ちび まる子 ちゃん 永沢 くん。 作品紹介|ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト

ちびまる子ちゃんの永沢くんについて。

ちび まる子 ちゃん 永沢 くん

永沢君の家が火事になった原因は? 永沢君の家が火事になってしまったのは永沢君の隣の家が火事になってしまい、その火が永沢家に燃え移ったことが原因です。 夜中寝ていると「隣の家が火事だ!」と両親にたたき起こされ、家に火が燃え移るまえに間一髪逃げることができました。 犯人は誰なの? この隣の家の火事。 実は放火ではないか?と噂されていて、ネットでは本気で火事を起こした犯人を考察するサイトが多数登場しています。 そこで言われているキャラクターを紹介してみたいと思います。 まずは 卑怯だと言われている藤木君です。 理由はとにかく卑怯な男だから。 永沢君にもたびたびその卑怯なところを責められているというシーンを見かけます。 その腹いせか?という事でした。 二人目は 山田君。 彼はバカというキャラクターです。 故意ではなく、火遊びをしていて火事を起こしてしまった!というものです。 うーん。 ありえなくはないですね。 三人目は たまちゃんのお父さんです。 カメラが大好きなお父さん。 スクープ写真を撮るために自らが放火したのではないかと言われています。 現に火事が起こったときにカメラを持って現場に来ている姿が映っていました。 四人目は 野口さんです。 ちょっとミステリアスな雰囲気を持つ野口さん。 妖しい呪いの術とかおまじないのたぐいで永沢君の家を呪って火事にしたのでは?と言われています。 ちょっと無理がありますね・・・。 そして最後五人目は 永沢君本人という説です。 みんなにかまってもらいたくて起こした。 というものです。 なくはないような・・・。 うーん。 皆さんはどう思いますか? 個人的にはこの中から犯人を捜す。 ということ自体がちょっと抵抗があります。 そもそも隣の家から出火しているわけですし、もし上記の中で犯人を捜すとしたら永沢家の隣の家を燃やす必要はありませんよね。 このことから考えると 上記の中で一番可能性があるのが、スクープ写真が撮りたかったたまちゃんのお父さんという事になってしまいます。 単純に隣の家の人の不注意で運悪く永沢君の家に燃え移ってしまったと考えるのが自然だと思いました。 火事になった話は実話なの? スポンサードリンク 調べてみましたが、実話かどうかはっきりとは分かりませんでした。 ちびまるこちゃん自体が初期は作者自身の体験した実話を元にしたエッセイ風コミックでした。 しかし 人気が出て連載が長期化するに伴って体験談はネタ切れとなってしまい、ほぼフィクションのみの作風に変わっていったということです。 なので 永沢君の火事のエピソードも実話ではない可能性があります。 そして、火事が起こった時間帯は陽が出てる朝か、昼間です! ちびまる子ちゃんの1期115話を観れば全て分かります!.

次の

作品紹介|ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト

ちび まる子 ちゃん 永沢 くん

Shigeru Fujiki 藤木くん• 藤木茂。 クラスの男子。 くちびるが青い。 実はクラスで一番背が高い。 1990年の最初のほうからすでに登場している。 いつも永沢君と一緒にいる。 同じクラスの のことが好き。 (ちなみに2番目に好きな人は城ヶ崎さんらしい) 皆からはよく「卑怯」と言われているが根は悪い奴ではない。 両親は共働き。 お母さんの名前はまさえ。 好きな歌手はアグネス・チャン。 スケートが得意でそんな彼を好きになってしまう なのであった。 最近のみどりちゃんは相変わらず藤木君のことが好きなようだが 一方藤木君のほうはみどりちゃんが登場すると顔に縦線が入るようになった。 (以前は入らなかった) 誕生日は第1期の頃はまる子と同じ5月生まれになっていた。 藤木君が歌う曲、「ひきょう者」「青いクチビルのうた」は CD「 」に収録されている。 まる子 「藤木の奴 ちゃんと(みどりちゃんを)送ってくれるんでしょうね・・」 ・・・・ みどり「あの・・(藤木さん)どうもありがとうございました。 まる子も30分以上2人の後をつけて行く。 ) 中友子の他の役:たまちゃんのお母さん、野村さん 紐緒結奈(ときめきメモリアル) Kimio Nagasawa 永沢くん• 永沢君男。 クラスの男子。 1990年の最初のほうから登場している。 家が火事になったことがあって、火の話題になると火事を思い出してすごく暗くなる。 性格は1992年の「永沢君の家火事になる」の巻以降だんだん変わってきたように思える。 弟の名前は太郎。 ちなみに丸尾君とまる子は「太郎」は犬の太郎だと思っていた。 お父さんの名前は一雄。 42歳。 お父さんも玉ねぎ頭である。 5) 牧場に行った時の写真である。 撮ったのは先生。 仲良く写っているが、偶然こう撮られてしまった。 城ヶ崎M「 (がーん・・・) 」 ブー太郎「二人でにっこり笑ってるブー」 ハマジ「ひょっとしてお前ら二人・・!」 城ヶ崎「・・じょ 冗談じゃないわよ! あの時・・ポニーの親子が一緒にあくびして・・」 城ヶ崎「永沢っ あたしと写ろうと思って近寄ったのっ?」 永沢「ふんっ どうして僕が城ヶ崎と写る必要があるんだ? 何か勘違いしてないか?」 城ヶ崎「な なんですって〜!」 まる子「ケンカになっちゃいそうだよ・・」 たまえ「よく撮れてるのに・・」 Copyright(C)2002-2018 CHIBI MARU JOHO-KYOKU (C)さくらももこ/集英社/フジテレビ/日本アニメーション.

次の

永沢君

ちび まる子 ちゃん 永沢 くん

永沢君の家が火事になった原因は? 永沢君の家が火事になってしまったのは永沢君の隣の家が火事になってしまい、その火が永沢家に燃え移ったことが原因です。 夜中寝ていると「隣の家が火事だ!」と両親にたたき起こされ、家に火が燃え移るまえに間一髪逃げることができました。 犯人は誰なの? この隣の家の火事。 実は放火ではないか?と噂されていて、ネットでは本気で火事を起こした犯人を考察するサイトが多数登場しています。 そこで言われているキャラクターを紹介してみたいと思います。 まずは 卑怯だと言われている藤木君です。 理由はとにかく卑怯な男だから。 永沢君にもたびたびその卑怯なところを責められているというシーンを見かけます。 その腹いせか?という事でした。 二人目は 山田君。 彼はバカというキャラクターです。 故意ではなく、火遊びをしていて火事を起こしてしまった!というものです。 うーん。 ありえなくはないですね。 三人目は たまちゃんのお父さんです。 カメラが大好きなお父さん。 スクープ写真を撮るために自らが放火したのではないかと言われています。 現に火事が起こったときにカメラを持って現場に来ている姿が映っていました。 四人目は 野口さんです。 ちょっとミステリアスな雰囲気を持つ野口さん。 妖しい呪いの術とかおまじないのたぐいで永沢君の家を呪って火事にしたのでは?と言われています。 ちょっと無理がありますね・・・。 そして最後五人目は 永沢君本人という説です。 みんなにかまってもらいたくて起こした。 というものです。 なくはないような・・・。 うーん。 皆さんはどう思いますか? 個人的にはこの中から犯人を捜す。 ということ自体がちょっと抵抗があります。 そもそも隣の家から出火しているわけですし、もし上記の中で犯人を捜すとしたら永沢家の隣の家を燃やす必要はありませんよね。 このことから考えると 上記の中で一番可能性があるのが、スクープ写真が撮りたかったたまちゃんのお父さんという事になってしまいます。 単純に隣の家の人の不注意で運悪く永沢君の家に燃え移ってしまったと考えるのが自然だと思いました。 火事になった話は実話なの? スポンサードリンク 調べてみましたが、実話かどうかはっきりとは分かりませんでした。 ちびまるこちゃん自体が初期は作者自身の体験した実話を元にしたエッセイ風コミックでした。 しかし 人気が出て連載が長期化するに伴って体験談はネタ切れとなってしまい、ほぼフィクションのみの作風に変わっていったということです。 なので 永沢君の火事のエピソードも実話ではない可能性があります。 そして、火事が起こった時間帯は陽が出てる朝か、昼間です! ちびまる子ちゃんの1期115話を観れば全て分かります!.

次の