エクセル シート検索 ショートカット。 便利なショートカットキー早見表

【Excel時短】ブックやシートの切り替えをスマートにこなす!大量に開いたアプリの中からエクセルのウィンドウだけを切り替えるテク

エクセル シート検索 ショートカット

当たり前すぎて見過ごされがちなのですが、エクセル操作の半分以上はセルを移動して、選択する操作であるといっても過言ではありません。 この操作をスピーディに、かつ、マウスではなくキーボードで行う技術が、非常に大切になります。 このことは、Excelがかなり得意な人でも見落としているケースが多いです。 さて本日は、エクセル操作の肝である「移動」と「選択」に効くショートカットをご紹介します。 (4)「Enter」で下のセルに移動する。 (5)「Tab」で右のセルに移動する。 (8)「PgUp」でディスプレイ上の表示を上方向に移動する。 (9)「PgDn」でディスプレイ上の表示を下方向に移動する。 (16)「F5」で指定したセルにジャンプする。 主に隣接していない複数のセルを選択する場合に使用する。 次を検索する。 前を検索する。 以上です。 仕事でよく使うショートカットは何度も繰り返し、指に覚えさせてください。

次の

【ちょっぱやショートカット】エクセルのシート移動を徹底解説!

エクセル シート検索 ショートカット

ショートカットを設定する• エクセル全般• ブック• シート• セルの選択• 行と列• 入力・編集・削除• 書式設定• 表示形式• グラフ• マクロ ショートカットを設定する 繰り返し セル結合や塗りつぶしのショートカットはありません。 これらは前回の操作を繰り返すショートカットです。 これで一時的にそれらのショートカットとして使用できます。 ショートカット キーを設定 セル結合や塗りつぶしのショートカットを設定する方法を紹介します。 [クイック アクセス ツールバーのユーザー設定] をクリックして [その他のコマンド] をクリックします。 ショートカットを設定したい [操作] をクリックし、[追加] をクリックして [OK] をクリックします。 セル結合なら「セルを結合して中央揃え」、塗りつぶしなら「塗りつぶしの色」という名前であります。 [セルを結合して中央揃え] と [塗りつぶしの色] が追加されました。 Alt キーを入力すると番号が表示されます。 テンキーを使用するときは Altキーを放してから入力します。 セル結合するには [セル] を範囲選択します。 スポンサーリンク 特殊 ショートカット キー 説明 Alt F10 リボン用のショートカット キーを表示または非表示にします。 F6 ワークシート、リボン、作業ウィンドウ、およびズーム コントロール間を切り替えます。 F12 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示します。 F1 [Excel ヘルプ] 作業ウィンドウを表示します。 F9 すべてのワークシートを再計算します。 PageUp ワークシート内で 1 画面分上にスクロールします。 PageDown ワークシート内で 1 画面分下にスクロールします。 もう一度入力するとワークシート全体を選択します。 追加する範囲の先頭セルに方向キーで移動し、F8 キーを押し、方向キーで範囲を拡張します。 F8 拡張選択モードを切り替えます。 拡張選択モードでは、ステータス行に [拡張選択] と表示され、方向キーで選択が拡張されます。 入力・編集・削除 ショートカット キー 説明 F2 セルを編集モードにします。 F3 [名前の貼り付け] ダイアログ ボックスを表示します。 F7 [スペルチェック] ダイアログ ボックスを表示して、作業中のワークシートまたは選択した範囲内のスペルをチェックします。 アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。 小数点以下の桁数が 2 で、桁区切りを使用し、負数には負符号 - を使用する数値の表示形式を設定します。 F11 現在の範囲からグラフを作成して、別のグラフ シートに表示します。 このダイアログ ボックスで、マクロの作成、実行、編集、削除を行うことができます。 VBA を使用してマクロを作成できます。 スポンサーリンク.

次の

エクセル検索でFIND,VLOOKUP,SEARCH関数やショートカットを使う方法

エクセル シート検索 ショートカット

そう、これだけ。 これだけでマジで作業時間変わるから。 目をつぶっても使えるように、反復練習しとけよ。 ということで、シート移動をするショートカットです。 超シンプルですが、凄まじく重要です。 このショートカットを使うだけで、本当にストレスから開放されます。 シート名が番号だけとか短いものだと、シートの幅がものすごくクリックしにくくなるじゃないですか。 もしくは逆にシート名が超長い場合、シートが全部表示されなくて、みみっちい矢印を押してシートを探す必要があるじゃないですか。 で、たまにオーバーランして、またみみっちい矢印を押して戻ったり。 何かとめんどくさい。 ということで、出てくるのが今回のショートカット! シートの幅が狭かろうが、確実にサクサクとシートを切り替えてくれます。 若干シートをオーバーランしても、 Ctrlを押しっぱなしで Pageupや Pagedownを押すだけなのでサクっと戻る事ができます。 使う頻度がすさまじく高いので、かなりの時間を短縮することができます。 作業グループにする操作にも使えます ・シート移動をするショートカット ・そのショートカットを使った作業グループの作り方 ・おまけ(シート名一覧を出すテクニック) の3つをご紹介しました。 シート移動は本当に頻度が高い操作なので、これを短縮できればかなりの業務効率化につながります。 ぜひとも指が勝手に動くまで練習してください! ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 エクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の