デュラララ sh。 デュラララ!!

デュラララ!!SH5巻はいつ発売される?最新刊やアニメ化情報をチェック!

デュラララ sh

セルティ・ストゥルルソンの首を巡る物語が決着し、折原臨也という幾つかの大きな騒動の黒幕的存在が退場した池袋で起こる新たな事件。 SHを1~3まで読んで思ったのはまさにSH1巻冒頭にあるとおりこれが蛇足の物語だということ。 無印での主要人物は端役に追いやられ、新キャラのある種踏み台扱い。 何より気に食わなかったのは他の方の指摘にもある通りパワーインフレが酷いことです、八尋が静雄に食らいつけるほど実力者ということ自体は良いのです、帝人との対比として『突出した個』である彼の強さは個人的にも嫌いではありません。 ですが…その八尋と張りあえるようなキャラをもう出しちゃうとか…平和島静雄は三頭池八尋に負けたわけでも互角だったわけでもありませんが彼の『最強』を貶めるような展開には正直ガッカリ来ました、いやマジで臨也の静雄に対する嫌悪とか何だったのかと。 バッカーノにおける強さの上限の一角であるクレアの最強っぷりに比べて不遇に過ぎる気がします。 もちろん一度デュラララにおける竜ヶ峰帝人をはじめとした面々の物語は区切りがついているわけですし蛇足で新主人公たちに世代交代した新章としてはそれが正しいのかもしれませんが…残念に思う所は多々ありますね。 これからの巻で無印キャラの大きな活躍も見れることを期待したいと思います。 今巻に当たっては、前回のあとがきで今回は遊馬崎と狩沢が活躍ということで期待していたのですが、予想以上にメインではありませんでした。 展開としては、多くにキャラクター達が様々な意図の下群青劇を繰り広げていくのは変わらず、基本的には面白いです。 デュラララ期ではチャットルームだったインターネットの交流が、ツイッティアというツールに変わっているのもいい味を出していて良かったと思います。 唯一、不満があるとすれば、キャラクター達のパワーインフレでしょうか、通常のデュラララでは静雄の絶対的な力の存在が各場面でキーポイントとなったり、スパイスとして活きていたのですが、SHになってから3巻で既に静雄クラスの戦闘力のキャラクターがサイモンと静雄を抜いても2人います。 今巻に至っては、静雄クラスのキャラクター同士が戦うことによって、遊馬崎どころか、門田すら噛ませ犬感を出す演出と化してました。 泉井と遊馬崎の狂った雰囲気が好きで、その遊馬崎を唯一宥められる門田さえ、そのような扱いを受けたことは少なからずショックでした。

次の

デュラララ!!

デュラララ sh

園原杏里(ソノハラ)とは、の『』に登場する物持ちのである。 : 概要 生まれ。 ので一緒に委員を務める。 成績は、体育問わず優秀で、10の成績を誇るが、は苦手な様子が4巻のピンナップで判明している。 を勉強中。 性格は極めてしく極端なまでに内向的。 浮世離れした、人を寄せ付けない雰囲気を持つ。 委員に立補したのも、への憧れと、自分を変える必要性を感じた為である。 をかけたな貌だが。 も抜群に良く、特にその っぷりはがその胸にしがみつける程であった。 なお、で当初そこまでの設定は存在しておらず、挿絵ののが徐々にへと変化を起こしていったものが設定にされている。 結果6巻の頃にはが劇中でも成されており、更にがを見ながら唐突に決めた設定では、2年に来良学園でNo. 3の(では)となった。 とを併せ持つその可さは、もも認める所。 里ちゃん、。 ある事情から両親はおらず、はで一人暮らし。 は持っておらず、も最近持ったばかりの為、まだやなどの扱いには不慣れで、に教わりながら徐々に慣れていっている段階である。 ダでのは罪歌。 人間関係 時代まで親友であったと疎遠になって以降は、とに出会うまでもいない程であった。 や、、など、徐々に知り合いが増えていく。 特にには憧れている事もあって親しくなり、様々な相談相手にもなってもらっているほか、の人であるにも養女にならないかと誘われている。 それでも自分から積極的に他人に関わる事に気を使い過ぎてしまい、結果しくなってしまう。 一度、と三人で顔を会わせた際には、が事情を抱えた上に心中色々気を回してしくなっていた(に至ってはそもそも喋れない)。 人からの好意には気づいているものの、自身が「人をする事を知らない」為に応え方そのものが判らず、その想いへの反応も鈍いものとなっている。 なおは「 人、!!」を叫ぶにとって異形であり、罪歌はにとって初めて自分をそうとした存在であり(同時に静雄が臨也の次に嫌いだとした存在でもある)、との間にあって、とも親しい同性の友人であるという、劇中において極めて感が特異な立ち位置にいる人物である。 また、会のとは古くからの知り合いだが、里自身は彼が極だとは知らず、の関係者であると思っている。 罪歌 幼い頃にに殺されかけ、その際にがを殺しするのを撃する。 直後に、死んだが持っていた妖『 罪歌 』の新たな所有者となる。 以降は親戚中をにされるが、会のが後見人となって様々な面で協してくれた事で、一人暮らしを始める。 自身の心を、常に対となる事柄や人物から「額縁を隔てた」形で捉えるようにしている為、的に他者との付き合い方が理解出来ておらず、また常に恐怖感も抱いていた。 これらの理由から、本来取り付いたの精を蝕む罪歌のすらには届かず、結果は罪歌が「決して所有者をせないが、対等な立場となれる最も相応しい所有者」となった。 全ての 罪歌の""として、罪歌の(罪歌にられた者)たち全てに対しての支配を持つが、がそれをに友人達やの穏を守る為に使っている。 を発動すると眼がくり、罪歌が持つと経験がのものとなるため、達"怪物"と同等のを誇る。 なお罪歌そのものは、が別に構想を持っている 未発表作品においての「の」でもある(その作品のは「テリジェンス」という罪歌とは正反対なもの)。 この設定はでも採用されており、罪歌は年前にテリジェンスに破れ、封印されていたという設定がある。 罪歌のはその気になれば、霊体をり裂く事も可な為、は本気になったは自分を上回る可性があると考えている。 なお20年前に、の「首」と「体」(霊体で繋がっていた)を 断ち切ったのは罪歌である。 のが始まった頃から、は罪歌の全制御をしていたが、最終的には和解と共生を続ける事で「支配をせず、されず、罪歌のは引き出すが、外部には漏らさない」という形を取った。 デュラララ!! SH 来良学園を後、の古物商『園原堂』を再開し、女店として働いている。 かつての事件で出会った人達との親交を続いているようで、店の再開の際には多くの友人の手助けがあった様子がられていた。 ある一件からSHの達とも知り合い、彼等三人を見て自分達三人の関係をす事もしばしば。 余談 因みに第一幕終了時までの、 表、及びに最も多く登場しているである。 特にでは 第一幕までの13巻中8回の登場と、破格の待遇であった。 加えて続編である『SH』においてもには登場していないのに挿絵が存在している。 と、思ってたら刊行のS巻に置いて再び表に登場した。 圧倒的である。 関連動画 関連商品 関連静画 関連項目•

次の

『デュラララ!!SH』|本のあらすじ・感想・レビュー・試し読み

デュラララ sh

『 デュラララ!! SH』とは、のである。 より( )から刊行されている、同の『 』の続編。 は前作に引き続き。 概要 前作と同じをとしたで、前作の終了時から一年半後がとなっている。 多人数のを得意とする作品にはしく、役三人のを眼に置かれている事が多い。 なお、もう一つの得意手法である 入替に関しては本作でも踏襲されている。 前作の登場人物も多く登場し、本作のとなっており、前作のも引き続き楽しめる内容となっている。 なお、本作においてもはが務めている。 あらすじ ダの終焉から一年半。 首しに憧れて上してきた『化け物』扱いされている。 首しの存在をに換えようと論む。 首しを取材してになったを持つ。 それぞれの想いを抱えた三人が来良学園にし出会い、は再び始まる。 登場人物• 関連商品 関連コミュニティ デュラララ!! shに関するを紹介してください。 関連項目•

次の