転職活動 2ch。 就職活動中の、無職期間は何をしています(した)か?

doda転職エージェントの評判は?2chの口コミ評価をまとめてみた

転職活動 2ch

09 ID:PCKqAz8xM. 34 ID:GFJHQqyM0. 66 ID:nrY05jaFa. 50 ID:5fi4WFkg0. 53 ID:p6HDNUnZ0. 95 ID:r4N0prps0. 72 ID:Rv2DCz8m0. 20 ID:tcNTBs2Xa. 76 ID:fqEhNI8G0. 29 ID:hP2VVrNVM. 78 ID:tpzC9ODj0. 98 ID:vFXfOLj10. net 応募者の履歴とか見れるページの掲示板で書かれるだけだな 総レス数 16 3 KB.

次の

転職活動してるんだけどお祈りメール来たら「死ね」って返信してもええの? [884040186]

転職活動 2ch

ページコンテンツ• 14 ID:bvtm87iS0. 非公開求人の中には、新卒のときには手の届かなかったような大手有名企業が含まれており、転職で憧れの企業から内定を勝ち取った人もいます。 dodaに登録し、最初に職務経歴や条件を伝えておくと、条件にあった求人情報が大量に送られてきます。 転職でチャレンジしてみたい企業がある、 たくさんの求人から自分にマッチする条件の企業を選びたいと考えている人に向いているエージェントです。 66 ID:9CnbP7iY0. net 逆に、自分の経歴に自信があるならエージェントは大いに利用するべき 提出書類の添削も担当者が嫌がるくらい何度も依頼しろ 嫌がるかな?と謙遜する必要はない。 優秀な人材ならむしろ大歓迎 面接も事前の質問と対策を聞き出して、模擬面接も依頼して、万全の対策で望め リクエーよりdodaのほうが企業担当の押しが強い印象があるから 彼らを味方につけて猛プッシュしてもらえ 利用者の中では求人紹介以外にdodaの提供する 転職フォローが役に立つ、とコメントしている人が目立ちます。 「キャリアアドバイザーが過去に聞かれた質問内容を教えてくれた」、「dodaで書類添削を受けてから、書類審査通過率が目に見えて上がった」という感想が多く、 書類添削や模擬面接に時間をかけてくれる、 アドバイスの内容が的確で役に立つ、という大きなメリットがあります。 65 ID:aVzN479R0. net 転職フェアすごい収穫多かった 30代職歴ほぼなしと絶望的な経歴だからネット応募だと弾かれまくったけど面接何社か決まった dodaの特色に 転職フェアやセミナーなどのイベントを積極的に行っているという点をあげることができます。 転職フェアでは中途採用に意欲的な 企業の採用担当者と直接話せて、セミナーでは 転職に役立つ情報を効率良く手に入れることができます。 「転職フェアで企業のブースを回ったら希望する職種の幾つもの企業から面接の約束を取り付ける事ができた」という感想もあり、こうしたイベント参加の目的でdodaに登録する人もすくなくありません。 31 ID:VeRpnbQN0. net 四国在住エンジニアだけど リクエー、リクナビ、マイナビ、doda、メイテックネクスト、中四国拠点エージェント、地元エージェント と使ってるけど 書類添削してもらうならメイテックネクスト 求人の数だけならリクエー、doda 親身になってくれたり地元優良企業の非公開求人持ってるのは中四国と地元 かなぁ.. 親身になってくれるエージェントさんはちゃんとこちらの希望と相手の希望吟味してくれるから 書類選考通過しやすいね dodaは北海道から九州まで全国10箇所に拠点があります。 そのため 地方で働いている人にとって利用しやすいというメリットがあります。 またキャリアアドバイザーとの 面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい社会人でも仕事をむやみに休むことなく、効率よく転職活動をすすめることができます。 たくさんの選択肢の中から応募する会社を見つけたい人におすすめ dodaは働きながら転職活動をしていて、 たくさんの求人の中から応募する企業を選びたい人におすすめのエージェントです。 dodaでは、その人が応募可能な求人をできるだけ多く紹介する方針なので、たくさんの情報の中から、 自分の決めた条件にそって応募する会社を選べる人、頻繁な エージェントとのやり取りが苦にならない人におすすめの転職サービスです。 47 ID:ydzD3GHz0. net ここだと半分以上書類審査は通るけどなぁ またキャリアにも経歴にも自信があるけれど、なぜか 書類選考で落とされてしまう人、面接で実力を発揮できない人もdodaの利用がおすすめです。 dodaを経由して企業に応募すると、書類添削や模擬面接といった転職フォローにくわえて、 応募の際にキャリアコンサルタントが推薦状をつけてくれるので、 自力で応募するより内定を貰える確率が高くなります。 53 ID:mq2rR3MC0. net 着信拒否にしてから、一日に12,3回電話来るんだけど。 62 ID:Z74dJe0k0. net 一度応募して 選考の結果、大変残念ながら今回は、 次の選考にお進み頂けない結果となりました。 39 ID:YRdF2ppM0. net 転職活動が長期化してるんだけど、これまで転職を何回かしてるので、次は長期間働ける企業を納得した上で選びたいと思っているところ。 なんだけど、ドーダで応募した案件で、妙に担当者がプッシュしてくるやつがある。 自分の中では第5~6希望くらいの企業で、正直気が乗らない。 オファーが出たんだけど、内容を十分に考えて、できれば比較をしたいので、少し待って欲しいと伝えたんだけど「他の企業で内定が出る保証はないんですよ? 今OKしないと!」とせっついてくる。 企業側は早めに人を確保したいだろうし、ドーダは早くクローズして売り上げ立てたいんだろうけど、ものすごく押し込められているような感じがして、逆に行きたい気持ちが萎えてきてる。 こういう時にドーダが本領発揮するとは思わなかった。 20 ID:x8SWVYED0. 60 ID:XyIETXkV0. net 本当に電話しつこいよね エージェント利用しないってチェックしてるのに毎日かかってくるわ まぁ数回なら分かるが、ログイン時間見てるのか何度も何度も どうせかけてくるなら最初から利用するか聞くなよと思う dodaの口コミで一番多いのが、 エージェントからの電話の回数が多すぎるというものです。 dodaからのメインの連絡手段が電話で、多くの求人情報を転職希望者に提供するという企業のスタンスが頻繁な電話につながっているのですが、日中働いている登録者にとって 折り返しの手間がかかる、 転職を急かされているような気になるという理由で、dodaからの電話を敬遠する人も少なくありません。 「dodaの電話がしつこい」という悩みを抱えている人向けに、dodaがたくさん電話をかけてくる理由や、電話がしつこくて困っているときの対処法などを紹介していきます。 メールでやり取りできる転職エージェントも紹介するので、参考にしてください。 23 ID:BN9AUKjd0. ってメールが来て1週間くらい経ったんだけど、その時応募した会社をまた勧めてくる意味がわからん。 すごく無能な気がするんだけど、こんな人にも仕事があるのに自分が無職って現状に落ち込むわ。 25 ID:XjqB7J0j0. 19 ID:9ZssgdBT0. net ニッチな業界の大手企業から内定貰ったんだねど、その企業を調べまくってたら、ブラック臭がヤバイのが見えてきた。 エージェントへ正直にブラック臭いから辞退したいと言ったら それ以来、3週間経っても案件紹介が来ない。 エージェントへ電話したが案件がないとかフザケた対応 ムカついて仕方ないんだけど dodaは規模の大きい転職エージェントのため登録者数は非常に多く、その結果エージェントひとりで大勢の転職希望者を担当しています。 経験豊富で有意義なアドバイスをしてくれるエージェントもいますが、「 マニュアルな対応ばかりで親身になってくれない」、「 連絡事項全般が遅い」など、エージェントにマイナスな印象を持っている人も多いのが実情です。 連絡がストレスの場合はエージェントに相談 エージェントから連絡が多くて困っている人はどちらかと言うと、転職の見込みがありエージェントが力を入れている人です。 電話が多すぎてストレスを感じている場合は、求人紹介の際にフィルターをかけてもらい、 より条件が希望にマッチしているものに絞って連絡してもらう、 連絡手段を電話からメールにしてもらうなど、一度 連絡の方法や内容についてエージェントに相談するのが有効です。 エージェントの対応が良くない場合は乗り換えを検討 エージェントが自分の希望に合った仕事を紹介してくれない、連絡があまりこないなどのエージェントの対応全般が不満な人は、職歴が浅かったり、年齢が企業の欲しがる人材像からかけ離れていたりするなど、どちらかというと dodaの中で対応を後回しにしてもよいと判断されている可能性があります。 エージェントの担当替えを希望しても状況が変わらなければ、dodaより 規模が小さめの、フォローの手厚い転職エージェントに登録することをおすすめします。 フォローが手厚いパソナキャリア パソナキャリアはdodaのように質の高い求人が集まる総合型の転職エージェントですが、 転職希望者のフォローに力を入れています。 ひとりひとりに時間をかけてキャリアカウンセリングを行い、希望にマッチングした求人の紹介を行っています。 またエージェントが、 求人を出す企業に足を運び、企業の内情に精通しているため、応募する前に気になる会社内の雰囲気をエージェントに確認することができます。 67%以上の人が年収アップに成功しているという実績もあり、キャリアアドバイザーの支援サービスの質や交渉力の高さがうかがえます。 キャリアが浅い人に対しても親身にサポートしてもらえ 2019-20年と利用者の満足度は連続No. 1です。 転職活動を始めて3週間で内定を獲得&年収アップ転職に成功した著者が、実際に使った転職エージェントと転職サイトを紹介します。 最速で内定を獲得するための転職エージェントの活用方法も解説しますので、これから転職活動を始める人は参考にしてください。 59 ID:xbAaLLmJ0. 61 ID:xbAaLLmJ0. 04 ID:mEvahK0q0. 24 ID:wEX3H94t0. net ココ3日間で別々の人から同じところの案件をダブって紹介されたんだけど、 先に出してきた人のですでにデータ送付済みなんだけどなぁ。 50 ID:WbH2IN9B0. 必然的に、売れそうな奴の取り合いになるし、売れそうにない奴は塩対応。 13 ID:W9awZOUR0. 23 ID:BN9AUKjd0. 53 ID:mq2rR3MC0. net 着信拒否にしてから、一日に12,3回電話来るんだけど。 73 ID:xxed2QsK0. 64 ID:M40FKLzj0. 45 ID:9fsyIoh30. net エージェントサービスマイページみたら、応募した企業で書類選考結果のメールが来てない会社が、選考終了になってた。 選考終了の表示は、選考辞退か不合格時らしい。。。 ってメールが来て1週間くらい経ったんだけど、その時応募した会社をまた勧めてくる意味がわからん。 すごく無能な気がするんだけど、こんな人にも仕事があるのに自分が無職って現状に落ち込むわ。 25 ID:XjqB7J0j0. 19 ID:9ZssgdBT0. net ニッチな業界の大手企業から内定貰ったんだねど、その企業を調べまくってたら、ブラック臭がヤバイのが見えてきた。 エージェントへ正直にブラック臭いから辞退したいと言ったら それ以来、3週間経っても案件紹介が来ない。 84 ID:n1QrAqdJ0. 65 ID:aVzN479R0. 39 ID:sSGtfpKD0. 83 ID:7K4Sehla0. net 1月に応募して書類アウトだったところに5月再度応募したら書類通った。 前職はあるエージェントで書類アウトだったけど、他のエージェント使ったら内定もらった。 48 ID:edjfYpFq0. net たまにあるエージェントへ履歴書・職務経歴書・写真など直接送れって案件で 明らかに二重応募した様なんだけど、その時の担当にメール送っても来やしねぇ。 どうなってんだよ。 07 ID:hPgkXqL10. 36 ID:WL7j4MXf0. net ここ全然書類が進まなかった。 たまに進むと思ったら、大量採用の案件ばっっか。 ハロワ案件も普通に紹介してくるし。 47 ID:ydzD3GHz0. 14 ID:4AXRQxrZ0. 62 ID:Z74dJe0k0. net 一度応募して 選考の結果、大変残念ながら今回は、 次の選考にお進み頂けない結果となりました。 35 ID:KOK92shd0. 63 ID:4cFIQz2d0. 52 ID:tDfPNjFc0. 39 ID:YRdF2ppM0. net 転職活動が長期化してるんだけど、これまで転職を何回かしてるので、次は長期間働ける企業を納得した上で選びたいと思っているところ。 なんだけど、ドーダで応募した案件で、妙に担当者がプッシュしてくるやつがある。 自分の中では第5~6希望くらいの企業で、正直気が乗らない。 オファーが出たんだけど、内容を十分に考えて、できれば比較をしたいので、少し待って欲しいと伝えたんだけど「他の企業で内定が出る保証はないんですよ? 今OKしないと!」とせっついてくる。 企業側は早めに人を確保したいだろうし、ドーダは早くクローズして売り上げ立てたいんだろうけど、ものすごく押し込められているような感じがして、逆に行きたい気持ちが萎えてきてる。 こういう時にドーダが本領発揮するとは思わなかった。 66 ID:9CnbP7iY0. net 逆に、自分の経歴に自信があるならエージェントは大いに利用するべき 提出書類の添削も担当者が嫌がるくらい何度も依頼しろ 嫌がるかな?と謙遜する必要はない。 61 ID:qtwaQNu50. 58 ID:FdU7qb920. 61 ID:CeYn3b550. net dodaで書類選考落ちた会社に直接応募したら、最終面接通過後に正社員雇用決まったわ。 以前dodaで応募して書類選考落ちたのですがと言ったら君の情報は来てないよって言われた。 クソdoda内で書類選考してるの確定。 二度と使わね。 57 ID:eYSwAe1R0. 個人的な経験では、リクエーでやるはずが手違いでリクナビ直接応募してしまったことがあって、内定後、会社見学に来た際に面接官に良かったですね、リクエーからだったらお祈りしていましたよ、って嫌味言われたことがある。 こっちからお祈りしたが。 95 ID:kvxmltaA0. 71 ID:HFTfJ1xZ0. net 面接確約!とかいうメール送っておきながら 応募が殺到してしまいました為、 書類選考を実施させていただくこととなりました。 60 ID:vwlHMFhB0. 81 ID:fw5cAvUd0. net エージェント紹介の求人に応募依頼して2日経つけど連絡ない。 エージェントからの返信って結構空くんか?応募依頼したら飛び付いてくると思ってた。 10 ID:1hb5aFlo0. 20 ID:x8SWVYED0. 60 ID:XyIETXkV0. 14 ID:bvtm87iS0. 31 ID:VeRpnbQN0. net 四国在住エンジニアだけど リクエー、リクナビ、マイナビ、doda、メイテックネクスト、中四国拠点エージェント、地元エージェント と使ってるけど 書類添削してもらうならメイテックネクスト 求人の数だけならリクエー、doda 親身になってくれたり地元優良企業の非公開求人持ってるのは中四国と地元 かなぁ.. 2ch. 2ch. 2ch. 2ch. 2ch. 2ch. しかし、 エージェントの対応が悪いというような口コミも見られます。 dodaの対応が今ひとつと感じている人は、 転職者のフォローに力を入れているマイナビエージェントがおすすめです。

次の

20代の転職で知っておくべきことと転職成功者から学ぶ3つの秘訣

転職活動 2ch

スポンサードリンク 1:安定的な会社に勤めていたり公務員などで勤務している人 公務員的な体質のある社団法人、または古くからあって完全に市場を握っている会社などは、仕事もルーティンになっているところが多く、やりがいが感じられないと不満を持ちがちです。 また業績が安定している代わりに、新規事業に乗り出すこともないので、給与も悪くはないけど良くもないという会社が多い傾向にあります。 そういう会社に勤めていると、つい 周囲が羨ましくなってしまう時があります。 古い友人に会った時、高額な給与や、今まさに手がけているベンチャー的な仕事の話をキラキラした目で語られ、悔しい思いをすることもあるでしょう。 また、テレビやネットでさまざまな企業戦士が高額な報酬を得ていたり、社会に大きな影響を与えている事業を手がけているのを見聞きして、俺も!と思う人もいるかもしれません。 しかしだからといって安易に転職を考えてはいけません。 成功の陰にはそれよりも多くの失敗があるのです。 転職した企業のやっている事業が必ず成功するという保障はなく、新規事業が頓挫することもあるのです。 むしろ、 倒産することの会社の方が遥かに多いのです。 また、いった いまの時流にノッているような企業ほど、先々どうなるかはまったくわかりません。 それを考えてみると、 いまの勤め先が安定しているということは、それだけで 仕事に成功しているとも言えます。 むしろ、世間一般の価値基準では、あなたの方が羨ましがられているのです。 単に憧れだけで転職したいと思うのならば、やめたほうがよいでしょう。 2:現状改善の努力をしていない人 給与や上司との人間関係など、現状が不満で転職を考える人も多いでしょう。 しかしその現状を改善するために、なにか努力はしたのでしょうか? なにもしないうちに転職を考えるのは、時期尚早です。 給与が不満ということは、自分が評価されていないと感じているということです。 もししっかりとした実績があるにも関わらず、待遇面で評価されていないのなら、まず上司に相談しましょう。 数字はあげているが部下のマネジメント能力に難があるなど、ちゃんとした評価のもとに決められた待遇なのかもしれません。 問題点がわかればあとは努力をするだけ。 それでも評価されないようでしたら、転職を考えるようにしましょう。 人間関係も同様です。 上司や同僚とそりが合わないようなら、まずは人事に相談しましょう。 配置換えなどがあれば、不満は解消されます。 ただ会社によってはまともに取り合ってくれないところもあります。 そういう会社は、基本的に人材を軽んじています。 長くいてもいいことはないので、転職を真剣に考えましょう。 待遇などの不満に対しては、まず社内で具体的にアクションを起こすことです。 それをやらないで転職を考えるのはおすすめできません。 3:ルーティンワークしかやっていない人 大きな会社は業務が細分化されていて、ルーティンワークが多くなりがちです。 逆に言えばスペシャリストになれると言えますが、単なるスペシャリストでは転職活動で勝ち残れません。 昨今は求人案件こそ増えていますが、企業はスペシャリスト以上の人材を求める傾向があり、採用のハードルは上がっています。 企業は営業スキルだけ、経理のスキルだけ、ではなく、それプラスの能力を持っている人を求めているのです。 企業は中途採用する人材に、すぐ実績をあげられる即戦力を求めています。 つまり 言われたことをこなすだけではなく、自分で利益を生み出していく能力が必要なのです。 それは専門知識だけでは足りません。 例えば営業だけど経理の知識がある、経理だけど経営知識がある、開発だけどマネジメント能力が高い、などです。 残念ながらルーティンワークばかりをしていると、それらプラスアルファの能力は身につきません。 もし自分はルーティンばかりで能力が足りないと感じたら、自分で勉強をしましょう。 資格を取るのもいい手です。 またエンジニア職の場合は専門知識が要求されるため、自然とスペシャリストが増える傾向にありますが、やはりただのスペシャリストではなかなか通用しません。 実際、いまエンジニアの現場ではその スペシャリストをまとめるプロジェクトマネージャーの能力を持つ人材が、最も求められています。 それが難しいようでしたら、 常に最新の知識、技術にアップデートし続け、スペシャリスト中のスペシャリストを目指すしかないでしょう。 4:職種を変えたいと思っている人 いまの職種はもともとやりたかったことじゃない! トシをとる前に思い切って変えたい、と思う人もいるでしょう。 でもよく考えてください。 転職が成功するのは順番に、• 1:同業界・同職種• 2:異業界・同職種• 3:同業界・異職種 になります。 4:異業界・異職種というパターンもありますが、これはちょっと難しい道です。 そもそも経理の募集であれば、そこには経理や財務経験のある募集者が集まります。 そこに営業をずっとやってきた人が応募しても、書類段階でハネられてしまうでしょう。 ただ第二新卒など、若く経験が少ない段階なら、成功する可能性はあります。 そもそも職種を変えるということは、スポーツで例えるなら野球選手がサッカー選手を目指すようなものです。 職種を変えるということはそれだけ大きいことなのです。 もし職種を変えたいというのなら、転職ではなく、 社内で異動願いを出してみましょう。 大きなリスクを取らずに希望が叶うかもしれません。 5:いきなり話が大きい&高望みをする人 特にこれといった実績もなく、いま現在の仕事のポジションもただの平社員なのに、 いきなり年収1000万円の仕事に就きたい!と思っても無理があります。 しっかりとした大企業でそんな採用をしているところはありません。 仮にビジネスモデルが大当たりして急成長中のベンチャー企業を対象にしたとしても、そこでの業務に必要なスキルを持っていないことにはどうにもなりません。 あるいは、「もう日本はダメだ。 少子高齢化で年金制度は崩壊するし、日本でサラリーマンやっていても良いことがない。 子供の教育のためにもこれからは海外だ!でも今の会社じゃ無理だから転職をきっかけに海外に行きたい!これからはグローバル企業だ!」 ………というようなことを考えたとしても、その気持ちはわからないではないでますが、ちょっと極端過ぎます…。 日本でしかビジネス経験のない人を、いきなり海外駐在員として中途採用する企業はまずありません。 よほど英語や語学が出来るというのなら可能性ありますが…その場合はTOEIC850点以上は欲しいところ。 でも企業としては語学よりも、まず海外でビジネス習慣の違う人相手に交渉したりする能力を欲していますので、ほとんどの場合は、まずちゃんと駐在経験のある人を探します。 将来的に海外転勤できる、駐在できる会社に転職することはできますが、転職後にそれなりの実績を積まなければ難しいでしょう。 もしホントに海外で働きたいのなら、海外の現地法人に現地採用スタッフとして応募するほうがよいでしょう。 ただこの場合、夢は比較的簡単にかないますが、待遇は日本企業と比べて安くなります。 それでも現地で経験を積めば、現地での転職で給与をアップさせていくことも可能です。 欧米は採用のハードルが高くなりますが、ベトナム、タイ、インドネシアなどの東南アジア諸国は求人案件も多くあり狙い目です。 エグゼクティブへの転職も同じこと。 まず いまの会社で実績を積むか、それに行き詰まっているのなら将来の目標を明確にして 必要なスキルの取得と経験を積むことができる転職先をまずは探してみることから始めてみましょう。 「これはちょっと難しいかも?」と思うような仕事へ転職したいとおもったら、あなたの願いを叶えるために奔走してくれるエージェントを見つけるのがオススメの作戦です。 まずは業界No. 転職していまより良くなるの? 自分の市場価値を直視しよう! 隣の芝生は青く見えるもの。 いまとは違う会社へ行きたい気持ちはわかりますが、まずは自分の庭の芝生をよく見ることが重要です。 転職したからといって、すべての人が成功しているわけではありませんので、まずは慎重に見極めることが必要です。 上の条件に当てはまらず、やっぱり転職したいと思ったら、本当にいまの会社を辞めても大丈夫かのチェックをしておきましょう。 転職サイトの中でももっともさまざまな求人を扱って転職成功者の数もNo. 1なのが です。

次の