皇后 様 は 日本 語 を 含め 何 ヶ国 語 を 話 され る か。 皇室御一行様★part3516

雅子皇后は一体何ヶ国語話せる?海外メディアの関心や反応がヤバイ!

皇后 様 は 日本 語 を 含め 何 ヶ国 語 を 話 され る か

大統領制についてはこちらをお読みください。 日本は議員内閣制ですから矛盾しますが、首相公選制を採用すれば、 ほぼ同等の効果をもつと書いてますね。 しかし、上記は答えになってません。 私は本当の答えは、 占領軍と幣原首相が相談してつくった現在の憲法が 大統領制などという独裁の可能性がある制度は当時の 日本にふさわしくないと考えたから、だと考えます。 さらに、アメリカは特殊な国です。 中央集権主義者 (federalist と地方分権主義者のバランスの上で 成り立っている国です。 アメリカの憲法は大統領が 勝手なことができないようにという趣旨で作られて います。 この権力構造の差もあります。 なお、全て占領軍の押し付けで憲法ができたという話も 半分嘘だと思います。 憲法9条は幣原首相のお気に入りだったのです。 また、国連憲章を批准したのですから、国連憲章を反映することは 当然で、憲法22条(国籍離脱条項)などはその典型です。 幣原氏は非常に優柔不断の人で、中国の戦線を拡大させたのは、 中国国内で義和団の変などがあったときに、当時外相だった幣原氏が 中国への気兼ねから、中国にいた自国民の保護を軍隊にさせず、 結局軍部がみずからの意思で動くということになり、それが列強の 猜疑心を駆り立てたということだと考えてます。 本当の戦犯は 彼だったのではとさえ考えています。 大統領とはそれまでのヨーロッパ諸国の国王や皇帝と言った君主の代わりなんです。 君主は概ね血筋で継承順位があり君主の崩御(死去)によって空位となった場合にその順番で即位します。 まぁ継承者が若年だから摂政(後見人&補佐役)を期限付きで接地する場合もあります。 日本では天皇が存在する為大統領を選出する必要が無い事が一つ目。 それから大統領制に移行する際の混乱(革命・クーデター・内乱等。 どれもこれも血を見なければならない荒事です。 )が生じる事。 もしそうなったら現在の皇室は全員処刑か軽くて国外追放せねばなりません。 今上天皇や皇后に皇太子一家がそういう扱いされればそうした勢力は主義主張はどうであれ極悪人扱いは避けられません。 別に皇室じゃなくても気の良いご隠居夫婦とその長男一家を皆殺しすれば凶悪犯扱いされるのと同じレベルの話ですからね。 それにこれは今の日本では可能性は無視できる事なんですが政府首脳が全員死ぬという緊急事態になっても天皇(選出された総理大臣の任命権あり。 ただし拒否権無し)の権限で再度他の人物を任命する事は可能です。 ある意味で権力のバックアップの役割もあるのです。 その上で日本を共和制(皇室制打倒)を目指す連中はテロリストや外国のシンパだと分かるでしょう。 現状の政治制度は確かに完全では無いし改善すべき点は多々ありますがそれでも国民の流血と国政の混乱に諸外国の介入を考えれば割りに合わないのです。 Q 総理大臣になる人は選挙で選ばれたとはいえ、所詮は一議員として選ばれただけです。 さらに与党の総裁といったって、たかが一党のトップなだけであって、国の指導者として国民が認めたわけではありません。 国の指導者こそ国民が直接選ぶべきじゃないんでしょうか。 内閣制だから支持率が下がったり問題が起きて党に不利益だと思えば、簡単に国の顔である総理大臣を切り捨てて、平然とまた同じ党の人間がトップを務めます。 国のトップってそんな簡単に変えていいものじゃないでしょう。 国際的な信用だってあるんだから、気軽に切り取り、貼り付けなんてエクセルじゃあるまいし許される行為じゃないと思います。 大統領制なら辞めれば即その党が主導権を大きく失う可能性を持ちます。 気軽に辞められなくなるでしょうし、党全体がその人を支え問題が起こらないように頑張るでしょう。 それに、今国民の意思に一番近い人がすぐ指導者になります。 このメリットはとても大きいはずです。 大統領選で大金が必要になるのなら、政治家だって国民から寄付を集めるため、政治に興味を持ってくれるように努力するでしょう。 国民の理解が深まれば安直な2世議員だって減るはずです。 与党の意見をまとめないとほとんど何もできない総理大臣とは違い、大統領なら大多数の族議員の言いなりになることも減ります。 デメリットも多少はあるでしょうが、メリットの方がはるかに大きいのではないでしょうか。 総理大臣になる人は選挙で選ばれたとはいえ、所詮は一議員として選ばれただけです。 さらに与党の総裁といったって、たかが一党のトップなだけであって、国の指導者として国民が認めたわけではありません。 国の指導者こそ国民が直接選ぶべきじゃないんでしょうか。 内閣制だから支持率が下がったり問題が起きて党に不利益だと思えば、簡単に国の顔である総理大臣を切り捨てて、平然とまた同じ党の人間がトップを務めます。 国のトップってそんな簡単に変えていいものじゃないでしょう。 国際的な信用だってあ... 首班指名されてから,衆議院選挙後の首班指名まで,或いは辞職・死亡するまでが1期と言えるでしょう。 >何期できるのですか? 制限がないので,何年でもできます。 ただ,自由民主党では,総理には党の総裁が就くことになっています。 自由民主党の総裁の任期は現在,3年と定められており,2期までと定められていますから,最長6年ということになると思います。 でも,自由民主党は総裁公選規程をコロコロ改正しています。 昔,中曽根氏が総理総裁の時,総選挙で大勝したから,総裁任期を1年延長されたりしました。 kantei. html A ベストアンサー 既にある回答の中に、質問者を混乱させかねないものがあると感じましたので、参加させていただきます。 まず、民主政治が行われている国の政治は、大統領制か議院内閣制のいずれかが採用されています。 大統領制とは、大統領が公選で、国家元首であり、政治上の最高権力を持つ国です。 議院内閣制とは、議会で選任される首相が最高権力を持つ国です。 この区別で分かり易いのは、サミットなどの首脳会議に出席する人の中で、一番偉いのが大統領か首相かということです。 主な大統領制の国にはUSA・フランス・ロシア・韓国などがあり、主な議院内閣制の国には日本・UK・カナダ・ドイツ・イタリアなどがあります。 議院内閣制の国のうち、日本・UK・カナダ(元首はUK女王)などは立憲君主制の国で、ドイツ・フランスには大統領はいるが政治的実権の無い象徴的元首で、公選ではなく議会で選任されます。 したがって、ドイツ・イタリアなどは大統領がいても大統領制ではありません。 大統領制の国のうち、USAのように首相に相当する者がいない国もありますが、フランス・ロシア・そしてご質問の韓国などには、首相もいます。 そのうち、フランスの首相は国民議会(下院)の多数派から選ばれます(ただし、首相自身は国会議員ではなく、任命するのは大統領です)。 このため、大統領の出身政党とは異なった者が選ばれることがあります。 また、国民議会の内閣不信任議決権があることと合わせ、議院内閣制の要素を加味しているので、フランスのような制度を「半大統領制」といいます。 ただし、フランス大統領の権限は大変強く、権限が「半分」というわけではありません。 ロシアや韓国の首相は議会の同意を得て大統領が任命します。 日本の首相と異なり、大統領に主導権があるのです。 また、韓国の内閣に相当する国務会議の議長は大統領であり、首相(正確には国務総理という)は副議長なので、言わば、大統領が首相を兼ね、国務総理は副総理に相当すると言えるでしょう。 また、大統領が弾劾されれば、国務総理が大統領職を代行しますから、副大統領に相当するとも言えるでしょう。 既にある回答の中に、質問者を混乱させかねないものがあると感じましたので、参加させていただきます。 まず、民主政治が行われている国の政治は、大統領制か議院内閣制のいずれかが採用されています。 大統領制とは、大統領が公選で、国家元首であり、政治上の最高権力を持つ国です。 議院内閣制とは、議会で選任される首相が最高権力を持つ国です。 この区別で分かり易いのは、サミットなどの首脳会議に出席する人の中で、一番偉いのが大統領か首相かということです。 主な大統領制の国にはUSA・フランス・ロシ... 税金の累進性は欧米より強く高額所得者は税金をたくさんとられます。 貧困層は福祉や公的補助、医療制度など優遇され高額所得者から巻き上げた税金が還元されます。 サラリーマンは年功序列で能力で関係なく昇給しました。 ソ連、旧東ドイツ、北朝鮮など社会主義国家はどこも貧困に喘ぎ崩壊しました。 日本だけなぜこんなに発展できたのでしょう?またこれからも発展できますか?自分は経済学、政治学には疎いのでどなたかお教えください。 A ベストアンサー 戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。 それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。 これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。 このため多くの企業が国有化された。 石炭・鉄鋼に関してはドイツとの国境周辺地域に「欧州石炭鉄鋼共同体」を設立し、ドイツなど欧州6ヶ国で、アメリカ政府の援助資金であるマーシャル資金によって運営された。 これは一国社会主義ではなくインターナショナル社会主義であった。 1983年、フランス企業の売り上げ上位20社の内13社が国有企業であった。 政治を見れば、ドゴール派の保守政権と社会党とが政権交代を繰り返した。 日本に置き換えてみれば、石炭・鉄鋼がアメリカ政府資金による韓国との合弁、トヨタ自動車が国有、自民党と社会党が政権交代を繰り返す、といった状況だ。 フランスから見れば日本は「市場原理主義」「自由放任主義」であった。 石炭はアーサー・スカーギルが率いる全国鉱山労組が仕切っていた。 つまりアナルコ・サンディカリズムをやっていた。 戦前アメリカに次ぐ自動車産業国であったが、中小企業が多く、このため国有企業に集約したが成果が上がらずホンダの支援を受けたがダメだった。 政権は保守党と労働党が競い合い、その勢力は均衡していた。 イギリスから見れば日本は「自由奔放経済」で「保守党独裁の反社会主義国家」であった。 戦後復興の基幹産業である石炭・鉄鋼は「欧州石炭鉄鋼共同体」という多国家管理による非民間企業に頼った。 エアハルトは社会主義と資本主義の良いところをとった「社会的市場経済」を目指した。 フォルクスワーゲンは戦後再出発にあたり、その株式20%を連邦政府が、さらに20%を地方政府が保有した。 こうした石炭・鉄鋼・自動車産業を日本に当てはめるとどうなるか?それに比べれば日本経済は民間主導の自由経済であった。 仏・英・独とも戦後何度も左翼政党が政権を担当した。 現在英・独が保守政党を破っている。 それに比べいかに日本の左翼・社会主義が信頼されていないか、よくわかる。 日本では行政指導という政府の関与が話題になる。 しかしそれ以上に「官に逆らった経営者」がいた。 1 天皇とまで言われた日銀一万田総裁に「川崎製鉄が千葉工場建設を強行するならば、ペンペン草を生やしてみせる」とまで言われた、西山弥太郎の大胆な設備投資、それに刺激され他社も追従した。 戦争で古い設備が使えなくなったのは仏・英・独も同じ。 しかし欧州の官僚にはあれほど大胆な発想は出来なかった。 2 「井深さんはトランジスタを使って補聴器を作るのですか?」と皮肉られ、特許導入を1年間遅らされた東京通信工業(後のソニー)。 その1年の間に世界初のトランジスタ・ラジオはアメリカにやられた。 大宅壮一に「ソニー・モルモット論」と皮肉られたが、今日の電子産業、官に逆らってトランジスタ特許を導入したソニーに始まると言って良い。 3 政府が成長産業を育成しようとした特定産業振興法、それに逆らって通産省で大型政務次官と言われた佐橋滋と喧嘩した、本田宗一郎は1983年のテレビインタビューで、佐橋滋と会った時を振り返り、次のように語っている。 「どうにも納得できないということで、僕は暴れたわけで、特振法とは何事だ。 おれはやる(自動車を作る)権利がある。 既存のメーカーだけが自動車を作って、われわれがやってはいけないという法律をつくるとは何事だ。 自由である。 大きな物を、永久に大きいとだれが断言できる。 歴史を見なさい。 新興勢力が伸びるにに決まっている。 そんなに合同(合併)させたかったら、通産省が株主になって、株主総会でものを言え!と怒ったのです。 うちは株式会社であり、政府の命令で、おれは動かない」(1995年2月5日、NHKテレビ「戦後経済を築いた男たち」から) 4 「官と闘った経営者」ヤマト運輸社長・小倉昌男が始めた「宅急便」、この普及は日本の流通業を大きく変えた。 郵政民営化が問題になるのも宅急便の普及があったからだ。 日本が「官民一体」ならば、仏・英・独は「民なしの、官のみ」だ。 官に逆らった経営者たちのハイリスクな事業計画、前例を尊ぶ官僚にはとてもできない。 戦後の荒廃はどの国も同じ、日本は度胸のある経営者が力を発揮できる自由な経済体制だった。 進化論に例えれば、突然変異が出やすく、育ちやすい環境だったと言える。 はしょって書きました。 「官に逆らった経営者たち」「戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義」をキーワードに検索してください。 詳しく書かれたサイトがあります。 戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。 それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。 これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。 A ベストアンサー まずDemocracyの訳語としての「民主主義」ですが、あくまでも体制概念(cracy)であって、主義 ism)ではありません。 ですので「民主制」という方が的確であり、民主主義は誤訳とする考えもあります。 つまり「君主制」「寡頭制」「貴族制」「共和制」など主権者がだれであるかという概念・制度です。 ですから日本国を含めイギリス・ノルウェーなどの大半の君主国は自由主義であり「立憲君主制」であっても、厳密な意味では民主制ではないといえます。 もちろん、その逆に形式上では民主制であっても、実質独裁ということもあります。 つまり民主制であるなしと、国民の自由や権利・福祉が保証されているか否かは別問題であり、また自由主義や社会主義などの主義とも別物です。 それと、朝鮮民主主義人民共和国という呼称はあくまでも外国語です。 なぜなら漢字を廃止しているからです。 正式名称をカタカナ表記すると「チョソンミンジュジュイインミンコンファグク」です。 まずDemocracyの訳語としての「民主主義」ですが、あくまでも体制概念(cracy)であって、主義 ism)ではありません。 ですので「民主制」という方が的確であり、民主主義は誤訳とする考えもあります。 つまり「君主制」「寡頭制」「貴族制」「共和制」など主権者がだれであるかという概念・制度です。 ですから日本国を含めイギリス・ノルウェーなどの大半の君主国は自由主義であり「立憲君主制」であっても、厳密な意味では民主制ではないといえます。 もちろん、その逆に形式上では民主制であっても、実質独... A ベストアンサー 憲法の事など良く分かりませんが、自分の思っていることだけ書きますね。 皇族の方達は、税金で遊んでいるわけではありません。 公務は私達が考えている以上に大変な仕事だと思います。 嫌な顔ひとつせず国民に笑顔を振りまき、みんなに見られて、常に回りに人が大勢いてプライベートな時間もあまりない。 しかも、行きたいところへも自由に行けない。 各国の凄い要人にばかりに会いに行ったり来たりして、神経をすり減らす。 普通こんな仕事を頼まれたら、莫大な給料を要求しないと割があいませんね。 天皇陛下も皇后陛下も70歳を過ぎているのに、あまり休む間もなく公務をこなされています。 皇太子様も、最近、海外に公務に行かれたと思ったら、すぐに帰国し、またどこかの国に行って、帰国し、そしてまた海外に行かれたと思います。 しかし、海外に住んで考えが変わりました。 イギリスに住んでいましたが、彼らにとっても日本の天皇というのは特別な存在だということが分かりました。 アメリカの人たちにとっても、そのようです。 日本の総理大臣の事は全く知らないけれども、天皇、皇后、皇太子、雅子様の事は良く知っています。 なので敬意を表しています。 例えば、バチカンのヨハネパウロ2世が海外に行かれたとして、訪問先の要人がヨハネパウロ2世に会いに行かれるそうですが、日本に来られた場合は、ヨハネパウロ2世の方から天皇家に出向くそうです。 今、日本が唯一世界に誇れるものは、技術と文化と天皇だと思います。 皇室が無くなったら、また一つ誇れるものがなくなって、馬鹿にされ放題になりそうですね。 憲法の事など良く分かりませんが、自分の思っていることだけ書きますね。 皇族の方達は、税金で遊んでいるわけではありません。 公務は私達が考えている以上に大変な仕事だと思います。 嫌な顔ひとつせず国民に笑顔を振りまき、みんなに見られて、常に回りに人が大勢いてプライベートな時間もあまりない。 しかも、行きたいところへも自由に行けない。 各国の凄い要人にばかりに会いに行ったり来たりして、神経をすり減らす。 普通こん... A ベストアンサー 大統領制は国家権力を一人の人物に集中しがちです。 王様と同じで、英邁な人物ならいいですが、そうでないと国家運営が上手く行きません。 特に日本人のような理詰めでものを考えず情に流される傾向がある、いわゆるテンション民族には不向きです。 議院内閣制は大統領制ほど一人の人物(首相)に権力を集中せず、議員から選ばれた国務大臣に権限を分散しているので、比較的権力の集中が起きにくいメリットがあります。 日本人に向いた政治制度です。 反面、外交や安全保障などの危機管理でリーダシップを発揮できないデメリットがあります。 短期間にころころ首相が替わるのはそのためです。 大統領制に較べて明確で毅然とした国家運営が出来ません。 今の日本はこのデメリットが裏目に出ています。 A ベストアンサー あの、別に天皇制で構いませんよ。 歴史的には、確かに左翼が使った用語なのですが、現在は浸透して左翼以外も使っていますし、天皇制の特殊性(天皇が神道の最高神官であり、神道と皇室とを分離する事が事実上不可能である事など)という問題もありますので。 ちなみに、右翼の人達は天皇制とは言わず皇室という呼び方をしますが、こちらも一般的ではないですから。 さて、私は必要性を全然感じません。 日本の文化や伝統の守護者としての皇室に期待する方もおられますが、現実には、世襲制原理に正当性を与えている問題(国民意識の中に、世襲を是とする古い意識がこびりついている)や神道との関連が不可分であり政教分離と抵触している可能性があるなど、様々な問題を抱えているのが事実です。 天皇制廃止派というと、何かと左翼と結び付けて語られがちですが、実際には、宗教関係者だったり、反世襲ということでアメリカ的な競争原理を支持する観点からの反対論など、非左翼系が意外と多いのです。 元々、戦後の一時期は天皇制について活発な議論があったのですが、右翼が度々マスコミを襲撃し、中央公論社の社長宅が右翼少年に襲われる事件(無関係なお手伝いさんが殺されました)を契機にマスコミが萎縮報道をはじめ、天皇制議論は抹殺されてしまいました。 国民には天皇制を考える機会と情報が与えられずにきたのです。 そして皇室を賛美する報道ばかりが増え、結果的に右翼に利する形となり、今のような天皇制支持率80%時代を迎えたわけです。 逆に言えば、今の状態は右翼とそれに屈したマスメディアによって作り出された虚構とも言えます。 必要性を聞かれた際、こうした経緯がある事から、きちんと回答するのは困難でしょう。 少なくとも、必要性を感じていない人を説得するのは事実上不可能です。 戦後君主政体の国は続々と共和政体に変化し、今や世界に残る君主国は微々たるものです。 政治思想も、天皇制を補強するものよりも、共和制を補強するものの方が強固で論理的正当性を持ちます。 最早、天皇制を論理的に擁護することは出来ないのです。 アメリカは、戦時には大統領を中心にまとまるそうです。 民選元首でも国民統合の象徴足り得る証左であると考えます。 大統領制を導入して天皇制を廃止しても、きちんと機能すると思われます。 あの、別に天皇制で構いませんよ。 歴史的には、確かに左翼が使った用語なのですが、現在は浸透して左翼以外も使っていますし、天皇制の特殊性(天皇が神道の最高神官であり、神道と皇室とを分離する事が事実上不可能である事など)という問題もありますので。 ちなみに、右翼の人達は天皇制とは言わず皇室という呼び方をしますが、こちらも一般的ではないですから。 さて、私は必要性を全然感じません。 日本の文化や伝統の守護者としての皇室に期待する方もおられますが、現実には、世襲制原理に正当性を与え...

次の

雅子皇后は一体何ヶ国語話せる?海外メディアの関心や反応がヤバイ!

皇后 様 は 日本 語 を 含め 何 ヶ国 語 を 話 され る か

池上彰のニュース検定 ニュース検定の今日の問題と答えです。 ニュース検定の問題 皇后さまは日本語含め何カ国語を話される? 青 2カ国語 赤 3カ国語 緑 6カ国語 ニュース検定の答え 答えは 緑 6か国語 皇后さまは英語、フランス語、 ドイツ語、ロシア語他を話されるそうです ニュース検定の答えの解説 答えの解説です。 放送後に追記します。 今日の「ニュース検定」のキーワード キーワードは 元外交官 外務省に入省 皇后様は元外交官です。 男女雇用機会均等法が施行された年の翌年、1987年に外務省に入省されました 当時外交官試験に合格したのは、28人でした。 そのうち女性の合格者は3人でした。 就職の際に男女の差別が無くなったはずでしたが、実際に入省できたのは1割程度だったのです。 国際舞台で活躍 皇室入りした皇后様は、外交官の経験を生かし国際舞台での活躍が期待されていました。 実際、ご結婚翌月の1993年7月、東京サミットの宮中晩餐会で、各国首脳と会談されました。 翌年には中東4カ国をご夫妻で初めて訪問されました。 皇后様は6カ国語を話す その後ご病気でご公務をしばしば休まれましたが、今年5月の代替わり以降、持ち前の語学力を発揮される場面が増えています。 来日したトランプ大統領夫妻には英語で、マクロン大統領にはフランス語で話されました。 皇后様は、日本語を含めて、英語、ロシア語、フランス語など6カ国語を話されると言われています。 ロシア語の会話に夢中に 今年6月には、皇居宮殿でクロアチアのヤンドロコビッチ議長ご夫妻と懇談に臨む際、皇后様は立ったまま話し込んで、天皇陛下に着席を促されるほど会話に夢中になりました。 外国語を流暢に話せる皇后様ならではのエピソードです。 皇后様は外交官のキャリアを活かし、令和の時代に新たな皇后像を築き始めているのです。 前回のニュース検定 前回のニュース検定の問題 今日のことば検定、お天気検定 それではまた来週!.

次の

日本

皇后 様 は 日本 語 を 含め 何 ヶ国 語 を 話 され る か

yahoo. jpi 令和になり皇后となった 雅子さまが、自信を回復 されたと言われています。 「ご公務を休まれて批判を 受けて いた頃とは、 たたずまいがまるで 異なります」 古参の宮内庁職員を 感嘆せしめた 新皇后は 現在、まさしく別人のように 溌剌とご公務に臨まれている。 「5月下旬に来日した トランプ大統領 夫妻の 歓迎行事ではフル稼働され、 続いて6月1日からは『全国 植樹祭』 ご出席のため 1泊2日の日程で愛知県へ 行幸啓されました。 yahoo. jp なぜこのような変化が訪れたのか。 雅子さまが病を克服され、 活躍するようになった理由は さまざまあると思われますが、 やはり皇后という、トップの地位に 立ったことで、姑の上皇后さまに 「遠慮」する必要がなくなった ことは大きいと思います。 新しい皇室外交をご自身で 積極的になさるには、 上皇后さまの「完璧さ」や 旧来のしきたりは重圧で あったのではないでしょうか。 スポンサードリンク 「美智子さまはひたすら ご病気の 雅子さまを 慮(おもんぱか)って 励ましてこられましたが、 それが時に誤ったメッセージとして 伝わることがありました。 完璧な形でご公務にあたられる そのお姿は、療養中の 雅子さまに とって決して 身近ではなく、 お手本にすればかえって ご自身への プレッシャーを 増すことになり かねません でした」 「雅子さまがご公務に備えて ご体調を整えておられる時、 御所から美智子さまの 『ご病気なのですから、 無理をせず お休みになって いればよろしいのでは』 といったおことばが伝わり、 ご真意を計りかねた雅子さまが 打ち沈み、直前にご出席を 断念される。 yahoo. jp スポンサードリンク 雅子さまへの「世間の目」が秋篠宮家に移った もう一つ、大きかったであろうと 言われるのは、皇室報道が 雅子さまをネガティブに伝えて いたのが一変したことも大きい といいます。 それまで、公私にわたり 雅子さまに向けられていた 報道の中のネガティブな目が、 雅子さまを離れ、幸か不幸か、 小室圭さんの出現によって 秋篠宮家へと矛先を変えたから、 という見方があるのです。 「小室圭さんの存在が報じられた 17年5月以降、世間の注目は もっぱら秋篠宮家に向けられて いきました。 一方で東宮家は、御代替わりを 控えながらも話題に上る頻度が 減っていったのです」 雅子皇后は、ネガティブな 視線が集まっていた状況から 脱出を果たされ、 「それ以降、まるで弟宮 ご一家が 全てを背負われた かのように、 東宮家への バッシングは沈静化に 向かいました。 yahoo. jp そして令和に入り、初の国賓として、 5月27日にアメリカ・トランプ大統領 夫妻が来日したことを受けて、 天皇皇后両陛下が会見されました。 この時、 雅子さまは通訳なしで 二人と会話したことが大きく 報じられました。 「 通訳なし」が一時、ツイッターの トレンド入りしたそうです。 なかでもトランプ大統領との 会見や、 晩餐会での 雅子さまのご様子は、 結婚される前のバリバリの キャリア ウーマンだった頃の 自分を思い出されて いるような 雰囲気がありました。 kodansha. jp スポンサードリンク 雅子さまは5か国語をあやつるマルチリンガル 雅子さまは、母国語の日本語に加え、 英語、ロシア語、フランス語、 ドイツ語を流ちょうに操る、 語学の達人でもあります。 父親の小和田恆さんが外務省 事務次官だったことから、 幼少期には旧ソ連やアメリカ などで過ごしていました。 そしてアメリカの高校に留学 しましたが、高校時代には ドイツ語も修め、ドイツ語が 優秀な学生に贈られる ドイツ総領事賞と、 ゲーテインスティテュート賞を 受賞しています。 さらに大学に入ってからも、 フランス語のサークルに入り、 フランス・グルノーブル大学の 夏期講座に参加したりと、 積極的に語学に取り組んで いました。 もちろん、その語学力は、外務省に 就職してからも発揮され、 海部首相の通訳を務めたことも あるそうです。 そうしたグローバルな面が、令和の 時代に入って誰に遠慮することもなく、 実力を発揮できるようになったと 言えるでしょう。 「雅子さまが皇太子(当時)との 結婚を 決意した背景には、 皇室に入っても仕事 (皇室外交)は できるという思いが あったから と言われています。 皇太子妃時代は体調不良で海外 訪問も ままなりませんでしたが、 今は体調が 回復して、積極的に 公務を行える ようになった。 yahoo. jp 雅子さまの外交力は語学力には 限りません。 アメリカ人のトランプ大統領 夫妻には、笑顔としっかりした 握手というアメリカ流のあいさつで もてなしています。 言語に限らない、コミニュ ケーション力がひじょうに 高いのです。 言語はあくまでひとつのツール。 雅子皇后のプレゼンスは、 幼少のころから母国日本では ない国で、 多くの人とふれあい、 コミュニケーションをとり、 また外交官として国際社会の中で 仕事をし、相手を尊重し、 配慮しながら、 ご自身の身に つけた、世界に通用する交流力 なのでしょう。 きっと、このような皇后陛下の お姿を 誰よりも喜んで いらっしゃるのは、 天皇陛下に違いありません。 皇后としてそのトップに立った ことで、ようやく彼女の時代が 来たのだ、という印象を強く しました。 長い平成の雌伏を経て、令和は 間違いなく 雅子さまの力が 十二分に発揮されることでしょう。 彼女をとおして、女性の実力が 正当に評価される時代になって ほしいと思います。 以上、 雅子さまの外交力に ついてでした。

次の