コロナ ウイルス 収束。 コロナウイルス収束後に不要となる職業は?

新型コロナ収束は「安倍政権ではなく国民の決意があったから」 海外メディアが“日本が成功した理由”を報道

コロナ ウイルス 収束

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

新型コロナウイルスがいつ収束するのか本気で予測してみた。

コロナ ウイルス 収束

私事ですが、今日スポーツジムを退会してきました。 先月、2か月ほどの休会手続きをしていたのですが、どうも収束まで六か月以上は掛かりそうだとの判断からです。 2020年に入って、歴史に残る災害となっている「新型コロナウイルス」。 現在、4月の上旬ですが、収束の目途がたっていない状態です。 一般的な意見だと、ワクチンや治療薬の普及を考慮して、収束は「2年程度」掛かると言われていますね。 既にいくつかのワクチンは開発されており、現在治験中というニュースは出ています。 さて、最終的にどれほどの被害が出るのか分かりませんが、新型コロナウイルス自体の収束は、世界各国協力の元、ほぼ時間の問題と言える状態に見えます。 しかし、厄介なのは、経済の方でしょうか。 人によってはこれも、「人と物の物流が回復すれば、経済もすぐに回復する」と楽観的に構えている人もいますが、どうでしょう。 良くも悪くも、新型コロナウイルス前と後で、世の中の働き方を含めてビジネスが大きく変わりそうです。 ビジネスが変わるとは? 以前、ホリエモンが動画の中で、「車の自動運転により、世の中のビジネスモデルが大きく変わる」といった趣旨の話をしていました。 といった話です。 車製造メーカーとしては、沢山の車を売りたい訳ですが、技術の最先端を追求すればするほど、上記のようなジレンマに陥ることになります。 かといって、自動運転開発競争から逃げても、同じ運命を辿ることになるので、厳しいところです。 デジカメの登場により先細りとなった富士フィルムが、写真業界から化粧品業界への上手に転身したように、自動車産業も既存の技術を上手く活かし、利益率の高いビジネスモデルが構築する必要があります。 最高益を記録しているトヨタの社長が、社員に「もっと危機感を持て!」と言っているのは、こういうことだと思います。 新型コロナウイルスがビジネスに与える影響とは? 話が逸れましたが、今回の新型コロナウイルスも既存ビジネスの形を変えるきっかけになるでしょう。 例えば、ほとんどペーパーレス化が進んでいなかった某企業などでは、3月は決算期ということもあり、経理部は全員出社というところもあったようです。 セキュリティの問題もそうですが、それよりも紙媒体が多いので、自宅で出来ないという理由が大きかったようです。 紙媒体が多いと、どうしてもそれを捌く人数が必要になってきますからね。 これは一例ですが、経営者の方は今回の一件で、いままで騙し騙しやってきた業務の問題点が浮き彫りになってきたと思います。 「働き方改革」と言われても、参考になる事例が周りに少ないし、従業員からもそれほど求められていないので、まあいいかという雰囲気だったと思います。 それが今回の件で一変するでしょう。 日本では、南海トラフ地震など、天変地異の可能性も考慮しておく必要もあり、BCP(事業継続計画)に必要性を改めて強く感じた経営者も多いでしょうね。 新型コロナウイルス後の世界 それにしても、リーマンショックの時には、金融関係で働いている人以外では、直接影響を受けた人は多くなかったはず。 (もちろん、間接的には影響がありました。 ) しかし、今回の新型コロナウイルスは、全業種で直接的な影響を受けています。 その影響は飲食など店舗を構えるビジネスで早期に多大な影響が出ていますが、その他の業種も時間差の話です。 物販だろうが、不動産だろうが、遅かれ早かれ大きな減収となるでしょうね。 今年の年末あたりでは、街は空き店舗が目立ち、ボーナス無しの会社も少なくなく、求人も少なく、世の中全体が重苦しい雰囲気になるのでしょう。 しかし、ピンチはチャンス。 不況は、起業に向いているという経営者は多いものです。 人も物も安く手に入るから。 余力のなくなった企業でも本当に必要なものには、お金を払います。 そういった需要に合った新しいビジネスがまた生まれてきて、既存の会社も変化せざるをえないでしょう。 既存の会社に必要な変化を簡単に言えば、 『一人当たりの生産性を上げ、少ない人数でもまわせる、より効率的な体制に強化する』 でしょうか。 「種の起源」を発表したチャールズ・ダーウィンのいう「自然淘汰」。 『強い種が生き残るのではなく、変化に適応できた種が生き残る』 を体現できた企業が生き残るのでしょうね。

次の

コロナウイルス収束後に不要となる職業は?

コロナ ウイルス 収束

こんにちは有栗です。 先日、志村けんさんの訃報のニュースが飛び込んできました。 驚きました。 だいじょうぶだあ、と戻ってくることを疑ってなかったのにショックです。 ここ長崎では、3月31日時点でまだ2名の感染者しか報告されていませんが、私も一気に他人事ではなくなり、恐怖感も増してきました。 それにしても、新型コロナウイルスでだけは死にたくないですね。 検査の結果、陽性反応が出たら家族と離れ離れになり、万が一(ではなくて100が3)そのまま死亡したら、再会できるのは荼毘に付されてお骨になった後とか。 これでは、亡くなる人も、その家族や友人の人も辛すぎます。 近くにいるのに看取ることも看取られることもできないんですからね。 悲しすぎます。 葬儀もまともに行えないようですし。 新型コロナウイルス問題が長引くと思っていた理由 そんな新型コロナウィルスですが、私は、3月の上旬頃までは、これは長引きそうだ、ある程度収束するまで最低でも1年はかかるのではないかと思っていました。 そう思っていた理由は、下の図によるものです。 厚生労働省HPより引用 この図は新型コロナウイルス対策の考え方として当初からテレビでもよく紹介されているグラフです。 皆さんも何度も目にしたことがあると思います。 現在行われている不要不急の外出などの自粛要請や渡航中止は、集団感染を防いで感染拡大を抑制し、患者の増加のスピードを抑えて、流行のピークを下げると同時に医療体制を強化する時間稼ぎをするのが目的だと説明されています。 薬もない今の時期は、医療対応の限界を超えて医療崩壊が起これば、助かる重症患者も助からなくなりますからね。 対策としては正しいのでしょう。 わからなくもないです。 しかし、この図では、ワクチンや薬で収束させるといった説明はなく、あたかも富士山のようなカーブで終息させるようなイメージになっています。 集団免疫を作るには、人口の6割(東京都では1,400万人のうち840万人)が感染しなければならないので集団免疫で乗り切ろうとしている訳でもなさそうです。 集団免疫ができるまで仮に1日に1万人感染しても2年以上かかりますから。 であれば、やはり封じ込めて感染者数をゼロにしていこうと考えているのでしょうか。 しかし、ご存じの通り、新型コロナウイルスは、無症状の人も多く、潜伏期間も長いという特徴がありますので、油断すると隠れた感染者からの拡大もまた広がります。 国内で一時的に感染者の発生が収まってきても、海外の感染の状況はまだ当面は続きますので収まっては増えるを繰り返します。 最も期待されるワクチンや薬の開発・承認ですが、一般的にはワクチンの開発には10年、薬の臨床試験から承認までは最低5年はかかると言われています。 アビガンのように既にある薬でも治療の対象が変わりますのでさほど変わらないと。 そもそも普通は承認自体に年単位の時間がかかるようですから。 結果、集団免疫が得られるまでは、低い山は完全には収束しませんので、収束するまでには、最低1年以上は続くと思っていた訳です。 新型コロナウイルスが収束する時期は意外と早いと思う理由 しかし、最近、テレビやネットの情報を色々見てみると、意外と速く収束するのでは、と希望を持つようになりました。 そうでなければ恐ろしい事態になります。 その理由が薬の開発スピードです。 最近は、アビガンやレムデシビルといったいくつかの薬の有効性が期待されています。 その中でもアビガンは、中国で既に効果が確認され、特に感染した初期段階で投与するとウイルスの増殖を抑えることができることがわかっています。 そんな薬があるのなら早く世の中に出せばいいのに、と私たち素人は思うのですが、やはり薬はそうはいきません。 アビガンで言えば女性が服用すると奇形児が生まれるリスクが高いことがわかっていますし、未知の副作用も発見されかねません。 日本でも効果や副作用が確認されているところですが、昨日も、アビガンが臨床試験を始めたと発表があるなど、ここのところワクチンや薬の開発や治験が加速的に進んでいます。 たった数カ月で臨床研究から臨床試験に入った訳ですからすごいスピードです。 本来、日本の場合は、季節毎に同じ効果が得られるかなど治験を行い、その後承認という数年単位の手続きを踏むようになっているようですが、これも大幅に短縮されることが期待できます。 それもそのはず、今は世界中の首脳が「薬」を最も熱望しているはずですし、寝ても覚めても薬はどうなった、どこまで進んだ、という会話がなされているはずですから。 おそらく、常識では考えられないスピードで薬が承認され、いつ頃処方できるようになるか、ある程度、予測が立っているものと思われます。 ですから、安倍首相も先日の記者会見で長期戦になるとは言ったものの、短期(といっても夏以降だと思いますが)で収束する見通しがある程度立っているのではないかと思います。 オリンピックを2年後にしなかったということも(任期の問題も取沙汰されていますが)、その数か月前までには収束していると睨んでのことだと思いますし、今回の経済対策に60兆円と言われるお金をつぎ込むことも早く収束するのではないかと思われる理由の一つです。 もし、長引くリスクが高ければ、今の時点でそんな大盤振る舞いしないのではないかと。 つまり、政府は、ある程度早い段階での収束の見通しを立てており、医療崩壊が起きてその計画がとん挫しないよう、必死でグラフの低い線の中に収めようとしているのではないかと思うに至ったのです。 薬が処方されるようになれば 薬ができれば、しばらくはその運用でもたつくことが予想されますが、ワクチンができて即効的に集団免疫を作れるようになるまでどうにか対応することができそうです。 徐々に経済活動を抑制する要請や指示も解くことが可能となります。 PCR検査が話題になっていますが、先日テレビで、免疫を持っているかどうか判別できる抗体検査装置もつくられていると言ってました。 再度感染するリスクはゼロではないようですが、免疫があることがわかれば自由に経済活動に参加できますからね。 なので、それまではつなぎとしてやアビガンなどの薬の承認が待たれるということになります。 これらが、いつ処方されるようになるかはわかりませんが、上記の理由でそう遠くない日に処方されるようになるのではないかと思われます。 薬が処方されるようになれば経済活動を抑制する措置は緩められ、金融危機も免れそうです。 実際、そういう風にでも考えなければ、ゾッとします。 従って、新型コロナウイルスの爆発的感染は、計画を大きく狂わせパニックを引き起こしますので何としても阻止しなければなりません。 薬の開発が遅れたり、下手な対応をとれば、金融にも大きく影響し、バブル崩壊やリーマンショックの時のように株価が6割減少する(1万円を割る)シナリオだってあり得ます。 そうならないためには、本当に大変な人が大勢いるのはわかっていますが、不要不急の外出などの自粛要請や渡航中止などは緩めることはできません。 今日の感染者数によっては、今日明日にでも緊急事態宣言が出されると思いますが(ロックダウンはどうでしょうか)、早く事態が収束することを願ってじっと待つしかないようです。

次の