ゆうちょ銀行 転職。 知らずに辞めると損!「郵便局/ゆうちょ銀行」を辞めたい理由とは?経験者による対処法まとめ

滞在3カ月で口座開設ができるゆうちょ銀行「海外への送金もできる」|外国人向けIT企業・成長企業の転職・就職の求人なら【TOMATES AGENT】

ゆうちょ銀行 転職

銀行・信金業界では第19位 銀行・信金業界の企業内でのゆうちょ銀行の年収ランキングは第19位です。 銀行・信金業界の年収第1位は三井住友トラスト・ホールディングス、第2位は第四北越フィナンシャルグループ、第3位はコンコルディア・フィナンシャルグループとなっています。 有力企業全体で第999位 CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、ゆうちょ銀行の年収順位は第999位です。 キャリトレの実際の求人情報 成長企業の求人情報No1 ゆうちょ銀行のような会社に興味がある方には、 キャリトレで情報収集をすることがおすすめです。 忙しくても、条件のいいスカウトが届けば、面談を受けてみる。 という受け身の活動も可能です。 元人事のコメント 特に第二新卒の情報収集に、キャリトレは非常におすすめです。 キャリトレには都心の成長企業・大手企業の有名企業が多くの分けて向けの求人を出しており、 経験が浅い第二新卒がメインターゲットになっています。 若手向けのキャリアアップ情報ならNo1 キャリトレは、あのビズリーチが運営する若手向け転職サイト。 特に 20代、30代をターゲットにしており、数々の成長企業の求人など、 第二新卒を中心とした若手のキャリアップ求人を数多く揃えています。 大手企業からITベンチャーまで キャリトレには、 楽天やサイバーエージェント、LINE、DeNAなどのメガベンチャーと言われる企業から、 Amazon、富士通、電通やpwc、SoftbankやIBMなどの大企業もキャリトレに求人を出しています。 基本は待ちでOK。 オファーも届く キャリトレの最大の特徴は、 いいねをするだけで、企業から面談確約のオファーが届くこと。 エージェントに会ったりしなくても市場価値を知ることが出来るので、 転職活動は忙しくてできないけど、どんな会社が自分に興味を持ってくれるか知りたい、という人に非常におすすめです。 営業・ビジネス職、企画職、事務・専門職などの職種の年収情報が報告されています。 例として、営業職の年収は300万円~600万円。 事務職の年収は300万円~500万円となっています。 ただしあくまで一般的な水準であり、人によっては、上記よりも大きな年収をもらっているケースはあるようです。 年収に関する口コミ情報 年度末に人事評価シートを提出する。 上手く根回しをすれば、評価が上がる可能性もある。 会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 りそなホールディングス -万円 -万円 1039万円 1004万円 748万円 737万円 799万円 927万円 909万円 958万円 901万円 886万円 915万円 917万円 952万円 923万円 889万円 872万円 892万円 -万円 三菱UFJフィナンシャル・グループ -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1113万円 1115万円 1141万円 1135万円 1085万円 1062万円 1054万円 1050万円 1047万円 1133万円 1066万円 1062万円 1068万円 -万円 三井住友フィナンシャルグループ -万円 -万円 -万円 1173万円 1119万円 1107万円 1148万円 1207万円 1337万円 1302万円 1295万円 1258万円 1222万円 1159万円 1265万円 1252万円 1273万円 1252万円 1188万円 1156万円 みずほフィナンシャルグループ -万円 1178万円 1209万円 1103万円 977万円 987万円 1003万円 1032万円 1067万円 1055万円 1006万円 995万円 971万円 930万円 932万円 948万円 970万円 991万円 987万円 912万円 カンタン5分 ゆうちょ銀行の転職情報 ゆうちょ銀行への転職を検討している方はこちらの記事をご参考ください。 その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。 保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。 特に 求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。 求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。 転職エージェント選びで迷っている方は、 総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 転職支援実績No. 圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。 求人の量・質 非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。 サポート リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。 担当者 業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。 転職エージェントを利用してみよう ゆうちょ銀行のような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。 エージェントに利用するメリットは、次の3つです。 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる• 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる• 企業との年収などの交渉もお願いできる 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる 世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。 しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。 転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。 丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。 そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる 初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。 そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。 一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。 はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。 企業との年収などの交渉もお願いできる 実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。 希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。 転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。 その理由は、「 あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。 関連記事 カンタン5分 ゆうちょ銀行の年齢別の推定年収 ゆうちょ銀行の平均年齢は、42. 8歳です。 平均年収は669万円です。 このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、ゆうちょ銀行の職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。 ご理解の上、ご参考ください。 20代の社員はまだ社歴が若いため、全体の平均年収よりも低い傾向にあります。 このことから、ゆうちょ銀行の20代の平均年収は、396〜462万円と想定されます。 30代の推定平均年収:539〜606万円 ゆうちょ銀行の30代の平均年収は、539〜606万円だと想定されます。 一般的な企業の30代の平均年収は263〜295万円となっており、20代の前半から30代の後半に掛けて、100万円以上も昇給があるものの、まだまだ全体成長過程といえます。 40代の推定平均年収:669〜736万円 一般的な企業の40代の平均年収は326〜359万円となっています。 年功序列形式の企業が多いため、40代で年収が上限に近くなってきています。 対して、ゆうちょ銀行の40代の平均年収は、669〜736万円です。 50代の推定平均年収:782〜795万円 ゆうちょ銀行の50代の平均年収は、782〜795万円だと思われます。 一般的な企業の50代の平均年収は381〜387万円となっています。 年収はピークに達し、50代での年収の増加は、あまり見込めないようです。 60代の推定平均年収:482〜560万円 ゆうちょ銀行の60代の平均年収はおよそ482〜560万円、一般的な企業の60代の平均年収は235〜273万円です。 50代で年収はピークを迎え、減少傾向になります。 ゆうちょ銀行の男女別の推定年収 厚生労働省が発表している、男女ごとの平均年収の分布を元に、ゆうちょ銀行の職種ごとの平均年収を推定してみました。 男性 女性 ゆうちょ銀行推定 737万円 536万円 平均 337. 6万円 245. 7万円 男性の推定平均年収:737万円 2020年現在、厚生労働省が発表している資料によると、男性の平均年収は337. 6万円と、女性よりも約1. 4倍の開きがあります。 ゆうちょ銀行の従業員の男女比は明らかにはされていませんが、仮に1:1の割合とすると、ゆうちょ銀行の平均年収は737万円です。 女性の推定平均年収:536万円 一般的な女性の平均年収は245. 7万円。 ゆうちょ銀行の平均年収は、約536万円だと推定されます。 ゆうちょ銀行の役職別の推定年収 厚生労働省が発表している、役職ごとの平均年収の分布を元に、ゆうちょ銀行の職種ごとの平均年収を推定してみました。 一般社員級 係長級 課長級 部長級 ゆうちょ銀行推定 473万円 876万円 1172万円 1441万円 平均 216. 8万円 401万円 536. 8万円 659. ゆうちょ銀行の一般社員の推定年収は、473万円です。 係長級の推定年収:876万円 係長級の社員は、一般社員の約1. 8倍の年収となっており、役職の有無が年収に大きな差を生むことがわかります。 ゆうちょ銀行の係長級の社員の推定年収は、876万円です。 課長級の推定年収:1172万円 課長級の社員は、係長級の社員の約1. 3倍の年収です。 一般社員と係長級の社員ほどの違いはないもの、およそ100万円以上の年収の違いがあります。 ゆうちょ銀行の課長級の社員の推定年収は、1172万円です。 部長級の推定年収:1441万円 部長級の社員の年収は、課長級の社員の、約1. 一般社員の約3倍の年収差があります。 ゆうちょ銀行の部長級の社員の推定年収は、1441万円です。

次の

【2020最新】ゆうちょ銀行の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!

ゆうちょ銀行 転職

ゆうちょ銀行の平均年収• 652万円• 初任給(大卒): 21. 3万円• 初任給(院卒): 22. ゆうちょ銀行の男女年齢別年収推移 年齢 男性年収 女性年収 20~24歳 340. 8万円~ 340. 8万円~ 25~29歳 486. 9万円~537. 9万円 445. 0万円~435. 2万円 30~34歳 515. 8万円~616. 8万円 459. 7万円~465. 4万円 35~39歳 535. 3万円~638. 3万円 478. 3万円~481. 6万円 40~44歳 597. 2万円~717. 2万円 530. 0万円~541. 2万円 45~49歳 682. 3万円~803. 3万円 610. 2万円~606. 1万円 50~54歳 749. 6万円~860. 6万円 674. 4万円~649. 4万円 55~59歳 742. 5万円~853. 5万円 666. 9万円~644. 0万円 60~64歳 472. 9万円~853. 5万円 427. 1万円~644. 0万円 目次• ゆうちょ銀行の年度別平均年収 ゆうちょ銀行の平均年収は、IRから統計を算出した結果 652万円でした。 年度別の年収を見てみると、 平成28年:654万円 平成27年:654万円 平成26年:650万円 となっており40代で 600万円以上はキープできていると推測されます。 給料が 約40. 7万円なので、そこから考えられる平均手取りは 約24. 7万円となりました。 ゆうちょ銀行の新卒初任給 ゆうちょ銀行の新卒初任給は、 21万2500円~23万8000円(大卒) 22万0500円~24万6960円(院卒) ゆうちょ銀行のおもな事業内容・かかわる職種 ゆうちょ銀行は郵政民営化法による郵政民営化に伴い2006年9月1日に準備会社として株式会社ゆうちょが設立され、2007年10月1日に株式会社ゆうちょ銀行に商号変更して設立されました。 日本郵政公社から主に郵便貯金事業を引き継ぎ貯金残高は約180兆円で、三菱UFJ銀行の預金残高の約149兆円を抜き2018年9月30日現在で国内最高の残高を誇っています。 職種ごとによる給与規定については特に書いていません。 出身大学 ゆうちょ銀行に勤める方を見てどこの出身大学が多いのかを調査してみました。 沢山採用される大学から普通に採用される大学まで3段階に分けてみました。 是非ご参考にご活用ください。 【毎年採用されやすい大学】 北海道大学、東北大学、新潟大学、宮城大学、筑波大学、東京大学、一橋大学、、富山大学、金沢大学、福井大学、福井県立大学、信州大学、静岡大学、名古屋大学、三重大学、滋賀大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、和歌山大学、岡山大学、島根大学、鳥取大学、広島大学、山口大学、徳島大学、愛媛大学、九州大学、佐賀大学、長崎大学、熊本大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、琉球大学 【それなりに採用される可能性が高い大学】 東京工業大学、東京都市大学、首都大学東京、東京理科大学、横浜国立大学、早稲田大学、青山学院大学、学習院大学、慶應義塾大学、上智大学、中央大学、法政大学、明治大学、同志社大学、立命館大学、兵庫県立大学、関西大学、近畿大学、大阪市立大学、大阪府立大学 【普通に採用される大学】 宇都宮大学、関東学院大学、工学院大学、高知工科大学、北見工業大学、武蔵大学、中央学院大学、明治学院大学、立正大学、龍谷大学、東洋大学、成蹊大学、成城大学、摂南大学、甲南大学、専修大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪電気通信大学、京都産業大学、大妻女子大学、創価大学、南山大学、崇城大学、大東文化大学、高崎経済大学、拓殖大学、玉川大学、千歳科学技術大学、千葉工業大学、東邦大学、東北学院大学、東北工業大学、文教大学、獨協大学、帝京科学大学、帝京大学、帝京平成大学、日本工業大学、日本大学、日本女子大学、八戸工業大学、電気通信大学、東海大学、名城大学、明星大学、豊田工業大学、桃山学院大学、広島工業大学、名古屋工業大学、九州工業大学、九州産業大学、福岡工業大学、福岡大学 理系大学からの採用が多いと感じます。 ゆうちょ銀行が求める人物像 求める人物像を見てみると下記のような人を求めているようです。 ・「誠実」で「情熱」と「高い志」を持ち、失敗を恐れず「チャレンジ」する人です。

次の

【2020最新】ゆうちょ銀行の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!

ゆうちょ銀行 転職

でも、実際に勤務したことがないと、実際にどんな業務を行っているのかイメージしづらい仕事でもありますよね。 郵便局で働く人が行っている業務は、郵便配達だけではありません。 保険の受付、郵便仕分け、電話対応など様々な業務があり、それぞれの業務ならではの辛さもあります。 実は、郵便局の仕事は「もう辞めたい…」と思ってしまう人が多いことでも有名な職場。 一体どんな理由で退職を決意する人が多いのでしょうか? これから郵便局で働こうか考えている方へ、また、現在郵便局で働いていてまさに悩んでいる方へ、辞めたくなる理由と解決方法を業務別にまとめてみました。 【はじめに】郵便局ってどんな仕事があるの? 郵便局の仕事というと、真っ先に思い浮かぶのが郵便配達や窓口の業務ですよね。 でも実は、郵便局の業務はそれ以外にも多岐にわたっており、様々な業務で募集されています。 業種によってもちろん業務内容は大きく異なるので、求人に応募する時には、自分の応募先の業務をしっかりと確認しておきましょう。 郵便局のコールセンターの業務内容は? 実は郵便局でも、コールセンターの担当が募集されています。 実際に行う業務は、 郵便の配達についての問い合わせがメインです。 宅配便の再配達のお電話のような感じですね。 基本的な再配達などは電話やネットなどで自動受付するようになっていますので、それ以外のあらゆる問い合わせの対応をすることになります。 郵便局によっては、近隣エリアの郵便局の分の電話も対応することがあり、企業のコールセンターと同様、1日中お客様からの電話をさばいていく仕事になります。 郵便局の内務の仕事内容 年末年始など、繁忙期にアルバイトとして募集がかかることが多い内務作業。 内務というと事務のようなイメージがあるかもしれませんが、メインの作業は 郵便物の仕分けと、仕分けした郵便物を配達担当のところまで運ぶ作業です。 仕分け業務の中でも、仕分けするレベル(丁目・番地などか、世帯か)によって担当が分かれていることが多いです。 ちなみに、市区町村などのレベルまでは機械ですでに仕分けが終わっているので、番地などを見てひたすら担当エリアのカゴに郵便物を放り込んでいきます。 土地勘がないと難しい作業に思えるかもしれませんが、仕分けカゴに丁目・番地が書いてあるので、住所などを詳しく知らない人でも作業できるようになっています。 また、郵便局によっては、 郵便物に消印を押したり、郵便物を種類別(着払いや代引き、配達日時や時間帯など)によって仕分けしていく作業もあります。 繁忙期のアルバイトは外勤と内勤が選べるようになっていますが、内勤となるとこの内務の作業を担当することになります。 郵便局の渉外って何? 郵便局で正社員として働くとなると耳にするのが「渉外」という職種です。 この仕事は、 郵便局が扱う生命保険や損害保険をお客様に販売する業務を担当します。 要は「営業職」というわけですね。 個人のお客様の対応をするため、お客様の家庭を訪問して相談にのったりすることもあり、地域にねざした営業活動を行っています。 商品によって様々な特徴があったり、法律・経済の知識がないとお客様の質問に対応できないことから、幅広い知識が必要となります。 また、定期的に制度改正があるため、正しい知識を身につけるため、常に勉強が欠かせません。 郵便局の窓口業務とは 郵便局の窓口業務は、わたしたちも普段目にする業務なので、イメージしやすいかもしれませんね。 郵便局の窓口業務では、 郵便物の受付をしたり、切手やハガキなどの販売を行います。 また、郵便局によっては、経理などの業務も担当することがあります。 その他にも、お中元やお歳暮、バレンタインや父の日など各シーズンのギフトの販売をすることも。 様々な業務を担当するので、覚えることがとても多くあります。 応募する際には、どの業務を担当するのか、教育体制などはどうなっているのか、何人くらいの体制でやっているのかなど、詳しく確認しておくようにしましょう。 それぞれの雇用形態の仕事内容とデメリットについてまとめてみました。 郵便局のパートの時給は?主婦が多いって本当? 郵便局では、パートの方も多くいます。 勤務時間は人によって様々で、フルタイムで働いている人や、週3〜4日・数時間程度働く、という人もいます。 パート・アルバイトの割合が多い業務は、内務やコールセンターです。 年齢層は幅広く、50代くらいの女性の方から、20代前半の学生さんまで様々な人が働いています。 勤続年数も様々で、10年以上続けているようなベテランの方もいますが、郵便局によっては人の出入りが激しく、数ヶ月〜1年程度の方が多い…という郵便局もあるようです。 これは職場の人間関係の影響が大きいため、面接時に同僚の方々の年代・勤続年数を聞いておくようにしましょう。 あまりにも勤務歴が短い人が多い・働く人の年代に偏りがあって馴染みにくそうだと思ったら、避けたほうがいい職場かもしれません。 そして、働く上で気になるのが、時給ですよね。 郵便局のパート・アルバイトの時給は、一般の職場とほぼ変わりがありません。 地域によってバラつきがありますが、スーパーなどのパートの時給と同じくらいです。 高い時給を期待する人にとっては、ちょっと期待はずれと思うかもしれません。 しかし、基本的に立ち仕事がほぼなく、デスクワークがメインの仕事になりますので、 体力に自信がない方でも続けやすい職場だと言えます。 郵便局の正社員の年収は?どんな職種があるの? 特に新卒の方は、就職先として郵便局を選ぶかどうか悩んでいる人も多いと思います。 総合職は日本郵政グループ全体での採用となり、内定後に配属が決まります。 地域基幹職と一般職は、募集の時点で各社(日本郵便、かんぽ生命、ゆうちょ銀行)に分かれているので、自分の希望する会社にエントリーできます。 日本郵政グループの総合職の業務内容・給料 総合職として入社すると、将来的には地域の郵便局ではなく、 本社組織で企画・制度づくりを担当することになります。 ただ、最初の数年は郵便局の支店にて勤務することが一般的なので、転勤がないわけではありません。 むしろ一般職や地域基幹職と比べ、辞令によって色々な郵便局にいかなければならないので、転勤の可能性が高い職種でもあります。 また、研修が終わった後でも、様々な店舗に出向き、責任者として改善をしていくこともありますので、常に転勤・出張の可能性はあります。 日本郵便・かんぽ生命・ゆうちょ銀行の地域基幹職とは 地域基幹職は、 地域密着でお客様と対面する仕事がメインになります。 具体的には、先ほどご紹介した渉外業務につく人が多いようです。 基本的に1つの地域での勤務が約束されている職種ですので、正社員とはいえ転勤の可能性はほぼありません。 給料は、こちらも採用される地域によって多少前後しますが、 新卒で月17万円前後となっているようです。 総合職より若干安めの水準となりますが、採用人数が多いため、総合職より就職活動の難易度は下がります。 日本郵便・かんぽ生命・ゆうちょ銀行の一般職の仕事・給料 一般職は、地域基幹職同様、 地域でお客様と接する仕事がメインになります。 具体的にはコールセンターや窓口業務に配属になる場合が多いです。 アルバイト・パートの方々のマネジメント業務も含みます。 ちなみに、いずれの職種も 昇給のチャンスは年1回で、賞与は年2回となっています。 ボーナスはだいたい1ヶ月分くらいの年が多いようです。 ちなみに、郵便局が民営化される前は、ボーナスも2. 5ヶ月分ほど出ており、今より年収は高めになっていたようですので、民営化前の郵便局で働いていた方は「給料はよかった」と話す人もいます。 今まさに悩んでいる人は、経験者によるアドバイスを参考にしてみてくださいね。 コールセンター経験者の声 (30代・女性・パート勤務) パートとして郵便局のコールセンターに採用されました。 それまでクリーニング屋でパートをしていたので、接客業には自信がありました。 コールセンターは未経験でしたが、未経験から入社した人も多くて安心しました。 でも、実際に業務が始まると、初日からいきなりクレームが…。 自動受付では対応できない困りごとを電話で受け付けるため、 電話に出た瞬間怒鳴られる、なんてことも1日に数件あります。 あとは、いくら説明しても聞いてもらえず、同じような話を延々とされたり…ということもありますね。 前の職場より体力的に楽な仕事なはずなのに、家に帰るともうグッタリで、家事をやる気力も起きないほどです。 まだ入って1ヶ月ですが、辞めるなら早いほうがいいのかも?と悩んでいます。 でも1ヶ月という短期間で辞めると、次の職場が見つからないかもしれませんし…。 このまま我慢するか、いっそ早く退職するか悩んでいます。 コールセンターでクレームが多い時の解決法 コールセンターの電話対応では、本当にクレームが多いですよね。 言いがかりのような文句を言い続けられると、精神的にも疲れてしまいます。 怒鳴るようにクレームを言うお客様は興奮状態になっているので、 相手の話を繰り返しながら根気よく話を聞くことで、冷静さを取り戻していただけることもあります。 もちろんそうでないお客様も多いので、トークでどうにも出来ないこともある、というのが実情です。 クレームに関してはずっと続けていると慣れるもの、という部分もありますが、 ストレスに対する耐性は人によって大きく違います。 特に気にせず何年間も業務を続けられる方もいますし、ストレスのあまり体調を崩してしまう方もいます。 1ヶ月経ってもクレームになれず、疲れ切ってしまっているようでしたら、自分の身体を最優先に考え、我慢せずに新しい職場に移るというのも有効だと思います。 現在は企業でもコールセンターのスタッフを募集しており、業務によってはクレームが少ないものもあります。 そういった職場で経験を活かして働くことも出来るので、1ヶ月という勤務期間を気にせず、働き方を考えてみてくださいね。 人手不足なようで、応募した人のほとんどが採用されたようです。 やった仕事は、郵便物を番地ごとにわける作業でした。 色々な郵便物が入ったカゴの中から、それぞれの番地名が書かれたカゴへ郵便物を分けていくのです。 最初のうちは番地がわからず時間がかかっていましたが、やっているうちに早く出来るようになりました。 予想外に大変だったのは、仕分けした郵便物が入ったカゴを、配達担当のところまで持っていく作業です。 重たくて、せっかく内勤にしたのに腰が痛くなりました…。 また、繁忙期だったせいもあり、毎日のように残業がありました。 断ると露骨に嫌な反応をされるので、断ることもできなくて…。 もちろん残業手当は出るのですが、朝から働いてさらに残業、というのはきつかったですね。 内務で残業が多い時の解決法 パート・アルバイトでも年賀状シーズンは残業が多くなりますよね。 残業することが厳しい方は、入社前にしっかり勤務時間を確認しておくことに加えて、育児や家の都合でどうしても働けない時間帯があることを伝えておいたほうが良いでしょう。 郵便局の内務は基本的に複数人でまわしているため、残業ができる方とセットでシフトに入る等の配慮をしてもらえると思います。 また、時給と業務内容を考えると、ほかのアルバイトのほうが条件が良い…ということもあります。 定期的に他の求人情報をみてみることで、もっと効率的に働ける方法がないか探してみるもの良いと思います。 地元で働きたかったので、家から近い郵便局で働けるのは嬉しいのですが、 毎月毎月ノルマがきつすぎて、正直辞めようか悩んでいます…。 売上成績が重視されるので、先輩社員も月末はピリピリしているし、人間関係もよくありません。 母の日ギフトなどを自腹で買い取ったり、年賀状も1人500枚はさばくように!というような季節に応じたノルマもあるので、そのノルマがこなせないと居場所がないような雰囲気です。 ほかの仕事でも営業のノルマは存在すると思いますが、やはり今の職場の基準は高すぎて理不尽な気がします。 渉外でノルマがきつい時の解決法 渉外担当になると、毎月の売上目標がノルマとしてふってきます。 これは人事評価にも組み入れられているので、渉外をやる以上ノルマがなくなることはありません。 しかし、業務を続けるうちに、地域に「お得意様」が出てくるようになります。 地道に足を運んだり相談を聞いたりして、地域の方の信頼を集め、あなたのファンを増やしていくようにしましょう。 そうすれば将来、今よりノルマ達成が楽になります。 また、保険の商材は、 細かい専門知識を身につけることでより良い提案ができるようになり、売上アップにつながることもあります。 商品に関する知識が必要なのは、郵便局の商材にかかわらず他の営業職でも同じことですが、商材として保険に興味が持てないということであれば、転職して商材を変えるというのも良いかと思います。 ちなみに、郵便局でノルマが存在するのは渉外担当の社員のみではありません。 時期によってはパート・アルバイトの方でも残業が多くあったり、年賀状やかもめーるの購入ノルマがある場合があります。 また、入社するときの契約時に、ノルマに同意するように言われたりする例もあるようです。 もちろんこういったノルマの強要は全国の郵便局で行われているわけではなく、厳しく取り締まられているようです。 こういった買取やノルマを強要されたら、その職場は避けたほうが良いでしょう。 今の窓口業務について1年になるのですが、いつも周りの社員さんに迷惑をかけてばかりで辛いです…。 郵便物の受付だけをとっても、種類がとても多く、配送方法や料金を覚えるだけで大変です。 教えてもらう度にメモをとって忘れないようにするのですが、操作ミスをしては先輩社員に怒られています。 気をつけようと思うと余計に緊張して、ミスが出てしまいます。 この業務自体が向いていないのでは?と毎日悩んでいます…。 窓口で業務を覚えるのが大変な時の解決法 郵便も保険も銀行業務も、細かく対応方法が決められているので、覚えるまではとても大変ですよね。 窓口では様々な質問にも対応しなければならないので、幅広い知識も必要です。 逆に言えば、知識がつき、対応方法を覚えてさえしまえば業務も楽になるのですが、こういった業務には人によって得意・不得意が大きくでます。 業務は覚えているのにうまくできない、ということでしたら、無理に今の業務を続けず、もっとあなたに向いている業務を探したほうが良いかもしれません。 毎日長時間働いているわけですから、不得意な業務で失敗して、なかなか評価されない…というのはもったいない気がします。 なにより、 苦手な仕事をして嫌な思いをするより、向いている仕事でしっかりと実力を発揮して評価してもらえたほうが、今後のキャリアにとってもプラスになりますよね。 向いていないなあと思うことがあれば、別の業界も含めて転職を検討してみましょう。 適している業界がわからないという場合は、転職エージェントなど第三者に相談してみると、自分の得意・不得意な分野を見つけやすくなります。 郵便局を辞めたくなったら、何をすれば良い? ここまで、郵便局の業務で辛いと感じるポイントと、それに対する解決策を見てきました。 ただ、どれだけ悩みを解決しようとしても、業務そのものや郵便局内の人間関係による問題点は、なかなか個人の力で根本解決することはできません。 悩むことがあれば、我慢したり無理することなく、「辞める」という選択肢についても考えてみてください。 しかし、退職するとなると不安に思うこともたくさんありますよね。 次の職場が見つかるのか、今より給料が下がるんじゃないか、本当にもっと適した職業があるのか…。 こういった悩みは、 具体的な求人を見てみることが、判断の材料になります。 そのため、退職するにしろ、しないにしろ、一度色々な求人をみてこれからのキャリアの参考にする、というのがオススメです。 次にステップアップするために必要なスキルや情報(取るべき資格、ベストな転職時期など)も、わかりやすくなります。 求人自体があっても自分が採用されるかどうか心配…という方は、転職エージェントにいくつか登録してみて、専門のコンサルタントにピックアップしてもらった職場を見てみましょう。 今の仕事で忙しくても、効率的に情報を集めることができますよ。 まとめ:郵便局を辞めたいと思ったら、我慢せず行動してみよう 繰り返しになりますが、郵便局を辞めたいと思っている方は、まず行動してみることがおすすめです。 判断材料がないまま今の仕事をなんとなく続けてしまうと、 あなたの実力がいつまでも評価されなかったり、働くこと自体が苦痛になったりと、キャリアにとってマイナスになります。 今の職場で改善されるように動くか、転職して新しい環境で再挑戦するか。 どちらの道に進むとしても、 まず行動して情報を集め、それから判断することで、あなたのキャリアにとってより良い判断が出来るようになります。 どう情報を集めるべきかわからない方は、ほかの業界の友人に聞いてみたり、様々な業界の求人を扱っている転職エージェントの話を聞いてみましょう。 きっと今の悩みが解消されて、のびのびとあなたらしく働ける職場が見つかると思いますよ。 「もう辞めたい…」そんなハズレ職場を引かない、優良転職エージェントを見分けるコツ ほとんどの転職エージェントは無料で使うことができます。 しかし中には、「もう辞めたい…」と思うような いわゆる "ハズレ職場" ばかり紹介された、という残念な転職エージェントも。 優秀な転職エージェントと出会えると、転職にかける時間や労力を省くこともでき、二人三脚で転職後まで手厚くサポートしてくれるため、とても心強い味方となります。 しかし、ハズレの転職エージェントを引いてしまうと、自分の希望とは違う条件の求人しか出てこないばかりか、うまく話に乗せられて今より更に過酷な職場に転職してしまうリスクもあるんです。 転職を成功に導いてくれる転職エージェントか、そうでない転職エージェントなのか、見分ける時のポイントは以下の3つです。 求人情報を大量に保有している• 幅広い業界の転職知識・サポート経験がある• 転職業界において有名な企業である どうしてこれらの3つが重要なのか、詳しく説明していきますね。 求人情報を大量に保有している 転職エージェントとして欠かせない条件が、求人数です。 転職エージェントのサイトを見てみると、どの転職エージェントも豊富に求人を持っているように見えます。 しかし、サイトに表示されている求人数は、全国のあらゆる条件の求人をすべて合算した数値。 その中から、自分の希望する勤務地、業界、職種、給料・・・と絞り込んでいくと、求人が1件も残らなかった、というケースがよくあります。 実際に転職エージェントを利用したことがある人に聞いてみても、「登録したけど、なにも連絡がなかった」という人も。 あまり希望の条件が多くない人でも、求人数は少なくとも5千件以上ある転職エージェントを選びましょう。 できれば、1万件以上の求人を持っている転職エージェントが安心です。 選択肢がたくさんある状態で、ベストな転職先を選んでいける状態にしましょう。 幅広い業界の転職知識・サポート経験がある 転職エージェントを選ぶ時に迷うのが、自分の業界に特化している転職エージェントが良いのか、広く業界対応している転職エージェントが良いのか、という点です。 わたし自身、自分が転職を経験するまで、専門業界に特化した転職エージェントのほうが良いと思っていました。 そのほうが、自分の悩みをより深く理解してくれて、良い条件の求人を提案してくれると思っていたからです。 しかし結論をいうと、 転職を間違いなく成功させたいなら、特定の業界に特化した転職エージェントだけではなく、幅広い業界の求人を持っている転職エージェントも必ず1つは登録しておくべきです。 わたしは転職時に今までのスキルを活かして同じような業界を、と考えていたのですが、担当者さんから「同じようなご経歴の方は、こんなお仕事でも活躍されています」という話を聞かせてもらって、それがすごく勉強になったのです。 今までの経験が、違う業界でも役立つ(しかも、お給料などの待遇もアップする!)なんて思ってもみませんでした。 こういう転職テクニックを教えてくれるのは、特定の業界のみしか扱っていない転職エージェントさんでは出来ないことですよね。 また、幅広い業界につながりがある転職エージェントは、1つの企業から様々な業種な求人を集めることができるため、特殊な職種の転職でも「求人がない」という事態に陥りにくいようです。 みなさんも、もしかしたら目からウロコの求人を教えてもらえるかもしれません。 損をしないためにも、ぜひ一度は話を聞いてみることをオススメします。 転職業界において有名な企業である これはつまり、「大手の転職エージェントかどうか?」ということです。 大手の転職エージェントだと、利用者もたくさんいるから1人1人のケアがしっかりしていないんじゃないの?と不安な人もいると思います。 小さい規模でも熱心に対応してくれる担当者さんがいいな・・・と思う人もいますよね。 でもこれ、実は間違いなんです。 企業の採用担当者の立場から見てみると、採用活動を手伝ってほしいと思った時に、名前の知れない無名な会社と契約するのは不安ですよね。 大手の転職エージェントのほうが、たくさんの候補者から、自分の会社にあう人を厳選して紹介してくれそうだ、と考える人が多いと思います。 つまり、転職エージェントとしての知名度が高いほど、たくさんの求人を集めやすくなるんです。 保有している求人数の大切さは先ほどご説明しましたが、これによって、わたしたち転職者は、より条件の良い求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。 有名な転職エージェントのほうが良い求人を見つけやすい、ということなんですね。 また、大手の企業は社員の教育体制がしっかりしていたり、上司によるサポート体制がしっかりしているので、「ハズレ担当者」をひく可能性が低いのもオススメな理由です。 もし担当者さんに不満があっても、他の担当者さんにすぐ変えてもらうこともできます。 もちろん小規模の転職エージェントさんでも、素晴らしい会社はあると思います。 でも、念のためにひとつ登録しておくのであれば、私は「大手の転職エージェント」が間違いなくオススメだと思います。 徹底比較!「失敗しない転職エージェント」ランキング 第1位!マイナビエージェント 1. 私が転職した時も様々な転職エージェントを利用しましたが、連絡のスピード、サポートの丁寧さなど、担当者の対応が一番良かったのがマイナビでした。 さすが、中途向けの転職サービスで長く続いてきただけあるな…と納得のクオリティです。 サイト上で公開されている求人数は1万3千件と、一般的な求人サイトより求人数が多めなのも嬉しいポイントです(2019年3月時点)。 さらに非公開の求人も2万件以上保有しており、無料の会員登録をすると、希望にあう職場が見つかる可能性がかなり高くなります。 担当者さんが責任を持って入社後までサポートしてくれるので、履歴書や面接などに不安がある方でも安心だと思います。 下記の公式サイトから無料で会員登録ができるので、どの転職エージェントを使おうか迷っている方も、とりあえず登録しておくことをオススメします。 第2位!リクルートエージェント 1. わたしがリクルートエージェントをおすすめする理由は、求人数が他のサービスと比べて圧倒的だからです。 サイト上で公開されている求人を見てみると、なんと5万件以上!非公開の求人は20万件以上という、驚きの求人数です(2019年3月時点)。 ここまで求人数が多いと、どうやって絞り込んでいったら良いか迷ってしまいますが、そこは転職エージェントにおまかせで大丈夫。 ただし、しっかりと正確に絞り込んでもらうために、過去の経歴、今までの職場で嫌だった・よかった所など、詳しく担当者に伝えるようにしましょう。 すでに転職先や転職エージェントは大体決まっているけど…という人も、もっと条件の良い職場がないか念のためチェックするために、とりあえず登録しておくことをオススメします。

次の