カロッツェリア スマホ ホルダー。 スマホを置いたらスーッと固定! 急速ワイヤレス充電もできるカロッツェリアの電動スマホホルダー

【楽天市場】車載ホルダー用アタッチメント スマホホルダーをドリンクホルダーに固定 吸盤固定式 スマートフォンホルダー カップホルダー対応 スマホホルダー:サンワダイレクト楽天市場店

カロッツェリア スマホ ホルダー

SDA-SC500の最大の特徴は、「電動オートホールド機能」が搭載されていることだ。 スマートフォンを置くだけで、光学センサーが反応してスマートフォンを電動でホールドしてくれ、ホルダー上部にある「静電タッチセンサー」に触れるだけで、電動でホールドを解除してくれる。 これまでの「ホールド力か? 取り外しのしやすさか?」といった二律背反を、SDA-SC500は電動機構によって両立したのだ。 赤で囲った部分が、SDA-SC500の「静電タッチセンサー」。 触れることで、左右のホールドが電動で開く 筆者はこれまで、取り外しの手間が面倒なことからマグネットタイプのスマートフォンホルダーを使っていたが、操作中に落としてしまうことがよくあった。 ところが、SDA-SC500を使ってみると、取り外しの手間とスマートフォンが落下する心配の両方が解消され、スマートフォンホルダーにまつわる煩わしさから一気に解放された。 SDA-SC500は、電動でホルダーが開閉できたりQiでワイヤレス充電できることはうれしいが、ホルダー下からケーブルが伸びてしまうのが少しわずらわしく感じる さらに、SDA-SC500はスマートフォンを置くだけで充電できるワイヤレス充電「Qi」規格に対応しているので、Qi対応のスマートフォンであればそのまま充電もできる。 ケーブルをスマートフォンに接続することなく充電できるのは、とても便利でうれしい機能だが、SDA-SC500にUSBケーブルを常に接続しておかなければいけないのは、あまりスマートではないように思えた。 たとえば、ソーラー充電ができるようになるなどでSDA-SC500そのものがケーブルレスになれば、使い勝手はさらによくなるはずだ。 SDA-SC500の同梱内容一式。 オンダッシュ取付アタッチメント(右上)とエアコン吹き出し口取付アタッチメント(左)が付属しているので、さまざまなタイプのクルマに設置することができる スマートフォンホルダーの装着は、ダッシュボードに取り付けるための「オンダッシュ取付アタッチメント」と、エアコン吹き出し口に取り付ける「エアコン吹き出し口取付アタッチメント」の2種類が同梱されていて、車種に応じて使い分けることができるのも便利な点のひとつだ。 アームによって、手前へ最大で5cm動かすことができる(左画像)ので、たとえばスマートフォンでナビアプリを使うような際にも、見やすい位置に移動させることができる オンダッシュ取付アタッチメントは、アームによって上下に大きく動かせるほか、前後方向にも伸び縮みさせることができるので、自分の見やすい位置にスマートフォンを置くことができる。 自宅のデスクでも、試しにオンダッシュ取付アタッチメントを使ってみたが、これはこれでなかなか便利だ また、試しにオンダッシュ取付アタッチメントを自宅のデスクに持ち込んで使ってみたところ、スマートフォンを探したり充電を忘れたりすることがなくなって、意外と便利に使うことができた。 これまで1日クルマに乗っていると、乗り降りのたびにスマートフォンのケーブルを抜き差ししなければならなかったり、冒頭で述べたように落下する心配があったが、それがなくなったことはかなり大きく、SDA-SC500が手放せなくなったのは間違いない。 「SDA-SC500」の、価格. comでの実勢価格は5,000円ほど(2019年3月6日時点)。 一般的なスマートフォンホルダーよりも2,000〜3,000円程度高いのだが、前述した機能やカロッツェリアというブランドをどうとらえるかによって、この製品の評価が変わってくるだろう。 だが、この価格差で「カロッツェリア」のロゴが入るハイテクギアが手に入るのならば、試してみたくなる方もおられるのではないだろうか。

次の

スマホを置いたらスーッと固定! 急速ワイヤレス充電もできるカロッツェリアの電動スマホホルダー

カロッツェリア スマホ ホルダー

2019年12月から罰則強化されたスマホのながら運転。 基本的には車のこと、だと思われていますが、実はバイクでもながら運転で検挙される事があるんです! 今回はMotoBeが 警察官に聞いた検挙されるポイントと注意点を解説していきます! これまでもスマホのながら運転は立派な交通違反で、毎年それなりの件数が検挙されていましたが、罰則強化により更に重罪となりました。 反則金は扱いが変わり、 刑事罰が適用されます。 以上のように とんでもなく重罪になったわけですが、正直車の話でバイク関係ないでしょ、と思う方もいると思います。 しかし、 バイクでも場合によっては同じように検挙されるケースがあるんです。 どういう場合なのか、 警察官に聞いてみました。 操作、注視でアウト バイクでは運転中にスマホを操作、注視でアウトとなります。 車ほど検挙されるケースが少ない気がしますが、最近のライダーだったら大体はハンドル周りに取り付けている スマホホルダーが危ない存在になってしまうんです。 スマホホルダーにマウントした状態で バイク運転中に操作するともちろん違反になります。 スマホではなく バイクナビも同じく、運転中の操作は違反。 スマホホルダーもバイクナビも取り付けること自体はもちろん違反ではありません。 ですが操作していたらどう考えたって危ないのでこれは大体のライダーが納得でしょう。 問題は注視なんです。 注視とはどこまでの事? 注視とはざっくり言うと じーっと見ている、もしくは 運転よりもスマホやナビを集中して見ているような時。 スマホナビを使っていて「あれ?次曲がるとこどこだろう?」とバイクが少しでも動きながらしばらくナビを見ていたら注視となり、違反切符を切られる可能性があります。 この 注視に細かい秒数や線引きは無く、現場の警察官が「注視していた」と判断した場合違反となってしまうんです。 警察官の話では「 顔(ヘルメット)ごとスマホの方を向いてしまっている」状態が 検挙される可能性が高いとのことでした。 ヘルメットをかぶっていると傍から見るとどっちを向いているかは案外わかってしまうもの。 警察官ならなおさらです。 注視の判断は現場の警察官次第のため、絶対に検挙されたくないのであれば スマホホルダーにさえマウントせずポケットに入れておくのが一番安全でしょう。 しかし、そんなんじゃ道を知ってるとこしか走れないじゃん!という意見もあります。 実際僕も高校生の時にバイクに乗り始めてからずっとスマホナビを愛用してきました。 スマホナビ無しではスマホ操作、注視による交通の危険は防げますが、 今のライダーからすると別の危険が生じることもあります。 しかし、こうなってしまったからには仕方がないので、 バイクでスマホナビを使う場合はマウントしても運転中の操作、注視はせず、完全に停車してから見ることをオススメします。 完全に停車している場合はながら運転にはならないので違反になりません。 バイクのイヤホンと同じく、現場の警察官判断というのはいまいちフワッとした回答ですよね。 しかし変わってしまったものに対応していかなければバイクに乗れなくなってしまうので、十分に意識しながらバイクを楽しみましょう! (ライター:佐藤 快/) 【関連記事】 by カテゴリー : , タグ : ,.

次の

スマホホルダーは扱い注意?罰則強化された「ながら運転」はバイクも注意!警察官に聞いた違反の線引き

カロッツェリア スマホ ホルダー

ゴルフVIIのエアコン吹き出し口にセットされたカロッツェリア「SDA-SC500」とアップルiPhone X。 快適なドライブを楽しむのにカーナビとスマートフォン(スマホ)を組み合わせて使っている人は多いだろう。 筆者もその一人。 スマホで純正カーナビにBluetoothで音楽を飛ばして聴いたり、カーナビの地図更新でフォローできないほど新しい道を調べたりと、最近はセットで使うのが当たり前になっている。 しかし、困るのがスマホの置き場だ。 また、不案内な場所で補助的に最新の地図を表示して参照するような画面を活かした使い方が一切できない。 「充電できるホルダーがあれば一気に解消できるのに」、と考えていたところ、カロッツェリアから画期的なスマホホルダー「SDA-SC500」が登場した。 「カーナビのカロッツェリアが、なぜ今頃になってスマホホルダーを出すの?」そんな声が聞こえてきそうだが。 使ってみて納得。 長年カーナビを開発し、クルマを知り尽くした同ブランドだからこその機能が詰まったモデルであった。 愛車のフォルクスワーゲン・ゴルフVII。 電動ホルダーに置くだけで充電できるスグレモノ 届いた箱を開けると、同梱品の多さに驚く。 これだけでテンションがあがる。 順に見ていこう。 まずは、ホルダーだ。 大きさは幅71. 9mm、高さ118. 3mm、奥行き20. 3mmで、当然のことながらスマホより一回り小さい程度。 本機には大きく2つの特徴がある。 1つはホールド用アームが電動で動くこと。 さらに、バッテリーを内蔵しており、エンジンを切っても電動での着脱が可能だ。 もう1つがワイヤレス給電の「Qi」規格に対応していること。 これらについてはクルマを使って検証したい。 しっかりした化粧箱に収められたSDA-SC500。 箱の右にあるのは接着用ベース、接着剤で透明なシートを貼り付けるようになっていて、このベースにアームを吸着させる。 なお、Qi規格への給電や本体の充電用に、2系統のシガーソケット用チャージャー(Qualcomm製)とUSBタイプCケーブルも同梱されている。 ホルダーをクルマに固定するアタッチメントは、オンダッシュ用とエアコン吹き出し口取り付け用の2種類がある。 オンダッシュ用は吸盤による吸着式。 シボ加工の具合などで充分に吸着できない場合に使う接着式のベースも付いている。 アームは伸縮でき、最短時が136mm、最長で186mmと自由度が高い。 角度も180度の無段階調整が可能となっている。 エアコン吹き出し口用はクリップ式で、フィンに挟んで固定する。 上段はホルダー部。 電池を内蔵していてクルマからの給電がなくてもスマホの取り外しは可能だ。 下段は固定用のアタッチメントで、左がアームタイプ、右がクリップタイプ。 設置はエアコン吹き出し口に決定! ホルダーの固定は超カンタン 早速、本機をフォルクスワーゲン ゴルフVIIに持ち込んで試しみよう。 最初にすることは、ホルダーの設置だ。 まずはダッシュボードに設置できるか、ホルダーを当ててみる。 しかし、どこに置いても視界の邪魔になりそうだ。 今回は、エアコン吹き出し口に付けたほうが賢明なようだ。 続いて中央にふたつある吹き出し口のどこに付けるのかを考える。 真ん中寄りは、ホルダー下部中央から真下に伸びる給電用ケーブルがカーナビの画面を遮ってしまう恐れがあるため、選択肢は運転席に最も近い側と、助手席に最も近い側、つまり左右の端だ。 運転席にホルダーを当ててみる。 スマホへのアクセスにハンドルから大きく手を動かさなくて済みそうだ。 しかし、給電用ケーブルが画面の一部を遮ってしまう。 一方、助手席側に当てたところ、スマホを置くのにやや手を伸ばす必要があるが、ケーブルは画面に重ならない。 というわけで、取り付け位置はエアコン吹き出し口かつ助手席側で決定した。 取り付けは至って簡単。 (1)ホルダー裏のネジにアタッチメントを付け、 (2)アタッチメントのクリップを吹き出し口のフィンに挟む。 たったこれだけ。 クリップは挟む力が強く、がっちりと固定される。 さらに、給電を行うため (3)ホルダーの底面にあるUSBタイプCケーブルを接続し、 (4)チャージャーをシガーソケットに差し込んでUSBケーブルの反対側をつなぐ。 これで、すべて完了だ。 アタッチメントの位置さえ決まれば、作業時間はものの数分だ。 エアコン吹き出し口にクリップオン。 給電用のUSBケーブルを接続すれば取り付け完了。 スイッチオン! おお、動く! 片手でカンタンに着脱できた! 設置が完了したら、ホルダー側面の電源スイッチをオン。 ホルダー側面のアームがにゅーっと伸び、思わず「おおっ」と声が出てしまった。 iPhone Xを置く。 ほぼ同時にQiによるワイヤレス充電が始まり、アームがスーッと閉じてスマホを固定する。 ホルダーのスマホを載せる面に光学センサーが付いており、スマホを置くと、明度の差で置いたと判断し、自動でアームが閉まる仕組みだ。 スマホを外す際は、背面上部のタッチセンサーに触れる。 すると再びアームが開き、スマホを取り外せる。 着脱操作も極めてカンタンだ。 小さなクリップだが、しっかり固定されてビクともしなかった。 今度は安全な場所に停車させて、ホルダーに付けたままの状態でスマホを操作する。 まずは、選曲から。 画面をタッチし、スマホのロックを解除。 Bluetoothで伝送している音楽を切り替えた。 以前のように、ドリンクホルダーからスマホを出して操作する必要がないため、スムーズかつ短時間で済む。 また、スマホはアームでしっかりと固定されており、画面に触れたくらいではズレない。 その後、スマホでカーナビ機能を設定し、砂利道や段差のある道など、いろいろな道を走りながら家路に就いた。 一般道を走行するなら、ホルダーもスマホも、ズレることすらない。 また、画面の視認性も良好で、カーナビとスマホの地図を比べながら運転できた。 映画ボヘミアン・ラプソディのサウンドトラックを再生。 すぐに操作できるところにスマホがあるので快適だ。 地図アプリ画面も、スマホが見やすい場所に固定されているため視認性は抜群。 テストを終えて、自宅のガレージへ。 エンジンを切ってクルマを降りようとしたその時、スマホを外していないことに気づいた。 しかし、心配は無用だ。 本機にはバッテリーが内蔵されており、エンジンを切った後でもアームが動かせる。 慌てずに背面上部のセンサーをタップして、アームを開き、無事にスマホを取り出せた。 目的地に着いたらエンジンをすぐに切る。 この運転者の行動に気づき、それに対応すべくホルダーにバッテリーを搭載したのは、英断だといえる。 これこそクルマを、そして運転者の行動を知り尽くしたカロッツェリアだからこそ、成し得た芸当だろう。 SDA-SC500の想定市場価格は7,000円前後。 スマホホルダー単体だと見れば高価に感じられるかもしれないが、電動アーム付きホルダーにシガーソケット用チャージャー、USB タイプCケーブル、Qi規格対応のワイヤレス充電器がセットとなっていると考えたら、むしろ割安に感じる。 本機をクルマに追加するだけで、ドライブをさらに快適かつ楽しくできることは筆者が体感済みだ。 是非ともお試しあれ。

次の