カナヲかわいい。 栗花落カナヲ (つゆりかなを)とは【ピクシブ百科事典】

カナヲ 可愛い イラスト

カナヲかわいい

上官の指示を完ぺきにこなす剣士で、華奢な見た目以上に類まれな身体能力を持っています。 元々孤児でしたが、身売りされる寸前で蝶屋敷に引き取られ、その後剣士としての能力が鍛えられ、鬼殺隊に入隊しました。 最近では柱稽古を行い、さらに剣技の才を伸ばしています。 【非常に優れた身体能力と視覚を持っている】 同期の中でも一番の身体能力を持つカナヲ。 炭次郎たちと同じ日に受けた最終戦別では、彼女だけ傷や汚れが何一つなく、涼しい顔で選別を突破しています。 また、彼女は非常に優れた視覚を持っており、相手の僅かな動作を見て、次の行動を予測する事が可能になっています。 この才能がある為か、炭次郎たちの機能回復訓練の際は、反射訓練、全身訓練で3人を軽くあしらっていました。 さらに上弦の弐である童磨との戦いでは、カナヲは優れた視覚を活かし、全身の動きを見て次に童磨がする攻撃や動作を予測して戦っていました。 童魔に「柱の娘より実力があるかもしれない」と思わせるほどの強さを持っています。 【自分の感情を表に表さない】 カナヲは元々孤児で、貧しい暮らしをしていました。 そして、空腹や孤独の苦しみから逃避するために心を閉ざしてしまいます。 ある日、身売りされる所を、胡蝶カナエとその妹である胡蝶しのぶに保護されるのですが、引き取った後も自らの意思を全く伝えようとしないため、しのぶは手を焼いてしまいます。 そこでカナエはカナヲに銅貨を渡し、銅貨を投げて物事を判断しなさいと言いつけられます。 それ以来、カナヲは銅貨を投げて物事を判断するようになります。 そんなカナヲですが、炭次郎の言葉によって自主性が芽生えていき、徐々に意思表示ができるようになっていきます。 そして音柱に連れていかれる神崎隊士を救うため、初めて自分の意思で動き、食い止めました。 また、師範である胡蝶しのぶに対しては、もっと一緒に修行したいと自分の意思をしっかりと伝えれるようになりました。 【胡蝶しのぶの継子】 カナヲはカナエに保護された後、蝶屋敷で剣術を学び、そこで剣士としての能力が磨かれて、鬼殺隊に入隊しました。 その後、才能を見出されて胡蝶しのぶの継子となり、しのぶと任務を共にします。 Sponsored Link 【部隊の指揮を執っている】 カナヲは隠(カクシ)と呼ばれる部隊の指揮も執っています。 隠(カクシ)とは、事後処理を行うための部隊で、鬼との戦いの後処理や隠蔽、負傷した剣士の救護を行います。 剣の才能に恵まれなかった人たちが所属していますが、大きな事件でも隠蔽できたりするので、かなり重要な部隊でもあります。 そんな部隊の指揮を執る程、彼女は類まれな才能をもっているわけですね。 【隊服がかわいい】 男性の袴タイプとは違ったスカートタイプの隊服を着ているのですが、和洋折衷な服に身を包むカナヲがとても可愛いです。 しのぶの袴タイプの服と違うのは、縫製係の前田まさおによる独断で、女性隊士には元の洋服にアレンジしたものを支給しているためです。 ちなみにこの前田まさおは、ゲスめがねとも言われており、女性隊士に対して露出度の高い隊服を支給するなど、かなり怖いもの知らずな変態です。 【炭次郎とカナヲ】 炭次郎が機能回復訓練を終え、蝶屋敷を一時離れるとき、感謝を伝えるために蝶屋敷の面々に加えて、カナヲの元にも訪れます。 指示されたこと以外は銅貨を投げて物事を決めていると話したカナヲに、炭次郎は彼女から銅貨を借りて、表が出たらカナヲが自身の心のままに生きると決め、銅貨を投げます。 結果、表を出した炭次郎は喜び、カナヲに近づき、励まします。 炭次郎が去った後、カナヲは銅貨を胸元に当てて、握りしめ、直後に自分の行いに動揺します。 ここからカナヲの気持ちが変わっていきました。 また、単行本7巻の番外編では、炭次郎の姿が描かれていました。 番外編最後のカナエの言葉「いつか好きな男の子でもできたらカナヲだってかわるわよ」と書かれたコマでした。 これは今後の炭次郎との関係に期待です。 Sponsored Link 【栗花落カナヲの呼吸】 【呼吸】 花の呼吸 【派生元】 水の呼吸 【日輪刀】 刀身が淡い桃色に染まる刀 鍔と鞘には梅の花の模様が施されている しのぶの姉の胡蝶カナエと同じ花の呼吸を使います。 水の呼吸から派生していて、花の呼吸からさらに蟲の呼吸が派生しています。 しかし、カナヲの日輪刀は淡い桃色で、赤色に近い為、炎の柱の呼吸の意味合いが強いとも言われています。 童魔の冷気を操る血鬼術に四方八方から攻撃されたときに、この技で防御した。 童磨戦では、童磨の攻撃を躱しながら発動した。 強膜が赤く染まるほど眼球へ圧力をかけるため、長時間使い続ければ失明の危険がある。 【「鬼滅の刃」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】 「鬼滅の刃」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「鬼滅の刃1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。 登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。 そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。 「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、 1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。 2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。 加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

次の

鬼滅の刃カナヲのかわいい表情6選キュンキュンすること間違いなし!

カナヲかわいい

栗花落カナヲのプロフィール 年齢は16歳。 身長は152㎝、体重44kg。 胡蝶姉妹の一番下の妹とかなのかなと思っていたのですが、苗字も違いますし血縁関係は無いようです。 ですが、お互いに本当の姉妹のように大切に思っています。 胡蝶しのぶの継子。 アニメの過去シーンのおさらい 幼少期までは鬼殺隊とは無縁な、貧乏な家で育ちました。 育ったといっても両親から愛を受けて育ったというわけではないです。 両親からひどい虐待を受けていました。 アニメの描写を見ると何人かいた兄妹は命を落としていた様子でした。 そんな中で育ったカナヲはある日、親に売られてしまいます。 いわゆる人身売買・・・。 まあ、家にいるも地獄、売られるも地獄という感じで本当にかわいそうな人生なんです。 胡蝶カナエ・しのぶ姉妹に助けられる 綱に縛られ犬のように男に連れられているところを、たまたま通りかかった胡蝶姉妹に助けられます。 そこから、胡蝶姉妹と暮らすようになり、鬼殺隊に入るきっかけとなりました。 炭治郎と同期であの強さはすごすぎだろ!と思っていましたが、実はこんな辛い時期を乗り越えての今なんですね。 ちなみにカナヲの過去編は、コミックス7巻の巻末に収められています。 栗花落カナヲの可愛いシーン つらい幼少期の影響で「いろいろなことがどうでもいい」…と達観したカナヲ。 それゆえ自分の意見をはっきりと言わず、静かに黙っているシーンが多いですね。 そこがミステリアスで、可憐さすら感じられます。 今までさんざん負けていた炭治郎がギリギリではあるが、カナヲに勝つことができた。 そして湯飲みの中身をかけたら臭いよなとの炭治郎の瞬時な判断で頭に湯飲みを乗っけました。 まさかの出来事にカナヲの「えっ?!」と、驚いた表情とキョトンとした感じが可愛いです。 それを見た炭治郎は話しかけられた嬉しさと、何それ?と質問攻め 笑 それに困ったカナヲは質問に「さようなら」「さようなら」と返答。 私の娘曰く、カナヲの可愛いシーンはこのシーンの目が点になっているところのようです。 炭治郎がお世話になった人たちにあいさつ回りで、カナヲのところへ来たシーン。 アニメ25話を見ればカナヲがなぜあのように、無口で気持ちを表に出さないのか?・・・・の理由が語られていますね。 すなわち、感情を表に出したくても、出すことができなくなってしまったのです。 そして、何も自分で決めることができなくなっていました。 そんな時カナエが、 「一人の時はこの硬貨を投げて決めたらいいわよ」と1枚の硬貨をもらいました。 それから、一人の時何をするのか決断をするときには効果の裏表で決めるように。 カナヲの心を溶かす炭治郎 しかし、そんなカナヲに炭治郎は「きっとカナヲは心の声が小さいんだな」と言いました。 炭治郎は今どうしたいのか気持ちが大切と。 そして、カナヲの硬貨を炭治郎が投げ、 「表が出たらカナヲは心のままに生きる!」と言いました。 そして、高く投げられた硬貨は炭治郎の手元に。 炭治郎は飛んで喜んでいました。 カナヲの手を握り「頑張れ、人は心が原動力だから」と。 あのシーンは、カナヲが大きく変わるきっかけだと思います。 キラリと覚醒した、おおきな瞳がカワイイ!! そして、今まで感情を表に出さなかったカナヲが唯一自分の思ってることを口にした瞬間でもあります。 恋の始まりを思わせるかのようなカナヲのあの感じが、またたまらなく可愛いです。 正直今まで人間味のない感じでしたが、まぁそれも可愛かったんですが。 ここにきて感情を少し取り戻し人間味増したことで、外見の可愛さだけでなくカナヲの内面を見ることができた気がしました。 年頃の可愛さが見えてきて、もう初恋の気持ちを思い出せない私にとってウキウキ、ドキドキでした。 まあ、カナヲはまだ始まりにも気づかずなんでしょうけどね。 まとめ 26話アニメでの出演シーンは少なかったですが、あの可愛さからカナヲファンも多いかと思います。 私的には、感情を閉ざしているときのカナヲももちろん可愛いですが、感情を徐々に取り戻し何かに疑問に感じたり、悩んだりしているカナヲが人間味合ってすごく可愛く思います。 また、笑顔にしても感情がこもっているときの笑顔の方が、温かくリアルを感じます。 今後カナヲはどのように変わっていくのか?!炭治郎への気持ちは恋へと発展していくのか?!アニメでは少なかったカナヲの戦闘シーンも今後楽しみです。 映画公開は2020年、アニメ二期はいつでしょうかね?本当に待ち遠しいですね。 でも待ちきれないという方は漫画で見ちゃうのもおすすめです。

次の

栗花落カナヲの感情が溢れでる瞬間のかわいいシーン5選を徹底紹介!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

カナヲかわいい

髪の毛は右側でひとつに束ねていて、しのぶと同じ蝶々の髪飾りをしています。 髪を下ろすと胸にしたくらいまで長さがあります。 無口で指示をされたこと以外の行動はしませんし、会話もしません。 迷った時にはカナエからもらった銅貨を投げて選択をしています。 類稀なる身体能力を持っていて、訓練相手となることもあり、その力量は同期の隊士たちをもしのぐほどです。 そんなカナヲですが当初は鬼殺隊に入ることをカナエもしのぶも認めていませんでした。 カナヲを変えた竈門炭治郎という存在 蝶屋敷を出発する際にカナヲへあいさつに来たにすら、カナヲは銅貨を投げて話をするかを決めていました。 この炭治郎の行為がカナヲの心を動かし、炭治郎が去ったあと銅貨を手で包み胸の前でぎゅっとする仕草をしています。 この時のカナヲの感情はカナヲ自身にも理解できないものでした。 上弦の陸との死闘のあと2ヶ月もの間目覚めなかった炭治郎のために花を生けたりしていたようで、炭治郎が目覚めると涙を流して安心したような表情をしています。 この後、隠のさんに「炭治郎が目覚めたなら人を呼べ!」と大声で説教をされてしまいます。 この時のカナヲはあわあわして、さんにペコペコと頭を下げていました。 まだ炭治郎たち以外の人との接触にはなれていないようです。 ですが、再び眠りについた炭治郎を見てその周りで大騒ぎをしているアオイとに対し「静かにして!」と声をあげています。 カナヲの過去を描いた番外編ではカナヲの初恋が炭治郎であるかのような描写がされています。 それを証明するかのように、無惨を倒した後に鬼化してしまった炭治郎のために自分が失明するリスクのある技を使い、炭治郎を救うのです。 炭治郎が目覚めるシーンではお互いに視線を合わせて微笑む描写があります。 栗花落カナヲの性格 孤児であったために、カナエとしのぶに引き取られた当初からほとんど無口で無表情の少女でした。 炭治郎によって自主性を解放されたカナヲはだんだんと自分の感情を表に出すようになってきます。 ですが、それよりも以前にカナヲが自分の意思で行動していることがあります。 それは鬼殺隊入隊のための選別への参加です。 カナエとしのぶに無断で選別に参加したことは確かにカナヲの意思だったはずです。 鬼への強い思いを近くでみていたカナヲだからこそ、自分も強くなりたいと思ったのです。 柱稽古に参加していた際もしのぶに対して「師範にもっと稽古してもらいたい」などと恥ずかし気に発言していて、しのぶもそれを良い傾向だと微笑んでいました。 童磨に骨を折られ吸収されたしのぶを見たカナヲは激昂し、怒りで震えます。 カナヲはこの時すでにしのぶに「自分は鬼に喰われなければならない」と告げられています。 しのぶを吸収したことによって藤の花の毒を体内に取り込んだ童磨に毒が効き始めると、しのぶの意思をしっかりと受け継いでいるカナヲは自分の目を失う可能性のある呼吸を使い童磨を倒します。 この代償としてカナヲの右目はほとんど見えなくなってしまいます。 カナヲが育った環境はとても劣悪なもので、泣いていると蹴とばされ、踏まれて、引きずり回されて、水に付けられていたようです。 父親に殴りかかられ、当たり所が悪いと兄弟たちは冷たくなっていたこともあったようでした。 そのような環境で育ったので、カナヲは自分の意思を持たず、指示をされないと何もできない、何もしない人間に育ってしまったのです。 カナエとしのぶに引き取られたことで少しずつ人としての感情を取り戻してきていたカナヲでしたが、カナエの死を知り、周りが泣いていても、カナヲは冷汗が出て泣くことができませんでした。 これはカナヲが育ってきた環境が起因していました。 カナヲは泣くことを我慢しながら育ってきたのです。 栗花落カナヲの声優 カナヲの声を担当しているのは上田麗奈さん。 1994年1月17日生まれで富山県富山市出身です。 所属事務所は81プロデュース。 代表作は『ハナヤマタ』の関谷なる役や、『ReLIFE』の小野屋杏役、『Dr. STONE』のルリ役などがあります。 栗花落カナヲの名言・名シーン ここからは栗花落カナヲの名言や名シーンをご紹介していきます。 「好きな人や大切な人は漠然と明日も明後日も生きているような気がする」.

次の