで、 汚いもの(けがれ)の感染を防ぐためのまじないのようなものです。 私が育った地域では「にっきバリアかぶった!」という言い方もしていました。

次の