野戦行動。 【荒野行動】重い人必見!基本設定と動作を軽くするおすすめ設定!

野戦教範に見る日本のブラック性について・下: 戦闘教師「ケン」 華東大乱編

野戦行動

私が尊敬する「ナイチンゲール」についてお話しいたします。 ナイチンゲールの生涯の中で、クリミア戦争での活躍はあまりにも有名ですが、 詳細な記録を読まれた人は少ないのではないでしょうか。 以下に、書籍「フロレンス・ナイチンゲールの生涯」から 当時の状況とナイチンゲールの行動をご紹介いたします。 >下着、在庫なし。 靴下、在庫なし。 皿、在庫なし。 ブリキのコップ、在庫なし。 陶器の尿器、金属製ならば多数あり。 蓋付き便器、多数あるも蓋なし・・ これは、1954年当時、クスタリの野戦病院の記録です。 この戦争で、1855年冬までに病院に収容された兵士は1万2000名にのぼり、 「惨禍の歴史にも他に類なき惨禍であった」と彼女は述べています。 当時の看護師たちは治療よりもむしろ、洗濯、料理、清掃、衣服の繕いもの、 食事の支給、汚物処理などを行っていました。 初期の病院には赤痢で苦しんでいる患者が1000人以上いましたが、 室内便器は20個しかなく、便所は使用不能のまま放置され、 床上1センチにも及ぶ汚水が溜まっており、隣室まで 汚水が漏れ出ているありさまでした。 患者たちは、靴を履かずに汚水の中に入らねばならず、 彼らはわざわざ便所に行こうともしなくなりました。 この不潔な環境の中に食料も置かれていました。 彼女は手記に「患者たちは丹毒、熱病、壊疽(えそ)などで苦しんでいる。 赤痢患者の二人に一人は死んでいる」と書いています。 兵士の体にはノミやシラミがたかり、ズボンも上着もぼろぼろという状態でした。 兵士たちは自分があまりに不潔なので、看護師たちに 「近寄らないでほしい」と頼んでもいるありさまでした。 このように野戦病院の管理体制が完全に崩壊している中で、 ナイチンゲールは仕事をしていました。 彼女は「雑用係も足りず、容器も足りず、水さえ不足しています。 私は、ナイフやフォーク、スプーン、カップやタオルまで、 すべての身の回りの品を支給することに尽力しています」 「私たちは首まで血の海に浸かっています」と手紙に書き、 本国からの救援を要請しました。 やがて床清掃をするためのブラシ200本と雑巾が野戦病院に届けられました。 ナイチンゲールは感染症の予防のため、清掃と汚物管理を徹底します。 彼女は、24時間立ち仕事を継続したり、死に瀕している患者が 死によって苦痛から解き放たれるまで傍を離れようとしませんでした。 「絶対に一人では死なせない」というのが彼女の鉄則でした。 どの世界でも、献身と妥協、利他と自利は対立するものです。 このようにとびぬけた活躍が嫉妬され、また利害関係で衝突し、 彼女は医師や他の看護師から嫌われたのでした。 その彼女を兵士たちは敬慕して次のように称賛しました。 「あの方が通り過ぎる姿を目にしただけで、どれほど慰められただろう」 「彼女はある者には言葉をかけ、他の多くの者たちには微笑みを投げかけた。 もちろん、われわれは何百、何千といたので、全員にそうする ことはできなかったが、それでもわれわれは彼女の影に 接吻(くちづけ)し、それから再び枕に頭を埋めた」 ナイチンゲールは新しい施設に兵士800名を迎え入れます。 そのときの状態をある兵士は次のように語っています。 >不潔な病人船をようやく降りて、ナイチンゲールとその看護師たちに 清潔なベッドと温かい食物をもって迎え入れられた ときの気分は、まるで天国にいるように感じた。 クリミア戦争終結ののち、ナイチンゲールは英雄として帰国しました。 彼女は世の中の人々が求める娯楽や遊びに興味を示しませんでした。 わずか半年のうちに兵士の73%が感染症などで死亡した野戦病院の生活を経て、 手紙、日記などの各所に「私は地獄を見た」「私はけっして忘れない」 と繰り返し書きながら、看護学校を創設したのです。 これがナイチンゲールの人生なのですが、皆さまは どのようにお感じになられるでしょうか。 私は今、物資に満たされた21世紀の介護施設で仕事をしています。 安全で衛生的なベッド、臭いのないトイレ、不足なく存在する食器や サポート用具類、温度管理された快適な居室・・ クリミア戦争当時のことを学ぶと、近代の病院や介護施設は まさに天国としか言いようがありません。 外部リンク• 検索 カテゴリ 最新のコメント by 天翔る人 at 16:20 by sokanomori3 at 07:58 by 天翔る人 at 16:17 by sokanomori3 at 07:12 by キョンシー at 20:29 by らむ at 20:59 by sokanomori3 at 00:12 by sokanomori3 at 23:41 by らむ at 15:55 by sokanomori3 at 20:00 by kaisen at 17:23 by sokanomori3 at 15:03 by 千早 at 14:53 by sokanomori3 at 20:29 by そうねん。 at 11:22 by sokanomori3 at 07:12 by 千早 at 21:52 by 千早 at 08:01 by P子 at 05:35 by P子ちゃん at 05:18 リンク.

次の

野戦教範に見る日本のブラック性について・下: 戦闘教師「ケン」 華東大乱編

野戦行動

私が尊敬する「ナイチンゲール」についてお話しいたします。 ナイチンゲールの生涯の中で、クリミア戦争での活躍はあまりにも有名ですが、 詳細な記録を読まれた人は少ないのではないでしょうか。 以下に、書籍「フロレンス・ナイチンゲールの生涯」から 当時の状況とナイチンゲールの行動をご紹介いたします。 >下着、在庫なし。 靴下、在庫なし。 皿、在庫なし。 ブリキのコップ、在庫なし。 陶器の尿器、金属製ならば多数あり。 蓋付き便器、多数あるも蓋なし・・ これは、1954年当時、クスタリの野戦病院の記録です。 この戦争で、1855年冬までに病院に収容された兵士は1万2000名にのぼり、 「惨禍の歴史にも他に類なき惨禍であった」と彼女は述べています。 当時の看護師たちは治療よりもむしろ、洗濯、料理、清掃、衣服の繕いもの、 食事の支給、汚物処理などを行っていました。 初期の病院には赤痢で苦しんでいる患者が1000人以上いましたが、 室内便器は20個しかなく、便所は使用不能のまま放置され、 床上1センチにも及ぶ汚水が溜まっており、隣室まで 汚水が漏れ出ているありさまでした。 患者たちは、靴を履かずに汚水の中に入らねばならず、 彼らはわざわざ便所に行こうともしなくなりました。 この不潔な環境の中に食料も置かれていました。 彼女は手記に「患者たちは丹毒、熱病、壊疽(えそ)などで苦しんでいる。 赤痢患者の二人に一人は死んでいる」と書いています。 兵士の体にはノミやシラミがたかり、ズボンも上着もぼろぼろという状態でした。 兵士たちは自分があまりに不潔なので、看護師たちに 「近寄らないでほしい」と頼んでもいるありさまでした。 このように野戦病院の管理体制が完全に崩壊している中で、 ナイチンゲールは仕事をしていました。 彼女は「雑用係も足りず、容器も足りず、水さえ不足しています。 私は、ナイフやフォーク、スプーン、カップやタオルまで、 すべての身の回りの品を支給することに尽力しています」 「私たちは首まで血の海に浸かっています」と手紙に書き、 本国からの救援を要請しました。 やがて床清掃をするためのブラシ200本と雑巾が野戦病院に届けられました。 ナイチンゲールは感染症の予防のため、清掃と汚物管理を徹底します。 彼女は、24時間立ち仕事を継続したり、死に瀕している患者が 死によって苦痛から解き放たれるまで傍を離れようとしませんでした。 「絶対に一人では死なせない」というのが彼女の鉄則でした。 どの世界でも、献身と妥協、利他と自利は対立するものです。 このようにとびぬけた活躍が嫉妬され、また利害関係で衝突し、 彼女は医師や他の看護師から嫌われたのでした。 その彼女を兵士たちは敬慕して次のように称賛しました。 「あの方が通り過ぎる姿を目にしただけで、どれほど慰められただろう」 「彼女はある者には言葉をかけ、他の多くの者たちには微笑みを投げかけた。 もちろん、われわれは何百、何千といたので、全員にそうする ことはできなかったが、それでもわれわれは彼女の影に 接吻(くちづけ)し、それから再び枕に頭を埋めた」 ナイチンゲールは新しい施設に兵士800名を迎え入れます。 そのときの状態をある兵士は次のように語っています。 >不潔な病人船をようやく降りて、ナイチンゲールとその看護師たちに 清潔なベッドと温かい食物をもって迎え入れられた ときの気分は、まるで天国にいるように感じた。 クリミア戦争終結ののち、ナイチンゲールは英雄として帰国しました。 彼女は世の中の人々が求める娯楽や遊びに興味を示しませんでした。 わずか半年のうちに兵士の73%が感染症などで死亡した野戦病院の生活を経て、 手紙、日記などの各所に「私は地獄を見た」「私はけっして忘れない」 と繰り返し書きながら、看護学校を創設したのです。 これがナイチンゲールの人生なのですが、皆さまは どのようにお感じになられるでしょうか。 私は今、物資に満たされた21世紀の介護施設で仕事をしています。 安全で衛生的なベッド、臭いのないトイレ、不足なく存在する食器や サポート用具類、温度管理された快適な居室・・ クリミア戦争当時のことを学ぶと、近代の病院や介護施設は まさに天国としか言いようがありません。 外部リンク• 検索 カテゴリ 最新のコメント by 天翔る人 at 16:20 by sokanomori3 at 07:58 by 天翔る人 at 16:17 by sokanomori3 at 07:12 by キョンシー at 20:29 by らむ at 20:59 by sokanomori3 at 00:12 by sokanomori3 at 23:41 by らむ at 15:55 by sokanomori3 at 20:00 by kaisen at 17:23 by sokanomori3 at 15:03 by 千早 at 14:53 by sokanomori3 at 20:29 by そうねん。 at 11:22 by sokanomori3 at 07:12 by 千早 at 21:52 by 千早 at 08:01 by P子 at 05:35 by P子ちゃん at 05:18 リンク.

次の

荒野行動 夜戦モード追加、夜の戦いで熱い戦いを!って暗すぎて見えねーよ!

野戦行動

私は、上杉謙信 が 野戦操兵術の天才No. 1 だと信じています。 謙信は、戦国時代どころか 日本歴史史上 最強の 戦闘指揮官 だとさえ 思っています。 特に、実現して欲しかった 戦い は、 信長の前に 事実上 畿内を制圧していた 当時の事実上の天下人 三好 長慶 松永勢力との戦いです。 その際、三好勢に 悲惨に虐げられていた 将軍 足利義輝 を助けるために、約2万人の戦闘員を抱えていると言われていた三好勢に対して、 謙信が 戦に及ぼうかと思案したことがあったと思います。 畿内を制圧していた当時の三好勢は 大量の鉄砲を所有してたのに対して、謙信軍は 鉄砲をほとんど所有していなかった上に 約5千と少勢だったために、戦争をすれば 謙信軍が不利であると 巷では 噂されていたようですが、いざ 実際に 戦闘になった場合、 我らが謙信のことですから 当時の上方軍 三好勢 を 一蹴 していた可能性も否定できません。 しかしながら、もし 島津軍が 謙信率いる上杉軍よりも 精強であったのならば、秀吉が九州征伐 島津征伐 を行った際に 約20万人の秀吉軍を撃破すればよかったのでは?と 私は考えております。 実は 戦国時代の日本の軍隊は 恐らくは 世界最強だったのです。 特に 島津軍は 比較的早い時期から 他の戦国大名を比して 鉄砲の装備率が大変高く、鉄砲隊をフル活用した 釣り野伏せ といわれる戦術に大いに長けておりました。 ですから、鉄砲の装備率が大変低かった当時の 中国 朝鮮連合の大軍を撃破したところで、それだけで 戦国時代の 日本国内 最強の軍隊を率いる 戦闘指揮官であることの証明にはならないと考えております。 加えて、当時の中国や朝鮮軍の士気も それほどは 高くはなかったと私は考えております。 また、近年の研究では 信長が今川軍を撃破できた主な要因は 決して奇襲攻撃の成果だった訳ではなくて 単純な 正攻法によって 真っ向勝負での勝利であることが 通説 になりつつあります。 ただし、それだけで 信長が野戦の才能に富んだ戦闘指揮官であったということの裏付けにはなりません。 背景として 今川義元の軍勢 人数 は大規模だったものの 明らかに 油断のし過ぎであり かつ 弱過ぎたのです。 信長は 局地的な戦術は あまり得意な方ではなくて、実際は むしろ 苦手な方で、かなりの数の敗戦を重ねております。 信長は 日本歴史史上を代表する英雄であることは誰もが認めておりますが、信長の真骨頂は・・・もっともっと大きな戦略であり 創造性・革新性であり 優れた情報収集・分析能力であり 統率能力なのであって、8千~1万5千人を率いるの戦闘指揮官としての野戦操兵術の天才 才能 においては、 残念ながら 上杉謙信に遥か遠く及びません。 織田信長は、野戦が得意だが城攻め は 苦手、籠城は、もっと苦手だったようだ。 今川の大軍は、このとき信長の軍勢を 阻止できなかった。 善照寺砦で信長の軍勢を 今川軍団は包囲したが、砦から約300人の オトリ軍勢が包囲を引き付ける中 (オトリ約300人全員、戦死。 ) 信長の軍勢は中島砦に到着。 そのころ今川義元は約5000人の軍勢 ひきいて沓掛城から出発して大高城へ向かう時、 善照寺砦から使者が来て織田の武者らの首を 運んできた。 おろかなことに、クビ実検の使者ら 中島砦から進発した織田信長の率いる軍勢を 気付かず追い抜いてしまったようだ。 ノンキに首実検を して合戦は楽勝だと 昼飯を くって酒のみ、出発しようとした 今川義元の軍勢を織田信長の軍勢は急襲。 目の覚めるようなアザヤカな手並み の野戦。 上杉謙信よりも、島津義弘の方が強いですよ… 中国連合20万の大軍を撃破!! 韓国最強武将を撃ち殺す! 天下分け目の関ヶ原で、わずか300人で徳川家康本陣の大軍、真ん中を敵中突破ッ!! 豊臣秀吉の賤ヶ岳七本槍の筆頭の、福島正則軍をも真正面突破ッ!! 本多忠勝を落馬させる! 徳川家康の四天王の井伊直政を狙撃! 家康四男の松平忠吉らを次々に斬り倒し、死ぬ思いで生き残って、薩摩に帰還した戦士は、鬼島津率いるたったの30名だけ! 「風林火山! 発表寸前に中、韓の対日摩擦 尖閣、竹島 が連日ニュースにオンエア… 死体の山を築いた島津義弘に対する中国や韓国の抗議は必至! あえなく、NHKは鬼島津を却下! 無難な黒田官兵衛と変更された。 残念だが、裏を返せば、 史実上、鬼島津がいかに強過ぎたかを物語っている!ゆえの結果と言えよう… 上杉謙信はご存知の通り、野戦においては右に出る者がいない といわれました。 それは、迅速な行動と統率力が生んだものです。 他に野戦が強かった大名としては、島津家が筆頭かと。 「釣の伏せ」と呼ばれる伏兵術で、数々の相手を破っています。 しかし、それは土地の構造に頼っているため、異国の地でも有効か どうかはわかりません。 また、徳川家康も野戦派だったと言われていますね。 関ヶ原の戦いは、大垣城での攻防を望んだ石田三成を 場外へおびき出すため、「大阪城を落とす」と誤報を流して 行われた戦いだということは有名です。 いずれにしても、戦略に頼っているものであり、 純粋な武力・戦術対決においては謙信がトップと言えるのでは。

次の