ヤフー モバイル。 ヤフーモバイルを解約するには|注意点や費用などを徹底解説

Y!mobile(ワイモバイル)の評判は?メリット・デメリットまで徹底解説

ヤフー モバイル

パスワードの確認を行います。 ご利用の通信端末にSMSでお届けします。 (一部Pocket WiFiをご利用のお客さまについては、パスワードをご契約住所へお送りする場合がございます。 ) 電話番号と暗証番号を入力して次へボタンを押してください。 お客さま情報 電話番号 ('-'ハイフンなし、半角数字で入力してください) 暗証番号 暗証番号とは、ワイモバイルをご契約になられたときに申込書でご記入いただいた4桁の暗証番号です。 暗証番号の説明はをご覧ください。 これ以降の手順ではSMSの受信が必要となります。 SIMカードのみをご契約のお客さまはSMSを受信できる通信端末のご準備をお願いいたします。 SMSを受信できない通信端末をご契約中のお客さまはより受信方法をご確認ください。 その他、SMSが受信できない場合は、郵送いたしますのでカスタマーセンターまでお問い合わせください。 (数日お時間がかかります)•

次の

My Y!mobile(マイワイモバイル) ホーム |ワイモバイル

ヤフー モバイル

mobile)」。 ところが最近は、これによく似た名称の「ヤフーモバイル(Yahoo! mobile)」というものも見かけますよね。 ワイモバイルのロゴを見ると、ワイモバイルの「Y」はどう見ても「Yahoo! 」の「Y」です。 つまり、 どちらもYahoo! が関係しているということになります。 では、なぜこのように名称を分けているのでしょうか。 今回は、似て非なるこの2つのモバイルについて解説していきます。 トップ画像引用元: 「ワイモバイル」と「ヤフーモバイル」の違いは? 画像引用元: 「ワイモバイル」と「ヤフーモバイル」の違いを知るためには、まずそれぞれが何者かについて詳しく知る必要があります。 まずは、ワイモバイルについて見てみましょう。 ワイモバイル=ソフトバンクの一部 画像引用元: ワイモバイルは、 通信事業を営む株式会社です。 2014年にヤフーが「イー・アクセス株式会社」を買収し、社名を「ワイモバイル株式会社」に変更したことで、この会社が誕生しました。 「イー・アクセス株式会社」はモバイルルーターなどの通信機器を取り扱っていた会社です。 ワイモバイルはこの事業を引き継いでおり、現在は同じ通信機器であるスマホや格安SIMを扱ってます。 また、2015年には、ワイモバイル株式会社を含む以下4つの会社が合併しました。 ソフトバンクモバイル株式会社• ソフトバンクBB株式会社• ソフトバンクテレコム株式会社• ワイモバイル株式会社 合併した会社の社名は「ソフトバンクモバイル株式会社」です。 そして、この会社はさらに社名を変更し、現在は「ソフトバンク株式会社」という名前になっています。 つまり、 「ワイモバイル株式会社」は、「ソフトバンク株式会社」の一部ということです。 ワイモバイルの回線はソフトバンクの回線を借用しています。 ワイモバイルがソフトバンクの一部であることを考えれば納得ですね。 ワイモバイル:学割関連・パケットマイレージ・PayPay・YouTubeなど• ヤフーモバイル:Tポイント・ヤフオク・一部端末の割引など つまり、どちらのサイトがお得であるかは、ユーザーの環境に委ねられるということです。 よって、 ワイモバイル関連製品を購入・契約する場合は、必ず両サイトのキャンペーンをチェックするようにしましょう。 端末ラインナップの違い 両サイトでは、端末のラインナップが異なります。 とはいえ、違いはほんの一部で、ワイモバイル側に数年前の端末の中古製品があるだけです。 新型スマートフォンや、人気の高いiPhoneのラインナップはすべて同じなので、それほど注意する必要はないでしょう。 ワイモバイルとヤフーモバイル、結局どっちがおすすめ? 両サイトで扱っているスマホや契約プランは、基本的に同じです。 サイトの画面レイアウトや端末ラインナップに違いはありますが、端末購入や契約プランの料金に大きな影響はありません。 よって、 両サイトで注目すべきなのは、キャンペーンの内容のみということになります。 サイトによって、キャンペーンの対象となるサービスが異なるので、自分の環境に合った方を選んでください。 もしキャンペーンの対象になるようなサービスを利用していないのであれば、 キャンペーン数が多いワイモバイルがおすすめです。 次の章では、ワイモバイルの特徴について解説していきます。 ワイモバイルの特徴 画像引用元: ワイモバイルとヤフーモバイルでは、実施しているキャンペーンに違いはあるものの、利用できるスマホや契約プランは共通しています。 そこで、ここからはワイモバイルの料金プランを、他の格安SIMと比較しながら解説していきましょう。 なお、料金は特段の記載がないかぎり、すべて税別です。 ワイモバイルの料金プランはシンプルに3種類 ワイモバイルの料金プランは以下のとおりになります。 他の格安SIM料金とワイモバイルを比べてみた! では、他の主要な格安SIMとの料金を比べてみましょう。 月に使えるデータ量 ワイモバイル OCNモバイルONE mineo BIGLOBEモバイル 3GB 1,980円 1,480円 1,510円 1,600円 6GB - - - 2,150円 9GB 2,980円 - - - 10GB - 2,680円 3,130円 - 20GB - 4,530円 4,590円 5,200円 21GB 3,980円 - - - 表を見ると、 最も少ない3GB帯において、ワイモバイルは最も料金が高くなっています。 月に使えるデータ量が増えるにつれ、ワイモバイルは他の格安SIMよりも安くなりますが、トータルで見れば少々高め。 このように、 ワイモバイルは他の格安SIMに比べると、 料金が高めという弱点があるのです。 それでもワイモバイルを強くおすすめできる理由 しかし、ワイモバイルには、その料金の高さを覆すほどのメリットがあります。 それは、 通信速度が非常に優れていることです。 格安SIMの通信速度はワイモバイルとUQモバイルの2強! こちらの表は、以前、筆者が調査した格安SIMの通信速度です。 キャリア名 平均下り速度 (単位:Mbps) ワイモバイル 9. 95 UQモバイル 8. 61 mineo 2. 29 IIJmio 1. 84 BIGLOBEモバイル 5. 62 朝・昼・夕方・夜の4つの時間帯で測定した通信速度の平均値を掲載しています。 この表を見ると、ワイモバイルはUQモバイル以外の通信速度を大きく引き離していますよね。 ワイモバイルは最も混雑すると言われている昼休みの時間帯でも、通信速度が低下しにくく、 抜群に安定していました。 通信速度はスマホ利用時の快適さに直結する 現代のスマホは、インターネット通信が使えないとほとんど何もできません。 よって、通信速度はスマホの快適度に多大な影響を与えます。 ワイモバイルは、料金面では他の格安SIMに負けてしまいますが、通信速度と品質では圧倒的に優位です。 月額数百円の差で抜群の通信品質を得られることが、ワイモバイル最大の魅力であると言えるでしょう。 両者の違いを理解し、お得にワイモバイルを契約しよう! 今回は、ワイモバイルとヤフーモバイルの違いについて解説しました。

次の

ワイモバイルとヤフーモバイルの違いは?どっちで契約がお得?

ヤフー モバイル

ワイモバイルとヤフーモバイルの違いを簡単に言うと、ソフトバンクが運営するモバイルサービスがワイモバイル(Y! mobile)で、ソフトバンクの子会社のYahoo! JAPANが運営するのがヤフーモバイル(Yahoo! モバイル)です。 ワイモバイルはY! mobileオンラインストア()のほか、全国に1,000店舗以上のショップを展開しています。 一方、ヤフーモバイルはYahoo! JAPAN内でY! mobileオンラインストア()を運営していますが、実店舗はありません。 両者ともに「Y! mobileオンラインストア」という同じ名称でオンラインストアを運営しているため、「何が違うの?」と多くの方が疑問に思うことでしょう。 結論から言えば、どちらから申し込んでも、商品や料金プラン、通信サービスに違いはありません。 購入窓口が異なるだけです。 では、どちらから申し込んでも何も変わらないのかと言うと、実はそうではありません。 ワイモバイル公式サイトの「企業情報」を見ればわかる通り、ワイモバイルはソフトバンクが運営しています。 ソフトバンクの関連会社でもなければ子会社でもありません。 ワイモバイルはソフトバンクそのものです。 ワイモバイルの元の元を辿ると、1994年に設立されたDDIポケットまで遡ります。 のちにウィルコムに名称を変更するDDIポケットは、実はKDDIの子会社でした。 その後、紆余曲折を経て「ワイモバイル」の名称が初めて世に登場したのは2014年、ヤフーが買収を発表した際(のちに中止)のことです。 ワイモバイルのロゴがヤフーにそっくりなのは、こうした経緯に由来します。 ちなみに、現在のYahoo! JAPANはソフトバンクグループ株式会社の子会社です。 参照: ヤフーモバイルの販売業者はソフトバンク ヤフーモバイルは、親会社であるソフトバンクがYahoo! JAPANブランドで運営するオンラインストアです。 ヤフーモバイルの「特定商取引法の表示」を見てみると、販売業者はソフトバンク株式会社となっています。 つまり、ヤフーモバイルのサイト自体はヤフーが運営主体となるものの、実際に販売しているのはソフトバンクということです。 ソフトバンクがヤフーにY! mobileオンラインストアを出店しているイメージです。 ヤフーモバイルが取り扱う商品やサービスはワイモバイルと同じです。 どっちから申し込んでも端末やSIMカード、料金プラン、通信サービスはワイモバイルです。 iPhoneの販売価格は異なる場合がある ワイモバイルとヤフーモバイルは、iPhone 7とiPhone 6sを販売していますが、販売価格は時期により頻繁に変動します。 以下の販売価格は2020年5月6日現在のものです。 一見すると、本家ワイモバイルの方が安いものが多いように見えますし、本家ワイモバイルで契約すると、事務手数料の3,300円は無料になります。 しかし、ヤフーモバイルの方は別途「」によるPayPayボーナスライトの還元があるので、それらを合わせて考えないと、どちらが安く契約できるかはわかりません。 ワイモバイル ヤフーモバイル iPhone 7 32GB MNP・新規:21,600円~ 機種変更:32,400円~ MNP・新規:23,760円~ 機種変更:32,400円 iPhone 7 128GB MNP・新規:32,400円~ 機種変更:43,200円~ MNP・新規:34,560円~ 機種変更:43,200円~ iPhone 6s 32GB 在庫なし iPhone 6s 128GB MNP・新規:30,600円 機種変更:37,800円 最大の違いはキャンペーンにあり! ワイモバイルとヤフーモバイルは、両オンラインストア共通のキャンペーンを展開する一方で、それぞれ独自のキャンペーンも実施しています。 2020年5月6日現在の両者のキャンペーンは以下の通り。 モバイル Y! mobile SIM契約・ スマホ契約 :3,000円還元 :最大13カ月間、毎月1,000円割引 :2回線目以降500円割引 :iPhone Xが19,200円など :スマホベーシックプラン毎月500円割引 :最大3GB増量 :かけ放題無料。 - :3,300円が無料 :3ヶ月無料 SIM契約 :6,600円還元 :6,000円還元 スマホ契約 :5,555円還元 -.

次の