愛想 が いい 人。 愛想がいい人の特徴4個

愛想がいい人に共通する特徴は?愛想良くなる方法も知ろう!

愛想 が いい 人

褒め言葉?「愛想がいい」ってどういう意味? 「愛想」の意味から見てみると、「人に接するときの態度・人当たりのいい態度」あるいは「人に対する好意・信頼感」などが挙げられます。 つまり、「愛想がいい」とは 「人から好感や信頼感を持たれやすい態度をしている」という表現になります。 「愛想がいい」の類語は 「愛嬌がある」ですが、「愛嬌」の意味は「可愛らしい・憎めない仕草・相手を喜ばせるような言葉」など。 つまり、「愛嬌がある」とは 「相手を喜ばせるほど可愛らしい雰囲気をしている」という表現になります。 愛想がいい人という場合、多くは愛嬌がある人という意味合いも含んでいるため、 「愛想がいい」は褒め言葉と言えるでしょう。 愛想がいい人の特徴 では、愛想がいい人にはどのような特徴があるのでしょう。 笑顔が絶えない• 誰かに嫌われることが怖い• 相手によって態度が変わる• コミュニケーションが得意• 人懐っこい(ひとなつっこい)• 本心を見せない• 一人になると気分が沈む• 気配り上手• 自己主張が苦手• 他人が喜んでくれると安心する 続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。 いつ見てもニコニコとしているので、初対面でも「優しそう」「話しかけやすい」「親近感が湧く」といった印象を持たれやすいのです。 笑顔には、その場にいる人の 緊張や警戒心を和らげてリラックスさせる効果が。 だから表情の柔らかい人を見ると、「感じのいい人だな」「仲良くなりたい」と思うのでしょう。 過去に「私は嫌われている」と感じる出来事があって深く傷つき、トラウマになっているのかもしれません。 だから、無愛想でいると「また嫌われるかもしれない」「二度とあんな辛い目には遭いたくない」と 不安になってしまうため、「誰よりも愛想よくいよう」と強く意識しているのです。 気に入られたい彼や上司には好かれやすい行動をとりますが、興味のない人には 冷たく当たったりするよう。 一方で、あまり親しくない人が相手だと印象が良くなるのに、身近な友人や家族の前では自分勝手になるなど、 ガラッと態度が悪くなってしまうケースも。 いくら愛想がいいと言っても一人の人間なので、全ての人に24時間毎日優しく接するのは難しいことなのでしょう。 初めて顔を合わせる人にも自分から声をかけたり、性別・年齢・肩書きに関係なく、相手は「どんな性格なのか」「どんな気持ちでいるのか」を読み取ったり。 損得勘定や好き嫌いで人を判断しないで、「私はこういう人間です」と 自分から心を開いて仲良くしようとするのです。 だから周りにいる人は「彼女といると心地いい」と感じ、距離が縮まりやすくなります。 純粋に 人と接することが好きなので、「失敗するかもしれない」「拒否されたらどうしよう」といった不安を抱えることが少ないよう。 頭であれこれ考えて悩むよりも、「彼はどういう人なんだろう」「彼のことがもっと知りたい」という 相手への興味関心が先に出るタイプなのでしょう。 そのため新しい環境に一人で飛び込んでも物怖じすることなく、積極的に人と関わるため、あっという間に周囲になじんでいるのです。 周りから「いつも穏やかな人」といった印象を持たれやすいのは、こうした 負の感情を自分の心の奥底にため込んでしまうことが習慣になっているからなのかもしれません。 一歩外に出た瞬間から再び自分だけの環境になるまで、ずっとニコニコとした表情を浮かべ、あらゆる人に気を遣っている状態を 負担に感じることもあるのでしょう。 人に好印象を与えようと頑張りすぎた反動で、「やる気が出ない」「何をしていても楽しくない」といった感情が生まれ、表情も硬くなるのです。 そのため、誰も気付かないような 些細な変化も見落とさずに相手を褒めたり、目立たないけど 陰で努力している人への感謝も忘れません。 例えば上司の場合、良い結果を出した部下には「支えてくれた仲間がいることを忘れないでね」と伝え、結果を出せなかった部下には「これまで頑張ってきたことは認めてるよ」とフォロー。 また愛想がいいと人からの頼まれ事も多いのですが、自分にできるかできないかを早めに判断し、すぐに返事をします。 このような 気配りが、周囲からの信頼を得る理由なのです。 協調性が高いあまり、自分の意見を発言したら「全体の雰囲気を乱しそう」「一人だけ浮きそう」と考え、 言いたいことがあっても我慢してしまうのです。 そんな状態が続くと、いつの間にか「その場の流れに合わせる」「人の意見に従う」といった姿勢が当たり前になり、 自分の意見を主張することができなっていくのでしょう。 人に感謝されると、「私は好かれている」「私は人の役に立つことができる、必要な存在なんだ」と実感して優越感に浸ることができるため、心が落ちつくよう。 「私は人から信用されているはず」と思い込むことで 自分の自信につながり、「もっと愛想がいい人間でありたい」と考えるのです。 「愛想がいい人」と「愛想が悪い人」の違い では、「愛想がいい人」と「愛想が悪い人」にはどのような違いがあるのかみていきましょう。 「楽しそう」と「冷めている」• 「話しかける」と「話に入ろうとしない」• 「オシャレ」と「地味な見た目」• 「ポジティブ」と「ネガティブ」 続いて、それぞれの「違い」について詳しくみていきます。 だから雰囲気が明るく、 人を引き寄せる力があります。 それに対して愛想が悪い人は、いつも無表情なので 「冷めている」というイメージを持たれやすいでしょう。 本人は機嫌がいいのに「怒ってるみたい」、あるいは楽しんでいるつもりなのに「つまらなそう」と見られがち。 怖そうな重たい雰囲気に包まれているので、 人が近づきにくいのです。 一方愛想が悪い人は、大勢で話をしていても 輪に入ろうとしません。 直接話を振られると、「興味ありません」と言わんばかりのそっけない返答。 「その場の雰囲気が悪くならないように」「みんなを不快な気分にさせないように」といった配慮ができず、不機嫌そうな表情で黙り続けるのです。 毎日何人もの人と接するので「人に見られてる」という意識も働き、ファッションやメイクを日頃から研究していてオシャレ。 でも愛想が悪い人は、 人と接するつもりがないため「自分を着飾ろう」という気分になりません。 可愛い服を見ても、「見せる人もいないし私には必要ない」と切り捨ててしまうのです。 だからいつも ポジティブで、人に元気を与えるのです。 ところが愛想の悪い人は、人と関わることが極端に少ないので一人の世界に閉じこもりやすいよう。 そのため、「私には無理」「きっとまた失敗する」「誰も私のことを理解してくれない」といった ネガティブ思考になっていくのです。 愛想がいい人になる方法 では、愛想がいい人になるためには、どのような方法があるのかみていきましょう。 いつも笑顔で• 自分から大きな声で挨拶• 言葉遣いは丁寧に• 穏やかな気持ち• 相手の目を見て話す• 共感しながら話を聞く• 怒らない 続いて、それぞれの方法を詳しくみていきます。 全く知らない相手でも、ニコニコとした表情をしているだけで 温かく柔らかい印象を受けるため、「いい人そうだな」「話しやすそうだな」と思うもの。 また笑顔を意識することで不思議と 自分自身が落ち着いてきて、イライラすることが少なくなります。 朝起きて顔を洗う時・メイクの後・出かける前など、 鏡を見る度に口角をキュッと上げて笑顔の練習を続けると、自然な笑顔が身につくようになるでしょう。 親しい間柄でも初対面でも、コミュニケーションをとるための第一歩は、 自分から大きな声で挨拶をすること。 大きな声で挨拶をしていると、 心もそれに伴って元気になるので自然と表情が明るくなり、 笑顔が増えるきっかけになります。 また挨拶をされた方は「自分を 認めてくれた」と感じるため、挨拶をしてくれた相手に対して好意的に。 そこから 会話が生まれ、良好な人間関係が出来上がっていくのです。 相手に良い印象を与えるためには、 丁寧な言葉遣いが必要になります。 丁寧な言葉遣いができるかどうかを決めるのは 「正しい敬語」ですので、必要最低限の尊敬語・謙譲語・丁寧語をマスターしておきましょう。 一般的によく使われる敬語を中心に、 「知識として覚える」「実際の会話をイメージ」「実践」といった流れを継続することで、「常識のある気持ちのいい人だな」と思われるようになるはずです。 まずは自分がどんな性格なのかを 自己分析し、穏やかではないところを改善していきましょう。 自分の嫌な部分から目を背けずに、 ありのままの自分の姿を受け入れることが、他人を受け入れる寛容さにつながります。 穏やかになるのが難しい場合は、 落ち着きを手に入れることを考えるといいでしょう。 「物事をポジティブに捉える」「ゆっくり話す」「時間に余裕を持って行動する」など。 生活や心に余裕ができると、落ち着いた穏やかな気持ちに変わっていきます。 男性なら、自分の目を見ながら話す女性に対して「俺の話に興味を持ってくれている」「俺に好意があるのかな」と感じるので、お互いの距離が縮まりやすいのです。 相手の目を見て話す時は、 片目だけを見るようにすると恥ずかしさを感じにくくなります。 また 5秒に1回は目をそらすことで、相手に不快感を与えない適度な距離感で会話をすることができるでしょう。 聞く力とは、話した相手に 「心が晴れてスッキリした」と思わせる力のこと。 聞く力に必要なのは 「相手に共感しながら話を聞くこと」なので、相手の話にしっかり耳を傾け、 相づちや「そうだね」といった共感の言葉を意識しましょう。 その結果、話した相手は「この人に話してよかった」「もっと話したい」と感じるはずです。 怒りたくなった時に意識したいのは、「 柔らかい口調でゆっくり話す」「自分は何のために怒るのか 目的を明確にする」「 相手の立場に立って、どうしてミスをしたのか考えてみる」の3つ。 最初は感情的になって上手くいかないかもしれませんが、続けることで少しずつ冷静さを取り戻せるようになっていきます。 愛想がいい人のメリット では、愛想がいい人にはどのようなメリットがあるのかみていきましょう。 嫌われにくい• 「力になりたい」と思われる• 人として大きく成長• 接客業で評価されやすい 続いて、それぞれのメリットを詳しくみていきます。 いつも 笑顔で心をオープンにしているので、一度でも接したことのある人は「打ち解けやすい人だな」という印象を持つことが多いよう。 またその場の空気を常に読み、基本的に人の意見を否定することがなく 人当たりが良いため、嫌われることが少ないのです。 人の心にスッと入ってしまう力があり、相手に「この人と一緒にいると居心地がいいな」と思わせるような雰囲気を、無意識に作り出しているのかもしれません。 そのため「ちょっと困ったな」「協力してほしい」といったことがあると、 「力になりたい」と手を貸してくれる人がすぐに現われるのです。 人は、自分に優しくしてくれたり助けてくれたりした人に対して「恩返しがしたい」と思うもの。 愛想がいい人は日常的にコミュニケーションをとる中で、困っている人の悩みを聞く、あるいは落ち込んでいる人を励ますといった手助けをしているのでしょう。 大人になると、プライベートでは特定の親しい人と過ごす時間が大半になるため、視野が狭くなりがち。 でも年代や業種を飛び越えて、普段接する機会のない人と接することで、 自分とは違う考え方に触れるようになるのです。 すると、新たな物事の捉え方に気付いたり新しい発見をしたりと視野が広がり、ますます 「人と関わることが楽しい」と思えるようになります。 特に注目したいのは、 接客業で高い評価を受けるケースが多いということ。 愛想がいい人は物腰が柔らかく、相手を気持ちよくさせるコミュニケーション能力を持っているので、お客さんからの評判が良く リピーターの増加につながります。 会社の顔である受付業務の場合は、会社全体のイメージアップに。 一般的に、商品価値を大きく左右するのは店の雰囲気や接客態度と言われていますので、接客を仕事にする人にとって愛想のよさは強みとなるようです。 愛想がいい人のデメリット では、愛想がいい人にはどのようなデメリットがあるのかみていきましょう。 神経を使いすぎて疲れる• 嫉妬されることも• 八方美人に見られやすい 続いて、それぞれのデメリットを詳しくみていきます。 でもそんな時でも、 嫌な感情をグッと抑えてニコニコしながら「大丈夫?」と人を気遣ってしまう…。 本当は「辛い」「私の本心をわかってほしい」と言いたいのに言えないことで、 精神的なダメージを受けているのです。 そのため、一人になるとドッと疲れが押し寄せてきて、 気力がなくなる場合もあります。 なかなか彼氏ができない女性からすると「男性がいる時だけ女らしくなってズルイ」と感じたり、意中の彼がいる女性は「私の方が先にアプローチしてんるんだから近づかないで」と妬んだり。 誰にも嫌われないために好かれやすい行動をしているのに、 恋愛が絡んでくると、逆に妬まれることもよくあるのです。 何も悪いことはしていないですし、人を傷つけてもいないのですが、あまりにも本心が見えなくて「本当は何を考えてるの?」といった不信感に。 愛想がいい人は、その意見に賛同しているのではなく、 「悪く思われたくない」が目的になっているため、相手によって意見が変わってしまうのです。

次の

愛想が良いって褒め言葉ですか?

愛想 が いい 人

あなたは学校や親から「人にやさしくしたり正直にふるまうのは 良いことだ」と教えられたことがありませんか? 周りに親切でいればみんなからも親切にしてもらえるとか、いつでも正直でいることは勇気のあるカッコいい事といった感じです。 つまり、ほとんどの人は 「いい人」でいることを「良い」と教えらているのです。 とはいえ、ストレスや嫉妬が多いこの社会で、この教えがそのまま使えると思いますか? ちょっと微妙だと思いませんか? だって ほとんどの人は 「いい人」でいてもなんらかの損をすることを経験的に知ってますよね。 職場ではワガママな人やウソで固めたような人は必ずいます。 そんな相手には「正直さ」や「やさしさ」だけで対応してはいけないのです。 本来、ウソで固めたような人とは付き合わないのが一番ですが、仕事となればそういうわけにもいきませんよね。 この記事では、職場で「いい人」だと損をしてしまう事例と、 目次• 職場で「いい人」だと損をする4つの例 case1 やさしさにつけ込まれる 自分を犠牲にしてまでやさしくしていると、損をします。 なぜなら あなたのやさしさを利用しようとする人間が近寄ってくるからです。 あなたにはなんの落ち度のないミスなのに責任をなすりつけてきたり、あなたにお願いすればなんでもやってくれると思って、めんどくさい作業ばかり依頼してくるのです。 「やさしくていい人」は、やりたくない事でも断れずに受けてしまう傾向があるので、その部分につけ込まれてしまうんです。 なぜなら、 素直で他人を疑わない性格をうまく利用しようとする人がいるからです。 「素直ないい人」 は相手の裏を読もうとはしませんから、この人は なんでも信じるなぁと舐められてしまうのです。 実際あなたは、信じていたのに裏切られたことはありませんか? 裏切られた時って「損をした」どころではなく、 「傷つく」レベルですよね。 職場で素直すぎることは自分を大事にできないのと同じなのです。 「素直ないい人」 は 警戒心がなく人を疑わないので、その部分につけ込まれてしまうんですね。 合わせてお読みください。 case3 自分で抱え込んでしまう 問題を自分だけで抱えてしまう人も損をしやすい人です。 本当に自分一人で抱えないと問題って、実はそんなにないんですよね。 仕事ってグループや組織でやってるんですから。 にもかかわらず一人で抱え込んでしまうのはやっぱり損をしていることになります。 例えば、仕事がうまく進んでない時に「 自分の努力が足りないからだ」とか「 自分のスキルがまだ未熟だからだ」と決めつけていませんか? 「いい人」は自分より他人を優先します。 他人が苦労するぐらいなら自分が苦労した方がいいと思ってしまいます。 この仕事は自分じゃなくてあの人にお願いしたほうが効率がいいと頭の中で分かっている時でも、申し訳ないからと遠慮して結局自分で抱えてやってしまうのです。 case4 自分の主張を抑える 自分の主張を抑えてしまう人も、損をしやすいです。 「いい人」は、自分が主張することによって相手が傷つくんじゃないかと心配し過ぎています。 相手が傷つくくらいなら、自分の主張を抑えてしまおうと考えているんです。 例えば会議などで、自分と相手の意見ががぶつかりそうになると、自分の意見は表に出さずに心の中だけにとどめてしまうのです。 でも意見が言えなかったら、モヤモヤして自分の心の中で葛藤が続きませんか? このように相手を優先して自分の主張を抑えていると、ストレスが溜まってきて損をしてしまうのです。 自分を認めてもらいたいから• 他人に嫌われるのを恐れているから 順に解説いたします。 自分を認めてもらいたいから 人間は、集団の中で自分の居場所や存在価値を生み出したいと本能的に考えます。 そして、 職場という集団の中でも同じことが言えます。 つまり、自分の職場で居場所や価値を確保しようと本能的に考えるのです。 ところが自分に自信がなかったり、 特別アピールできるようなスキルを持っているわけでもなかったら… あなたならどうやって自分の居場所や価値を生み出しますか? そこで 一番手っ取り早い方法が、職場で「いい人」になることなのです。 実際に僕も同じことを新人の時にやってまして、「いい人になる」方法で自分の居場所を見つけ出そうとしました。 自分に自信がなかったし、みんなの役に立てればそれだけで自分の居場所が見つかって、存在価値が生まれると思っていたのです。 自分という存在を認めてもらえる手段として「いい人」になるのは効率が良かったのです。 でも今思い返すと、自分に自信がない人ほど本能的に「いい人」というマスクをかぶろうとしてしまう典型的なパターンだったなと痛感しています。 結果として、僕は「都合のいい人」という居場所を確保出来ましたが、価値という面では失敗に終わりました。 本当に僕がやるべきだったことは、仕事のスキルをメキメキ向上させ「こいつは一人前だ」と周りの人間に認めてもらうことだったと後で気が付いたんです。 結局、 いい人だけでは「都合のいい人」というポジションしか確保できないのです。 他人に嫌われるのを恐れているから 他人にから嫌われるのを恐れ過ぎて、自己主張は一切せず、周りに迷惑かけることもしないように気を配っている人もいます。 誰だって嫌われるのはイヤですよね。 だから我慢する事を正義と考えて、人から嫌われないように努力しているんですよね。 なので、相手の意見に反抗することもしませんし、自分の意見なんてものはあったとしても言いません。 会議などでも、相づちや、愛想笑いばかり。 嫌われるのを恐れるあまり周りに合わせて、トゲがたたないように気をつかいながら生きているのです。 ちょっと話変わりますが、あなたはおじいちゃんやおばあちゃんが なぜ 孫を甘やかすのか分かりますか? それには、次のような心理が働いているんです。 甘やかせてしまうと調子に乗っておねだりする孫と同じように、 大人であっても甘やかすと調子に乗ってあなたを利用してきます。 結果、あなたが損をしてしまいます。 他人に嫌われるのを恐れているうちは、いい人をやめることができないのです。 「いい人」をやめる方法とは ちょっと長くなったので、いったんここまでを整理しましょう。 自分を好きになる• 気に入られることに注力しない• やさしさは他人の成長を妨げていることを知る• 自分を大事にする 自分を好きになる まずは自分で自分を好きになりましょう。 相手からの評価ではなく、自分で自分の評価をあげていくのです。 そうすれば相手から気に入られたいという願いはおのずとへっていきます。 相手から気に入られたい願望が少なくなれば、「いい人」である必要はなくなります。 気に入られることに注力しない それでも相手からの評価は気になると思います。 ですが、相手に気に入られる必要って特にないと思いませんか? 確かに嫌われるのは辛いですが、だからといって気に入られる必要性もありません。 そのちょうど間ぐらい良いのです。 無理して気に入られようと「いい人」になっているなら、きっぱりやめましょう。 やさしさは他人の成長を妨げていることを知る よかれと思って差し伸べているやさしさは、他人の成長を妨げるきっかけになることだってあります。 自分で考え、自分でやってみる能力は大切です。 なので、他人が行き詰まっているところへあなたが首を突っ込むのはやめたほうがいい事だってあるのです。 ちょっと大げさな言い方ですが、 自分が今までやってたことは「ありがた迷惑」だったんだなぐらいに思って、放っておくぐらいがちょうど良いでしょう。 自分を大事にする くれぐれも自分のことを大事にしてください。 繰り返しになりますが、自分を認めて自分を好きになるのです。 相手に気を使うあまり、自分がボロボロになっていては、損をするどころの話じゃありません。 自分を見失っていることになります。 「いい人」という言葉の裏返しは、「都合のいい人」です。 都合のいい人が、自分を大事にしているとは絶対に言えません。 人材業界最大手のリクルートが提供する転職支援サービス。 最大手で情報量が豊富なので、情報収集目的で活用する人も多いです。 相談だけでも可なのでお気軽にどうぞ 一人一人に担当者がついて相談に乗ってもらえるので、自分の境遇やニーズに応じた職場や仕事の話ができます。 会社に使い捨てられたり、人間関係がおかしくなったりした時のリスクヘッジという意味でも、転職市場の雰囲気を知っておくのはアリ。 異変を感じてからでは遅いので、今すぐ行動しましょう。

次の

愛想がいい人に共通する特徴は?愛想良くなる方法も知ろう!

愛想 が いい 人

「もっと愛想良くしなさい」 子どもの頃に、親からこんなことを言われた経験を持つ方はいるでしょうか。 特に内気な性格だったり、人見知りの人が言われた経験を持つかもしれません。 というのは、元々持ち合わせた性格なんだから、人と接するのが苦手だったり、積極的にはいけない自分には無理!と思うのも事実です。 でも、大人になっていけばいくほど、さまざまな人と関わる中で「愛想が良い」というのは、人間関係を円滑にしたり、コミュニケーションを図る上で大切だと感じることはないでしょうか。 きっと皆さんの周囲にも、「愛想が良い」と思われている人が、一人か二人は必ずいることでしょう。 人当たりが良く、いつもニコニコしていて、誰からも好かれる性格の人です。 愛想良く振る舞える人は、もちろん子供の頃からそういう性格だった、という人もいるとは思いますが、実は意識して愛想良く振る舞おうと努力している人もいます。 つまり、意識して「愛想良く」するためのポイントさえ押さえれば、誰でも愛想が良い人に近づくことができるということなのです。 愛想が良い人は周りを明るくしてくれる 愛想が良い人は、仲の良い人や身近な人にだけででなく、初対面の人に対しても、にこやかに接することができます。 誰に対しても、優しくニコニコと応対したり、とにかく明るく愛嬌が良いので、周りにいる人も自然と明るい気持ちになります。 一緒にいたいと思うのは、こちらまで暗くて、重い気持ちにさせられる人ではなく、気持ちが和んだり、明るい気持ちにさせてくれるような人ではないでしょうか。 なので、愛想が良い人の周囲にはいつも人がいますし、自然と人が集まってくると言えるのでしょう。 自然と人から好かれる 周りを明るくしてくれる、にこやかな笑顔と愛嬌の良さを持つ、愛想の良い人は、やはり人当たりがとても良いので、どんな人からも好かれますし、可愛がられます。 愛想が良い人を嫌いだとか、苦手だと感じる人はほとんどいないのではないでしょうか。 笑顔は人を癒しますし、爽やかな気持ちにもさせてくれます。 明るく、優しい笑顔を向けられると、疲れていても落ち込んでいても、気持ちが前向きにさせられますし、元気になる時もあります。 また、愛想が良い人には声をかけやすいものです。 ブスっと仏頂面しているような人には、なかなか話しかけにくいものですが、一人でいる時でも優しそうな表情をしている人には、声をかけやすいですよね。 だから愛想が良い人の周りには、自然と人が集まってきますし、みんなから好かれる人気者になると言えます。 愛想が良い人の特徴 どうせだったら、近づきにくいとか声をかけづらいと思われるより、人から好かれる人間でありたいと思いますよね。 愛想が良い人は、もちろん何も努力せずに自然と振る舞えている人もいるとは思いますが、地道な努力を続けて、いつの間にか「愛想の良さ」が、自分の性格の一部になった、というう人もたくさんいます。 だから、どんな人でも、少し努力したり意識を変えるだけで、「愛想が良い人」になれるかもしれない、ということです。 これから、愛想が良い人はどんな特徴があるかを取り上げてみましょう。 また、愛想が良い人がやっている行動も見て、どうやったら愛想が良い人になれるのかも考えていきたいと思います。 笑顔が絶えない 愛想が良い人の特徴はまず何といっても、「笑顔」ではないでしょうか。 いつも、誰に対してもニコニコと笑顔で接しています。 しかもその笑顔は、特定の人にだけ向けられるものではなく、すべての人に同じように向けることができます。 誰でも、「この人は苦手だ」とか、「こういうタイプの人には近づきたくないし、仲良くなりたくない」という人っているんじゃないでしょうか。 そういう人を前にすると、苦手意識が顔に出てしまったりすることもあるでしょう。 でも、愛想が良い人は、そうした苦手意識の感情をたとえ持っていたとしても、それを表情や態度に出すことはしません。 だからこそ、オールマイティに、いろんな人から好かれるのでしょう。 さらに、愛想が良い人は自分の気持ちや感情を押し殺して、いつでも笑顔を絶やさないようにしています。 疲れている時、落ち込んでいる時なんかは、人に笑顔を向ける余裕を持てなくなってしまいますが、愛想が良い人はそんな時でも笑顔を絶やさないので、周囲の人からはまったく分からないくらい、いつも明るい人だと思われることが多いのです。 コミュニケーション力が優れている コミュニケーション能力に長けていることも、愛想が良い人の特徴です。 どんなに笑顔を絶やさない人でも、まったくしゃべらず、コミュニケーションを取ろうとしなければ、そこまで人は寄って来ないかもしれません。 しかし、愛想よくできる人は基本的に、積極的に人と関わろうとする人が多いです。 人の目をしっかり見て話したり、ハキハキと明るくしゃべるスキルに優れています。 誰に対しても爽やかなあいさつができたり、トークも上手で周りを盛り上げることもできるので、ノリの良い、ムードメーカー的な存在と思われることもあります。 どんな人に対しても、距離感を持たず、丁寧な応対をしてコミュニケーションを取ることができるのです。 気配り上手 3つ目の特徴は、「気配り上手」であるということです。 周囲の人の表情や声のトーン、仕草などを敏感に察知して、それに合わせた気遣いや、振る舞いをすることができます。 つまり、空気を読むのが上手だ、ということです。 だからといって、自分がやっていることをひけらかしたり、目立とうとすることもしません。 さり気なく周りに気を配って、目立たない仕方で対応します。 たとえば、飲み会などで人が大勢集まる時には、みんなと楽しく過ごしながらも、ちょっと会話から外れてしまっている人がいたら、さり気なく仲間に入れるように会話を持っていったりします。 お酒が無くなった人、料理を取りにくそうにしている人、お皿が足りなそう…といった状況に目を配ることも上手です。 みんなが気付かないうちにそっと、お皿を変えたり、オーダーを追加したりして、その雰囲気が壊れないように気を配るのです。 にこやかに対応出来る 自分でいっぱいいっぱいの時は、口調や態度が素っ気なくなったり、冷たい対応になってしまうこともあるものです。 しかし、愛想の良い人は「人に嫌われたくない」という感情が強いようで、自分を守ろうとして、どんな状況でもにこやかに対応することを心がけるのも、特徴の一つです。 つまり、自分の本音や気持ちを、うまくごまかしたり隠すことができるとも言えるのかもしれません。 だから周囲の人からは、悩みのなさそうな、いつもポジティブな人という印象を与えることでしょう。 にこやかに応対してくれる人には、柔らかくて温かい雰囲気を感じるものです。 近づきやすいという印象も与えるに違いありません。 感情が安定している 感情にムラがあり、その時の気分次第で、優しくもなったり、冷たくもなるような人には近づきやすい、とは感じられないに違いありません。 愛想が良い人が、自分の気分や感情に関わりなく、すべての人に同じように笑顔で、明るくにこやかに応対できるということは、それだけ感情が安定している証拠でもあります。 誰だってストレスを感じることはあるものです。 でもそのストレスをどう切り替えるか、引きずらないで解消できるか、というのが感情の安定には大切なのかもしれません。 人当たりも良くて、優しかったり明るく接してくれる人もいます。 でも、にこやかに応対してくれるものの、よく見ると目は笑っていない人とか、話してる時はメチャクチャ笑顔なのに後ろを向いた瞬間、真顔になって無表情になる人もいます。 そういう人を見ると、裏表がありそうだなとか、好感度を上げたいがための、見せかけの笑顔や優しさなのかな、と疑ってしまいたくなります。 でも愛想の良い人は、根っからの明るさや、持ち前の人懐っこさを持つ人が多いので、裏表があったり、人によって態度や接し方を変えるといったことはしません。 表面的には愛想よく、にこやかにしていながら、相手がいなくなった途端にその人の悪口や陰口を言う、なんてこともありません。 人によって態度を変えたり、自分の気分で対応を変えるということはありません。 どんな人にも同じように優しく接するので、あらゆる人から好感を持たれます。 たとえばツッコミを入れられたり、くだらないギャグのようなものに対しても、リアクション良く対応します。 ちょっと偏屈で、他の人から好かれにくい人の話しにも、優しく耳を傾けたり、面白そうに話しを聞こうとします。 気持ちが優しいからこそ、それが笑顔や明るさなどで、表情や態度にその優しさが見えてくる、ということではないでしょうか。 自然体 根っからの愛想の良い人は、好感度を上げるためとか、無理に取り繕って愛想を振りまこうとしているわけではなく、笑顔や優しさ、明るさがその人そのものを作り出していて、行動に表れています。 だから、することや言っていること、やっていることが不自然ではなく、常に自然体です。 好感度を上げようとして、「愛想の良い人」を演じていたり、無理に作ろうとしている人は、何となくわざとらしかったり、不自然に見えることってありますよね。 それは、その行動や発言に、心がこもっていないからです。 でも心から愛想が良い人は、見せつけることや、評価を気にする必要がないので、いつでも誰に対しても自然体な行動を取っています。 愛想が良い人がやっている8の行動 愛想が良い人は、もちろん見た目にも好印象を抱きますが、実際に見せる態度や仕草、行動などが、愛想の良さに影響していると言えそうです。 では、ここからは愛想が良い人が実際にやっている行動を8個取り上げて、見てみましょう。 みな忙しい毎日で、ストレスを感じたり、心も体も疲れ切っていますから、爽やかな笑顔で「おはようございます!」とか「お疲れ様です」などと声をかけてもらえたら、それだけで心が癒される気持ちになるに違いありません。 愛想の良い人は、自分の方からにこやかな笑顔で、あいさつをします。 それは年齢や男女関わりなく、誰に対しても平等に向けられます。 人の目をしっかり見て、ハキハキと爽やかにあいさつされたら、誰でも嬉しく感じますよね。 いつも無表情だったり、すれ違ってもあいさつもせず、無視をするような人に心癒されることはありませんし、仲良くなりたいとも思わないはずです。 誰に対しても自分からあいさつをするーただそれだけでも、人当たりの良さを他の人は感じてくれるに違いありません。 2、笑顔で会話する 話しかけてもまったく笑わない、ぶっきらぼうで仏頂面の人と、いつもニコニコしていて笑顔で会話してくれる人と、どちらが話しかけやすいと感じますか? 笑顔があるか無いかで、人に与える感情はずいぶん変わってきます。 笑顔で応対してもらえると、それだけでその人の優しさや人の良さが伝わってきます。 笑顔を絶やさずに話しをしてくれると、こちらも明るい気持ちになりますし、心地よさや満ちたりた感情を感じます。 また、笑顔で話しを聞いてもらえると、自分の気持ちを受け止めてもらっている感じがするので、安心して会話を楽しむこともできます。 愛想が良い人は、いつも明るい笑顔を絶やさずに会話をするので、周りの人も幸せな気持ちになりますし、好印象を抱くようになるのです。 3、聞き上手 愛想が良い人はコミュニケーション能力が高い、ということを取り上げました。 コミュニケーション能力が高い人というのは、ただ単にトークが上手で、一方的に会話の主導権を握れる、というわけでは決してありません。 むしろ、人の話しをよく聞ける「聞き上手」であることが、本当の意味でコミュニケーション能力が高い人、と言えます。 笑顔で、どんな人との会話も楽しそうに聞くことができます。 相づちを打ったり、さらに気持ちを引き出す質問も上手で、共感していることや、相手の会話を受け止めていることが表情や態度にも表れます。 しかもただ話を「聞き流す」わけではなく、相手の表情や声のトーン、仕草なども良く見て、深いところの感情を読み取って対応することもできるので、結果、人からの信頼が厚くなります。 また、疲れている時や気持ちが落ちているような時に、何かをお願いされたり、話しかけると、面倒くさいな…イヤだな…という気持ちが顔に出てしまう、ということもあるんじゃないでしょうか。 愛想の良い人は、自分の感情を上手に心の中にしまっておくことができます。 だから、嫌だと感じる人や状況に直面しても、何ら変わることなく、にこやかに対応することができるのです。 いつもニコニコと、誰とでも楽しそうに過ごしながらも、周囲の人に気を配り、表情や仕草、行動パターンなどよく観察しています。 よく見ているからこそ、すぐに変化に気付いて順応したり、対応することができます。 しかもそれを、周りが気付かないように、目立たない仕方で行なうのが上手です。 さり気ない気遣いや、周囲への配慮ができるように、いつも気を配っているので、仕事でもプライベートでも、人からの信頼が厚く、評価もされやすいと言えます。 6、見て見ぬふりをしない 基本的に、愛想が良い人は人と接することが好きですし、得意な人が多いです。 人のことをいつも気にかける、人情味あふれる優しさも持ち合わせています。 なにか損得勘定で、メリットを考えて行動することがないので、誰かが困っていたり、助けを必要としていたらすぐに対応しようとします。 つまり、見て見ぬふりはできないのです。 打算的に行動する人や、人の目だけを気にして、作った親切や優しさを示す人ような人は、自分にとって都合が良くなかったり、面倒くさいと感じると見て見ぬふりを決め込むことがあります。 でも、愛想の良い人というのは、表面的にだけでなく、心の底から優しさや温かさがあるので、誰が見ていなくても、助けを必要としている人を見て見ぬふりはできないのです。 7、自分の気持ちを伝える 内面の良さは人柄に表れるものです。 そして、人柄の良さは言葉に表れることがあります。 愛想が良い人は、内面から思いやりや優しさ、人の良さがにじみ出ているので、そうした感情や気持ちが言葉に出てきます。 たとえば、感謝の気持ちをきちんと言葉にして伝えます。 「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさまでした」といったようにです。 また、「ごめんね」という言いにくい感情も、素直に言葉にして伝えることができます。 こうした感謝や謝罪の言葉を口にするのは、当たり前のことと思うかもしれませんが、それを当たり前のようにできない人は意外と多いものです。 それは、人の内面が関係しています。 愛想が良い人は、根底に優しさや思いやりがあるので、自分の気持ちを伝える素直さを持てるのです。 8、他人の悪口は言わない 表面的には仲の良いふりをしていても、裏では他の人の悪口を言っている…なんていう人もいます。 しかし愛想が良い人は、人を悪く思う気持ちがないので、他人の悪口を言うことはありません。 どんな人に対しても、その人の良いところに目を向けようとします。 つまり、愛想が良い人はポジティブ思考だ、ということが言えます。 いつも他人の悪口しか言わないような人は、信用できないですし、一緒にいたいと思いませんよね。 愛想が良い人が誰からも好感を持たれやすいのは、誰に対しても同じように優しく接し、悪く思ったり言ったりしないからである、と言えると思います。 愛想が良い人になる方法 「あの人みたいに好かれる人間になりたい」「もっと愛想よく振る舞えるように、自分を変えたい」 愛想が良い人と周りから思ってもらえるような人になって、少しずつ自分を変えていきたいと思っている人もいるかもしれません。 自分のすぐ近くにいる、誰からも好かれている愛想の良い人が、自分の目標だという人もいることでしょう。 ここまでで、愛想が良い人の特徴や、実際に愛想が良い人がやっている行動に、目を向けてくることができました。 「愛想が良い」というのは、いつもニコニコ明るく振る舞っていれば良いわけではなく、内面からの感情や、人への接し方などにも関係してくる、ということがお分かりいただけたと思います。 もともと愛想の良さを持っている人もいると思いますが、そうではない人はどんなところを意識すれば、「愛想が良い人」に少しでも近づいていくことができるでしょうか。 愛想が良い人になるためにできることを、いくつか取り上げて、見てみることにしたいと思います。 笑顔を忘れない やはり愛想が良い人の特徴と言ったら、まず浮かんでくるのは「明るい笑顔」と言えるでしょう。 どんな時でも、誰に対しても笑顔で接することを意識してみてください。 笑顔は人を爽やかにしますし、愛嬌が良く見えたり、人当たりの良さを感じさせます。 特に注意したいのは、一人でいる時の表情です。 誰かと話している時は笑顔になれても、一人の時は無意識のうちに仏頂面になってしまっている人も結構います。 もちろん、一人の時に笑顔でいたら気味悪い人だと思われてしまいますが、眉毛や口角が下がっていると、怒っているような表情に見える時があります。 誰がいつ見ているか分かりませんし、近づきやすい人と思ってもらうために、顔の表情は重要なポイントなので、まず笑顔で接することを意識するように心がけましょう。 【笑顔の作り方のポイントは、こちらの記事もチェック!】• 挨拶をしっかりする 人と積極的に会話をするのが苦手だ、という人もいるかもしれません。 でも、誰でもできることは、「あいさつを丁寧にしっかり行なう」ことです。 誰に対しても、年下の人でも目上の人にでも、すれ違った時にあいさつをすることで、人に爽やかな印象を与えることができます。 あいさつをする時は、そのやり方も重要です。 下を向いてボソボソした声であいさつしても、爽やかな印象を与えることはできません。 たったそれだけで、周囲の人の与える印象をグッと変えることができるのです。 物腰を柔らかにする 物腰の柔らかさは、言葉遣いや行動、態度に表れます。 物腰が柔らかい人は、誰に対しても丁寧で優しい言葉遣いを心がけます。 いつも思いやりを持った行動や、穏やかな接し方を意識します。 とげとげしい話し方やキツいものの言い方、他の人を攻撃したり、争いに発展するような態度は、周囲の人を不愉快にさせることになります。 愛想の良い人は、決してそういう言動をしませんから、ついそうした言動になってしまう人は、「物腰を柔らかに」ということを意識するように心がけたいと思います。 何事にも真面目に取り組む 愛想を良くするというのは、決してちゃらんぽらんな、軽い印象を与えることではありません。 むしろその反対で、真面目でしっかりとした人になる事が大切と言えます。 そのためには、謙虚な気持ちで、どんな小さなことでも真面目に一生懸命取り組む姿勢が重要になってきます。 他の人が嫌がることでも引き受けたり、頼まれたことを積極的に行なうことで、周囲からも信頼を得られるようになります。 周りの空気や雰囲気を良く汲み取って、その場にふさわしい対応や、気配りができるように心がけましょう。 明るい人になる もともと性格が内気であったり、どちらかというと暗い人は、「明るい人になる」というのは正反対過ぎて抵抗を感じるかもしれませんが、そんなに難しく考える必要はありません。 明るい人になるためには、まず明るい気持ちを持つことが大切です。 明るい気持ちを持つために、明るい人といつも一緒にいたり、楽しいことをいっぱいやってみたり、考えることができます。 そうすることで、自然と気持ちが前向きになれたり、笑顔が増えるようになるので、気持ちにもゆとりをもって、人に接することができるようになります。 逆にいつもネガティブな感情を持っていたり、人の悪口や陰口ばかり言っていると、またはそういう人の近くにいると、自分の気持ちまで暗くなってしまいます。 そうなると、話題にすることもネガティブなものばかりになってしまいますし、表情も暗くなってしまいます。 自分へのメリットだけを考えて打算的に行動しようとするのも、いつかは見破られてしまい、信用を失う結果になってしまいます。 どんな人に対しても、いつでも丁寧に、親切で温かく接することを心がけましょう。 そのためには、自分自身が気持ちの余裕を持った生活を送ることも大切です。 自分がストレスをたくさん抱え込んでいたり、時間に追われるような毎日を送っていると、他の人に目を向けたり、温かい気持ちで接するのが、難しく感じてしまうに違いありません。 さらに、誰に対しても温かく接するためには、人の良いところに注目して、長所に目を向けることも大切なことです。 そうすることで、苦手意識を持つタイプの人に対しても、良いところやできていることを誉めたり、ポジティブな感情を持つことができるようになります。 相手の事を考えて行動する 誰かと会話をしている時、相手の表情や仕草、声の調子などにもよく気を配ってみましょう。 そうすることで、その人が必要としていることや、求めていることが見えてくる場合があります。 相手のことをよく考えていれば、その人のニーズに応えてあげることができます。 つまり、気配り上手な人になれるということです。 相手のニーズを先取りして、前もって予想した上での行動を取れるようになると、「空気の読める人」または「気配り上手な人」と見てもらえるようになります。 そして誰かのために何かをしようとする時には、人に注目されようとしてそれをアピールしたり、わざとらしく見せつけるようなことをしないことも大切です。 あくまでも目立たず、さり気なく、自然に行動できることが、他の人からの信頼や好感を得るためには重要なのです。 自分や他人を卑下しない 「卑下する」とは、あるものを劣ったものとみなして、見下すことを言います。 よく、自分ができないことをアピールして価値を下げようとしたり、卑下する発言ばかりする人がいます。 一見すると謙虚な人に見えますが、そういう卑下した発言はむしろ、自分のことを良く見せたい願望の表れです。 「そんなことないよ」「大丈夫だよ」と言ってもらうことで、他人から認めてもらいたいとか、好かれたいという感情が隠されているとみなされてしまうのです。 他の人を見下す発言も同じです。 そうすることで、自分を良く見せようという気持ちを表していることになります。 それは、愛想の良い人と一緒にいると、こちらも楽しかったり、明るい気持ちにさせられるからです。 また、コミュニケーション能力にも優れているので、仕事においても信頼を得やすいですし、プライベートにおいても、どんな人とでも良い距離感で接することができます。 愛想が良いというのは、損をすることはほとんどありません。 人に嫌われることもありませんし、不愉快な感情を抱かせることもありません。 むしろ、信頼や好感を得られるので、得をすることばかりと言えるでしょう。 生まれ持った性格を急に変えることはできませんが、意識して見方を調整するだけで、いつしかそれが自分自身を形作っていけるようになります。 いま自分ができることから始めてみて、愛想が良い人になれるように努力してみるのはいかがでしょうか。

次の