大原 社長。 大原孝治

大原社長退任でパンパシHD株価暴落?!

大原 社長

2019年8月13日にパンパシフィックホールディングス(旧ドン・キホーテ)の 2019年6月期、本決算発表がありました。 同時に大原社長の退任発表がされました。 30期連続の増収増益、売上高1兆円の目標を1年前倒しで達成したにも関わらず、決算発表後に株価は暴落しております。 約1年パンパシ株を保有し、毎日株価を眺めております。 業績好調なのに下落するとは予想外でした… 決算発表直前まで7100円あった株価が現在6210円まで下落しました。 (約900円のマイナスです…)エグイっ! 売上高最高値更新中なのになぜ??、とうろたえました。 調査して行くうちに、 下落の要因が判明しましたのでレポートします。 素人の憶測 😆 が含まれておりますことを、ご了承ください。 8月14日の日本経済新聞の記事です。 市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(7月16日時点、9社)の739億円を1割強下回り、嫌気した売りが出た。 外国人持株比率が高い パンパシ株の外国人持株比率は64. 6%です。 そのため海外投資家が多くの株を保有している銘柄の値動きは、アメリカ市場の動きに特に連動しやすいと言えます。 日本の市場で影響力を持っているのは海外の機関投資家です。 日本人ひとりで立ち向かわず、海外投資家が作る流れにのっていくのが正解だそうです。 決算発表後の株価下落は、アメリカ市場暴落の流れをも引き継いでいると言えそうです。 大原社長の退任発表 パンパシのホームページで大原社長のスピーチ動画が掲載されております。 大原社長は、自身は国内グループの事業からすべて撤退すると宣言しました。 YouTubeで大原社長を見てから、お茶目な姿や話し方、考え方にファンになっていましたのでとてもショックです!決算による株価下落よりショックです! 社長の退任で失望した投資家もいるのではないでしょうか。 動画での社長のスピーチ内容をまとめました。 EC事業から完全に撤退した 2018年5月31日から国内のEC事業(ネット通販)から撤退しました。 EC事業ではなく、リアル店舗を強みとして事業を展開していくと宣言しました。 (海外発送専用で日本国内への販売は行っていないサイトが存在します。 知りませんでした。 発送料も安いです。 多言語対応です。 ) アマゾンサバイバーとして戦う 大原社長はアマゾンには勝てないと判断しました。 「アマゾンサバイバー」として戦っていくのだそうです! リアル店舗の独自性をブラッシュアップして、集客力を高める努力をしていくという力強いスピーチでした! アリババがアマゾンを真似した、失礼、お手本にしたように、ドン・キホーテをお手本にする中国企業が出てきそうです(笑)。 2019年6月期の決算発表後にパンパシ株(旧ドンキ)が下落したタイミングで、 再度2019年8月16日(金)の取引終了後、ユニー・ファミマがTOBを行うとの発表がありました。 素人の判断からすれば、また株価が高騰するのでは!?と予測しております。 週明けが楽しみです。 塩漬けの株を売り払って、下落したタイミングでパンパシ株を買い増ししておけばよかった…となるのでしょうか。 ドン・キホーテに行けば、 ・流行りがわかる ・見るだけで楽しい ・気づいたら買っていた ということが多いです。 店頭のポップアップやデジタル映像の宣伝が商品を選ぶ参考になります。 店頭で他のお客さんや外国人観光客が大量にカゴに商品を入れている様子を見ると、気になって同じ商品を買ったりします(笑)。 以上、2019年6月のパンパシHD本決算発表を受けての、株価の動向とド素人の感想でした~。

次の

大原社長「じゃあ、真に受けて回答していい?」|Real Sound|リアルサウンド テック

大原 社長

名前:大原 孝治(おおはら こうじ) 生年月日:1963年8月23日 年齢:55歳 出身地:東京都 肩書:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス代表取締役社長 元・ドンキホーテホールディングス代表取締役社長 大原孝治社長は東京都出身で現在55歳です。 2014年7月にドンキホーテホールディングスの社長に就任しました。 それまでは創業者の安田隆夫が社長を務めていました。 大原孝治社長は2代目社長ということになります。 大原社長は売上高1兆円を目指す会社を先導しています。 売上高1兆円を超える企業は、イオン、セブン&アイ・HD、ファーストリテイリング、ヤマダ電機、ユニー・ファミリーマートHD、三越伊勢丹HDの6社しかないことから会社の規模のでかさがわかります。 ドンキホーテホールディングスは、総合スーパーのユニー株式会社を買収するなどさらに成長を遂げています。 ドンキと言えば圧縮陳列に代表されるように売り場が楽しいといった印象。 POPも派手でとにかく低価格戦略。 若者を中心に人気を集めています。 大原孝治の経歴 次に大原孝治社長の経歴をご紹介します。 1993年2月にドン・キホーテ 現ドンキホーテホールディングス に入社します。 入社後は1号店の府中店で働きます。 その後、木更津店・幕張店・市原店の立ち上げの店長を務め、1995年9月に取締役第二営業本部長に昇格します。 2005年1月にグループ会社「株式会社リアリット」の代表取締役社長に就任しました。 2007年4月にドン・キホーテ取締役を辞任すると、グループ会社「日本商業施設株式会社」の代表取締役社長に就任しました。 2009年9月のドン・キホーテ取締役兼CIO、2012年7月のドン・キホーテシェアードサービス代表取締役社長、2013年4月のドン・キホーテ取締役副社長兼COO就任を経験します。 2014年7月にドンキホーテホールディングス代表取締役社長兼COO就任に就任しました。 2017年には「ドイト株式会社」の代表取締役社長にも就任しています。 入社から約21年で社長まで登り詰めました。 2018年には第43回経済界大賞の優秀経営者賞を受賞しています。 スポンサードリンク 2019年2月ドンキホーテHDがPPIHに社名変更 2019年2月1日に株式会社ドンキホーテホールディングスが「株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」に社名変更しました。 社名変更の理由はグローバルグループとしてさらに飛躍することです。 大原孝治社長は社名変更の理由について次のようなコメントをしています。 「ドン・キホーテという屋号は日本では認知されているが、これから打って出る世界では知られた名前ではない。 yahoo. donki. pdf これからアジアを中心に海外進出もさらに積極的に進めていきそうですね。 大原孝治の新たな経営戦略とは? 社名がよりグローバル向けに変更したことにより、海外進出にも積極的に取り組むでしょう。 2019年2月時点で海外ではハワイ州とカリフォルニア州で38店、シンガポールに3店舗を出店しています。 大原孝治社長は海外100店舗を視野に入れて海外出店を進めています。 2019年6月にはタイにも新店舗を出店する予定になっており、よりグローバルに展開していきます。 ドンキ PPIH の売上高が絶好調 会社は順調に成長しており、29期連続増収営業増益を達成しています。 donki-hd. php 売り上げがグングン伸びています。 2018年6月期の売上高は9,415億円で前期比13. 6%増と絶好調です。 店舗数も年々増え続けています。 大原孝治社長は2020年を達成年度とした「ビジョン2020:売上高1兆円、店舗数500店、ROE 株主資本当期純利益率 15%」を掲げています。 商業界オンラインの記事によると、2019年6月期に売上高1兆円を達成する見通しとのことです。 つまり、売り上げ目標は1年前倒しで達成しそうだというのです。 ドンキ PPIH のさらなる目標は? 大原孝治社長はその次の目標として売上高2億円を視野に入れて達成に意欲を見せています。 営業利益1000億円を自分の任期中に達成したいと野心を見せています。 西友の買収にも興味があると話すなどこれからもPPIHの快進撃は続く予感がします。 まとめ 今回は、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス代表取締役社長の大原孝治社長についてまとめました。 ドン・キホーテを中心にこれからも出店を続け成長していくでしょう。 海外進出も積極的に進めていくようなので、店舗数はさらに増えていきますね。 唯一無二の店舗戦略で成長を続けたドンキの今後に注目していていきたいと思います。 以上、最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

ラファエルがやらかした?!ドンキーホーテ社長と暗黒の取引

大原 社長

代表取締役社長 大原 邦彦 設立 平成3年2月1日 事業内容• 米国製トレーラーハウスの輸入・販売• 事業用トレーラーハウスの製造・販売• 国産ログキャビンの製造・販売• 中古トレーラーハウスの買取・販売• トレーラーハウスの修理・メンテナンス 会社HP 行政との戦いが成功への一歩 現職に就くまで宅配業やパソコン関連等、様々な事業を行っておりました。 そんな中、たまたまトレーラーハウスの展示会を見に行って面白そうだと感じ その会社に入社したことがきっかけで現在に至っています。 キャンプ場でよく見かけるトレーラーはもともとアメリカの商品なんです。 14、5年前に日本に輸入された当時はお客様へのアフターフォローが できていないこと、違法建築物扱いされるなどクレームが多発していました。 しかし行政の規制が厳しく、どの企業も声を上げない状況を見て、 周りがやらないなら自分達でやるしかないと決意し、工具を使わないで 冷暖房設備を着脱できる部品を開発し、実用新案を取得したこと。 昨年3月にトレーラーハウス協会を設立したことが飛躍のきっかけです。 新たなチャレンジを継続し1千億企業を目指す! 当社は3年間で日本での販売台数NO。 1企業になりました。 業務用に特化した商品開発に注力することで成功したのです。 飛躍の一歩になったのが、ニッポンレンタカーさんマツダレンタカーさんが トレーラーハウスの機能性・利便性に注目し、 営業所として使用して下さるようになったことです。 また昨年は、千葉県で日本初のトラック業者の事業所として認可されました。 今後は営業所、飲食店としての利用だけでなく別荘や2世帯住宅として 幅広く使用してもらえるようにトレーラーの魅力を広めていきたいですね。 トレーラー産業自体まだまだ可能性のある業界ですから、 新しい試みを繰り返すことで1千億を目指す企業を目指したいと思います。 座右の銘 『外 敵 に厳しく、内 味方 にやさしく』です。 数年前までトレーラーハウスの「建築物か否か」は行政担当者が判断し、 設置状況によっては違法建築物に分別されるなど基準が大変あいまいなものでした。 その基準の不明確さに疑問をもち、真っ先にその問題解決に向け声を上げ、 新たな枠組みづくりをしたのが当社です。 今後も法律としっかり向き合い、既存のルールを打ち破る新しい取り組みを 続けていけるパワーのある企業でありたいと思っています。 当社が求める人物像とは まず第一は「ゼロからスタートできる人」。 新卒、中途に関わらず、過去に囚われないで新しいことに挑戦できる人。 そして次に「仕事に対して生きがいがもてる人」です。 当社は社員への情報公開を明確にしておりますので、 自分の頑張り次第で、会社が変わり成長していることを実感できると思います。 その喜びを共に共有できる人と働きたいですね。 だからこそ商品の良さを口先だけで推奨する営業は一切行っておりません。 「なぜこの事業にはトレーラーハウスでなければならないのか。 」を お客様と真剣に向き合い、話し合うことを最も大切にしています。 日頃から心がけているのは何事にも 「どうしてだろう?なぜなんだろう?」と好奇心のある疑問を持つこと。 どうしてこの店はこんなに人が集まっているのだろうか、 何かやろうと思いついたとき、何のためにやるのかと常に自問することで 自然と新しい価値観が芽生え、少しでもおかしいと思った点は 自分で変えるしかない!という強い想いに繋がってくるのだと思いますね。 始めに10年後の目標を決めること。 そして5年後、1年後、1ヶ月後にはどうなっていたいのか、 その為にはどうすべきかをイメージすることが重要です。 私自身、現職に就くまで様々な業界を経験してきました。 35歳からでも新たなスタートはできるし、人間何かを始めるのに遅すぎることはありません。 自分の信念を貫く強さをもって、どんどんチャレンジしていきましょう!.

次の