ペアーズ 年齢 確認 できない。 ペアーズの年齢確認は危険?年確が必要な理由とその安全性を検証

ペアーズで生年月日に嘘を書くことは出来る?嘘を書くデメリットは多い

ペアーズ 年齢 確認 できない

などのマッチングアプリは法律で年齢確認しないとメッセージができない• では個人情報は厳重に管理されており安全• での年齢確認は顔写真は必須ではないが、塗りつぶすのはNG ペアーズがおすすめな理由 ・全世代に均一にいる ・地方の会員も多い ・コミュニティが豊富 こんにちは、マッチアップ編集部です。 今回は1000万人が利用する国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス「ペアーズ(Pairs)」の年齢確認に関する記事です。 ペアーズ Pairs の年齢確認が必要な理由 マッチングアプリでは、年齢確認が必須になっています。 でも、 「会うために運営に個人情報を渡したくない……」 「そのそも何のために運営が年齢確認しているのか分からない」 という人もいるのではないかと思います。 そこで、なぜマッチングアプリを使うのに年齢確認が必要なのかを解説いたします。 年齢確認しないとメッセージができない=出会えない ペアーズに限らず、異性との出会いを紹介するマッチングアプリは、法律によって 利用者に対して年齢確認義務を定められています。 その理由は18歳未満の児童と出会うためにアプリが利用されないようにするためです。 年齢確認ができない会員はメッセージができないようになっています。 この義務を定めているのは 『インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律』という法律です。 出会い系サイト規制法という名前なら聞いたことがある人も多いかもしれません。 法律の簡単な内容は以下の通りです。 利用者に対して…… ・児童(18歳未満)と出会おうとしてはいけない ・児童は利用してはいけない 運営に対して ・運営することの届出 ・利用者が児童ではないことの確認の義務 ・利用者による禁止行為(児童を誘うコメントなど)の削除義務 これは 全ての出会い系・マッチングアプリに対して有効な法律です。 18歳未満の児童がネット上で大人と出会ってしまわないために、 18歳以上だと確認できない限りメッセージができない、という仕組みになっているわけですね。 中には年齢確認が全く必要ないアプリもあるけど…… まれに年齢確認が必要ないマッチングアプリ・出会い系サイトがありますが、それらは基本的に 違法 、もしくは 脱法だといえます。 (例: Tinderなど) この2つの主な違いは 利用者同士で出会いにつながるメッセージを禁止しているかどうかです。 脱法アプリは表向きに『LINEと同じ メッセージアプリで、出会い系アプリではない』ということになっているのです。 とはいえ、これがまかり通るとしても、アプリ自体が違法にならないだけであって、 18歳未満の相手と会ってしまった利用者は 法令違反となる可能性があります。 従業者、委託先の監督 個人情報の取り扱いに関する内部規定類を明確化し、また委託先とは機密保持契約の締結などを含め、適切に個人情報を取り扱うよう従業者、委託先を監督いたします。 書いてあることは個人情報を取り扱う上で当たり前のことではありますが、明文化されているかどうかで安心感は大きく違いますよね。 とはいえ、 「自分で言うだけならなんとでも言える。 実際にちゃんと管理されてるかは分からない!」 と言われてしまえばそれまで……とならないように、 ペアーズはその点も対策しています! 第三者機関が個人情報の取り扱いをチェック ペアーズでは自分では個人情報の取り扱い方を利害関係のない第三者機関にチェックしてもらう、という事をしています。 そしてもちろん、 適切な取り扱いをしていると認定されています! 確認をしているのは 一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC 提供のTRUSTe。 初めて聞いた、という方も多いかと思われますが、日本国内外に多数クライアントがいる信頼性の高いサービスです! ペアーズ以外の利用サイトとしては ・朝日新聞総合サービス株式会社(朝日新聞総合サービスホームページ) ・アクサ損害保険株式会社(アクサダイレクト公式サイト) ・タワーレコード株式会社(TOWER RECORDS ONLINE) など、CMや街でも目にする企業が運営する会員制サイトでも利用されています! ペアーズ Pairs の年齢確認に必要な書類!顔写真は必要? 年齢確認は自分のためにも必要で、個人情報の取り扱いも信用できそうです。 そうなると次のステップはいよいよ年齢確認ですね。 年齢確認には免許証や保険証などを使う人が多いと思いますが、中には免許はとっていないという方もいるでしょう。 そこで、有効な書類や撮影方法などについて解説いたします! 年齢確認に必要な書類は? ペアーズのヘルプでは、年齢確認に使える書類として以下のものを挙げています。 ・運転免許証 ・パスポート ・健康保険証 ・住民基本台帳カード ・マイナンバーカード また、 学生証や社員証、障碍者手帳でも年齢確認が可能な場合があるとのことです。 上記の5つの書類以外で手持ちの年齢確認書類が有効か不明な場合は、お問い合わせください、とのことです。 逆に、公的書類でも年齢確認書類として認められない書類も挙げられていたので掲載いたします。 ・マイナンバー通知カード ・年金手帳 ・住民票 ・仮免許証 ・日本国外で発行された証明書(例外有り) ・有効期限が切れている証明書 さらに有効な年齢確認書類だったとしても、撮影がきちんとされていないと再提出となることがあります。 以下は公式ヘルプにあるNG撮影方法の例です。 ・画像が見切れている ・一部が隠されている ・不鮮明で読み取れない つまり、 しっかりと証明書全体を映しましょう、ということですね。 顔写真はなくても大丈夫? 以前は 写真や住所などを塗りつぶして提出も認められていたのですが 2018年7月時点でNGになっています。 とはいえ、 顔写真は必須ではないので、写真は嫌だなぁという方は 健康保険証など、写真が無い公的書類を使っての年齢確認がおすすめです! ペアーズ Pairs の年齢確認にかかる時間 基本的に日中に年齢確認書類を提出すれば 30分~1時間ほどで認証されることが多いです。 ただし、深夜帯など、時間によっては翌日に認証となるケースもあるようですね。 もし1日以上たっても認証されていない場合は、書類不備などで認証されなかったという通知が来ていないか確認しましょう。 不備があった場合でも、繰り返し年齢確認書類の提出ができるので、 ・有効な書類か ・ちゃんと撮影できているか の2点を確認して、もう一度送ってみましょう! まとめ 以上で年齢確認についての解説を終わります。 会員数が多い• 新規会員数が多い• オーソドックスで 使いやすい アプリ 会員数 特徴 DL 約400万人 会員数最大のマッチングアプリ です。 コミュニティ機能により価値観の合うたった1人の人を探すのにもオススメ。 約400万人 20代中心のマッチングアプリ。 スワイプ型と「趣味で出会う」という気軽さからマッチング率は高いです。 おでかけ機能などにより、メッセージ最小限でデートにいくことができます。 約130万人 メンタリスト DaiGo監修の相性診断が売りのアプリ。 定期的にアプリ内で相性診断イベントが開催され、飽きさせない仕組みによりアクティブ率は高め。 約 230万人 Facebook連携のマッチングアプリ を始めたのは Omiaiが日本で初めてです。 厳重な運営体制やイエローカード制度により、安全性が突き詰められています。

次の

Pairs(ペアーズ)の年齢確認は必須!認証済マークや証明書の種類など年齢確認に関係することを解説します。

ペアーズ 年齢 確認 できない

結婚する人が続出! >> こんにちは。 マッチングアプリで彼女ができた29歳の男です。 今回は、ペアーズにおける年齢確認について書いていきます。 免許証などをアップロードするということで不安に感じる方もいると思います。 そういった方に 「不安に感じる必要はないですよ」、「こうやって年齢確認すればいいんですよ」ということを書いていきます。 >> ペアーズは無料で使えます ペアーズは男女とも無料で使えて、書類による年齢確認も当然ながら無料です。 あと、生年月日を変更する方法なども紹介していきますので、それらの問題解決で悩んでいる方は参考にしてみてください。 >> 年齢確認はメッセージのやり取りをする際に必要 年齢確認は、ペアーズでの出会いを増やすために必ずやらなければなりません。 というのも、 これをやらないとメッセージのやりとりができないんですよ。 年齢確認しない状態でも、相手にいいねを送る、相手からもらったいいねを返せててマッチングまでいきます。 しかし、その先のメッセージは年齢確認が済んだ人でないとできないのです。 >> 年齢確認したことで、アプリで彼女を作れました そして、ぼくは 年齢確認をしたことでやりとりできるようになり、withというアプリで彼女を作れました。 withは、上場企業が運営していて、メンタリストDaiGoさん監修「無料の相性診断」もあります。 (withの診断の一部) これだけでも十分役立つし、おもしろいのでまずは無料で使うといいです。 付き合う人、結婚する人が続出! >> 法律上、運営側がチェックしなければいけない まず1つが、法律上の問題です。 18歳未満の利用を防止するため年齢確認をしなければいけないんですよ。 これはマッチングアプリを提供するインターネット異性紹介事業の義務。 法律で決められているのです。 >> 年齢確認があるアプリは安全 なお、 と銘打っているアプリには年齢確認の必要がないものがあります。 それらはインターネット異性紹介事業ではないということで、法的にグレーなアプリなのです。 また、 選定基準がゆるいのでサクラや悪質な業者が入って来やすいんですよ。 だから、年齢確認のないは使わない方がいいのです。 ちゃんとしたアプリ>> 友達10人では完全に信頼できないから サクラの話に共通しますが、年齢確認はユーザーの信頼性を担保する意味でも必要なんですよ。 ペアーズは実名制でのfacebookログインが必要、facebookで友達が10人以上いないとダメ、などのルールがありますが、これでも完璧に信頼性を担保するのは難しいんですよね。 【追記】ペアーズはfacebookなしで始められるようになりました。 >> 年齢確認によって変なユーザーがいなくなる つまり、 ハードルをズルしてくぐり抜けてきた人を年齢確認によってフィルタリングする必要があるんです。 >> >> FacebookなしでOK!年齢確認ありで信頼できるアプリ なお、ペアーズ以外にも、Facebookをやってなくても使えるアプリがあります。 それが 「タップル誕生」で、年齢確認あるし、運営が上場企業で安心です。 なので、 こちらもまずは無料で使ってみてください。 >> >> ペアーズの年齢確認はどこからやればいい? アプリの場合、「その他」タブで会員情報が確認できるところがあるはずなので、そこから年齢確認ページに進めるはずです。 あと、メッセージ画面で相手のメッセージを見ようとすると、「年齢確認がまだです。 済ませてください」と警告されるはずなので、そのあとに年齢確認作業を進めていってください。 >> >> パソコン(PC)での操作の場合 パソコンのブラウザだと、左側に「年齢確認」という項目があるので、そこをクリックして進めてください。 >> >> >> 年齢確認に有効な証明書 で、実際に年齢確認てどうやるの?という話ですが、以下のいづれかの書類をアプリ、またはブラウザ版でアップロードすればOKです。 運転免許証 パスポート 健康保険証 その他日本国内の公的機関が発行した身分証 >> >> 写真のアップロードも必要 アップロードの際は、下記が必ず写真1枚の中に写るようにしましょう。 名前 生年月日 証明書の名称 証明書の発行者の名称 この4つが写っていれば、顔を加工アプリなどで隠してアップロードしてもOKです。 真剣じゃない人は利用NG! >> ペアーズの運営会社エウレカは海外の有名大企業のグループ会社で、信頼できます。 >> >> ペアーズ運営企業の信頼度もすごい また、運営歴が長いこともあり、年齢確認、審査の作業を安全に行うノウハウを蓄積しています。 なので、書類アップロードの際は安心してOKなのです。 (書類による年齢確認であれば料金は無料です) 僕はペアーズ以外のマッチングアプリで7回ほど年齢確認をしてもらってますが、書類をアップロードしたことで不利益を受けたことはありません。 >> 年齢確認はどこから行う? アプリの場合、「その他」タブに行くと、「有料会員に登録しよう」みたいなメッセージが表示されているところがあるので、それをタップします。 すると、「年齢確認をしないと有料会員になれません」の旨が表示されるので、そこから年齢確認をしていきます。 あとは、メッセージ画面で相手にメッセージを送ろうとすると同じような表示がされるので、そこでも年齢確認ができます。 >> >> 年齢確認に必要な書類が送信できない場合 僕はありませんでしたが、もしかしたら年齢確認に必要な書類がアップロードできない(送れない)場合があるかもしれません。 その際は、まずネット環境を疑ってみましょう。 画像ファイルを送ることになるので、ネット環境が良くない(遅い)とアップロードできない場合があります。 >> >> 通信制限で画像が送れないことも ありそうなのが、速度制限がかかっている時に書類を送れないというもの。 この場合は、Wi-Fiなど別のネットワークを利用するようにしましょう。 あと、アプリを落としてから再度アップロードするというのも策としてありそうです。 >> >> 書類が嫌ならクレジットカードで年齢確認を 書類のアップロードがどうしても嫌という方は、クレジットカードで年齢確認をする方法もあります。 この時は料金100円だけかかりますが、クレジットカードであれば書類のアップロード不要で審査もすぐ終わります。 なので、時間を短縮したい方はクレジットカードでどうぞ。 (身分証明書のアップロードの場合は、料金はかかりません) >> >> 他のアプリの年齢確認も安全で簡単 なお、他のアプリでもこうした年齢確認の手続きとなります。 なので、出会いを増やしたい方は他のアプリも使って年齢確認を行ってください。 マッチ数が最大のwithの感想>> >> ペアーズで年齢変更する方法 なお、Facebookで正しくない生年月日を登録してしまっている場合、それがペアーズの年齢にも反映されてしまいます。 これを変更する場合は、以下の方法を使いましょう。 生年月日の記載のある公的証明書類を添付の上、メールで info pairs. lv にご連絡ください。 ご利用いただける公的証明書類 運転免許証 パスポート 健康保険証 その他、日本国内の公的機関が発行した身分証 これで生年月日と同時に、年齢変更もできます。 >> >> ペアーズでの年齢確認では名前を隠してもいい ペアーズの年齢確認の場合、免許証などの顔、名前の部分は隠してアップロードしてもいいことを知っておきましょう。 下記が必ず写真1枚の中に写るようにしてください 生年月日 証明書の名称 証明書の発行者の名称(渋谷区役所、とか) 必要のない情報は手やふせんなどで隠していただいて問題ありません >> >> ペアーズの年齢制限、上限はない ペアーズは、18歳以上じゃないとダメという制限がありますが、上限での制限はありません。 なので、ルール的には50歳でも60歳でも70歳でも登録して使えます。 >> >> ペアーズではマッチング前に年齢確認しておいた方がいい 10以上のマッチングアプリで有料会員になってきて、年齢確認はアプリを立ち上げてすぐにでもやっておいた方がいいなと感じています。 その理由は、マッチング後に年齢確認をすると、メッセージを送るまでに時間がかかってしまうからです。 マッチング後は、すぐにメッセージを送った方が相手から返信が来やすいんですよね。 こうしたことを防ぐためにも、年齢確認は早めにやっておいた方がいいのです。 それ以外だと、大学生、20代前半も見ます。 もちろん、32歳以上、40歳以上の人たちもいますね。 >> アプリによってメインとなる年齢層が異なる なお、24歳以下のユーザーを探したいのであれば、タップル誕生がいいですよ。 ここは若いユーザーがたくさんいます。 >> 一方、結婚をかなり真剣に考えていて、33歳以上の人たちを探しているのなら、ユーブライドがいいです。

次の

pairs(ペアーズ)が登録できない?なんで!?と思ったときに確認してみる3つの方法。

ペアーズ 年齢 確認 できない

Pairs ペアーズ の年齢確認はなぜ必要なのか まずはじめに。 Pairs ペアーズ の年齢確認はなぜ必要なのかというと、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」で、児童 18歳未満 でないことの確認の実施を義務付けられているからです。 Pairs ペアーズ はこのインターネット異性紹介事業に該当するため、免許証や保険証などの公的な身分証明書で本人確認を行っています。 または、18歳以上しか利用できないクレジットカードで決済させることで年齢確認を行っています。 ちなみに、「タップル誕生」「Omiai」などのマッチングアプリでも同じように年齢確認をしています。 年齢確認を徹底していないのは、アメリカ発の「Tinder ティンダー 」くらいです。 年齢確認なしで使いたい男性はそちらを利用してください。 Pairs ペアーズ の年齢確認は安全?悪用されない? 必要性の次に気になるのは安全性ではないでしょうか。 悪用の危険性を理解していない男性が多いですが、免許証や保険証のコピーを悪用すると、あなたの名義で口座を開設したり、出会い系サイトに勝手に登録することもできてしまいます。 ですが、Pairs ペアーズ の年齢確認は安全だと判断できます。 それは、2017年のスマホアプリ収益ランキングの8位にランクイン、累計会員数700万人突破を達成している人気アプリなのに、個人情報を悪用するのはリスクしかないからです。 以上の説明でPairs ペアーズ の安全性を理解できた男性は、年齢確認のやり方の解説に進んでください。 Pairs ペアーズ の年齢確認に必要なもの• 運転免許証• 健康保険証• パスポート 旅券• 住民基本台帳カード 住基カード Pairs ペアーズ の年齢確認に必要なものは、以上の身分証明書のいずれかです。 身分証の種類まで法律で定められているため、運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード以外で本人確認することはできません。 年齢確認できない代表例として、マイナンバーカードや通知カードが挙げられます。 その他、年金手帳・学生証・定期券・タスポなども使うことができません。 また、以前まで使えたクレジットカードでも年齢確認できないので注意してください。 Pairs ペアーズ の年齢確認のやり方 必要なものを確認したところで、Pairs ペアーズ の年齢確認のやり方を解説します。 下のメニューからその他を開き、会員ステータスをタップしてください。 パソコンなら右のメニューから年齢確認をクリックしてください。 そうすると、年齢確認を行う画面に移ります。 もし、写真が送信できないときは、Wi-Fiなどのネット環境の確認や、再ログインで解決することが多いです。 アップロードが完了したら、運営の審査を待つだけです。 審査に無事合格すれば、女性に最初のメッセージを送れるようになります。 また、有料会員に入会すれば、女性とメッセージを自由にやりとりできるようになります。 保険証や免許証は隠せない 以前までは、名前・生年月日などが写っていれば、顔写真や住所を隠すことができました。 しかし、現在は全体を写した画像の提出が義務付けられています。 一部でも隠れている場合は審査対象外になるという説明もあります。 そのため、「保険証 隠す」「免許証 隠す」と検索してきた男性は残念ですが、保険証や免許証は隠せないのが今のPairs ペアーズ です。 モザイクや黒塗りで消せずに、そのまま画像を撮影しアップロードして送信してください。 もし、住所や顔写真を隠したいなら、「marrish マリッシュ 」という婚活アプリを使うのがおすすめです。 このアプリには塗りつぶし機能が搭載されているので、簡単に身分証の個人情報を隠すことができます。 気になる男性は無料会員してください。

次の