ヒゲダン プリ テンダー 主題 歌。 Pretender

【Official髭男dism】映画主題歌としても大注目を浴びた『Pretender』を徹底考察!

ヒゲダン プリ テンダー 主題 歌

メジャーデビューからわずか1年ほどで、バンドシーンの最前線に躍り出たOfficial髭男dism、通称・ヒゲダン。 月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌となったメジャーデビュー曲「ノーダウト」は YouTube再生数が1800万回を突破、 USEN J-POPチャートでも1位を獲得。 結果、2018年デビュー組の中で、最もサブスクリプションでの再生回数の多いアーティストになるなど、その快進撃はとどまることを知らない。 つい先月には出身地でもある中国地方のNHK総合が、ツアー最終日に密着したドキュメンタリーを放映。 番組はファンの声に押され、異例の全国放送へと発展した。 「曲を聴くと元気をもらえる」「思わず踊りたくなる」など、老若男女幅広い声も丁寧に拾われており、改めて彼らの現在地が示されたかたちだ。 そんな彼らが、5月15日に最新シングル『Pretender』を発売した。 タイトル曲は先行配信がなされており、Apple MusicではリアルタイムランキングJ-POP部門1位、iTunesではトップソングランキングJ-POP部門1位、総合3位を獲得するなど各種音楽チャートでも好調。 ドラマに続き映画『コンフィデンスマン JP』の主題歌として書き下ろした楽曲とあって、映画の公開と併せて一層の盛り上がりも期待される。 Official髭男dism — Pretender[Official Video] Official髭男dismといえば、フロントマンの藤原聡が繰り出すポップ色全開のピアノサウンドと、ファンクやジャズ、ブラックミュージックの要素を加味したリズム、なによりキャッチーなメロディでリスナーの心をつかんできたバンドだ。 しかし一方で、歌詞もまた魅力的だ。 たとえば新曲「Pretender」は恋の終わりを綴った切ないミディアムナンバー。 〈もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった〉〈君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ〉と、別れ際の心情が痛いほど伝わってくる。 恋愛はもちろん、仕事や友人関係など日常の機微をすくい上げた等身大の歌詞が、藤原の得意とするところ。 声高に大層なメッセージを掲げる代わりに、時に聴き手の心に寄り添い、また背中をそっと押すような、シーンやストーリーを意識しているように思う。

次の

【Official髭男dism】映画主題歌としても大注目を浴びた『Pretender』を徹底考察!

ヒゲダン プリ テンダー 主題 歌

概要 [ ]• 前作『』から7ヶ月、シングルとしては『』以来約1年ぶりとなる。 自身初の映画主題歌に起用され、同作のドラマ版に引き続きの起用となった。 仮タイトルは「グッバイマイロマンス」。 マスタリングはが担当。 2019年4月7日放送のFM802『』にて初のフル音源オンエア。 バンドの中でもYouTube公式ミュージックビデオの視聴回数が一番多く、2019年11月27日にバンドでは初となる1億回再生を突破し、2020年5月24日に2億回を超え、バンドの最大のヒット作となっている。 Pretender• Amazing• Pretender Acoustic ver. DVD(初回限定盤のみ) [ ]• 13 ヒューリックホール東京-• 日曜日のラブレター• ゼロのままでいられたら• 可能性• ニットの帽子• 115万キロのフィルム• Tell Me Baby• 異端なスター• ノーダウト• 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう! Stand By You タイアップ [ ]• 『』 1 参加アーティスト [ ]• Arrangement: Official髭男dism• Guitar technician: Tatsuya Mochiduki Innovator Associates Inc. Drums technician: Genki Wada• Mastered by Ted Jensen STERLING SOUND チャート成績 [ ]• 2019年5月27日付のオリコン週間ランキングでは初動12,777枚を売り上げ、週間9位にランクインした。 トップ10以内にランクインしたのは初。 2018年4月25日付・5月2日付・5月9日付の歌ネット注目度ランキングにて1位を獲得。 Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報では、2019年5月6日~5月8日の集計にて377,440回再生を記録し9位、2019年5月13日~5月15日の集計にて806,736回再生を記録し3位、2019年5月27日付にて2,831,824回再生を記録し2位を記録。 配信発売4週目で初のトップ10入り。 6月3日付では3,750,296回再生を記録し、自身初の週間チャート1位を獲得した。 6月10日付ではチャート開始以降、歴代最高となる4,259,715回再生を記録し、2連覇を達成。 更に翌週の6月17日付では記録をさらに更新し4,614,978回再生で3連覇を達成した。 続く6月24日付、7月1日付、7月8日付、7月15日付、7月22日付、7月29日付、8月5日付、8月12日付、8月19日付で 12連覇を達成。 8月19日付に5,754,179回再生で記録を塗り替えた。 11月4日付に、6,189,364再生で、史上初の600万再生超えを達成した。 Billboard JAPAN【JAPAN HOT100】にて初登場8位。 翌週は2位に上昇。 2019年5月27日付のBillboard JAPAN HOT BUZZ SONGにて4位。 6月3日付では2位を記録。 2019年6月3日付のオリコン週間ストリーミングランキングでは237. 1万回で1位を獲得。 の連続記録を23週でストップさせた。 同ランキングでの1位は初。 続く6月3日付、6月10日付、6月17日付、6月24日付、7月1日付、7月8日付、7月15日付、7月22日付、7月29日付、8月5日付、8月12日付の 12週連続で1位を獲得している。 2019年10月28日付のにて週間1位を獲得。 ミュージック・ビデオ [ ] 2019年4月17日に公開。 監督はが担当している。 全編にわたりで撮影されており、夜景をバックに演奏シーン、現地モデル、俳優によるドラマシーンも収められている。 Director: Yoshiaki Muto• Director of Photography: Masataka Oohashi Gonshiro• Camera: Mami Hamasaki Gonshiro• Camera Assistant: Momoko Kikuta Gonshiro• Video Engineer: Yuuki Oku Gonshiro• Lighting Designer: Ryota Sakakibara Progresso• Lighting Assistant: Julien Jacques Rochon Progresso• Producer: Kazuya Minari Nouvelle Medias• Production Assistant: Risa Kouzu Nouvelle Medias• Styling: Shogo Yanagi• Hair Make-Up: Katsuki Chichii• 2019年5月8日 - 日本橋三井ホール 劇場版『コンフィデンスマンJP』ワールドプレミア• 2019年5月10日 - 系『』• 2019年5月17日 - 系『』• 2019年5月18日 - 『Official髭男dism Free Live』(LINE LIVEで生配信)• WHITEHOLE 、編曲:• (2019年、アルバム「PTX Japan 5th Anniversary Greatest Hits」に収録)• (、自身のYouTubeチャンネルで公開)• (2020年、アルバム「」初回限定カバー盤に収録)• (2020年、自身のYouTubeチャンネルで公開)• - PV撮影地 脚注 [ ].

次の

Official髭男dismのPretenderカバー:女性が歌う編(ヒゲダンのプリテンダー)|ぐぐみた

ヒゲダン プリ テンダー 主題 歌

概要 [ ]• 前作『』から7ヶ月、シングルとしては『』以来約1年ぶりとなる。 自身初の映画主題歌に起用され、同作のドラマ版に引き続きの起用となった。 仮タイトルは「グッバイマイロマンス」。 マスタリングはが担当。 2019年4月7日放送のFM802『』にて初のフル音源オンエア。 バンドの中でもYouTube公式ミュージックビデオの視聴回数が一番多く、2019年11月27日にバンドでは初となる1億回再生を突破し、2020年5月24日に2億回を超え、バンドの最大のヒット作となっている。 Pretender• Amazing• Pretender Acoustic ver. DVD(初回限定盤のみ) [ ]• 13 ヒューリックホール東京-• 日曜日のラブレター• ゼロのままでいられたら• 可能性• ニットの帽子• 115万キロのフィルム• Tell Me Baby• 異端なスター• ノーダウト• 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう! Stand By You タイアップ [ ]• 『』 1 参加アーティスト [ ]• Arrangement: Official髭男dism• Guitar technician: Tatsuya Mochiduki Innovator Associates Inc. Drums technician: Genki Wada• Mastered by Ted Jensen STERLING SOUND チャート成績 [ ]• 2019年5月27日付のオリコン週間ランキングでは初動12,777枚を売り上げ、週間9位にランクインした。 トップ10以内にランクインしたのは初。 2018年4月25日付・5月2日付・5月9日付の歌ネット注目度ランキングにて1位を獲得。 Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報では、2019年5月6日~5月8日の集計にて377,440回再生を記録し9位、2019年5月13日~5月15日の集計にて806,736回再生を記録し3位、2019年5月27日付にて2,831,824回再生を記録し2位を記録。 配信発売4週目で初のトップ10入り。 6月3日付では3,750,296回再生を記録し、自身初の週間チャート1位を獲得した。 6月10日付ではチャート開始以降、歴代最高となる4,259,715回再生を記録し、2連覇を達成。 更に翌週の6月17日付では記録をさらに更新し4,614,978回再生で3連覇を達成した。 続く6月24日付、7月1日付、7月8日付、7月15日付、7月22日付、7月29日付、8月5日付、8月12日付、8月19日付で 12連覇を達成。 8月19日付に5,754,179回再生で記録を塗り替えた。 11月4日付に、6,189,364再生で、史上初の600万再生超えを達成した。 Billboard JAPAN【JAPAN HOT100】にて初登場8位。 翌週は2位に上昇。 2019年5月27日付のBillboard JAPAN HOT BUZZ SONGにて4位。 6月3日付では2位を記録。 2019年6月3日付のオリコン週間ストリーミングランキングでは237. 1万回で1位を獲得。 の連続記録を23週でストップさせた。 同ランキングでの1位は初。 続く6月3日付、6月10日付、6月17日付、6月24日付、7月1日付、7月8日付、7月15日付、7月22日付、7月29日付、8月5日付、8月12日付の 12週連続で1位を獲得している。 2019年10月28日付のにて週間1位を獲得。 ミュージック・ビデオ [ ] 2019年4月17日に公開。 監督はが担当している。 全編にわたりで撮影されており、夜景をバックに演奏シーン、現地モデル、俳優によるドラマシーンも収められている。 Director: Yoshiaki Muto• Director of Photography: Masataka Oohashi Gonshiro• Camera: Mami Hamasaki Gonshiro• Camera Assistant: Momoko Kikuta Gonshiro• Video Engineer: Yuuki Oku Gonshiro• Lighting Designer: Ryota Sakakibara Progresso• Lighting Assistant: Julien Jacques Rochon Progresso• Producer: Kazuya Minari Nouvelle Medias• Production Assistant: Risa Kouzu Nouvelle Medias• Styling: Shogo Yanagi• Hair Make-Up: Katsuki Chichii• 2019年5月8日 - 日本橋三井ホール 劇場版『コンフィデンスマンJP』ワールドプレミア• 2019年5月10日 - 系『』• 2019年5月17日 - 系『』• 2019年5月18日 - 『Official髭男dism Free Live』(LINE LIVEで生配信)• WHITEHOLE 、編曲:• (2019年、アルバム「PTX Japan 5th Anniversary Greatest Hits」に収録)• (、自身のYouTubeチャンネルで公開)• (2020年、アルバム「」初回限定カバー盤に収録)• (2020年、自身のYouTubeチャンネルで公開)• - PV撮影地 脚注 [ ].

次の