心理 カウンセラー 資格 種類。 メンタルヘルス資格一覧!おすすめテキスト・過去問から通信講座まで

心理カウンセラーの資格の種類を調査|難易度ランキング

心理 カウンセラー 資格 種類

全国の「心理カウンセラー」資格講座を一覧比較• 心理カウンセラーとは 心理カウンセラーとは、心に悩みを持つ人がその悩みを解決できるようにカウセリングを行う、メンタルケアの専門家です。 話に耳を傾け質問したり要約することで、悩みを持つ人自身が問題を整理し、解決方法を見つけれられるようサポートします。 ストレス社会と言われる日本でこころの問題を抱える人が増えているいま、心理カウンセラーの資格も注目されています。 心理カウンセラーの資格はどんなものがある? 心理カウンセラーの資格は、さまざまな団体が認定するものが数多く存在します。 短期間でカウンセラーとしての基本的な知識を学べるものから、国家資格なみの履修時間でプロを目指すもの、自分自身のために学ぶもの、企業で活躍したい人向けのものなどがあります。 心理カウンセラー資格は30代、40代の女性に人気があり、短期で学べるものが比較的人気となっています。 目的別!心理カウンセラーの資格の種類 あなたの目的に合った資格を取得するのが、将来的に心理カウンセラーとして活躍する近道となります。 ここでは目的別にいくつか資格を紹介しましょう。 講座ではカウンセリングの基本技法から精神解剖生理学、精神医科学などを学ぶことができます。 試験の合格率は40%台です。 基礎知識から学ぶことで、カウンセラーとしての能力向上を目的としています。 より質の高いカウンセラーの育成を目的とする資格です。 カウンセラーとしての専門知識を一通り取得できる『一般』レベル(学習時間:242時間)と、国家資格と同等の履修時間を要する『上級』レベル(学習時間:1280時間)の2段階に分かれています。 自分のメンタルコントロールやコミュニケーション円滑化などに役立ちます。 自分や相手の心理を学ぶことから始まり、コミュニケーション能力やリーダーシップ能力の向上など、自分自身のパフォーマンスアップにつながるノウハウを学べます。 カウセリング手法や心理療法をはじめ、企業におけるメンタルヘルスケアのノウハウを学べます。 働く人たちの心の不調を未然に防ぐなど、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を身に付けられます。 相談者の適正や関心事項などを分析して、職業選択や能力開発・向上するための相談や助言を行う国家資格です。 心理系資格と併せ持つことで、活躍の場が広がります。 協会が行う養成講座を修了または大学院において指定の科目の単位を取得すると試験を受験できます。 働く人のメンタルヘルス対策やキャリア開発をサポートするための知識などを身に付けられます。 ペットを失った悲しさ、喪失感を心理療法やカウンセリングによって和らげ、軽快させてゆくための知識やスキルを学べます。 大学や大学院などを卒業して専門職に就きたい 以下の資格は大学や大学院などで心理等の専門科目を学ぶことで受験資格を得られます。 待望の国家資格「公認心理師」 これまで心理カウンセラーは、大学院を卒業して取得する臨床心理士をはじめ民間資格しかありませんでした。 時代のニーズに合わせ、心理系の資格としては待望の国家資格「公認心理師」が2017年に創設されました。 第1回国家試験は2018年9月に実施され、注目が集まっています。 スクールで資格を取得するには 心理カウンセラーの資格は、養成講座を受講後に認定されるものと、受講後に試験を受けて取得するものがあります。 各認定団体により受講資格やカリキュラムが異なりますので、資料などで詳細を確認し自分の目的と合う資格を取得しましょう。 受講資格 ほとんどのスクール講座では受講資格がありません。 受講期間 コースによって異なりますが、 通信の場合3~6カ月、通学の場合1~6カ月程度です。 心理カウンセラーの仕事について 心理カウンセラーの活躍の場 心理カウンセラーは、病院やクリニックなどの医療機関、小・中学校などの教育現場、一般企業、介護施設、地域の相談センターなど、心のサポートが必要な人がいるさまざまな現場で活躍しています。 自分でカウンセリングルームを開いたり、電話やメール相談を受け付けるカウンセラーもいます。 心理カウンセラーの年収は? 心理カウンセラーの年収は350万~460万円ほどの人が多いようです。 活躍の場は幅広く、どのような職場で働くかによって待遇や年収も変わってきます。 メンタルクリニックなどの医療機関で働く人は440万円程度、スクールカウンセラーは360万円程度、大学院を卒業して取得する臨床心理士の資格を持っている人は年収430万円程度の人が多いようです。 その他、独立開業する場合はおこづかい程度の人から1000万円超えの人までさまざまです。 心理カウンセラーの将来性 現代ではSNSやチャット形式のコミュニケーションが浸透し、私たちの人間関係も複雑になりました。 多忙なスケジュールで心が病んでしまう人も増え、うつ病の患者数は年々増加傾向です。 また、職場におけるメンタルヘルス対策のため、従業員数50人以上のすべての事業所にストレスチェックの実施も義務化されています。 欧米では日常的に利用されているカウセリングが、日本でも身近なものとなりつつあることもあり、心理カウンセラーの需要は高まっています。 心理カウンセラーになるには資格は必要? 心理カウンセラーになるには、働く場所によっては資格を求められることもありますが、必須というわけではありません。 極端な話、資格がなくてもカウセリングルームを開くことも可能です。 ですが、多様な悩みを抱える相談者にあいまいな知識のままカウセリングを行っても、解決に導くことは難しいと言えます。 資格を取得することで一定のカウセリング知識とスキルが保証され、心理カウンセラーとしての信頼につながります。 自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由 詳細.

次の

心理カウンセラーになるためにはどんな学校にいけばいい?(大学、専門学校、スクール)

心理 カウンセラー 資格 種類

最近よくテレビで心理カウンセラーってよく見かけますよね!! たとえば「中居の窓」のコメンテーターの心理カウンセラーの方々またはナインティナインの番組でよく見かける有名なカウンセラー「心屋仁之助」さん。 以前よくテレビに出ていたDAIGOさんも人間の心理をうまく使ったテクニックで数々の驚きのパフォーマンスを見せていました。 この人たちの共通する行動としては、本当によく人の動き、しぐさなどを見ていてその行動、しぐさから人の心理がどのようになっているのかを的確に把握しています。 では 実際このようなカンセラーになるのはどんな資格がいいのか?もしくはどんな勉強をしたらいいのか?ってものすごく気になり、自分なりにいろいろ調べてみました。 特別、 心理カウンセラーという資格があるわけではありませんが、以下のような資格をとれば、心理カウンセラーとして働くことができます。 私も調べてみてわかったのですが、 心理カウンセラーって資格は存在しないのです!! 先ほどご紹介させていただいた「心屋仁之助」さんも同じです。 後で紹介する一番権威のある資格「臨床心理士」は取得していないですよ〜。 知っていました?? いろいろな民間の団体のコースだったり、資格はもちろん持っていますが・・ ではここで心理にかかわる資格をご紹介しますね。 心理カウンセラーの資格の種類と取得方法について調べました。 心理カウンセラーの種類と資格取得方法について調べてみました。 本当にいろいろな資格が存在します。 ここでは代表的なものを挙げてみました。 そして資格取得の際には大学や大学院を出て受験資格が得られもの、試験を受けるもの、申請だけでとれるものなどさまざまです。 では代表的なものを一つずつ説明しますので、気になる資格をクリックしてください。 心理カウンセラーの働ける場所ってどんなところがあるの? 私の家族は夫と長男、そして長女の4人家族なんです。 そして恥ずかしながら息子と娘ともに不登校で・・・ 学校の先生ともちょっと合わなくて、私自身がいっぱいいっぱいになってしまったんですね。 まずは私が元気にならないとダメだと思い、自分自身を見つめ直すために心理カウンセラーの門をたたきました。 私が取得した心理カウンセラーの資格は全国心理業連合会の上級プロフェッショナルカウンセラーの資格を取りました。 トータルで2年ぐらいかかったと思います。 心理の資格を取ることで本当に自分を見つめ直すこととができ、心が本当に元気になりました。 そしてつらいことがあることに対しての対処方法を身につけることができました。 まぁよく私がやるのが、現状の自分の思いを文字に起こすことをよくやります。 良いこと、悪いことをできる限り文字に起こします。 そしてそこから自分本当に気持ちを探るようにしています。 本当の自分を知ることが大変でした。 カウンセラーの資格といってもまずは自分を知ることが大事。 簡単に言うと一番最初のクライアントは自分自身ということになります。 その部分で素直に受け入れることが本当に難しかったと思います。 本当の自分を知ることが怖いと思っている人にはちょっと向かないかもしれません。 しかし本当の自分を知ることができ、人生が生きやすくなったのも事実です。 またこれは笑い話なんですが、私自身最初介護の資格を通信でとろうとして挫折してしまったため、自宅から通える学校を探したんですね。 そこがたまたま全国心理業連合会に加盟している学校で・・・そこでさぁやるぞ!!って思っていたらその学校が潰れてしまい・・・泣; 最終的に全国心理連合会がほかの学校を進めてくれて上級の資格を取ることができました。 ここで思ったのが通信より通学がよかったこと。 通学の場合、もちろん先生と生徒とのやりとりになるので常にその時間は先生からカウンセリングをうけているような感じになるんですね。 その経験はやっぱり通信では得られないと思います。 現在、放課後等デイサービスの管理者見らないとしてお仕事させてもらっています。 ここでは発達障害がある子ども達に対して公文学習を通して療育を行っています。 発達障害といってもいろいろな子どもたちがいて日々勉強中です。 心理の世界ではカウンセラーから意見を言ったりアドバイスをすることはありません。 基本カウンセリングをしながら、自分自身で考えてもらい、自分自身で答えを導き出すことができるよう促していきます。 しかし子どもたちにはそれをしようと思ってもなかなかできないのが現状です。 上手く子どもたちを乗せ、なるべく子どもたちの本人の意思決定を尊重したいのですが、まだまだ小さな子にはそれはできないのが現状です。 その部分が難しく、そしてやりがいがある部分でもあります。 今務めている放課後等デイサービスの利用者の中には不登校で学校に行けてない子も利用しています。 お母さまたちの気持ちがすごくよくわかり、面談をするときはカウンセラーの勉強をしていて本当に良かったと思える瞬間です。 またいろいろな悩みを抱えている不登校の子にも心理の手法を使ってなるべく自分自信でやるべきことを決めさせてそれを支援していくように心がけています。 メンタル総合心理 W資格取得講座の特徴 約4か月で取得可能!!現役の臨床心理士監修のカリキュラムだからこそ、生理学的知識や発達心理学、社会心理学などの幅広い心理学知識と、摂食障害、うつといった様々な心的問題及びその対処法までしっかりと身につきます。 また、DVDを利用したロールプレイでは、「接し方」や「表情」「声のトーン」まで、カウンセリング全体の進め方が実践的に学べます。 価格 48,600円 評価 備考 専任のキャリアコーディネーターがあなたのご希望の職場、年収など、その他のご要望をお聞きし、就職・転職を「無料」でサポート!豊富な求人紹介はもちろん、評価される職務経歴書の書き方や面接のコツなど、転職に役立つノウハウも提供!。 ピックアップ!おすすめスクール いや通信ではなく、通学でしっかりと心理カウンセラーを学びたいとと思っている方におすすめするスクールはヒューマンアカデミーさん。 このスクールでは 米国NLP協会認定の資格が取得できちゃいます。 もう一歩踏み込んで学びたいという方におすすめ!! もちろんあの有名な心屋仁之助さんも持っている資格ですよ!! ヒューマンアカデミーさんのスクールに興味がある方は、ぜひ公式サイトをご確認ください。 ここ最近は幼少の子どもから老人までありとあらゆる人たちの心が病んでいます。 そのため、これから先、需要も増えてくるでしょう。 一番需要の高い臨床心理士は、今後国家資格化に向けて話が進んでいます。 だから、今後は大学院などで学ばなくても取得できる可能性が高くなりました。 その分、雇う側としては、資格取得以外に、その人の人格、経験、スキル、実際の働きぶりで評価することが多くなるでしょう。 そのために、大学時代から心理系のボランティアやアルバイト、研修などを積極的に行うことをおすすめします。 きっとこれらの経験が、資格取得後も役立つに違いありません。

次の

心理カウンセラーの資格の種類とは?就職に役立つのはどれか|医療のお仕事辞典

心理 カウンセラー 資格 種類

心理カウンセラーの資格について、わかりやすく解説します! 資格をとって心理カウンセラーになりましょう このページでは、「心理カウンセラー資格の正しい選び方」について説明します。 ですが、その前に、基礎知識として「心理カウンセラーの3つの役割」について話をさせてください。 というのも、ここが理解できていないと、どの資格があなたに合うか判断できないからです。 とても重要なので、よく読んでしっかり理解してください。 心理カウンセラーの「3つの役割」とは? 心理カウンセラーというと、世間一般には「うつ病を治療する人」と思われていたりします。 たしかに、うつ病の患者さん相手に、カウンセリングすることはあるのですが、心理カウンセラーの役割はそればかりではありません。 心理カウンセラーの役割には、大きく分類すると3種類あります。 クライアント(相談者)の心の状態によって、「心理療法」「メンタルケア」「コーチング」の3つの役割が求められるわけです。 心理カウンセラーの資格は3つに分類できる! それぞれ順番に説明します。 心理カウンセラーの役割<1>:心理療法 クライアントの心身の不調が、じつは過去に経験した「トラウマ(心的外傷)」が原因であることが少なくありません。 たとえば、両親に虐待されたとか、学校でいじめられたとか、災害で家族を失ってしまったなど、精神的に強い痛みをともなう経験をしたことがあるケースです。 そういったトラウマを心の中で整理できないまま現在に至ると、苦しさや生きづらさを感じてしまい、心身にネガティブな影響が出てしまいます。 クライアントのエネルギーレベルはマイナス状態です。 「心理療法」系の心理カウンセラーは、クライアントに寄り添い、心理学のスキルを使って心身の不調を少しずつ軽くしてあげたり、過去のトラウマを取り除いてあげたりします。 たとえるなら、海の底に深く沈んだクライアントの心を、少しずつ海面まで引き上げてあげるようなイメージです。 心理カウンセラーの役割<2>:メンタルケア 現代社会は「ストレス」だらけです。 会社でも、家庭でも、学校でも、人間関係にストレスを感じ、経済面でも不安を感じ、心身ともに疲れ切っている人が少なくありません。 人間の心は、ある程度のストレスには耐えられますが、それにも限度があります。 強いストレスに常にさらされていると、心身ともに限界に達し、前に進むエネルギーがすっかり無くなってしまうわけです。 「メンタルケア」系の心理カウンセラーは、親身になってクライアントの話を聞き、共感し、ときには心理学のスキルで心を軽くしてあげます。 たとえるなら、荒波にもまれて溺れかけているクライアントの心を、救い出してあげるイメージです。 心理カウンセラーの役割<3>:コーチング 心理学のスキルは、心身が弱っている人を救うためだけのものではありません。 ポジティブな状態をよりポジティブにして、目標を達成するための強い推進力としても役立つものです。 たとえば、スポーツで好成績を出したいとか、リーダーシップを発揮してプロジェクトを成功させたいとか、難しい試験に合格したいとか、あるいは好きな人に告白するなどといったことにも、心理学のスキルは役立ちます。 「コーチング」系の心理カウンセラーは、クライアントが何か目標を達成するのをサポートします。 さらに言えば、あなた自身が目標を達成するのにも、身につけた心理学のスキルが大いに役立ってくれます。 たとえるなら、大空に向かって羽ばたくための「翼」のようなものと言えるかもしれません。 あなたは、どのタイプの心理カウンセラーになりたいですか? 心理カウンセラーには「3つの役割」があることが理解できると、あなたが取得すべき資格が自動的に絞られてきます。 つまり、心理療法系の心理カウンセラーになりたいなら心理療法系の資格を、メンタルケア系ならメンタルケア系の資格を、コーチング系ならコーチング系の資格を選べばいいわけです。 心理カウンセラーの資格を「7種類」に分類 ただし、実際には、どの資格を取得するにも、「3つの役割」の要素が多かれ少なかれカリキュラムに含まれていたりします。 どこに重点を置いているかという違いはありますが、全体的に広く浅く学ぶのも事実なわけです。 なので、無理やり3つに分けてしまうのではなく、次の図のように「7種類」の分類で考えるのが現実的ではないでしょうか。 心理カウンセラー資格には7種類ある! 資格名 認定団体 講座運営 費用 期間 資料請求 大阪商工会議所 ユーキャン 3. 5万円 約4ヶ月 日本能力開発推進協会 キャリアカレッジジャパン 4. 9万円 約4ヶ月 日本能力開発推進協会 キャリアカレッジジャパン 4. 9万円 約4ヶ月 セルフ・カウンセリング普及協会 がくぶん 5万円 約6ヶ月 メンタルケア学術学会 ヒューマンアカデミー 3. 9万円 約3ヶ月 メンタルケア学術学会 ヒューマンアカデミー 4. 9万円 約4ヶ月 NLPミレニアムジャパン ヒューマンアカデミー 16. 2万円 約3ヶ月 職業技能振興会 ヒューマンアカデミー 3. 4万円 約3ヶ月 職業技能振興会 ヒューマンアカデミー 6. 8万円 約6ヶ月 職業技能振興会 ヒューマンアカデミー 6. 8万円 約6ヶ月 職業技能振興会 ヒューマンアカデミー 6. 8万円 約6ヶ月 職業技能振興会 ヒューマンアカデミー 3. 5万円 約3ヶ月 職業技能振興会 ヒューマンアカデミー 3. 5万円 約3ヶ月 EAPメンタルヘルスカウンセリング協会 キャリアカレッジジャパン 30万円 約3ヶ月.

次の