テストステロン 筋肉。 筋トレは、性欲維持にも効くらしい。テストステロン減少食い止め計画11か条

【モテ男性ホルモン】「テストステロン」を増やす12の方法

テストステロン 筋肉

テストステロンでマッチョ テストステロンは天然の男性ホルモン テストステロンは代表的な男性ホルモンで、 哺乳類は、精巣(つまり睾丸)で95%、副腎で5%作られます。 女性には当然、睾丸はないのですが、副腎がありますので、少しは男性ホルモンもあります。 男性の10%くらい、といわれています。 テストステロンは、15歳くらい(思春期)から分泌し始め、筋肉や骨格を男性らしく作っていきます。 男の子が、声変わりや髭が生えるのは、そのせいです。 テストステロンは筋肉(骨格筋)を(結果的に)発達させますので、 トレーニーには嬉しいホルモンなのですが、いいことばかりではありません。 ニキビや、頭髪の脱毛も、テストステロンから変わるホルモンである、ジヒドロテストステロンのせいで起こります。 エロ禁止、オナ禁でジヒドロテストステロンへの変化を減らすことができる(9日周期)という説がありますが、 真偽のほどは不明。 表を見ればわかるように、 テストステロンは、25~30歳くらいでピークを迎え、40代後半にはピーク時の半分程度にまで落ち込みます。 性欲の減退や筋肉量の低下、やる気の減退など、テストステロンの減少は、加齢と完全に一致します。 40~50代が一番低い(定年後60代で回復)との結果もあり、それはストレスのせいだと思われます。 また、その一方でテストステロンの分泌量には、かなりの個人差があることもわかります。 表を見ると、ぶっとんだ値の人がいるかと思えば、ものすごく停滞している人もいる。 70歳を過ぎても30代くらいのテストステロンが分泌されている人が実際にいるのですから驚きです。 恐らく、やたら元気な老人なのでしょう。 筋肉を増やすテストステロン 加齢以外にも、テストステロンの分泌を抑えてしまうことがあります。 ・ストレス ・運動不足 ・睡眠不足 ・肥満 など。 テストステロンは、やる気ホルモンなので、 テストステロンが少ないと、性欲減退、やる気がない、鬱、などになります。 逆にテストステロンを増加させる作用というものもあります。 ・十分な睡眠、特に22時~2時の間 ・トレーニング ・亜鉛の摂取(本当かな?) ・スポーツなどで勝っているとき などです。 個人的には、マッチョ野郎が、ジムでウエイトトレーニングしている映像が利きます。 あと、ムエタイのミット打ちも見ていて興奮します。 双方、ユーチューブに腐るほどあるので、参考に! ある実験では、銃を15分程度触ったあと、唾液からテストステロン量を測ったら、 平常時のおよそ100倍の分泌量があったそうです。 う~ん、確かに、戦闘シーンはいいかもね? 銃を手入れしてる動画もいいねえ。 男は狩りが好きなんだね。 睡眠は寝始めの3時間ぐらいが、ぐっすりだといいみたいです。 必ずしも22時に寝る必要はないと思いますが、寝れるのなら寝たほうが良い。 また、昼寝でも(短時間)ぐっすり寝れば、テストステロンが出るようなので、休日に取り入れています。 平日の電車の中の居眠りも気持ちいいですが、テストステロンが出るとは思えないので。 睾丸マッサージでテストステロン分泌 タイの睾丸マッサージというのをご存知でしょうか? 生殖機能を促進させるために行うマッサージですが、その場所が睾丸なのです。 自分でも出来ますので、痛くない程度に、揉んだり、引っ張ったりしましょう。 身体のどんな場所でも、マッサージすると血行が良くなり、機能が改善されますが、 睾丸も例外ではありません。 実際に私も、毎日実行中ですが、睾丸マッサージをすると、精液の濃さが半端ではなくなります。 人生最高濃度であることは間違いない。 つまり、精巣が機能を増進しているわけですから、 精巣で作られる テストステロンもより多く分泌されているはずです。 睾丸マッサージの最中にテストステロンが出ているというよりも、 睾丸が活性化して(元気になって)、寝てる最中のテストステロン分泌量が多くなるのでしょう。 副腎は揉めませんが、睾丸は誰でも揉めますので、無料で簡単に出来るテストステロン増進法です。 しかも、テストステロンは睾丸で95%も作られているわけですから、効果はてきめんです。 人前では出来ない、というか、してはいけませんが。。。 まさに、アナボリック効果抜群で副作用なしの、盲点ともいえる、 テストステロン分泌増進の大技ではないでしょうか? できれば、パートナーに睾丸をマッサージしてもらった方がいいでしょう。 慣れとは恐ろしいもので、マッサージを初めてすぐに、結構、強く睾丸を握っても痛くなくなります。 ちょっと抵抗がある方は、まずは短時間、風呂で湯船につかっているときにマッサージするのがいいと思います。 個人的には、男性は全員、睾丸マッサージを絶対にやるべきだと思います。 また、強力なマッサージにより、防御力がつきますので、金的攻撃にも若干ではありますが、抵抗できます。 テストステロン療法 テストステロンが足りない人は、注射や軟膏などのホルモン薬により、補充することができます。 専門のクリニックに行き、テストステロン値を測り、治療を受ければいいわけです。 でも、けっこう、お金がかかります。 しかも、行くたびに。 その分、プリズマホルモン軟膏(塗るタイプのテストステロン)を買って使えばいいじゃん。 と、私は思ってしまう。 注射は尻などの筋肉に注射し、1~2週間かけて体内にじわじわ入るようです。 ただし、かなりホルモンの浸透量の動きがキツイ。 そのため、定期的に通院する必要があり、面倒で、予算もかかります。 テストステロン投与の効果があると認められれば、クリニックでも注射は止め、軟膏に替えるそうです。 注射は無理ですが、軟膏や飲み薬ならば、自分で(ネットで)手に入れることができます。 40代以上で、精力減退、元気がない、勃起不全などと、うったえれば、医師も薬剤師も、まず納得してくれます。 男性更年期障害ですね、となるわけです。 なので、ネットで買えてしまうのです。 44歳以下の方は、直接、クリニックに行ってくださいね。 保険がきくものの、テストステロン値を計測したりして、予算がかかります。 プリズマホルモン錠という薬があるのですが、 これが朝昼晩2錠ずつ、6錠飲むと1日で5mgのメチルテストステロンを補充できる、というものです。 メチルテストステロンはテストステロンに似せて人工的に合成したホルモンです。 テストステロンは経口だと、肝臓で代謝されて血液中に入っていかないそうです。 そのため、代謝を阻害する作りになってるのですが、それのせいで、少なからず肝臓にダメージがあります。 アナボリックステロイドの副作用で、肝臓が健康診断で引っかかるレベルに低下するのはこれのせい。 塗り薬のテストステロンは、テストステロンそのもので、毛細血管から浸透していくので肝臓は関係なし。 20~30代の健康な男性で、1日に分泌されるテストステロンは7mgくらいなので、 テストステロンが殆ど分泌されていない人にとって5mg摂取ならば、妥当な量ではないでしょうか。 ちなみにアナボリックステロイド使用者は週に500~1000mg使っているのがザラです。 プロビルダーだと、もっとすごい人もいる。 プリズマホルモン錠には、メチルテストステロン以外にも睾丸抽出物など、いろいろと含有しており、 テストステロンの分泌を促進するようです。 また、プリズマホルモン軟膏というものもあります。 これは1日1回0.1gを直接、体(陰嚢など)に塗るのですが、 その場合のテストステロンの含有量が1mgになります。 経皮吸収なので添加物はなく、純粋にテストステロンを補充します。 メチルテストステロンではない、 純粋なテストステロンです。 テストステロンは一日を通して分泌され、夜(睡眠時)に作られ、朝が最高の状態で、どんどん減っていくものです。 起床3時間後がマックスになるとの説もありますが、満員電車に乗ってしまってはストレスで激減してしまいそうです。 一時的に夕方辺りで増えますし、トレーニングすると増えますし、昼寝でも増えます。 でも、ストレスでテストステロンは簡単に減ってしまいます。 テストステロンはせっかく増えても(摂取しても)、11~90分で半減するとのことですので、 あまり、どくどく状態は続かないようです。 そこで、人工的に長続きするように作った(使うようにした)のが、アナボリックステロイド(筋肉増強剤)なのです。 アナボリックステロイドはさすがに、ダメでしょう。 副作用が多すぎる。 プリズマホルモン軟膏 プリズマホルモン軟膏を実際に使ってみました。 薬剤師の問診がありますが、ネット上で簡単に手に入ります。 なにがしかの競技に参加している人は、禁止薬物になりますが、私は男性更年期障害治療薬として使用しております。 まあ、私は40代以上なので、いいのです。 これといった症状はなくとも、堂々と使えます。 アナボリックステロイドも、海外個人輸入で安易に安価に手に入りますが、副作用が怖すぎます。 ここは、より安全なテストステロンを使ってみようと思います。 もちろん、筋肉増加を期待して、です。 あと、長年苦しんできた肩の痛みにも。 色々と薬局をまわってみたのですが、プリズマホルモン軟膏は、売っているところがないようです。 プリズマホルモン・ブランドの精力剤、錠剤はあります。 プリズマホルモン軟膏は本来、医師の出した処方箋で売られるもののようです。 朝起きたら0.1gを陰嚢(一番吸収しやすい)に塗り、これで1mg補充出来ます。 プリズマホルモン軟膏は10gなので、なんと100回分もあります。 これで2500円程度ですので、効果があればお買い得でしょう。 これが正しい用法・容量です。 私はこれを、お昼に塗りました(真似しないように)。 午前中はデスクワークしながら睾丸マッサージをしますので、陰嚢に塗ってしまっては都合が悪い。 (とれちゃう) 1日で一番、テストステロンの分泌量が減る昼に塗って、補充したいのです。 昼に、片側に0.1gずつ、左右で2回分を、良く伸ばして、塗ったのですが、 なんかボーっとしてきたので、強かったのかもしれません。 (暖房の効きすぎかもしれないけど) 昼に右側に0.1g、午後3時に左側に0.1mgのがいいかもしれません。 少々胸も苦しい。 自分の通常時のテストステロン分泌量が分からない(有料で測れる)のですが、 1日平均7mg分泌で、プリズマホルモン軟膏で2mg追加なら充分ではないでしょうか。 アナボリックステロイドは、異常な量を投与しますので、筋肉の増加と副作用が凄まじいです。 私はテストステロンを自然な単位で補充します。 あくまで正常値の範囲内です。 睾丸マッサージやトレーニング、長時間睡眠によるナチュラル分泌と、プリズマホルモン軟膏による補充で、 通常健康男性のテストステロン分泌量7mgの2倍くらいになっていれば、嬉しい限りです。 まあ、調べようがないですが。。。 プリズマホルモン軟膏の効果は、正直いって、わかりません。 トレーニングをやや多くしたのですが、疲れません。 あまり筋肉痛にならない。 エネルギーレベルも高い。 まあ、早くに寝てるし、たんぱく質摂取量も増やしました。 どうでしょう? プリズマホルモン錠 プリズマホルモンの錠剤タイプです。 朝昼晩2錠ずつ、6錠飲むと1日で5mgのメチルテストステロンを補充できます。 プリズマホルモン錠は、他にも添加物が多く、テストステロンの材料や前駆物質も入っています。 テストステロンやアナボリックステロイドは、経口だと肝臓に負担がかかります。 アナボリックステロイドの場合は、飲む量も半端じゃないので、肝臓がボロボロになります。 肝臓を休ませるために、数週間、間をあけますが、注射の場合は肝臓にダメージなし。 プリズマホルモン軟膏も経皮薬なので、肝臓負担はナシ。 量も少ないし。 でも、プリズマホルモン錠は気を付けないといけません。 肝臓に負担をかけない程度の容量(1日分7mg未満)になっていますが、ダメージはあると思われます。 プリズマホルモン軟膏は1日に1mgなのですが、プリズマホルモン錠は1日5mgが容量になります。 吸収力の違いがあると思われますが、コストパフォーマンスはプリズマホルモン軟膏の方がはるかに上です。 プリズマホルモン軟膏10gはテストステロン100mg含有ですが、 プリズマホルモン錠60錠は、50mgでしかありません。 プリズマホルモン軟膏は5mgずつ使っても、20日分もありますが、 プリズマホルモン錠60錠は毎日5mgで10日分しかないです。 (プリズマホルモン軟膏は1日1mgが正しい用法・容量です。 念のため!) プリズマホルモン錠は、送料を無料にするため、 プリズマホルモン軟膏と同時に買いました。 ちなみに、プリズマホルモン軟膏は、一度に買える本数が1本だったので。 (これが面倒くさい) プリズマホルモン錠・プリズマホルモン軟膏は、いかなるホルモン剤と同時に利用することができません。 そこらへんは、買うときに、薬剤師から釘を刺されました。 個人輸入で入手します。 当然ながら、セルノスジェルの使用は自己責任です。 セルノスジェルは、ホルモン補充療法(HRT)として利用されるホルモン剤で、ジェル状でアルコールが入っていて、 塗った後はすぐにサラサラになります。 一般に40歳以上の男性に推奨、とのことですが、国内のホルモン薬も40代くらいからですので同じですね。 だいたい45~65歳くらいの方がホルモン治療でセルノスジェルを使います。 それ以外は基本、使用禁止。 女性も禁止。 通常、成人は1日1回、同じ時間帯に上腕部や肩、腹部に1袋(5g)を塗布。 と、あります。 プリズマホルモンのように陰嚢に使ってしまうと、アルコールでしみる人もいるようです。 確かに陰嚢に塗ると、火が付いたみたいにカーッとなりますが、すぐに収まります。 慣れれば何てことないのですが、ダメな人はダメでしょうね。 擦り傷があったら耐えられないレベルです。 それと、容量を計算するとわかるのですが、セルノスジェルは、プリズマホルモンの10倍の濃度があり、 50倍ものテストステロンが1回分になっています。 これは、いくら何でもやり過ぎです。 1日7mgのテストステロン分泌が平常なのに、一度に50mg追加はキビシい。 なので、販売サイトのレビューを見る限り、日本人の使用者は3~5回くらいに分けて使う人が多いようです。 自分もそうしようと思っていたら、みんな同じでした。 セルノスジェルの容量を見ればわかるように、 2パックでプリズマホルモン1本分のテストステロン100mgが入っています。 それが7倍(14袋)入っているのですから、コストパフォーマンスは劇的に高いことになります。 あくまで、ちょっとずつ使えば、の話です。 ただ、輸入になるので、到着まで2週間はみないといけません。 結局、肝臓に負担がなく、塗るだけでいい、そして安価なセルノスジェルになりました。 テストヒールは、実際に私が長期間使用しております。 テストヒールとセルノスは飲み薬ですが、タブレットではなくカプセルです。 タブレットなら割って飲めますが、カプセルではそうもいきません。 しかも、ウンデカン酸テストステロン40mgを含有し、1~4錠を飲むというもの。 4錠はさすがに、ありえん量です。 テストジェルは、セルノスジェルと効能、使い方とも変わりません。 値段の違いです。 私は、独断と偏見でセルノスジェルを選択しましたが、当然ながら使用は自己責任です。 それと、私は建前上、男性更年期障害の薬として使用しておりますので、筋肉増強が目的ではありません。 もちろん、筋肉が増えれば、うれしいです。 というか、増えてほしいけど。 テストヒールは常用です。 テストヒール Testoheal 40mg 有効成分のウンデカン酸テストステロンを含有した男性ホルモン製剤です。 男性ホルモンを補うことで、男性ホルモンの働きが充分でないときに起こる症状を改善します。 セルノス Cernos 40mg Sun Pharma Laboratories社のアンドリオールジェネリックは、ウンデカン酸テストステロンを有効成分とする男性ホルモン(テストステロン)補充剤で、アンドリオールのジェネリックです。 テストステロンの分泌レベル低下による様々な症状を改善するほか、運動能力の向上を目指すアスリートにも使用されています。 テストジェル TestoGel 50mg テストステロン(男性ホルモンの一種)補充ジェルです。 テストヒールジェル TestohealGel 50mg テストヒールの補充ジェル版です。 テストステロンブースター サプリメントにテストステロンブースターというのがあります。 これは薬ではなく、亜鉛やビタミンなど、テストステロンの分泌を促すものが入っているサプリメントです。 効果のほどは不明ですが、普通に考えてテストステロンの分泌量が倍になることはないでしょう。 すると、テストステロンの薬に比べ、効果はほとんど期待できないレベルになってしまいます。 ただ、副作用はないでしょうから、その点はよいです。 ドーピングにもならないだろうし。 睾丸マッサージと併用すれば、それなりに効果はありそうです。 だったら、高い金払ってテストステロンブースターなんか買わず、睾丸マッサージだけでいいような気もしますが? テストステロンブースターは、けっこうな数が出回っていますので、代表的なのを、いくつか挙げておきます。 テストブースター TestoBooster テストステロン分泌強化用のサプリメントです。 ベストテスト[Bpi社製] テストステロン分泌強化用のサプリメントです。 トリブースター[BioTechUSA社製] トリビュラス(ハマビシ)含有の、テストステロン分泌強化用のサプリメントです。 トリビュラス(ハマビシ) 天然ハーブであるハマビシ(トリビュラス)のサプリメントです。 ハマビシ特有のサポニンが含まれており、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促すとされています。 一説には、DHEAの分泌を助けるとか。 私は、よくわからないまま、トリビュラスを飲んでいましたが、実際の効果は不明です。 テストステロン製剤と共に飲んでいたのでは、分かるはずがありませんね。 そのため、テストステロン製剤は、自己分泌を妨げないよう、夜に飲まないので、 トリビュラスは、夜に飲むようにしました。 あとは、テストステロン製剤を飲まないときとか、ですね。 トリブースター[BioTechUSA社製] トリビュラス(ハマビシ)含有の、テストステロン分泌強化用のサプリメントです。 サイトメニュー•

次の

【リアル体験※写真】テストステロンで筋トレの効果は激増

テストステロン 筋肉

筋トレを始める理由って、人によってさまざまだと思いますが、ほとんどの人は モテたいって事が理由の中に大量に入っているんじゃないでしょうか? 僕も半分以上はモテたいという思いで筋トレを始めて、必死に頑張りました。 そして実際に以前とは比べ物にならないくらい、モテるようになったんですが、このモテ効果には筋肉がついたという事だけではなく、 テストステロンが大いに関わっているんです。 僕は筋トレを始めて2ヵ月ほどしてテストステロンと言うものについて知ったので、それからはテストステロンを増やすことをもの凄く意識して筋トレと日常生活を計画的に送りました。 筋トレでテストステロン増加してモテる計画です。 そのお陰で筋肉の成長も速かったし、精神面でもどんどん良い影響を受けて、そして何よりモテるようになりました。 今回は僕のテストステロンのモテる効果についての体験談をお話ししますが、 これを知っているのと知らないのとでは、筋トレの効率もモテる効果も天と地ほどの差がありますので、是非最後まで読んでみて下さい。 テストステロンも筋トレも知らない僕はヤバいくらいにモテなかった まず筋トレを始めてテストステロンをブリブリ分泌する前の僕なんですが、 今思い返すとそれはもう酷い男でした。 酷いと言っても何か悪い事をしているわけではなく、 細すぎ、暗すぎ、しゃべらなすぎ、頼りなさすぎの本当にモテとは最も縁が無く、人生を何一つ楽しめていない男だったんです。 身体はガリガリで、覇気が無く猫背でいつもうつむき加減、雰囲気暗くて20代半ばなのに30超えて見られるほど老け顔。 さらに優柔不断で昼飯を決めるのにもめちゃくちゃ悩む、劣等感が強すぎで常にネガティブな事考えて、そのせいで他人と話すのも大の苦手。 自己否定の達人で自分には何もできないと思っていて、ビビって新しい事を始められないから趣味も無い。 すべての要素が混ざり合って 見た目も、性格も、雰囲気も、全て女性に避けれている。 と言う風に思い込んでいたところも 劣等感と自己否定のせいだったんだろうと今は思っています。 とにかく 全てがダメで筋肉ともモテる男とも元も遠い存在だったんです。 しかし「このままではマズいな」とずっと何となく思っていた事が、ある出来事をきっかけに爆発して、本気で自分を変えようと目覚めて 生まれて初めて、本気になって筋トレを始めたんです。 筋トレでテストステロン増えてたくましくなってモテる体つきに 筋トレを始めてまず現れる効果が、体つきががっちりしてくるという事ですね。 その為に筋トレ始めたんですから当然です。 その たくましい体を作るのに最も関係しているのが テストステロンなんです。 モテホルモン 「テストステロン」は、筋肉の成長を促進させたり、身体に付いた不要な体脂肪を燃やしてくれるという働きがあります。 そのため、テストステロンの多い男性は、脂肪がなく、筋肉の形がくっきりと見える引き締まったモテモテボディになるのです。 僕は、筋トレを始めて2ヵ月間は、テストストロンは愚か、超回復についても知らなかったので、超非効率な筋トレ生活を実践していて、なかなか体つきが変わりませんでした。 しかし、筋トレでテストステロン増加してモテる計画を始めてからは、 モリモリ筋肉が成長していき、1か月後には自分でも見違えるほど筋肉がついていました。 と言っても元がガリッガリだったんでまだまだ細かったんですが、このまま続ければ絶対にモテる体になると、確信しましたね。 実際そこからものすごい勢いで筋肉も成長し、嘘みたいにモテるようになりました。 僕みたいにガリガリの体じゃなくて逆に太っている人も、テストステロンのモテ効果は絶対使えます。 ぼてっとしたお腹に「何カップだよ!」と突っ込まれそうな胸。 そんなやたらと存在感のある身体から、ひょろっと伸びた細い手足は、まるで水木しげるの妖怪のようで、モテとは程遠い存在ですが、テストステロンが全て解決してくれます。 筋トレをしてテストステロンをバンバン分泌することによって、 数か月もすればばっちりモテ男の仲間入りです。 筋トレでテストステロンを分泌して若々しくモテる雰囲気に 体つきの変化の次に実感を感じたのは、若々しさです。 筋トレでテストステロン増加してモテる計画を始めてから1ヵ月ほど、筋肉でだいぶ体つきが良くなってきた頃に 「なんか若返ったな」と何となく思っていました。 それと同じころから、家族や職場の人からも 「最近ちょっと雰囲気若くなったな」とか 「健康的な顔になったね」と言われるようになって確信しました。 「あ、見た目若くなったんだ!」 と。 テストステロンには、老化を防止する効果もあって、「若返りホルモン」と言う異名も持っています。 血行を良くして新陳代謝を促進させることによって、髪の毛や肌を艶やかに若々しく再生する効果があります。 若い頃は年相応に見られますが、歳を取るにつれて 実際の年齢よりも、見た目が若々しく見えるので、年下の女性からも人気が高まります。 僕も老け顔が改善されて、年相応に見られるようになり、 顔に活気が生まれたので印象が凄く良くなったみたいで、女の子の僕に対する反応が変わりました。 筋トレをしてテストステロン値を高めれば、体力も筋力も向上して、エネルギッシュになって見た目も若返り、総合的な若さを取り戻すことができます。 若々しく活力にあふれている男はモテるんです。 こんな風にモテ効果が現れるなんで予想外でした。 テストステロン恐るべしです。 筋トレでテストステロン増やすと自己アピールが上手くなってモテる 筋トレとテストステロンによってたくましい体と若々しい見た目を手に入れた僕は、 女の子と話す機会が徐々に多くなっていきました。 この頃にふと気づいてビックリしたのが、 自分が女の子とごく自然に会話しているという事です。 筋トレ開始以前の僕は、女の子とまともに話したことなどほとんどなく、小学校低学年以来そんな思い出は皆無でした。 なのに気づいたら女の子と楽しくおしゃべりしているんです。 そのことに気づいた時に、 テストステロンのモテ効果の威力を思い知りました。 というのも、どこかの国のかしこい大学の研究で テストステロンの分泌される量が一定の数値を上回ると、表現能力や言語能力が向上するという研究結果が出ているんです。 なので、 テストステロン値が高い男性はコミュニケーション能力に優れて、自己アピールがとても上手なのです。 このモテ効果が僕にも、ハッキリと現れていたんですよ。 今まで自己紹介どころか、挨拶すらまともにできなかったのに毎日元気よく挨拶して、初対面の人にも自分の事を普通に話すことができる。 自己アピールと言うほどでもないですが、それまで 全然できなかったごく普通のコミュニケーションが取れるようになっていたんです。 それまでの僕は、口下手で特に女性の前ではうまくしゃべれない、下を向いてモジモジボソボソしゃべってしまうという、典型的人見知りコミュ障でした。 そんな以前の僕みたいな人は、生まれ持った性格や育った環境のせいだけではなくテストステロンの量が少ないという事も大きな原因なんです。 筋トレをして、 テストステロン値を高めることによって、自然としゃべるのが上手くなり、悩むことなく流れるように自己アピールができるようになるんです。 テストステロンのモテ効果はどこまでも僕の見方をしてくれました。 筋トレでテストステロン増やして仕事でもリーダーシップ発揮 さて、ここまでで、テストステロンのモテ効果によってかなり自分が進化している事を日々実感して毎日が楽しくなっていきました。 そして、 コミュニケーションが円滑に行えるようになったので、仕事でも先輩や上司に認められる様になって、少し責任ある仕事を任せられるようになりました。 僕は飲食店で働いていたんですが、日々の食材の発注の一部を任されるようになったんです。 実は前にも一度やってみるかと言われて、イヤイヤながらもやったことがあったんですが、見落としが多くて、必要な食材が来ていないなんてことが何度かあって、一週間もしないうちにその仕事から降ろされてしまいました。 その時は、そんなこと任されても困ってしまいオドオドしていて、必死でやったんですが全然だめで降ろされて内心ホッとしていました。 しかし今回は、ごく普通に淡々とこなしていけたのです。 これも テストステロンの「重要なことを決断したり判断する力」と「集中力を向上させてくれる効果」のお陰だと確信しています。 この効果は学校や仕事、趣味の集まりなんかでもとても役にたちます。 ふと思い立って、友達誘ってみんなでキャンプに行ったりとか、今までは自分からみんなを誘って遊びに行くなんてことは無かったんですが、普通に思い付きで誘って色々計画しでみんなで楽しむという事がサラッとできるようになりました。 以前は、誘う友達すらいなかったので、本当に自分が進化したことを実感しました。 筋トレをしてテストステロンを増やすことによって、知らないうちに優柔不断で頼りない性格は消えてなくなっていったんです。 テストステロンのモテ効果は本当にぬかりないですね。 テストステロンでポジティブが溢れ出し表情も活き活きしてモテる ココまで来ると本当に毎日が本当に楽しいですよね。 で、また気づいたんです。 自分が嘘みたいにすっごいポジティブ男になっているという事に! テストステロンには、幸せを感じさせたり、やる気を促してくれる成分「ドーパミン」を作り出すという効果もあって、テストステロンがドーパミンを作り出すことでネガティブな感情を抑え込んでくれるんです。 筋トレでテストステロン増加してモテる計画以前は、いつもひとりで愚痴をこぼして、他人の文句ばっかり言っていたり、自分に対しても悲観的になって自己否定ばかりしていたのですが。 そういう性格は テストステロンの不足が大きな原因だったりします。 筋トレしてテストステロンを増やしてからは 毎日が楽しく、いつも幸せを感じていられ、やる気が湧いてくるし、周りの反応も全然違うので人生が楽しくなります。 筋トレ以前は周りの反応が悪いのは周りの人のせいだと思っていましたが、 全て自分が原因だったんです。 自分がテストステロンを増やしてポジティブに変わることによって、周りの人達からポジティブな気が跳ね返ってくるんですね。 その結果、かつて全く楽しくなかった人生が、 何をしても楽しく取り組むことができるようになっていたんです。 そして何をするにも前向きに楽しむことのできる男性は、自然と女性の注目を集めていきます。 で、 モテるようになるんです。 テストステロンによって本当に楽しくモテる人生を手に入れたんです。 テストステロンで上昇思考がみなぎり新しい事へ挑戦衝動爆発 仕事で色々任されるようになって、それを 全て前向きにポジティブに楽しんでやっていると、さらに色んな事を任されるようになりました。 昔は、責任のある仕事を任されるのは苦手で出来れば任されたくないと思っていたんですが、 テストステロンをバリバリ噴出している僕は、どんどん色んなことに挑戦したいと思うようになっていました。 テストステロン増加計画を始めて半年立つ頃には、バイトのシフトも任されるようになり、さらに数か月後には、新人バイトの教育も担当していました。 自分が他人に教育するなんて一年前から考えると絶対あり得ない事だったんですが、色々教えていくのが楽しくて楽しくて仕方なくて毎日仕事が楽しみでした。 今も現状に満足することがなく、自分の能力を少しでも高めるという事を常に意識しています。 お陰で、新人バイトの女の子と仲良くなる事も多くて、そこから発展して今の彼女と付き合う事になりました。 常に向上心を持って上を目指し挑戦する人って、女性の将来に対する期待感や安心感を生み出し魅力的に写るんでしょうね。 自分でいうのもなんですがテストステロンでかなり魅力的な男になっていると本当に実感します。 こういう自信が溢れてくるテストステロンの効果は本当に凄いです。 女性が本能でテストステロンを求めているから絶対にモテる さて最後に、僕が1年程で変化したテストステロン計画を振り返ってみて、やっぱりこの効果が一番デカいと思うのが、 「女性が本能でテストステロンを求めている」 という点ですね。 つまり テストステロンには女性を無意識に引き付ける効果があるんです。 テストステロンがモテホルモンと呼ばれる理由がここにあるのですが、 女性は元々本能的にテストステロン値の高い男性に魅力を感じるようにできているのです。 ココまでで紹介した全ての要因が合わさってさらにテストステロンが発するフェロモンのおかげで相乗効果で女性に好印象を与えることができるんですね。 筋トレをしてテストステロンを増やすという事は、 女性の本能を目覚めさせるという事に他ならないんです。 これを知ってしまったら、とにかく筋トレせずにはいられないですよね。 僕は知ってしまったおかげでモチベーションを保って筋トレを続けることができました。 絶対にモテたいと本気で思っていたんで。 テストステロンの力を信じるかどうかは自由ですが、信じて頑張って損は絶対にないですよ。 かつての僕みたいに 人生楽しくなくて何となく生きている人には本気でおすすめです。 筋トレをしてテストステロンの分泌量を増やすことによって、期待できる効果をまとめると• 引き締まったモテる体付きになる• モテアピールができる• 若々しいリーダー的な存在になる• ポティジティブで向上心が強くなる• 女が本能で求めてくる男になる というわけです。 そして何より人生を心の底から楽しむことができるようになります。 これが一番男の魅力を引き出すモテ効果だと思います。 無理に性格を変えようとする必要はないのです。 ただ筋トレを続けて、テストステロンを増やすことで自然と今日紹介した効果を体感することができました。 ホルモンの力は人間の人生に強く関係しているという事ですね。 テストステロンを増やすにはとにかくハードな筋トレが一番です。 モテたいなら覚悟決めて全力で筋トレすれば良いんです。 全力で筋トレをするための強い味方に HMBサプリメントがかなりお勧めです。 僕も このサプリを飲み始めてから筋トレの強度をめちゃくちゃ楽に 高めることができました。 HMBは筋肉の疲労を防ぎ、回復を早め、成長を早める効果があるので、とにかく筋トレ中の疲れ方が全然少なくなったんです。 1時間ほどの筋トレを最初から最後まで全力で楽しむことができるようになりました。 HMBサプリメントを飲み始めてから、筋トレに辛さを全く感じなくなったんです。 疲れないし、どんどん上げれる重量が大きくなっていくし、筋肉がどんどんついていくから、筋トレが楽しくて楽しくてたまらない状況です。 毎日鏡で筋肉の成長を確認するのが本当に楽しいんです。 筋トレに辛いキツイ見たいなイメージ持っている人にはHMBは本気でおすすめです。 筋トレのイメージをめちゃくちゃ変えてくれますよ。 当ブログ管理人の筋太郎は筋トレを始めたころは、 本当に 無駄な努力ばかりしていました。 そして効率的に筋肉を鍛えるにはテストステロンが重要だという事を知ったのです。 筋太郎の様な無駄な努力と時間を費やすこのないように、以下の記事を読んで テストステロンを活用して筋肉を効率的に鍛える為の知識についてしっかり学んでもらえれば あなたも筋トレ成功者への道を歩み始めることができます。

次の

男性ホルモンのテストステロンと筋肉の関係性が面白い!性欲を我慢して筋肉を増量

テストステロン 筋肉

【この記事を書いた人】けんすけ 高校時代対人恐怖症 (視線恐怖症)にかかる。 22年間の非モテ生活を送る。 「テストステロン」に出会い、 童貞卒業・逆ナンされる バレンタインにチョコを7個貰う。 色白美人の彼女ができた。 テストステロンでモテることを証明。 テストステロンで仕事・モテ・健康を 手に入れ人生の質をあげるのが理念 こんにちは、けんすけです! 今回は、 テストステロンの分泌部位を理解しよう 【2倍速でフェロモンを撒き散らす方法3選! 】 ということについて お話ししていきます。 モテフェロモンをドバドバばら撒いて 女子を本能的に惹きつける男に なっていきましょう! テストステロンの分泌部位は睾丸 テストステロンは 95%が睾丸から分泌されます。 いわゆるタマキンですね。 ご了承ください。 つまりタマキンを上手く コントロールすれば テストステロンを 増やすことが できるのではないでしょうか? モテる男になるために 男の大事なタマキンの 攻略法を見ていきましょうw タマキンからテストステロンを ドバドバ分泌する方法は 3つあります。 金冷法• フルスクワットをする(PC筋)• 具体的な方法は、シャワーなどで ぬるま湯と冷水を 1 分おきに交互に掛け、 同時に睾丸を優しくマッサージします。 ただし、金冷法がテストステロンの 向上に繋がるという 科学的な根拠は出てないようです。 ただ、科学的根拠が出てないとしても 金冷法をやるメリットはあります。 例えば、タマキンの血流が良くなります。 また、精子は温度が高くなるより、 温度が低い方が活発になります。 また、冷水をタマキンに 当ててる時に歯をくいしばる感じが 筋トレをしてる時と 似てるなと思いましたw まあ、金冷法は けんすけは毎日やってないです。 気が向いたらやってる感じです。 ただ、逆にタマキンを 締め付けたり、高温にさらすのは 気をつけましょう。 タマキンを締め付ける タイトなパンツを履くと テストステロンが低下してしまいます。 逆に、タマキンを締め付けない ゆるいパンツを履くと 精子が活発になります。 これは研究でも 証明されています。 その結果、 ゆるいタイプの下着 を着用していた被験者の方が、 緊密にフィットする下着を 着用していた被験者よりも 精液濃度が25%高かった事が示されました。 Jorge教授は、 要因の一つとして、 『睾丸周囲の温度』が 関係していると考察しています。 ブリーフタイプやブーメランパンツのような 下着のスタイルでは、 陰嚢が身体に密着し 睾丸の温度が上昇してしまいますが、 ゆるいボクサータイプや トランクスパンツなどでは、 より身体から離す事が出来ます この研究からもわかるように、 テストステロンを低下させないためには タマキンを締め付ける パンツを履かないことが重要です。 また、タマキンを高温に 晒さないようにすることが重要です。 スクワットをすることで、 大腿四頭筋が鍛えられ、 テストステロンが上昇します。 スクワットではPC筋 (肛門にかけての筋肉)を 鍛えられます。 精子量も増え、 下半身がっちり&プリケツにもなれる スクワットは一石三鳥です! けんすけは フルスクワットのおかげで テストステロンが急上昇しました。 そして、3人以上の女子から 逆ナンされるほど モテるようになりました。 逆ナンされるということは フルスクワットで テストステロンがドバドバ分泌し フェロモンとなって 女子を惹きつけられるように なったんですかね。 ガチでスクワットは 最強です。 そして、善玉コレステロールを 多く含む食べ物は 卵です。 卵で善玉コレステロールを摂取すれば、 タマキンでテストステロンが作られます。 なのでテストステロンを 分泌させたかったら 卵を食べましょう。 けんすけは1日2〜3個ほど 卵を食べるようにしています。 卵かけご飯は気軽に食べられるので、 ジムに行く前に食べてます。 あと、パサパサして 干からびてしまったおかずに 卵をかけて、おかずの潤いを戻してますw そのように、隙あらば 卵を食べることを意識してます。 しかも卵は、 ビタミンCと食物繊維以外の 栄養素を含んでいます。 だから、めちゃくちゃ 栄養食品として優秀です。 ビタミンやミネラルを 豊富に摂取でき、 そして何と言っても テストステロンを増やしてくれます。 卵は本当に優秀です。 卵に最優秀食材賞を 与えたいくらいです。 テストステロンを増やす為に 卵を食べましょう! テストステロンを睾丸から 分泌させる方法まとめ テストステロンはタマキンから 分泌されます。 タマキンからテストステロンを ドバドバ分泌する方法は 3つあります。 金冷法• フルスクワットをする(PC筋)• 卵を食べる テストステロンを低下させないために タマキンを締め付ける パンツを履かないようにしましょう。 また、 タマキンを高温に 晒さないように気をつけましょう。 スクワットをして フェロモンをドバドバ分泌させましょう。 テストステロンの原料である 善玉コレステロールを摂取する為に 卵を食べましょう。 テストステロンを爆発的に増やし フェロモンむんむんな セクシーな男になっていきましょう! 非モテ童貞から、テストステロンを高めて、 彼女を作る講座を作りました。 こんにちは!けんすけです。 僕は23歳の時にテストステロンを高め 3人以上の女子から逆ナンされ、 色白美人の彼女ができるほど、 モテるようになりました。 本物の恋愛を学び テストステロンを高めたからこそ モテるようになりました。 彼女を作ることは、 正しい方法さえ知っていれば 誰にでも実現可能なことです。 僕は22年間彼女0の 非モテ童貞でしたが、 本物の恋愛の方法と テストステロンに出会ってからは変わりました。 マッチングアプリの攻略法や 自分の魅力を高める方法、 デートでの会話術を学び 今では女子から 驚くほどモテるようになりました。 実際こういう世界が あるということをまずは 知ってもらい、 具体的にどう行動に 移していけばいいのかを、 このブログから学んでほしいです。 自分自身を変えることは可能です。 正しい方法で、 正しい努力をすれば 誰だってモテるようになります。 顔や身長は関係ありません。 めちゃくちゃ楽しい恋愛の世界。 それをもっと多くの方に 知ってほしいです。 より詳しく知りたい人は 下記フォームより登録 お願いします。 参加特典付き はじめまして、けんすけです。 モテホルモンの 「テストステロン」を上げ 22年間の童貞卒業、 バレンタインにチョコを7個貰い、 色白美人の彼女ができ、 20代女性に逆ナンされるようになりました。 現在は恋愛コンサルタントとして 活動をしています。

次の