ダイホロウ。 【ポケカ】ドラパルトVMAXデッキレシピと使い方を解説!ダメカンをばらまきまくれ

【ポケモン剣盾】キョダイマックスゲンガーが解禁されるけどダイホロウよりはマシか?

ダイホロウ

先日のつのおふで使用したパーティ。 ランクマッチの動画も投稿しました。 ダイマックス横のサイドチェンジジャンケンに腹が立ったので、思考停止の高火力全体技で押し切るパーティが作りたいと思ったのがこの構築のきっかけ。 守られると効果がなく完全に初手の動きが腐るので、誓いを撃つ方向はかなり重要。 基本的にはエルフーンやトゲキッスなど守らず追い風等をしてきそうな方に撃つ。 誓い後に生き残ったらダイストリームで雨を降らしながら、ブルンゲルの潮吹きにスムーズに繋げたい。 最初ランクマッチではスカーフで使っていたけれど、最速ジュラルドンが追い風からダイサンダーでインテレオンワンパンしてきたのでタスキ運用に変えた。 火力も確保できるので多分こっちのが強い。 インテレオンの水の誓いを受けて、草の誓いで湿原を展開する。 物理耐久は補正あり命の球ドリュウズのA252ダイアース 威力130 耐え。 特殊耐久は補正あり命の球ジュラルドンのC252ダイドラグーン 威力140 耐え。 湿原中は追い風エルフーン S368 や軽業ルチャブル S374 より速いため、ほとんどの相手の上を取れる。 最速すいすいカマスジョー S412 とは同速になるので、湿原ミラー考えても努力値S4振っておいても良いかもしれない。 誓い後にインテレオンと一緒に生き残ったら基本は爆発、インテレオンが落ちていたらダイストリームで雨を降らせる。 有利局面作れそうなら、ダイアタックなどで普通に殴るのもアリ。 先手で岩雪崩を受けた場合、どちらか片方でも怯むと湿原が展開できなくなるので、砂ドリュウズがダイマックスするととても安心する。 C252振り、素早さをシルヴァディより1遅くして、残りを耐久に振り分け。 最初は火力を求めてオクタンを使おうと思っていたけれど、湿原できない場合勝てないと踏んでサブプランとしてトリルの選択肢もあるブルンゲルを採用。 雨眼鏡潮吹きの火力はなかなかのものだけど絶妙に火力が足りなくて、半減やダイマックス相手にはゴリ押しでも落としきれない場面が多々ある。 他に適任がいないんだから仕方ないね。 素早さは湿原下で追い風状態のドラパルト S426 抜き、HPはソウルビートする場合を考えて3n-1にしている。 爆音波は味方のブルンゲルに無効でフェアリー相手にも通り、のどスプレーの発動もできるので地味に優秀。 湿原が切れるターンには相手が守るを選択しやすいので、それに合わせてソウルビートするのも結構強い。 ミミッキュには手も足も出ない構成。 ソウルビートが活きる場面はそこまで多くないので、ソウルビート切ってラスターカノンとか入れてもいいかも。 トリル始動の場合、ブルンゲルのダイホロウでサイコショックの火力が上がるシナジーもあり、フィールド効果も相まってそこそこの火力が出せる。 潮吹きの火力を保ちたいと思って癒しの波動も入れてるけど、一度も使ったことがないので別の技に変えてもいいかも。 素早さはジャラランガより1速い。 ブルンゲルやジャラランガをデコって超火力の全体技で押し切る。 仲間作りは相手の貯水や呼び水、防音を消して強引に落とすために使える。 貴重な湿原ターンに悪戯挑発を受けたくないのでアロマベールにしているけど、催眠が流行ってきているようなのでスイートベールも良さそう。 ラムの実は湿原中に悪戯電磁波されると、行動順が逆になってデコ潮吹きできなくなるので持たせたものの、実際には隣に電磁波飛んできてデコったのに痺れて動けないパターンしかなくて悲しい。 ~How to use~ S実数値100程度の中速で固めているため、湿原やトリルを展開して相手の上を取って殴っていかないと勝てないので、初手の動きが非常に重要。 というか、初手で失敗すると大体そのまま負ける。 ブルンゲルはトリル後ダイマックスでこだわり解除orシルヴァディに引いて爆破しつつ潮吹きというような流れ。 湿原想定の相手には、この動きが結構刺さりやすい。 トリル役がサマヨールならインテレオンのダイホロウ+シルヴァディの噛み砕くで強引に落とす。 スカーフヒヒダルマの馬鹿力や軽業ルチャブル、エルフーンの追い風+はりきりパッチラゴンなど。 メインプランの湿原が通らない場合のサブプランとして、トリルの選択肢をそれほど無理なく導入できた点。 個々のダイマックス技と他のポケモンのシナジーが多い点がとても気に入ってます。 特に、水の通りが悪い相手にはシルヴァディのダイアーク+ブルンゲルの潮吹きで強引に落としたり、トリルからブルンゲルのダイホロウ+シルヴァディの爆発に繋げるなどは芸術点が高いと自負しております。 このルールではダイマックスが強いためワイドガードはほぼ見なくて、サイドチェンジが飛び交う環境なので、高火力の全体技は頭を悩ませずに使えるので精神衛生上よいですね。

次の

ダイマックス

ダイホロウ

技の分類 技名 効果 へんか ダイウォール ・相手のダイマックス技を含む技を防ぐ ・連続で出すと失敗しやすくなる ダイマックス技とは ダイマックス中に発動できる技 ダイマックス技とは、ダイマックス中に発動出来る技のことである。 ダイマックス技は確定で当たる、まもるの敵に対してもダメージを与えるなどの特殊な効果がある。 ダイマックス技の分類 ダイマックス技は使用後に発動する効果によって分類できる。 分類ごとに技を紹介する。 ただしダイウォールだけは、例外でそもそもの効果が異なる。 ダイマックス技の効果による分類• 天候を変える• フィールドを変える• 味方のステータスを上げる• 相手のステータスを下げる• 技を防ぐ ダイウォール ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】ダイマックス技の効果一覧【ポケモンソードシールド】

ダイホロウ

概要 したポケモンが覚えている技はダイマックスわざとなる。 の場合は対応したタイプのダイマックスわざに、の場合は全てに変化する。 ダイマックスわざ一覧 ダイマックスわざはタイプごとに異なる効果がある。 威力は。 ダイマックスわざ タイプ 効果 相手全体のを下げる 味方全体のが上がる 味方全体のが上がる 味方全体のが上がる 味方全体のが上がる を状態にする 相手全体のを下げる 相手全体のを下げる 味方全体のが上がる を状態にする を状態にする を状態にする を状態にする を状態にする を状態にする 相手全体のを下げる 相手全体のを下げる を状態にする ダイマックスわざを含んだほぼ全てのわざを防ぐ 注釈• タイプによらず、すべてのはノーマルタイプのダイウォールとなる。 キョダイマックスわざ一覧 キョダイマックスしたポケモンの特定のタイプの攻撃技はキョダイマックスわざになる。 キョダイマックスわざは通常のダイマックスわざとは異なる効果を発揮する。 相手全体を・・状態のいずれかにする。 相手全体を状態にする。 相手全体を状態にする。 戦闘終了後にが拾える。 味方全体のランクが1段階上がる。 相手全体を状態にする。 相手全体のを下げる。 味方の場を状態にする。 相手全体の使用者とが異なるポケモンを状態にする。 相手全体を状態にする。 相手のの影響を受けない。 相手のの影響を受けない。 相手のの影響を受けない。 相手の場の・・、両方の場の、を消し去る。 場を状態にする。 相手の場を状態にする。 相手全体のを下げる。 場にいる味方全体のを治す。 相手全体をすなじごくに閉じ込め状態にする。 相手全体をか状態にする。 相手全体をほのおのうずに閉じ込め状態にする。 相手全体を状態にする。 相手全体が最後に使った技のを2減らす。 いちげきのかた 状態やを無視してダメージを与える。 れんげきのかた 状態やを無視してダメージを与える。 威力 ダイマックスわざの威力は、基本的に元の技の威力に応じて決まる。 ダイマックスわざの・・分類はダイマックス前の技に準拠する。 元の技の・・その他技の効果などは考慮されなくなる。 ダイマックスわざは元の攻撃技によらず必中し、ではなくなる。 このため技の効果も発動する。 ただしはほぼ全てのダイマックスわざを完全に防ぐことができる。 ダイウォールで防がれたダイマックスわざの効果は発動しない。 ダイマックスわざは味方に使用することができない。 ただし・は味方のダイマックスわざも吸収し、無効化する。 ダイマックスわざによる効果は一般技のとは少し仕様が異なる。 ダイマックスわざによるダメージは1体のみであっても、効果は全体に作用する。 特性のポケモンが使用するダイマックスわざでも技の効果が発動し、ちからずくの効果で威力が増えることは無い。 ダイマックスわざによる能力下降の効果や、の付加効果等は特性で防ぐことができない。 ダイマックスわざのダメージは状態で防ぐことができるが、発動する効果はみがわり状態では防げない。 通常の技と同じようにやで技が無効化されたときや、すでに対象がになっていたため技が失敗したときではダイマックスわざの効果は発動しない。 状態などで姿を隠していることでダイマックスわざは回避できる。 このとき技の効果も発動しない。 隠れているポケモンの味方のポケモンがダイマックスわざを受けた場合は、隠れているポケモンも技の影響を受ける。 ダイマックスわざによる能力変化は特性・の影響で変わる。 状態になったポケモンが使用する攻撃系ダイマックスわざ、および状態の場にいるポケモンが使用するタイプのダイマックスわざは全てに変わり、追加効果もになる。 影響を受けたポケモンがキョダイピカチュウかキョダイストリンダーである場合、ダイサンダーではなくそれぞれ専用のキョダイマックスわざを出し、追加効果もそれに合わせて変わる。 のポケモンはノーマルタイプの攻撃技をにして使用できる。 このときフェアリースキンによる威力補正は無くなる。 ・・・ はダイマックスわざにしても元の技と同じ条件でタイプが変わる。 ダイマックスわざに対する・は失敗する。 ダイマックスわざに対するは、そのベースとなった技を使用する。 ダイマックスわざは・・状態の影響を無視して出すことができる。 状態の影響は受ける。 ダイマックスする前、これらの状態で出せる技がないポケモンが「たたかう」を押すと自動的にを出すことになるためダイマックスさせることはできない。 ダイマックスが解除されたポケモンに対してが使用された場合、その前に使用したダイマックスわざのベースになったわざにアンコールがかかる。 ダイマックスが解除されたポケモンに対してが使用された場合、かなしばりは失敗する。 分類 - - - - - - - - - - - - - システム - - - - - - 一覧 わざ一覧 - - - - - -.

次の