煽り運転 通報された。 煽り運転の通報は後日でも大丈夫?ドラレコで証拠を抑えておこう • やきいもやの学校・教育 情報発信ブログ

警察に通報以外の対策は? 危険な煽り運転に遭遇したときの正しい対処法とは

煽り運転 通報された

スポンサードリンク 煽り運転は判定が難しい 運転していて明らかに幅寄せした、パッシングをしまくった、執拗にクラクションを鳴らしたなどの行為は煽り運転だと認定されても仕方がありません。 しかし煽り運転は個人の感覚による部分が非常に大きいです。 例えば車間距離ですが自分の感覚では普通でも相手からしたら「 距離を詰めすぎだ、何煽ってんだよ」となるかもしれません。 また普通に車線変更しても相手からしたら「 急に割り込んできやがってっ」となる場合もあります。 このような事例は個人の感覚に左右されるものです。 普通に運転していても煽り運転と取られる場合と取られない場合があるんです。 また自分では煽っていないと思っていても、それは煽り運転と取られても仕方がないよという行為もいくつかあります。 それに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。 まずはこの記事のような誤解を生み、煽り運転と取られても仕方がないような運転をしないというのがトラブルに巻き込まれない対策になります。 煽り運転で通報されたらどうなる? 身に覚えのないあおり運転で警察に通報されたらどうなるのか? 実はこのパターンは意外にも多いんですよね。 気にくわないドライバーがいるとすぐにスマホから 110番して警察に通報されます。 本気で生命の危険を感じるほどの煽り運転をしたなら分かりますが、微妙なラインの運転でも嫌がらせ感覚で通報される場合もあります。 ちょっとしたクレーマーですね。 その場合は相手も本気であなたをどうする気もなく腹いせの通報ですのでさほど気にしなくてもいいです。 警察から電話がきて事情を聞かれ注意されるくらいで済みます。 私も後日、自宅に来られた経験がありますが事情を聞かれて終わりでした。 何故それで済むのか? それは証拠がないからです。 煽り運転は現行犯以外では立証が難しいです。 証拠があれば検分されて煽り運転が認定されれば 危険性帯有者となり1発免停の処分をくらいます。 微妙な判定の煽り運転で電話だけの通報の場合、わざわざ警察まで証拠を見せに行くケースは稀です。 走行中にパトカーに止められるケースもあります。 この場合でも身に覚えがなければ毅然とした態度ではっきりと覚えがないと言いましょう。 証拠なき場合には事情聴取で済みます。 もちろんパッシングや幅寄せなどのあおり運転をしていなければですよ。 ドライブレコーダーに証拠の動画があれば処罰の対象になります。 直接言いがかりを付けられた場合には 車を強制的に止められる、又は信号待ちなどで止まっている時に車から降りてきて直接文句を言われるパターンもあります。 こちらの場合はかなり面倒なことになる可能性があります。 先ほど述べたドライバー個々の感覚によるクレームが多いからです。 信号が青に変わっても発信しない車に一回クラクションを鳴らしただけで煽られたとブチ切れるドライバーもいますから。 車間距離に対しての煽り行為だって正確に距離を測ったわけでもありません。 不快になったかどうかは全ては相手の感覚次第なんです。 そうなると「煽った」「煽られた」の水掛け論になります。 気を悪くされてごめんな、で済めばいいですが相手が警察まで呼んで訴えるとなれば話は別です。 この場合、謝る=煽り運転を認めたとなります。 道路交通法違反かもしくは最悪の場合、 危険性帯有者となり一発免停になります。 警察を呼ばれた場合には毅然とした態度でやってないと主張するしかありません。 なぜならあなたは非常に不利な立場からスタートするからです。 警察官もあなたがなんの落ち度もなければわざわざ相手も警察まで呼ばないだろうと思うからです。 しかしながらこのような場合でもやってないと主張すれば気分は悪いでしょうが注意で済みます。 認めない限りは「証拠がないから」です。 言いがかりを付けられた時の最も有効な対処法 実際に個々の感覚による言いがかりに関しては証拠や証明のしようがありませんし、ジャッジも大変難しいものになります。 また無実が証明できなければ冤罪の被害にあう可能性だってあるんです。 その問題を唯一解決してくれる方法があります。 というか自分の無実を証明するにはこの方法しかありません。 あなたの無実の映像と音声記録、そう ドライブレコーダーです。 ドライブレコーダーはあなたの無実を証明する最強のアイテムです。 これだれ煽り運転や車のトラブルが社会問題になっている中、ドラレコを設置していない車は無防備すぎると言えるでしょう。 またドラレコは撮影だけでなく抑止力としても絶大な効果を発揮します。 \ベストセラーのドライブレコーダー/ リンク 煽り運転されたらどうする? まず第一にあおり運転をされたら相手にせず道を譲りましょう。 相手にしないのが1番の方法です。 それでもしつこいあおり運転をされて身に危険を感じたら警察に通報しましょう。 車を止められ相手がおりてきてもあなたは絶対におりてはいけません。 窓を閉めて鍵もしっかりとして下さい。 開いての言葉には応じず警察官との電話を続けて状況を説明して下さい。 また車を止められた場合は他の車の邪魔にならないように最大限の努力をして下さい。 煽り運転の通報先や通報方法は この記事では通報された場合の対処法について説明しましたが逆に危険運転や明らかにあおり運転をしている、もしくはされた場合には通報しましょう。 そのようなドライバーをほおっておくと交通社会全体にとって悪影響を及ぼします。 通報先は上記でも書きましたがスマホで 110番にかけるだけで最寄りの通報センターに繋がります。 運転中でもこの場合は電話をかけても違反にはなりません。 まとめ 今回は煽り運転をされたと言いがかりを付けられた時の対処法について書いてみました。 煽ったつもりはなくても煽ったと言われると非常に困りますよね。 人間は不快に思う沸点は人それぞれ違いますから普段から一定の距離や間隔を保つ運転を心がけましょう。 そして無実を証明する唯一無二のアイテム、ドラレコは自分や家族を守る為に必ず設置をしましょう。 最後まで読んで頂きありがとうございます。 スポンサードリンク 人気の記事ランキング• 最近の投稿• カテゴリー• 1 アーカイブ• 16 最近のコメント.

次の

煽り運転を警察に通報する方法 罰則も強化され暴行罪成立の可能性も

煽り運転 通報された

煽り運転は 人間のちょっとした感情の振れ幅で、 些細なことがとても大きな事件・事故に 発展してしまう典型例と言えます。 「あなたが先に入ってきた」 「いやあなたこそ危険な運転をした」 こんなときこそ物言わぬ確実な証拠 「ドライブレコーダーの証拠映像」 が何よりも強い武器になります。 今回は、煽り運転にあった場合 どのように通報するのか? ドライブレコーダーがあった場合 の具体例も含めてご紹介したいと思います。 スポンサーリンク 煽り運転の通報方法…ドライブレコーダーの場合 煽り運転に遭遇した場合の通報について おおまかにそのケースは2つに分けられます。 1つ目は、その煽り運転行為が原因で物損や人身などの事故・怪我が起こったケース。 2つ目は、煽り運転の行為のみでそのあと相手は走り去ってしまった(物損や人身の事故・怪我はなし)ケース。 まず1つ目のケースの場合、 前提として実際に車や建物などの破損、 人が怪我したり最悪死亡したなど 隠しようのない被害が発生しているので、 警察は事件・事故案件として取り扱います。 煽り運転が原因で このような状況が発生したら 直ちに車の中から110番へ通報しましょう。 間違っても 煽り返す、車を出て相手と口論するような行為は 二次被害を生むだけなのでやめましょう。 またその時、 もっとも効果を発揮するのが ドライブレコーダーです。 通報にて事故の様子を警察に伝えると同時に、 あなたがドライブレコーダーで 少しでも状況を録画していたのならば その旨も必ず伝えましょう。 それが証拠となり、 警察の捜査方法や現場検証のやり方が 変わったりすることもありますし、 第一にあなたに非がないことを 立証する大事な証拠にもなります。 よく言われるのが、 「煽られた現場をドライブレコーダーで録画したが、これを警察へ提出すればその相手を探して逮捕してくれるのか?」 という内容の質問。 これは 上記2つ目のケースに該当しますが、 結論から言うと ケースにもよりますが、 原則警察は話しを聞きはしますが、 捜査・逮捕まではしてくれないと思っていた方が良いでしょう。 なぜなら、 現行犯という言葉があるように、 よほどのケースで無い限り 確実な証拠がなければ警察は動きがとれないからです。 ただし話を聞いてくれない訳ではなく、 捜査はせずともあなたの伝えた話や映像はしっかり記録されます。 なので、 もし煽り運転の被害を受けた際は 直ちに通報し、その内容はしっかり警察に伝えましょう。 データとして残れば、 これから起きる事件・事故を未然に防ぐ為に活かすことができます。 ちなみにドライブレコーダーで楽天だとこれが1位みたいですね。 きっと長い運転歴をお持ちの方ならば、 危険運転行為で警察に切符を切られたことも、 数回はあるのではないでしょうか? これはいわゆる「現行犯」というもので、 スピード取り締まりが良い例ですが、 警察があなたの行った行為を 実際その場で確認し検挙しています。 しかし警察も人間ですから、 1年間に何万件と起きる危険運転の検挙、 そのすべてが正しいわけではありません。 もし間違った形で不当に検挙、 罰金支払いなんてことになった時 このドライブレコーダーは大いに役立ちます。 以下、ドライブレコーダーにまつわる 違反取り消しになった事例をご紹介します。 「信号無視で違反切符を切られたが、どうしても納得いかずレコーダーの証拠映像を管轄署に持ち込んだところ、青信号で通過したことが確認され、違反は取り消し」富山 「一旦停止をしなかったという理由で違反になったが、どうしても納得がいかずレコーダーの証拠映像を署へ持ち込んだところ、客観的な証拠となり違反は取り消しに」岩手 これはドライブレコーダーの必要性が警察にも迫れた案件ですが。。。 「ある男性が30キロの速度超過で違反になったが、納得がいかず裁判に持ち込んだ。 弁護人と検察のやりとりで裁判官は、警察官が謝りが生じない態様で取り締まりがなされていたとは認められないとし、男性は無罪となった」埼玉 このようにドライブレコーダーは、 公の裁判でも、警察のスピードメーターと同等の物的証拠になり得ると言えますね。 ネットの声 煽り運転問題だけど、ドラレコの映像をボタン一つで警察に送信出来る様にして誰でも通報可能にした方がいいよね。 絡まれた人だけじゃなくそれを見てた人も通報しやすくなるし。 映像だと言い訳出来ないから違反者も減りそうだけどね。 確かに皆にそうされたら警察だってパンクする ニュースってホントブームみたいな波あるな。 老人の危険運転のあとは煽り運転か。 なんにせよドライブレコーダー必須と相手が道路上で停車して降りてきたら、そのタイミングで通報のがいいんだろうね。 まとめ ネット上では、 煽り運転への色々な考えや対策方法が話されていますが、 結局一番賢いのは 「ドライブレコーダーを車に装着、その場面に遭遇したら車から出ずにすぐに通報」 いろいろ調べた結果 これがベストだと言っても良いのではないでしょうか? 煽り運転関連記事 スポンサーリンク.

次の

危険!「あおり運転」はやめましょう|警察庁Webサイト

煽り運転 通報された

あおり運転にあったらどうする? 後続車が極端に車間を詰めたり、ハイビームやパッシングをしてきて「煽られている」と感じた場合は、以下の方法で対処しましょう。 なるべく早く道を譲る• 道を譲ってもしつこく煽ってくる場合は、徹底的に無視• 悪質で危険と判断したら、十分な距離を取る• 停車して安全を確保したい場合は、サービスエリアやガソリンスタンドなど、人がいる場所に停車する(高速道路上では絶対に停車しない!)• 相手が車を降車し、文句を言いに来ることもあるので、ドアはしっかりロック• 相手に脅されたり、挑発されたりしても決して外に出ない• 緊急性のある事故や事件、暴行などを受けた場合はその場で110番通報 あおり運転を通報するには? あおり運転ドライバーから停車を強要されたり、その場で暴行や脅迫をしてきた場合は、その場で警察に連絡しましょう。 相手の言い分を無視して、警察の到着を待っても何も問題はありません。 悪質なあおり運転にあい、 後日警察に通報する場合、ドライブレコーダーの映像は必須です。 さらに、実際のトラブルの状況、相手のナンバーや車種、進行方向などを伝える必要があります。 通報時の注意点は以下の通りです。 ドライブレコーダーの映像を提出する準備をしておく• トラブルの状況、相手のナンバーや車種、進行方向などを整理しておく• 緊急性のある事故や事件、暴行などを受けた場合はその場で110番通報 ヘルプネットの活用も有効 通報は携帯電話やスマホでも可能ですが、自身の車が ヘルプネット搭載車種の場合、そちらを利用することもできます。 「ヘルプネット」は、トヨタの「Tコネクト」やホンダの「インターナビ」など、各メーカーのサービスで利用できる緊急通報サービス。 近年は標準装備化も進んでいます。 搭載車は車のエアバッグの展開を感知してセンターに自動通報してくれますが、ナビ画面や車内にあるヘルプネット専用ボタンを押してもオペレーターと話すことができます。 ヘルプネットを利用すれば 、あおり運転にあって自分で110番するのは不安があるという場合でも、センターを介して警察と会話することができます。 ナンバー通報サイト・動画投稿サイトは利用すべき? あおり運転を行った車のナンバープレート情報や、あおられた際のドライブレコーダー映像などを投稿する「 あおり運転通報サイト」が、いくつか散見されます。 こうしたサイトがあおり運転の抑止力として有効かどうかは賛否両論あり、利用するかどうかは個人の判断にゆだねられています。 YouTubeやTwitterで多くの人が同じドライバーや車両を「危険」と報告していると、警察も捜査に乗り出しやすくなるというメリットがあります。 しかしその反面、車両画像やナンバープレートといった個人を特定できるきっかけになり得る情報を、無許可でインターネットに掲載することの是非も問われています。 ナンバー通報・動画投稿サイトを利用するかは、 これらを理解したうえで判断したほうがよいでしょう。 また、 重大事故を引き起こしかねない悪質で危険なドライバーの場合、警察へ通報したほうが早期解決に繋がります。 地元警察が情報提供サイトを設置する例も 2019年11月、岡山県が危険運転やあおり運転などの情報提供を呼びかけるwebページを開設しました。 今後は、このようなあおり運転の情報提供を受け付ける県警の体制が普及していく可能性もありますので、うまく活用していきましょう。

次の