面白い ホラー ゲーム。 最高に面白い!おすすめのゲーム実況者をジャンルごとに紹介!

Horror games: 無料フリーゲーム 1665作品 [ふりーむ!]

面白い ホラー ゲーム

2018年7月3日 更新 ニコニコ動画やYoutubeでのゲーム実況がブームになってから数々の人気実況者が出現しました。 実況者の数がものすごく多いので、「どれを観たらいいかわからない」といった方もいるかと思います。 そこで今回は、僕がおすすめする「面白いゲーム実況者」をジャンルごとにご紹介いたします。 ぜひ動画選びの参考にしてください。 スポンサードリンク• 『アイドル人気』系 レトルト (出典:) 親しみやすい性格と明るいトークが持ち味のゲーム実況者。 ニコニコ動画のゲーム実況者としてはかなりの古参です。 プレイするゲームはメジャーなものからマイナーなものまで幅広く、またその本数も膨大なのですべてを観るのは大変ですが、どれもきっと楽しめるはず。 【おすすめの動画】 『レトルト』実況まとめ キヨ (出典:) ゲーム実況者グループ『最終兵器俺達』のメンバー。 とにかくしゃべる人。 勢いのあるトークで視聴者を盛り上げます。 公式放送の出演や他の人気実況者とのコラボ企画など、最近では露出の頻度が多いのも特徴です。 【おすすめの動画】 『キヨ』の実況まとめ セピア (出典:) 任天堂ゲームを中心にプレイし、丁寧で落ち着いた語り口調で人気の実況者。 高い編集技術から作り出される力の入ったOP、EDは必見です。 普段の落ち着きとは裏腹に、ホラーゲームをプレイした時に終始絶叫する姿も面白い。 【おすすめの動画】 『セピア』の実況まとめ 赤髪のとも (出典:) YouTubeを中心に活動しているゲーム実況主。 どんなゲームでも明るく、楽しそうにプレイするので観ているこっちも自然と笑ってしまいます。 個性豊かな仲間と一緒に実況することも多く、その賑やかな雰囲気は他のゲーム実況者ではなかなか観ることができません。 【おすすめの動画】 『赤髪のとも』の実況まとめ 『ワイワイ盛り上がれる』系 幕末志士 (出典:) ゲーム実況界の「生ける伝説」。 ニコニコ動画の古参ユーザーなら"緑の悪魔"という言葉に聞き馴染みがあるかもしれません。 西郷隆盛と坂本龍馬の二人が織りなす軽快なトークは捧腹絶倒間違いなし。 2014年に投稿した『』はゲーム実況動画としては前人未到の1000万再生を突破。 まだまだ伸び続けています。 投稿動画数はそれほど多くないものの、投稿した動画はすべてがおもしろいのでぜひ一通り観ておくことをオススメします。 【おすすめの動画】 『幕末志士』の実況まとめ 塩 (出典:) 『クロックタワー』などホラーゲームの絶叫プレイから、『ぼくのなつやすみ』のようなほのぼした動画まで、幅広い実況スタイルに定評がある実況者。 友人である『胡椒』とのホラーゲーム実況や、歌い手 兼 実況者として有名な『まお』との実況などコンビでの実況も多数。 【おすすめの動画】 『塩』の実況まとめ M. ゲーム実況、楽曲制作、ライブイベントと、幅広い分野で活動しているのも特徴です。 4人それぞれの個性がめちゃくちゃ強く、終始カオスな展開になることも多いですが、それもまた魅力。 もっとも有名な動画は『』ですが、FPS好きの自分としてはFB777とeoheohの二人で実況している『』もおすすめです。 【おすすめの動画】 『M. S Project』の実況まとめ アブ (出典:) 軽快な語り口でトークを繰り広げる愛され系実況者。 名前の由来は血液型がAB型だからだそう。 実況者デビューは2009年とかなり早く、王道RPG、パーティ、アクション、フリーゲームとあらゆるジャンルの実況プレイ動画を挙げています。 アブさんの動画を巡っているだけで、知らないゲームにたくさん出会えるはず。 明るさとユルさを兼ね備えた魅力を持つ、不思議な実況者です。 【おすすめの動画】 『アブ』の実況まとめ 『やりこみ』系 ふぅ (出典:) ゲームに対する類まれなる知識とやりこみ、そして視聴者を煽るようなトークが魅力の実況者。 フロムソフトウェアの「ソウルシリーズ」をこよなく愛しています。 高いプレイヤースキルを持ちながら、視聴者を楽しませるためにミスした場面もしっかりと動画に残し笑いを誘う姿はまさに"ダクソ芸人"。 【おすすめの動画】 『ふぅ』の実況まとめ ただてる (出典:) 低音で渋い声と心地よいトーク、そして高いプレイヤースキルが持ち味のやりこみ系実況者です。 『ダークソウル』でのボス攻略や『パワプロ』のサクセスなどで見せる解説は「わかりやすい」の一言。 既プレイでも未プレイでも楽しめると思います。 【おすすめの動画】 『ただてる』の実況まとめ 『プレイが上手い』系 弟者 (出典:) 声優の大塚明夫さんと聞き間違うほどの「渋い声」と落ち着いた「語り口調」が魅力。 主にYoutubeを中心に活動しています。 特筆すべきはそのプレイヤースキル。 『コールオブデューティ』などのFPSで見せる腕前はプロゲーマー顔負けです。 気持ちいいくらい勝ち続けるので、その爽快感がクセになります。 【おすすめの動画】 『弟者』の実況まとめ せんとす (出典:) カプコンの『ストリートファイター』シリーズなどの格闘ゲーム実況で有名。 普段は丁寧な語り口調でありながら、ふとした拍子に発する"変な口癖"や擬音語連発、突然歌いだしたりとフリーダムなトークがハマります。 しかし格ゲーの腕は天下一品。 スト2時代から続く長い格ゲー歴で培われた立ち回りやコンボ精度は観る人を圧倒します。 以外に負けず嫌いなのも観ていて楽しいです。 【おすすめの動画】 『せんとす』の実況まとめ ガッチマン (出典:) サクサクと進めていく解説プレイングに定評のある実況者。 ホラーゲームの実況も多いですが、淡々としていて落ち着きのあるトークが恐怖感を和らげてくれます。 既婚者であり、奥さんの『トラちん』も実況者なのでたまに動画に登場することも。 娘さんもいるようです。 『トラちん』は、ゲーム実況者である夫の生態を描いた本も出版しました。 【おすすめの動画】 『ガッチマン』の実況まとめ ハセシン (出典:) 『コールオブデューティー』シリーズを中心としたFPSゲームを実況しているプレイヤー。 その腕前はかなりのもので、常人には理解できない反応速度で次々とキルしていくさまは観る者を魅了します。 しゃべりも達者で、FPSという展開が早いゲームでも途切れることなくトークし続けることができる実況者です。 【おすすめの動画】 『ハセシン』の実況まとめ ななと 『スプラトゥーン』の実況動画を主にあげている実況者。 その独特のあいさつと、プロ顔負けのプレイスキルが魅了です。 新ブキや新ステージなどアップデートが来るたびに解説&プレイ動画を挙げているので、プレイヤーにとっても勉強になります。 立ち回りが上手く、どんなブキを使ってもしっかりと勝ち切るのがすごい。 【おすすめ動画】 『ななと』の実況まとめ 『縛りプレイ』系 レオモン (出典:) 金の色違いコイキングのみでクリアを目指す縛り実況動画、通称"金鯉"で一躍有名になった実況者。 「金コイキング」を釣るのに一か月以上かけたり、破損した動画データを取り直すためにもう一本同じゲームを買ってきてやり直すなど、自分の課した縛りに対するひたむきさは尋常ではありません。 長らく実況動画は休止状態にありましたが、2016年ついに復活。 今後のさらなる活躍に注目が集まります。 【おすすめの動画】 『レオモン』の実況まとめ リュウ 神縛り (出典:) 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』において、"神縛り"と呼ばれる30項目にもおよぶ縛りプレイで人気を博したゆっくり実況者。 "神縛り"の内容は既プレイ者なら誰もが閉口してしまうほど壮絶なものですが、失踪せずにきちんと完結させているのが素晴らしいです。 実況のおもしろさでは他の人たちが勝っている部分もありますが、『』は伝説的なプレイ動画になっているのでぜひ一度観ることをおすすめします。 【おすすめの動画】 『リュウ』の実況まとめ 純白紳士 デスキャノン (出典:) 『バイオハザード4』のゆっくり実況や検証動画が人気。 初投稿動画の『』は「初期アタッシュケース&初期体力」といった縛り内容であるものの、それを忘れさせるほどのサクサクとした攻略っぷり。 上記のシリーズは未完なので、いつか完結することを待ち望んでいます。 【おすすめの動画】 『純白紳士(デスキャノン)』の実況まとめ 鈴木けんぞう (出典:) 『ポケットモンスター ルビー』の最初の草むらでレベル100にするというトンデモない企画で、初投稿でミリオンを達成した期待の新人実況者。 通称レベリンガー(レベル上げする人)。 "ドM"とも取れるストイックさが売りで、「ツイッターの投票でそうなったから」と理由で、何百時間もかけて100レベルにしたポケモンをわざと逃がしたりと、もう見ているこっちの気が狂いそうなほど縛りプレイに固執しています。 投稿を重ねるごとにどんどん精神が揺らいでいく姿が最高に面白い。 実況動画というよりもドキュメンタリーを観ているような感覚に陥ります。 【おすすめの動画】 『鈴木けんぞう』の実況まとめ 『トークが魅力』系 トシゾー (出典:) 低音ボイスで流れるようにしゃべる関西弁が特徴の実況者。 時にはフリーダムなボケをかまし、また時にはゲーム内のキャラにツッコんだりと高いトーク力は聴いていて飽きが来ません。 一人での実況もおもしろいですが、友人の『じじぃ』と一緒にプレイした実況動画はボケとツッコミの応酬が笑いを誘います。 歌い手として有名な『Gero』とともに実況した『』も必見です。 【おすすめの動画】 『トシゾー』の実況まとめ ジャック・オ・蘭たん (出典:) 高いトークスキルとアドリブのセンスで視聴者を楽しませる実況者。 ニコニコ動画における「ゲーム実況者」最古参のひとり。 突然入る声まねやエンジンがかかった時の暴走ぶりなど、観ているとどうしても笑いがこみあげてきてしまいます。 【おすすめの動画】 『ジャック・オ・蘭たん』の実況まとめ towaco (出典:) ホラーゲームやちょっとマイナーなインディーゲームなどの実況で知られるプレイヤー。 落ち着いた雰囲気から放たれるするどいツッコミが持ち味の関西人です。 towacoさんの名を一躍知らしめたのは『』という動画ですが、個人的にはヤギが暴れまわる『』やプレイヤーが"食パン"になる『』などのマイナーゲームの実況が大好き。 通称「ヤギの人」。 牛沢さん、フルコンさん、湯毛さんと4人で「チーム湯豆腐」としても活動しています。 【おすすめの動画】 『towaco』の実況まとめ テラゾー (出典:) 秋田県出身のゲーム実況者で、丁寧なトークと視聴者に「笑いどころ」が伝わりやすい凝った編集が持ち味。 実況するゲームは「ロックマン」「デモンズソウル」などのアクションゲームから「サイレントヒル2」「学校であった怖い話」などのホラーゲーム、「マリオカート8」などのレースゲームと多岐に渡ります。 個人的に一番好きなのが「マリオカート8」の実況。 アイテムをぶつけられたり、ステージ外に落ちたときに見せる"ぶりっ子おじさん"がたまりません。 声やトークに嫌味がないので、誰にでも親しみやすい魅力を持った実況者だと思います。 【おすすめの動画】 『テラゾー』の実況まとめ 店員A (出典:) 『機動戦士ガンダムEXVS』シリーズなどを中心とした、ゲームセンターで稼働しているアーケードゲームの大会実況をしている実況者。 その名の通り、元ゲーセン店員です。 長年の実況生活で培われた豊富なネタの引き出しと実況クオリティはさすがの一言。 その高い実力が評価され、EXVS公式全国大会の実況なども務めています。 ゲーセン大会の実況ということでこれまでご紹介した方たちとはちょっとジャンルが違うかもしれませんが、僕が大好きなのでご紹介させていただきました。 【おすすめの動画】 『店員A』の実況まとめ 『お馬鹿でとにかく笑える』系 すぎる (出典:) 勢いのある関西弁でのトークが特徴で、絶叫・ツッコミ・暴言がとにかく面白い実況者。 ゲームプレイ自体は決して上手くはないものの、子供のような自由な発想から生み出されるアホな行動が視聴者を虜にします。 一度ハマったら抜け出せなくなること請け合いです。 【おすすめの動画】 『すぎる』の実況まとめ うんこちゃん (出典:) 6画面同時プレイのポケモン動画、通称"6ポケ"と呼ばれるとんでもない企画で有名。 トークも編集も生配信もおおざっぱさを感じるものの、むしろそこに味があってたまらなく好きな実況者の一人です。 とにかくすべてが規格外、斜め上を行くので、アクの強い人が好きなら必見かと思います。 【おすすめの動画】 『うんこちゃん』の実況まとめ 『ほのぼの癒し』系 キリン (出典:) 独特の語り口調と落ち着きある「訛り実況」が特徴。 ゲーム実況者としては2008年から活動しているのでかなり長めです。 ゆったりとしたトークとサクサクしたプレイングが心地よく、視聴者を考えた見やすい編集も定評があります。 のんびり作業しながら観る実況動画としてもおすすめです。 【おすすめの動画】 『キリン』の実況まとめ ひぽー (出典:) 明るくハキハキとしたしゃべりが可愛らしい女性実況者。 実のおばあちゃん、そして実兄と一緒にプレイした『』という動画で一躍有名になりました。 一生懸命プレイするおばあちゃんをサポートする兄妹の姿は新しいゲーム実況動画の姿を僕に見せてくれました。 微笑ましい事この上ありません。 【おすすめの動画】 『ひぽー』の実況まとめ まとめ ゲーム企業の協力もあり公式放送が増えたことで、今後もゲーム実況者の人気は高まっていくかと思います。 現在人気のある実況者やこれから出現するであろう新気鋭の実況者など、これからのゲーム実況界の動きには要注目ですね。 ゲーム実況を観るなら、高画質で動画の読み込みも早くなるプレミアム会員がおすすめです。

次の

ホラーゲームと実況者のおすすめ一覧!面白い人気のある探索ものは?

面白い ホラー ゲーム

はじめに 兄者弟者とは、youtube登録者数が250万人を超えるほどの大人気有名ゲーム実況者です。 幅広い年齢層のファンから厚い支持を受けており、名前だけでも聞いたことがあるという方はたくさんいるのではないでしょうか。 弟者さんは、有名ゲームタイトル「メタルギア」に出てくるスネークの声にそっくりといったことが話題になり、人気を急上昇させました。 また、兄者さんもイケメンボイスであり、兄弟揃って声優の仕事などを受けたこともあります。 そこでは、さまざまなキャラクターの声を担当しており、イケメンボイスの本領が発揮されていました。 兄者弟者さんが担当したキャラクター、声優についてはこちらの記事をご覧ください。 【駆け出しYoutuber応援企画!】 今ではクロックタワーの2や3など、続編タイトルが出ていますが、今回の兄者弟者とおついちさんが実況しているのは初代のクロックタワーです。 ストーリーが進むにつれて3人を続々と襲うさまざまなトラップや幾度となく追いかけて来るシザーマンなど、やはり有名ゲームなだけあって 怖さと面白さはやはり申し分ない!追いかけられている時の3人の焦り具合も面白いのでおすすめです。 【ホラー】弟者の「バイオハザード RE:2」【2BRO. 】 弟者さんが実況している「 バイオハザード RE:2」実況もおすすめです。 非常に怖くて有名なこのゲームですが、弟者さんが実況をしていると面白いので見られるといった方も多いのではないのでしょうか。 ドキドキするような恐怖の展開にくわえ、弟者さんの面白いトークもあり、 見所が満載です! また、弟者さんはFPSが得意なので、銃撃戦はお手の物!バシバシと敵を倒していく姿に爽快感もあります! 【ホラー】弟者の「Dead by Daylight」【2BRO. 】 次におすすめするのは「 DEAD BY DAYLIGHT」です。 【駆け出しYoutuber応援企画!】 今も尚、まだまだ人気を集めているこの大人気ゲームですが、弟者さんが実況をしています。 生放送でやったり兄者さんやおついちさんとやったりなど、さまざまな動画が投稿されています。 キラーに追いかけられる恐怖とキラーとして追いかける面白さなど、このゲームの魅力がたっぷり詰まっています。 動画を見た後は自分もプレイしてみたくなるほどに面白い動画です! 【ホラー】弟者,兄者の「Dungeon Nightmares II」【2BRO. 】 「 Dungeon Nightmares II」の動画もおすすめです。 謎解きが多めなゲームとなっています。 さまざまなギミックお謎を解きながらダンジョンのように先に進んでいくゲームです。 実の兄弟である兄者さんと弟者さんの仲の良い掛け合いが面白く、つい見入ってしまいます! ですが、 面白トークに耳を傾けていると・・・。 ビクッとするような展開が多く、謎解きとはいえどしっかりとホラーの要素もあるのでおすすめです! 【ホラー】弟者,兄者,おついちの「深夜廻(しんよまわり)」【2BRO. 】 次は「 深夜廻」といったゲームをおすすめします。 ホラーアドベンチャーとなっているこのゲームですが、可愛い見た目の主人公達とは裏腹に、少しグロテスクな描写などが多く、面白い世界観となっています。 思わず先が気になってしまう奥深いストーリーやホラーゲーム特有のドキドキ感など、面白い要素がたくさんあります。 衝撃的な展開や感動的なストーリーがあり、 名作といっていいほどのゲームタイトルなのでおすすめです! 兄者弟者の魅力とは? 数々のおすすめホラー実況動画をご紹介してきましたが、ここで兄者弟者さんの魅力についてお伝えしたいと思います。 丁寧な解説実況 まずはじめに兄者弟者さんの実況の魅力の一つは、丁寧でとてもわかりやすい実況だと思います。 非常に分かりやすい解説プレイを交えながら進行してくれるので、ゲームを知らない方でも気軽に見られるところが魅力です。 みんなとワイワイ楽しめる環境 兄者弟者さんの2人におついちさんを加えた3人で、わいわいと楽しく実況するスタイルに定評があります。 和気藹々とした雰囲気で仲良くプレイする3人を見ていると、自分も一緒に友達と楽しくゲームをしているような感覚になります。 そんなゲーム本来の面白さ・仲間内と楽しむといったところも兄者弟者さんの魅力の一つなのではないのでしょうか。 まとめ 兄者弟者さんが実況しているホラーゲームのなかで、今回は5つのゲームをご紹介しました。 どれも名作でどの実況動画も面白いものばかりでした! 生放送でもホラーゲームをよく実況しているので、兄者弟者さんと一緒に恐怖を味わうのもおすすめだと思いました。 ゲーム実況ではないのですが、夏休み恒例企画として怪談話もおこなっています。 雰囲気も抜群によく、今年の夏にぜひご視聴してみてはいかがでしょうか。 他にも、兄者弟者さんのおすすめ実況動画も紹介しているので、ご覧ください。

次の

Horror games: 無料フリーゲーム 1665作品 [ふりーむ!]

面白い ホラー ゲーム

2018年7月3日 更新 ニコニコ動画やYoutubeでのゲーム実況がブームになってから数々の人気実況者が出現しました。 実況者の数がものすごく多いので、「どれを観たらいいかわからない」といった方もいるかと思います。 そこで今回は、僕がおすすめする「面白いゲーム実況者」をジャンルごとにご紹介いたします。 ぜひ動画選びの参考にしてください。 スポンサードリンク• 『アイドル人気』系 レトルト (出典:) 親しみやすい性格と明るいトークが持ち味のゲーム実況者。 ニコニコ動画のゲーム実況者としてはかなりの古参です。 プレイするゲームはメジャーなものからマイナーなものまで幅広く、またその本数も膨大なのですべてを観るのは大変ですが、どれもきっと楽しめるはず。 【おすすめの動画】 『レトルト』実況まとめ キヨ (出典:) ゲーム実況者グループ『最終兵器俺達』のメンバー。 とにかくしゃべる人。 勢いのあるトークで視聴者を盛り上げます。 公式放送の出演や他の人気実況者とのコラボ企画など、最近では露出の頻度が多いのも特徴です。 【おすすめの動画】 『キヨ』の実況まとめ セピア (出典:) 任天堂ゲームを中心にプレイし、丁寧で落ち着いた語り口調で人気の実況者。 高い編集技術から作り出される力の入ったOP、EDは必見です。 普段の落ち着きとは裏腹に、ホラーゲームをプレイした時に終始絶叫する姿も面白い。 【おすすめの動画】 『セピア』の実況まとめ 赤髪のとも (出典:) YouTubeを中心に活動しているゲーム実況主。 どんなゲームでも明るく、楽しそうにプレイするので観ているこっちも自然と笑ってしまいます。 個性豊かな仲間と一緒に実況することも多く、その賑やかな雰囲気は他のゲーム実況者ではなかなか観ることができません。 【おすすめの動画】 『赤髪のとも』の実況まとめ 『ワイワイ盛り上がれる』系 幕末志士 (出典:) ゲーム実況界の「生ける伝説」。 ニコニコ動画の古参ユーザーなら"緑の悪魔"という言葉に聞き馴染みがあるかもしれません。 西郷隆盛と坂本龍馬の二人が織りなす軽快なトークは捧腹絶倒間違いなし。 2014年に投稿した『』はゲーム実況動画としては前人未到の1000万再生を突破。 まだまだ伸び続けています。 投稿動画数はそれほど多くないものの、投稿した動画はすべてがおもしろいのでぜひ一通り観ておくことをオススメします。 【おすすめの動画】 『幕末志士』の実況まとめ 塩 (出典:) 『クロックタワー』などホラーゲームの絶叫プレイから、『ぼくのなつやすみ』のようなほのぼした動画まで、幅広い実況スタイルに定評がある実況者。 友人である『胡椒』とのホラーゲーム実況や、歌い手 兼 実況者として有名な『まお』との実況などコンビでの実況も多数。 【おすすめの動画】 『塩』の実況まとめ M. ゲーム実況、楽曲制作、ライブイベントと、幅広い分野で活動しているのも特徴です。 4人それぞれの個性がめちゃくちゃ強く、終始カオスな展開になることも多いですが、それもまた魅力。 もっとも有名な動画は『』ですが、FPS好きの自分としてはFB777とeoheohの二人で実況している『』もおすすめです。 【おすすめの動画】 『M. S Project』の実況まとめ アブ (出典:) 軽快な語り口でトークを繰り広げる愛され系実況者。 名前の由来は血液型がAB型だからだそう。 実況者デビューは2009年とかなり早く、王道RPG、パーティ、アクション、フリーゲームとあらゆるジャンルの実況プレイ動画を挙げています。 アブさんの動画を巡っているだけで、知らないゲームにたくさん出会えるはず。 明るさとユルさを兼ね備えた魅力を持つ、不思議な実況者です。 【おすすめの動画】 『アブ』の実況まとめ 『やりこみ』系 ふぅ (出典:) ゲームに対する類まれなる知識とやりこみ、そして視聴者を煽るようなトークが魅力の実況者。 フロムソフトウェアの「ソウルシリーズ」をこよなく愛しています。 高いプレイヤースキルを持ちながら、視聴者を楽しませるためにミスした場面もしっかりと動画に残し笑いを誘う姿はまさに"ダクソ芸人"。 【おすすめの動画】 『ふぅ』の実況まとめ ただてる (出典:) 低音で渋い声と心地よいトーク、そして高いプレイヤースキルが持ち味のやりこみ系実況者です。 『ダークソウル』でのボス攻略や『パワプロ』のサクセスなどで見せる解説は「わかりやすい」の一言。 既プレイでも未プレイでも楽しめると思います。 【おすすめの動画】 『ただてる』の実況まとめ 『プレイが上手い』系 弟者 (出典:) 声優の大塚明夫さんと聞き間違うほどの「渋い声」と落ち着いた「語り口調」が魅力。 主にYoutubeを中心に活動しています。 特筆すべきはそのプレイヤースキル。 『コールオブデューティ』などのFPSで見せる腕前はプロゲーマー顔負けです。 気持ちいいくらい勝ち続けるので、その爽快感がクセになります。 【おすすめの動画】 『弟者』の実況まとめ せんとす (出典:) カプコンの『ストリートファイター』シリーズなどの格闘ゲーム実況で有名。 普段は丁寧な語り口調でありながら、ふとした拍子に発する"変な口癖"や擬音語連発、突然歌いだしたりとフリーダムなトークがハマります。 しかし格ゲーの腕は天下一品。 スト2時代から続く長い格ゲー歴で培われた立ち回りやコンボ精度は観る人を圧倒します。 以外に負けず嫌いなのも観ていて楽しいです。 【おすすめの動画】 『せんとす』の実況まとめ ガッチマン (出典:) サクサクと進めていく解説プレイングに定評のある実況者。 ホラーゲームの実況も多いですが、淡々としていて落ち着きのあるトークが恐怖感を和らげてくれます。 既婚者であり、奥さんの『トラちん』も実況者なのでたまに動画に登場することも。 娘さんもいるようです。 『トラちん』は、ゲーム実況者である夫の生態を描いた本も出版しました。 【おすすめの動画】 『ガッチマン』の実況まとめ ハセシン (出典:) 『コールオブデューティー』シリーズを中心としたFPSゲームを実況しているプレイヤー。 その腕前はかなりのもので、常人には理解できない反応速度で次々とキルしていくさまは観る者を魅了します。 しゃべりも達者で、FPSという展開が早いゲームでも途切れることなくトークし続けることができる実況者です。 【おすすめの動画】 『ハセシン』の実況まとめ ななと 『スプラトゥーン』の実況動画を主にあげている実況者。 その独特のあいさつと、プロ顔負けのプレイスキルが魅了です。 新ブキや新ステージなどアップデートが来るたびに解説&プレイ動画を挙げているので、プレイヤーにとっても勉強になります。 立ち回りが上手く、どんなブキを使ってもしっかりと勝ち切るのがすごい。 【おすすめ動画】 『ななと』の実況まとめ 『縛りプレイ』系 レオモン (出典:) 金の色違いコイキングのみでクリアを目指す縛り実況動画、通称"金鯉"で一躍有名になった実況者。 「金コイキング」を釣るのに一か月以上かけたり、破損した動画データを取り直すためにもう一本同じゲームを買ってきてやり直すなど、自分の課した縛りに対するひたむきさは尋常ではありません。 長らく実況動画は休止状態にありましたが、2016年ついに復活。 今後のさらなる活躍に注目が集まります。 【おすすめの動画】 『レオモン』の実況まとめ リュウ 神縛り (出典:) 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』において、"神縛り"と呼ばれる30項目にもおよぶ縛りプレイで人気を博したゆっくり実況者。 "神縛り"の内容は既プレイ者なら誰もが閉口してしまうほど壮絶なものですが、失踪せずにきちんと完結させているのが素晴らしいです。 実況のおもしろさでは他の人たちが勝っている部分もありますが、『』は伝説的なプレイ動画になっているのでぜひ一度観ることをおすすめします。 【おすすめの動画】 『リュウ』の実況まとめ 純白紳士 デスキャノン (出典:) 『バイオハザード4』のゆっくり実況や検証動画が人気。 初投稿動画の『』は「初期アタッシュケース&初期体力」といった縛り内容であるものの、それを忘れさせるほどのサクサクとした攻略っぷり。 上記のシリーズは未完なので、いつか完結することを待ち望んでいます。 【おすすめの動画】 『純白紳士(デスキャノン)』の実況まとめ 鈴木けんぞう (出典:) 『ポケットモンスター ルビー』の最初の草むらでレベル100にするというトンデモない企画で、初投稿でミリオンを達成した期待の新人実況者。 通称レベリンガー(レベル上げする人)。 "ドM"とも取れるストイックさが売りで、「ツイッターの投票でそうなったから」と理由で、何百時間もかけて100レベルにしたポケモンをわざと逃がしたりと、もう見ているこっちの気が狂いそうなほど縛りプレイに固執しています。 投稿を重ねるごとにどんどん精神が揺らいでいく姿が最高に面白い。 実況動画というよりもドキュメンタリーを観ているような感覚に陥ります。 【おすすめの動画】 『鈴木けんぞう』の実況まとめ 『トークが魅力』系 トシゾー (出典:) 低音ボイスで流れるようにしゃべる関西弁が特徴の実況者。 時にはフリーダムなボケをかまし、また時にはゲーム内のキャラにツッコんだりと高いトーク力は聴いていて飽きが来ません。 一人での実況もおもしろいですが、友人の『じじぃ』と一緒にプレイした実況動画はボケとツッコミの応酬が笑いを誘います。 歌い手として有名な『Gero』とともに実況した『』も必見です。 【おすすめの動画】 『トシゾー』の実況まとめ ジャック・オ・蘭たん (出典:) 高いトークスキルとアドリブのセンスで視聴者を楽しませる実況者。 ニコニコ動画における「ゲーム実況者」最古参のひとり。 突然入る声まねやエンジンがかかった時の暴走ぶりなど、観ているとどうしても笑いがこみあげてきてしまいます。 【おすすめの動画】 『ジャック・オ・蘭たん』の実況まとめ towaco (出典:) ホラーゲームやちょっとマイナーなインディーゲームなどの実況で知られるプレイヤー。 落ち着いた雰囲気から放たれるするどいツッコミが持ち味の関西人です。 towacoさんの名を一躍知らしめたのは『』という動画ですが、個人的にはヤギが暴れまわる『』やプレイヤーが"食パン"になる『』などのマイナーゲームの実況が大好き。 通称「ヤギの人」。 牛沢さん、フルコンさん、湯毛さんと4人で「チーム湯豆腐」としても活動しています。 【おすすめの動画】 『towaco』の実況まとめ テラゾー (出典:) 秋田県出身のゲーム実況者で、丁寧なトークと視聴者に「笑いどころ」が伝わりやすい凝った編集が持ち味。 実況するゲームは「ロックマン」「デモンズソウル」などのアクションゲームから「サイレントヒル2」「学校であった怖い話」などのホラーゲーム、「マリオカート8」などのレースゲームと多岐に渡ります。 個人的に一番好きなのが「マリオカート8」の実況。 アイテムをぶつけられたり、ステージ外に落ちたときに見せる"ぶりっ子おじさん"がたまりません。 声やトークに嫌味がないので、誰にでも親しみやすい魅力を持った実況者だと思います。 【おすすめの動画】 『テラゾー』の実況まとめ 店員A (出典:) 『機動戦士ガンダムEXVS』シリーズなどを中心とした、ゲームセンターで稼働しているアーケードゲームの大会実況をしている実況者。 その名の通り、元ゲーセン店員です。 長年の実況生活で培われた豊富なネタの引き出しと実況クオリティはさすがの一言。 その高い実力が評価され、EXVS公式全国大会の実況なども務めています。 ゲーセン大会の実況ということでこれまでご紹介した方たちとはちょっとジャンルが違うかもしれませんが、僕が大好きなのでご紹介させていただきました。 【おすすめの動画】 『店員A』の実況まとめ 『お馬鹿でとにかく笑える』系 すぎる (出典:) 勢いのある関西弁でのトークが特徴で、絶叫・ツッコミ・暴言がとにかく面白い実況者。 ゲームプレイ自体は決して上手くはないものの、子供のような自由な発想から生み出されるアホな行動が視聴者を虜にします。 一度ハマったら抜け出せなくなること請け合いです。 【おすすめの動画】 『すぎる』の実況まとめ うんこちゃん (出典:) 6画面同時プレイのポケモン動画、通称"6ポケ"と呼ばれるとんでもない企画で有名。 トークも編集も生配信もおおざっぱさを感じるものの、むしろそこに味があってたまらなく好きな実況者の一人です。 とにかくすべてが規格外、斜め上を行くので、アクの強い人が好きなら必見かと思います。 【おすすめの動画】 『うんこちゃん』の実況まとめ 『ほのぼの癒し』系 キリン (出典:) 独特の語り口調と落ち着きある「訛り実況」が特徴。 ゲーム実況者としては2008年から活動しているのでかなり長めです。 ゆったりとしたトークとサクサクしたプレイングが心地よく、視聴者を考えた見やすい編集も定評があります。 のんびり作業しながら観る実況動画としてもおすすめです。 【おすすめの動画】 『キリン』の実況まとめ ひぽー (出典:) 明るくハキハキとしたしゃべりが可愛らしい女性実況者。 実のおばあちゃん、そして実兄と一緒にプレイした『』という動画で一躍有名になりました。 一生懸命プレイするおばあちゃんをサポートする兄妹の姿は新しいゲーム実況動画の姿を僕に見せてくれました。 微笑ましい事この上ありません。 【おすすめの動画】 『ひぽー』の実況まとめ まとめ ゲーム企業の協力もあり公式放送が増えたことで、今後もゲーム実況者の人気は高まっていくかと思います。 現在人気のある実況者やこれから出現するであろう新気鋭の実況者など、これからのゲーム実況界の動きには要注目ですね。 ゲーム実況を観るなら、高画質で動画の読み込みも早くなるプレミアム会員がおすすめです。

次の