アンフェア かおる ちゃん。 【アンフェア the movie】地上波で成宮寛貴が!あらすじの続きラストまでネタバレ「子役は現在AKB48だった」

映画アンフェア the end の感想!裏切りの連鎖が巧妙で綺麗に終わって面白かった!

アンフェア かおる ちゃん

真犯人は薫ちゃん? まず薫ちゃんの立ち位置ですが、 雪平を裏切って組織に入っていたようにも見えましたが、 実は違って、雪平を見守るために組織に入っていたようですね。 薫ちゃん自身が 「雪平を見守るために組織に入った」というような感じで発言しているので間違いないです。 雪平を逃がすために車で一緒に逃走しようとして失敗してしまいましたが、最後までずっとかばっていました。 なので真犯人は薫ちゃんではないです。 最後は一条に撃たれて死んでしまいましたが、ずっと雪平の味方として長い間一緒にいました。 一条に父親殺しを命令したのは誰? まずですが、雪平の父親を殺したのが一条です。 しかし一条に雪平の父親を殺すように命じた男についてはあまり映画では触れられていませんでした。 雪平が一条に命令したのは誰なのかを問うシーンがあるのですが、 一条はその問には何も答えませんでした。 なので推測にはなりますが、命令したのは、 村上克明かと思われます。 当時、司法のトップとして組織をまとめていたので考えられるのは村上克明しかいません。 この部分についてはせめてパンフレットなどに情報を載せてほしかったのですね…。 津島と武部の関係性は? 津島と武部は互いに仲間でしたね。 津島の最後の裏切りでわかったのですが、津島は父親の恨みを果たすためにずっと武部と組んでいました。 その内容というのが、 雪平のデータを奪う代わりに、再審して父親の無罪を証明するといったものです。 津島はその条件にのって色々と作戦をねって最終的に雪平を裏切ったのです。 結局のところ津島も武部も死んでしまったので、 父親の再審をすることも、雪平のデータを奪うことも出来なかったので作戦自体は失敗ということになります。 村上親子を殺したのは誰? 村上親子を殺したのは、 武部かと思われます。 正確な情報が公開されてないので断言は出来ないのですが、 流れや身長が185cmという部分から実行犯は武部である可能性がたかいです。 トップに君臨していた村上克明を殺すことで、 組織の実権を握るために村上親子は殺されたことがわかります。 ただ、 実行犯は武部ではありますが、殺すように命令したのは特捜部長 吉田鋼太郎 かと思われます。 アンフェアthe endの黒幕は結局誰なの? 結局のところ黒幕は誰なの? という点についてですが、 「the end」だけでいったら 武部と津島です。 冒頭の村上親子殺害からエンディングに至るまでのことに関わっていたのは武部と津島です。 津島に関してはXサイトの復活や、雪平のデータを盗むために演技をしてずっと雪平と共に過ごしていました。 大使館のシーンで最終的に裏切ったことで津島がどんな人物なのかが理解できるようになります。 武部はずっと一条や薫ちゃんに指示を出していたことが途中でわかりましたね。 正直今作の黒幕は2人で決定で良いのですが、 シリーズ全体の黒幕が誰なのかは実際に情報が明かされていません。 ただ、村上を殺すように命じたのが特捜部長であるならば、 全部の糸を引いているのは特捜部長であることがわかります。 なので全体の黒幕としては特捜部長なのではないかと思います。 出番はかなり少なかったですが、影で操っているということを大前提にするのであればあれぐらいの出番がちょうどいいのかもしれません。 まとめ ・薫ちゃんは味方 ・一条は雪平の父親を殺した ・一条に父親殺しを命じたのは村上克明 ・「the end」での黒幕は武部と津島だが、全体を通してだと特捜部長だと思われる 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

アンフェア

アンフェア かおる ちゃん

アンフェアは2006年1月にフジテレビで放送された連続ドラマ、原作は秦建日子さん小説の「推理小説」で、原作は連続ドラマ前半だけであとはドラマオリジナルストーリーで展開されていました。 映画は2007年に「アンフェア the movie」、2011年に「アンフェア the answer」が公開され、今回公開された「アンフェア the end」は3回目の映画となり2011年に公開された「the answer」の続編という扱いでストーリー的には今までアンフェアで残されていた謎が解明されることになります。 ってか「the answer」ってタイトルなのに謎が残ったままってどうなんでしょうかね。 「アンフェア the end」を見終わって、ハッピーエンド…って感じではなかったので篠原涼子さんが番宣言っていた「綺麗な終わり方」ってのは人それぞれ捉え方が違うようにも感じますね。 まあ、アンフェアの謎だった雪平夏美(篠原涼子さん)の父親が亡くなった理由なども今回の映画で全て明かされたので、雪平が警察官になった理由も果たされることになり、シリーズとしては綺麗に終わったといえるかもしれませんね。 アンフェア the end の概要 以下、「アンフェア the end」のネタバレが含まれたりしますので注意してください。 でも映画のストーリーの重要なネタバレや結末は書いていませんのでご安心を…。 今作のストーリーは the answer で雪平と協力をして行動をしていた、東京地検検察官・村上克明(山田孝之さん)とその父親で元・検事総長の村上成明が殺されるという事件が始まります。 津島を演じる永山絢斗さんは瑛太さんの弟 というか、前回の映画で活躍していた人材をアッサリと消してしまうのがアンフェア。 山田孝之さんは写真のみの出演です。 そして、この事件の容疑者で上がって来た人物がシステムエンジニアの津島直紀(永山絢斗さん)です。 この人物が今回の映画「アンフェア the end」の重要な人物となっています。 津島を演じるのが、永山絢斗さんという俳優さんで、初めて知ったんですが同じく俳優でアンフェアの雪平の元相棒である安藤一之を演じていた瑛太さんの弟さんなんですね。 あの名セリフも登場 しかも安藤のセリフの「雪平さんって無駄に美人ですよね」を永山さん演じる津島がいう場面があり、雪平が「バカかお前は」という返す場面もあります。 兄弟で同じセリフを演じるとはね…なかなか活かしています。 シャワーシーン 番宣で篠原涼子さんが明かしていたので気になっている方も多いと思いますが、今回の the end では雪平は脱いでいます。 どこでそのシーンが登場するのかなーってドキドキしていたんですが、まさかの一番最初のシーンで登場しました。 「え?初っぱなから??」って思っていたんですが、最初にこのシーンを流した理由は映画を最後まで見れば分かるようになっています。 なるほど。 ここに繋がるのか。 それにしてもめっちゃスタイル良かったですよー。 これだけでも見る価値がありそうです。 スポンサードリンク 黒幕が誰なのか最後までわからない 今回の映画は、村上をやった容疑をシステムエンジニアの津島にかけられたところで、雪平が取り調べをして事件が発展していく展開となっています。 津島は警察の闇について調べていて告発をしようとしていたというタイミングで、誰かにはめられて容疑者になってしまったと雪平に打ち明けます。 雪平はそんな津島を信用して、まさかの警察の監視下から解放する手伝いをし一緒に逃亡をすることになるのですが、その間にも雪平に情報を聞きだそうと色んな登場人物が言い寄ってくるのですが、みんな駆け引きをしているような感じでなかなか面白かった。 津島直紀(永山絢斗さん)• 三上薫(加藤雅也さん)• 一条道孝(佐藤浩市さん)• 武部将臣(EXILE・AKIRAさん) 映画の後半はこの人達がアンフェアの見所の1つでもある裏切りの裏切りをしまくることになります。 途中で雪平も津島を裏切るのか…. って展開があります。 雪平の娘のみお(向井地美音さん)が津島の居所を雪平から聞き出すために人質にとられてしまって、その駆け引きで津島を裏切るのか…?という場面も見所の1つかもしれません。 というか、連ドラの時のみおを演じている向井さんって子どもでしたが今ではAKB48のメンバーになっているんですね。 ちょっと驚き。 そして、前回の映画の the answer で自殺したとみられていた一条も普通に姿を現します。 一条もまさかって展開でちょっと驚いてしまいましたが…。 EXILEのAKIRAさんが武部という新キャラで登場しますが、雪平の元恋人の一条の新しい上司という役回りで今回の映画では重要なキャラクターとなっています。 演技がちょっと気になってしまったのですが、まあ特に感情を大きく出すようなキャラクターでもないので適任だった…のかもしれません。 一条と武部の関係がまたいい感じに裏切りあっていて面白いです。 一条が武部を裏切ったと思ったら、また武部の元に戻って来てそして、あーいう結果になるんですからアンフェアの真骨頂を楽しむことができる映画に仕上がっているように感じます」。 アンフェア the end(2015年9月5日公開)• 監督・脚本:佐藤嗣麻子• 出演者:篠原涼子、永山絢斗、佐藤浩市、加藤雅也• おすすめ: 4• ストーリー: 4. アクション: 3.

次の

映画アンフェア the end の感想!裏切りの連鎖が巧妙で綺麗に終わって面白かった!

アンフェア かおる ちゃん

キャスト 出演者 篠原涼子(役:雪平夏見):北海道西紋別署刑事課の刑事、警部補。 元警視庁刑事部捜査一課主任。 佐藤浩市(役:一条道孝):北海道西紋別署刑事課の課長、警部。 雪平の上司であり、恋人でもある。 部下からの信頼を集める冷静沈着な叩き上げの刑事。 山田孝之(役:村上克明):東京地検検察官。 元検事総長の父を持つエリート検察官。 金持ちで育ちが良い。 だが、正義感が強く青臭い一面があり、警察を信用しない。 阿部サダヲ(役:小久保祐二):警視庁刑事部捜査一課 課長 警視正。 雪平のかつての上司で、彼女を徹底的に嫌う。 加藤雅也(役:三上薫):警視庁刑事部鑑識課検視官 警視。 射撃を得意とする。 雪平の良き相棒。 やたらと捜査会議に首を突っ込みたがるが、深い洞察力の持ち主。 吹越満(役:武田信彦):ネイルガン連続殺人事件の3番目の被害者(2番目の容疑者)。 モロ師岡(役:大野):北海道西紋別署刑事。 大森南朋(役:結城 脩演):雪平を付け狙う謎の男。 ネイルガン連続殺人事件の容疑者。 寺島進(役:山路哲夫):所轄の刑事。 雪平のかつての上司。 劇場版1作目後に部下として配属された望月とコンビを組んだ連続誘拐事件後、小久保の策略で所轄に飛ばされた。 香川照之(役:佐藤和夫):雪平の元夫。 フリーのジャーナリスト。 ネイルガン連続殺人事件の3番目の容疑者。 その後、4番目の被害者となり、その殺人容疑者として雪平夏見が逮捕される。 909 時間:1 時間 49 分 ディスク枚数:1 形式:Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen 言語:日本語 Dolby Digital 2. 0 Stereo , 日本語 Dolby Digital 5. アスペクト比:1. ありがとうございました。 とゆうか猟奇的殺人犯役はもうお手の物の大森南朋。 — SUITHETOKYO sui77sui 村上、バカかお前は。 何回みても分かんないとこもあれば、なるほどってとこもある 難しいけど、面白いんです だからやめらめないんです。 国内ドラマの配信数は、日本最大級! さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。 料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額1,017円(税込)。 他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。 登録後2週間無料体験期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

次の