立花孝志 犯罪者。 【衝撃】NHK関係者が家に来なくなるNHK撃退シール / 議員の立花孝志氏が無料配布 | バズプラスニュース

N国・立花孝志の現在とは?書類送検騒動の流れと現在の活動について!

立花孝志 犯罪者

家の玄関などに貼るだけでNHK関係者が来なくなる「NHK撃退シール」をご存じだろうか。 これは東京都葛飾区議会議員であり「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が無料配布しているもので、その効果はてきめんのようだ。 ・NHK関係者が来訪しなくなるシステムとは 法的なことや契約のことは別として、非常に興味深いのが「貼るだけでNHK関係者が来なくなる」という点。 いったいどういうシステムでNHK関係者が来訪しなくなるのか? 立花孝志氏の公式サイトによると、以下のような理由でNHK関係者が訪れなくなるそうだ。 ・立花氏の公式サイトのコメント 「NHKは集金人に対し「NHKから国民を守る党のシールを貼っている家には訪問するな」と指示を出しているのです」 NHK撃退グッズ無料配布 — NHKから国民を守る党【代表】立花孝志 tachibanat ・NHK側はあまり関わりたくない? どうやら、このシールが貼られている家は「面倒なことになる」という理由で、訪問しないようである。 もともと立花孝志氏は数多くのHNK関係者と戦ってきており、その噂が広まっている。 それゆえ、NHK側はあまり関わりたくないと考えているのかもしれない。 なお、「」も話題となっている。 さらに「」という出来事も物議を醸している。 立花孝志氏は「」も開催している。 受信料や契約がらみの裁判が発生しているいま、NHK問題が大きく動き出し、大きな注目を集めているようだ。 【続報】.

次の

立花孝志

立花孝志 犯罪者

とうとう2月から始まるらしい。 NHKから国民を守る党の立花孝志が設立した「マツコ・デラックス被害者の会株式会社」によるマツコ・デラックスへの裁判が今月スタートするようだ。 NHKから国民を守る党の人気の低落、なんとか目立とうと立花孝志も必死であるが、もはや注目さえ集まっていない。 そもそもこの訴訟を起こそうとした理由は、 TOKYOMXの「5時に夢中!」において番組レギュラーのマツコ・デラックス氏が参議院選挙で立花孝志が当選した話題について 「この人たちが本当にこれだけの目的のために国政に出られたら、これで税金払われたら、受信料もそうだけど、そっちのほうが迷惑だし、一体これから何をしてくれるかを判断しないと、今のままじゃね…ただ気持ち悪い人たちだから」 「冷やかしじゃない?もちろん受信料払うことに対して疑問を持っている、真剣にそう思ってる人もいるだろうけど、ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなとは思う。 ちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。 NHKをぶっ壊す教みたいな。 」 と番組内で述べたことを立花孝志は憤慨し、まずは番組スポンサーの不買運動から始めようとして大炎上して涙目で逃走。 その後、有権者を侮辱しているということで訴えたい人を1万人の募集を始めた。 集団訴訟ではなく 「マツコ・デラックス被害者の会株式会社」 を設立し、原告の債権を譲渡して貰い株式会社が訴えるという、ちょっと何を言っているのかわからない状況である。 陳述書とは原告や関係者の言い分などをまとめたものに原告本人が署名押印をした書面である。 だがNHKから国民を守る党となれば、それは違う。 (余命三年不当懲戒請求のように) 陳述書もすでに出来上がっているのだ。 動画内において立花孝志側が勝手に作った陳述書への署名押印を求めていた。 「原告の言い分を無視して陳述書を作りました!!」というのを動画を公開している時点で、「SLAPP裁判だからね」と発言した動画が証拠として採用され、SLAPP訴訟と認定され敗訴。 訴えた側に逆に賠償金を支払う羽目になったことを忘れたのだろうか。 そう、忘れたのである。 その場のノリと気分で何でもやらかしてしまう無計画な立花孝志、都合の悪いことは忘れているのだ。 そもそも原告たちはどのように「自分がNHKから国民を守る党に投票した有権者の一人である」と証明するのだろうか。 立花孝志のように法に明るくない好き勝手解釈を述べる人ではなく、法に明るい多くの人が疑義を示しているわけだ。 だが立花孝志大好きっ子にはそのような話は通用しない。 この裁判、余命三年不当懲戒請求のような終結を迎えるのではないだろうか。 前例を見ているだけあって、万が一反訴された際、「騙されていた」「洗脳されていた」と言い出す人がいるのではないだろうかと思われる。 \2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/.

次の

【選挙ウォッチャー】 NHKから国民を守る党・動向チェック(#165)。|チダイズム|note

立花孝志 犯罪者

【逮捕が必要としない事件で起こる】 刑事事件の中には、逃亡のおそれがない、証拠隠滅のおそれがないなどの理由から、被疑者(警察等の捜査機関から犯罪をしたという疑いをかけられた人)を逮捕する要件を満たさない事件もたくさんあります。 また、逮捕の要件を満たすものの、警察が、敢えて逮捕に踏み切る必要がないと判断することもあります。 このような場合、警察は、被疑者を逮捕せず、適宜被疑者を呼び出して取調べをするなどしながら、捜査を進めます。 その間、被疑者は、それまでと同じように社会の中で生活を送りながら、何度か警察署へ出向いて、取調べを受けることになります。 そして、警察は、取調べの結果などを書類にまとめて検察庁に送る手続を行い、それ以降は検察官が主体となって取調べ等の捜査を行います。 これが、いわゆる「書類送検」と呼ばれているものです。 つまり、「書類送検」とは、送検(検察官送致。 刑事事件を処理する権限と責任が警察から検察へ移ること。 )のうち、その時点で被疑者が身柄拘束されていないもののことです。 なお、刑事訴訟法に「書類送検」という言葉はなく、書類送検とはいわゆるマスコミ用語の一種です。 また、「書類送検」は、単に事件を取り扱う主体が警察から検察へ移る手続に過ぎず、最終的な刑事処分ではありません。 引用:ヴィクトワール法律事務所サイト 書類送検は逮捕が必要としない事件について起こることのようです。 立花孝志の書類送検についてネットの反応は? 書類送検とは字の如く書類が検察に送られましたということなのか。 またひとつ賢くなったワイ — おぽんちん Oponchin 結果、ちょっと下火気味になってた立花党首のYouTubeの再生回数とチャンネル登録者数を再燃させるだけの報道だったってことかあ。 むしろ立花さんには追い風だったんだな。 叩いてる人多くてびっくりした。 まあ書類送検という言葉に悪い印象ばかり持つんじゃなくて、立花さんの動画見てみたらいろいろわかる事があると思うよ。 — B-BOY k-one BBOYkone よかったですね立花さん。 これで、警察がマスコミにリークした事実に益々注目が集まる。 予定通り! 最後に N国党の立花孝志さんが、脅迫容疑で書類送検されたことについてまとめました。 立花孝志さんだけでないですが、どうも テレビなどのニュースで見る報道とユーチューブなどのネット上で見ると、印象が大きく変わることが多々あります。 テレビやニュースだけですと、立花孝志さんは悪い人のような印象がありますが、ユーチューブなどネット上で見ると印象が大きく変わります。 マスコミが印象操作をしていると言われるのも無理ないですね。 偏って情報を集めてしまうと危険ということがよく分かります。 このことから学ぶ教訓としては、日頃から多方面から情報を得るようにして、物事を判断できるようにしていったほうが、正しい知識や判断が出来ますので、人生も豊かになっていきますね。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の