はぁちゅう。 はあちゅうとは?経歴や炎上事件まとめ、これほど嫌われる理由は何?

はあちゅうと事実婚、AV男優のしみけんの人柄! マツコ・デラックスが「弟みたいなもん」というほど固い絆が|LITERA/リテラ

はぁちゅう

著名人がSNSなどでこぞって拡散し、「ニセ医学」「誇大宣伝」と批判を浴びた血液クレンジング。 インフルエンサーの「はあちゅう」こと伊藤春香さんも、かつてブログで《自然治癒力を大幅にアップさせる》《疲労回復・アンチエイジングに効果抜群》と推奨し、がんや脳梗塞などの予防効果をうたっていた。 BuzzFeedの取材に対し、はあちゅうさんは 「裏どりのできていない健康法を安易に広めてしまい申し訳ない」と謝罪。 一方で、医療に関する情報発信について 「まったく一生、記事に書かないとは保証できない」とも語り、 「何もかもが信じられない。 そもそもなぜ、医師免許のある人がニセ医療を提供しているのか」と疑問を口にした。 」では「血液クレンジング」という言葉の入った記事が、2012〜2013年に46本も投稿されていました(現在は削除)。 これはステマではないのですか? ステマではないですね。 クリニックから個別に広告費を受け取っていたということは一切なくて。 そういう後ろめたいことがあったら、今回も取材を受けてなかったと思うんですけど。 当時は美容クーポンサイト「キレナビ」の編集長をしていて、クーポンをフォロワーさんにシェアしたり、ブログに書いたりしていました。 ブログに書くことも半分は編集長の業務かもしれないけど、自分で試していないものをオススメするのは嫌だなと思って、自腹でクーポンを買って通っていましたね。 血液クレンジングを受けたところだけでなく、どのクリニックもクーポンを購入して行っていました。 肌のピーリング、医療脱毛、温熱療法…。 そういうものに月1回以上は行って、体験記を書いていました。 キレナビのクーポンを買って通っています。 個人的な取引は一切ないです。 キレナビを通しての取引なので。 お金は一切もらってないですし、ぜひ聞いてください。 《芸能人の皆様につきましては厳重な守秘義務がございますのでお答えしかねる状況です。 それもないです。 キレナビはお願いする側で、クーポンを出してもらって、その手数料で儲けるっていう形なので。 むしろキレナビがクリニックに足を運んで「クーポン出してもらえませんか」と営業していました。 だから、個人的にどこかのクリニックからお金をいただいたっていうことは、これまでの人生で一回もないです。 そうなりますね。 ただ、レストランに食べに行って、ライターさんの分は飲食費がかからない、みたいなことってよく見てきました。 そういうサービスの一環なのかな、という感じで当時はステマだとか思わなかったですね。 たとえばクリニックが 「ウチの血液クレンジングを紹介してください」って言ってきたら、ステマになると思うんですけど。 むしろライターさんから 「キレナビで面白いのないですか」と聞かれて、 「血液クレンジングっていうのが流行ってるんです」と言って。 割とキレナビからお願いして行ってもらった感じになるので。 それでクリニックが 「雑誌の取材だったら…」と無料にしてくれたのは、向こうのサービスだったのかなっていう風に考えています。 あれだけ好意的な記事を、本当に無料で書いたのですか。 全部タダでした。 2回目、3回目に行ったのは、クーポンが回数券だったというのもあるんですけど、私が悪いんだろうと思っていました。 私もともと、点滴とか注射っていうのが全部ダメなんですね。 私が極端にダメな人間だから気分が悪くなっちゃったんだろうと。 私は気持ち悪くなっちゃったけど、人気のクーポンだし、医療的な行為に近いから人によっては効果があるものなんじゃないかなと思ったんですね。 好転反応というんですか? 一瞬、気持ち悪くなって、その後よくなっていくみたいなことがあるのかな、と思っちゃいました。 を読んで、インフルエンサーを攻撃したいのかなっていう気持ちもちょっと感じて…。 もしPRだとしたら、1記事の関係で終わっていると思うんですね。 向こうにチェックしてもらう作業が入るので、自由に書けないんですよ。 私の場合は、気分が悪くなったことも自由に書かせてもらいたかったですし。 それによるアフィリエイト収入はありましたか。 ないです。 キレナビの編集長として、クーポンにリンクを飛ばしているっていうだけ。 そこでお給料以上のアフィリエイトが発生したりっていうことはありません。 それは一切ないです。 本当に関係者に取材してほしいぐらいですけど、そもそもアフィリエイトの仕組み自体がキレナビにはないんです。 私のブログから何枚売れたか追跡するような仕組みもありません。 単純にいいものだって信じていました。 キレナビのなかでも売れ筋のクーポンだったので、需要があると思ってしまった。 これを求めている人がすごくたくさんいると。 あんまりよく覚えてないんですけど、当時はやっていたんですよ。 多分いろんなメディアで見ていて、聞き慣れないな、何だろうと。 冷え性や婦人科系に効くのであれば、体感してみたいなと思って。 Twitterで誰かやったことある?って聞いたら、 「一時期、行ってましたよ」「本当に温かくなりました」みたいな体験談があったんですね。 それで気になりすぎて(クーポンを)買ったと。 つぶやいているうちに、 「モデルさんや女芸人さんが紹介してましたよ」とか、教えてもらったりして。 雑誌やテレビでも紹介されていたので、 「よかった。 いろんなメディアが取り上げるということは信憑性もある」みたいな。 有名ブロガーさんや雑誌の編集長さんとか、最先端の美容・健康に詳しい人たちがこぞって試していたので、ますます安心と思っちゃいましたね。 私の方までは来ていないですね。 私が関知しているのは(投資家・ブロガーの)山本一郎さんが以前、キレナビの運営元だったトレンダーズに問い合わせをしたということ。 それ以外で何かあったということは聞いていません。 Hagexさんも山本さんも、私の大学時代から批判的な記事を書かれているので、ああキレナビも攻撃されているんだな、ということは感じました。 血液クレンジングってニセ医療と言われているんだっていう風には思ったんですけど、それで言うとエステとかもニセの美容と言えてしまう。 実際にはあまり効果がないものを 「痩せますよ」とパッケージで売っている。 それもニセと言われればニセだと。 だから、血液クレンジングだけが特別危険だとか、インチキだとは思わなかったです。 ここまで言って大丈夫だろうか?とは考えなかったのでしょうか。 いまから考えると、個人のブログとして断定するには危険な書き方だったなと思うんですけど。 当時はもう信じ込んでいたので、お医者さんから言われたことをそのまま 「すごいですね」と書いてしまった。 私がトレンダーズに転職する前に、母は大腸がんを患っているんです。 「がんにも効果があるなら、お母さんも連れて行かなきゃ」と、母の誕生日に血液クレンジングを購入して、施術を受けてもらったりもしました。 がんを治してくれるとまでは思ってないですけど、再発を防止してくれる科学的なエビデンスがあるのかなって。 (可能性が)ゼロでないのであれば、受けないと後悔するみたいな気持ちが少しあって。 効果を信じていたので、妹も連れて行っちゃいましたね。 そういうことは考えませんでしたか? 当時はそこまで、考えが及びませんでした。 私自身、過去を振り返って、多分1人の人が勧めているだけなら、そこまで信じなかったかもしれない。 いろんなメディアの情報やリアルな知人たちからの口コミが重なって信じ込んでしまったので、私もそこに加担していたんだなと。 ブログやTwitterで、時に自分の発言が公共のもの、公になるという感覚を忘れて書いてしまうことに対して、改めて気を引き締めなくちゃいけないな、とは思いましたね。 どっちもです。 BuzzFeedさんは「インチキ医療」という視点で記事を書かれていると思うんですけど、じゃあなんでいろんなお医者さんがやってるんだろう?という気持ちもあって。 いまも「血液クレンジング」で検索すると、美容クリニックだけでなく、内科とか小児科とか、いろんな治療をしている病院が出てくるんです。 何もかもが信じられない。 ニセ医療だって言う人もいるけど、そもそもなぜ医師免許のある人がニセ医療を提供しているのか。 クリニックの責任は? ネット上の反応では、 「引っかかる方が悪い」みたいな言葉もいっぱい見たんですね。 「義務教育を受けていれば引っかからないだろう」「はあちゅうは慶應も出ているのに、こんなこともわからないのか」とか。 でも私は逆に、なんで見破れるんだろう?と思ってしまう。 そもそも提供しているクリニックは責任を問われないんだろうか?っていう気持ちになっちゃって。 確かに私は、影響力はすごくあるかもしれない。 だから発言に気をつけなきゃいけないと思っています。 それを、書いてからニセ医療だと知るのは悲しすぎるなと。 私自身もインフルエンサーである前に、いち生活者でもあるので。 たとえば、母のがんや妹のアトピーに関しても、いろんなものに騙されてきちゃったんですね。 母が30万円の石を買わされたり、眼瞼下垂と言われて70万円の手術を受け、目が開かなくなって再手術を受けたり。 妹は小さいころからアレルギーで肌がボロボロで、ずっといじめられて悩んできて。 そういうなかで、よくわからない植物でピーリングするみたいなものに騙されて、すごい無駄なお金を使ってしまったこともありました。 高額なインチキエステにも何度も引っかかってきたからこそ、医師免許がある人の施術の方がまだ信頼できると思って、血液クレンジングとかを信じてしまったんですね。 これも是非、どこかのメディアで取り上げて検証してほしい…》とツイートしていましたね。 裏付けのないまま発信して、メディアに検証を丸投げする姿勢は疑問です。 でもそれは、科学者じゃないとできないなっていうのが正直なところで。 たとえばですけど、 「洗濯の洗剤がどうやって効くのか、あなたは証明できますか? それがわかったうえで洗剤をオススメするんですか?」という風にインフルエンサーがツッコまれてしまうと…。 多分そこまでの知識で広めていないことは、誰もが織り込み済みだと思うんです。 いまになってニセ医療だったんだとか、国家資格のあるお医者さんがこういうビジネスをしてしまうんだとわかりましたが、それまでは 「こんなに素晴らしいものがあるなら広めなくちゃ!」っていう気持ちなんですよね。 よかれと思って。 自分がわからないものに対して、もっと臆病になってもよいのでは。 そうですよね。 海老蔵さんが書いていたら、私も 「海老蔵さんもやってるんだ」と思ったでしょうし。 だからやっぱり、自分も反省するところはあったんですけど。 ただ、みんながそれでいいのかなって思っちゃうところもあって。 もし私が血液クレンジングのことを何も書いていなかったら、ここに受けた人がいたっていう情報自体が伝わらない。 ネットに出てきて、初めてニセ医療があるんだってわかると思うんですよ。 どこかで騒ぎになってもいいから、表沙汰になった方がいいんじゃないかと。 もちろん、自分のインフルエンサーとしての評判に傷がついたり、 「お前の言うことには信憑性がない」と言われることもわかっています。 でも長い目で見たら、そういうものが専門家の方によって表沙汰になって、ちゃんと話題になって議論されて、もしかしてなくなっていく方がいいんじゃないかって思っちゃいます。 お金払って、ニセ医療でした。 たまたま健康被害はなかったものの、もし体に悪影響があったり、そこから子どもに障害が残ったりしたら、私だって嫌なんですよ。 確かに私はインフルエンサーとしての責任も仕事として絶対持たなきゃいけないんですけど、どっちかというと(医療情報が)玉石混交で、信頼してたものがニセだったということの方が大きく見て問題。 私は、血液クレンジングっていうものが話題になった時に、言い方は悪いのかもしれないけど、しゃべる運命だから(ブログに)書いたんだろうなって思っちゃいました。 このタイミングで話題になるから、その時にサンドバッグじゃないけど 「私も騙されました」と言う役割の人が私だったのかもしれないな、みたいな気持ちがあります。 炎上すると、家族にまで嫌がらせがあります。 悪い記事が拡散したり、デマがついて回ったりとか。 嫌なことばっかり起きるので、私、炎上は避けたいんですね。 世の中の人には 「炎上商法したいんでしょう?」と思われているかもしれないですけど、基本的に炎上はしたくないんですよ。 でもやっぱり、いろんな発信をしていくなかで、言葉足らずだったり、未熟だったり。 自分が思っていたことと違った、よく調べてみたら裏があったということが、日々あるので。 炎上を面白がっているとか、それを売名のタイミングにしているという誤解は生みたくないな、と思っています。 読みました。 「無知」っていうのは、インフルエンサーになった場合、自分を滅ぼすぐらいのものになってしまうということはわかっていて。 私が子どもを縦に抱っこした写真をアップした時に、 「首がすわってないのに縦で抱いちゃダメ」「無知は虐待だ」って言われたんですよ。 子どものことを愛していて、虐待なんてするはずがないけど、そういう風に受け止めてしまうのかって。 同時に、でもやっぱり無知は誰かを傷つけることにもなるんだというのは、DJ社長の記事を読んで改めて思って。 難しいですね。 私はDJ社長のプロモーションを見て、セクハラがあったと信じちゃって。 できることないかなと思った後でああいう展開になったので、 「あっ」と思っていたんですけど。 「無知だから何もするな」というよりは、本当にスベっちゃったんだなと、なんとも言えない気持ちになりましたね。 私もやり得ることだなって。 ただ、「知ろうとしない」とか、知らないままに情報を拡散するところまでいくと、「加害」の領域に入ってくるような気がします。 そう思われても…そう思う人がいるのかな、とは今回のことで思いました。 DJ社長のように「無知」を強調して、 被害者ポジションを取ろうとしている面はありませんか。 そう言われてしまうと、そういう印象を与えてしまうんだろうなとは思うんですけど、もちろん加害者でもあるっていう自覚はありますよ。 ただ、気持ちの持っていきどころがわからないですね。 たとえばお金をもらってました、怪しいと思いながら記事に書きましたということであれば明確に加害者なんですけど。 いいものだと思って広めていたものが、いまインチキだと言われているので。 それはもう、今回のことで非常に身にしみました。 美容・医療・健康に関して、一切触れない記事って難しくて。 「今日も子どもがかわいかった」ぐらいまでは大丈夫だと思います。 でも、 「今日は便秘になっちゃった、肛門刺激しました、出ました」。 このなかにもう、ニセ医療が混じっているかもしれないっていう可能性を捨てきれない。 「病院で教わった肛門刺激をした」とブログに書いたら、コメント欄に 「肛門を傷つけるからしないほうがいい」とあって。 それに関しては、また次のブログで 「こういう意見もありました」とアップデートした記事を届けるっていうのが、私のとれる最善の方法なのかなと。 またアレルギー検査に引っかかってしまう可能性もある。 何かのサプリメントを飲んで治るんだったら…という気持ちになっちゃうかもしれない。 いまは発信しないでおこうという判断をできるんですけど、また引っかからないとか、まったく一生記事に書かないとは保証できないなって思います。 見て信じた人に対しては、間違ったことを広めて申し訳ないと思いますね。 ただ、いま私は 「間違った」っていう気持ちになっているんですけど、医学的な論文を調べたわけではないので。 不確実な情報を安易にブログに載せたことに対しての申し訳なさであって、 「血液クレンジングが間違っていてごめんなさい」ではないんですよ。 裏どりのできていない健康法を安易に広めてしまったことに対して申し訳ないと思っていて、今後はより慎重になることをお約束します。

次の

はあちゅうはモンスタークレーマーを超えた

はぁちゅう

Contents• はあちゅうが嫌いな人は多い? はあちゅうさんは神奈川県出身で1986年1月22日うまれの33歳です。 本名は伊藤春香というそうです。 慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業で在学中に香港大学にも留学しているそうですし、かなり頭がいい方のようですね。 大学を卒業後は 電通に入社したということですごいですね。 電通を辞めてからはトレンダーズへの入社、退社を経て、現在はフリーで活動しているそうです。 講演活動や執筆活動などを行っているそうです。 大学時代から始めたブログが人気でPVもかなりあるみたいですね。 はあちゅうさんは美人で頭もいいですし、ブログも面白いみたいですし、嫌われるような要素とかあまりなさそうですが、実際にはけっこう嫌っている人はいるみたいですね。 有名人であれば一定数アンチとかもいますが、はあちゅうさんの場合はほかのタレントさんとブロガーの方よりも嫌いな人が多くて炎上しやすいみたいです。 はあちゅうさんが妊娠を発表したときにも、なぜか祝福のコメント以外にも批判のコメントとかがツイッターで多く流れていたようです。 単に嫌いというよりもそれ以上にはあちゅうさんに対しマイナスの感情を持っていて、恨みみたいな感情を持っている人もいるような雰囲気でした。 それでは一体、はあちゅうさんはなぜここまで嫌われてしまったのでしょうか。 はあちゅうが嫌われる理由とは? はあちゅうさんが嫌われている理由としては過去のSNSなどの発言などがあるようです。 SNSで不謹慎なこと言ったりして炎上するのはけっこうよくありますよね。 はあちゅうさんもそういう感じで炎上したことがあり、そういったことをきっかけに嫌われてしまったようです。 ・童貞をバカにしてしまった いろんな炎上があったようですが、特に「童貞」いじりがひどいといわれているようです。 女性経験がない男性をバカにするような発言をしてしまったことがあったそうです。 ` ・童貞の飲み物って私統計ではダイエットコーラか午後ティーで、たまにダイエットとかいって黒烏龍茶飲んでるんですよ。 シュワシュワと優しい甘味が好きなのだと推察。 ・童貞についてのツイートばっかりしていますが、悪気はなくて、童貞の人って一生思春期って感じがするから好きです こんな感じでツイートをしていて、これが炎上したそうです。 性的なことでコンプレックスを抱えている男性にとって、こういうのは気分がいいものではないですよね。 軽いネタの気持ちでつぶやいたのでしょうけど、こういうコンプレックスを抱えて悩んでいるような人をバカにして見下したことで炎上してしまったようです。 これはさすがにちょっとまずいと思いますね。 はあちゅうさんは会社でセクハラ被害を受けたことがあり、そうした問題を提起していたのに、自分が性的なセクハラのつぶやきをしていたということで炎上したようです。 こうしたつぶやきが原因で女性に対するコンプレックスを持っている男性から嫌われたようです。 ・学歴コンプレックスがある人をバカにしてしまった はあちゅうさんは過去にこんなツイートをしたことがあるそうです。 電通の先輩が、 「CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ。 この会社にいる時点で普通ではないと自覚しろ。 世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。 そしてそれが日本の『普通の人』だ」 って言ってたの、一番役に立ってる教えの一つだ。 たしかに、こういうのは真理のような気がしますけど、はあちゅうさんがつぶやくと嫌味のように感じでしまう人が多かったみたいですね。 はあちゅうさんは、どことなく一般人の方を見下すようなツイートを無意識にしているところがあるようです。 本人は意識していないのかもしれませんが、受け取る側がバカにされていると感じでアンチになっていくことが多いようです。 美人で学歴も高く、男性との交際経験も豊富という感じのできる女性という自信があふれていて、ちょっと嫌な印象を持つ人が多いみたいですね。 ほかにも芸人のろくでなし子さんやぱいぱいでか美さんをキワモノ扱いして炎上したり、「手っ取り早くSNSで有名になりたかったら猫か犬を飼うとよい」と言って動物愛護の人から批判されたりと、けっこういろんな方面から攻撃されているようです。 ほかにもちょっとした炎上とかもあるようですが、基本的に男性の性的コンプレックスをバカにしたり、一般人を見下すようなことが多いということで嫌われているようです。 コンプレックスは大きな悩みですからそれをバカにされたり、中傷されたら怒って嫌われるのはしょうがない感じもしますね。 Sponsored Link はあちゅうは炎上を狙ってる? はあちゅうさんはブロガーであり、集客するのが大事ということで炎上をあえて狙っている部分もあるみたいですね。 わざと過激なことを言って炎上させて、名前をうり、一部の信者を囲うことでビジネスをしているという感じかもしれませんね。 ということで炎上させてやろうと頑張っている人は、はあちゅうさんの手の平でおどらされているだけかも。 はあちゅうさんについて、いろいろ調べてみたのですが、そこまで性格が悪くて嫌な人という感じではなさそうかなと感じました。 ただ、ちょっと自己愛が強くて、偏見、思い込みが強く、弱者への思いやりみたいなのがちょっと欠けている性格という感じもしました。 性格的にちょっと難があるところもありそうですが、ファンも多くて、一緒に仕事をした人からは評判もいいようですし、常識人っぽいとこもあるのではないでしょうか。 ツイッターのフォロワーも22万人もいるそうですし、影響力もあって愛されているのかなと思いました。 人生全部コンテンツということでいろいろ発信しているようですし、今後もたまに炎上したりしながら活躍していきそうですね。 個人的にははあちゅうさんのことを好きになったりすることはなさそうですが、ビジネスとかSNSとかの使い方については参考になることもありそうなので、これから注目していきたいなと思います。 こちらの記事も読まれています。

次の

はあちゅうと事実婚、AV男優のしみけんの人柄! マツコ・デラックスが「弟みたいなもん」というほど固い絆が|LITERA/リテラ

はぁちゅう

しみけんとの結婚を発表したはあちゅうのインスタ 人気ブロガーで作家のはあちゅうが、AV男優・しみけんとの事実婚を発表した。 はあちゅうのインスタグラムへの投稿によると、2人は4年前から交際していたらしい。 ブランド志向が強そうな印象のあるはあちゅうと、セックスが大好きなクズであることを公言するAV男優しみけんの取り合わせは意外だが、アップしたツーショットをみると、なんとなくお似合いな感じもしてくる。 もっとも、ネットではさっそくはあちゅうへのツッコミが殺到している。 まあ、彼女の童貞いじりを擁護する気はないし、背景にはもしかしたらそういう部分もあったのかもしれないが、だとしても世間の目を気にせずに「AV男優」との恋愛をつらぬいて、事実婚相手に選んだのだから、今回のはあちゅうの行動はほめてもいいんじゃないか。 また、一方では、はあちゅうは自分の新しいブランディングのために、「AV男優」であるしみけんをあえて選んだんじゃないかという意地悪な見方をする人もいるが、それだけでもない気がする。 というのも、しみけんというのは、本当に「いいやつ」「愛されキャラ」らしいからだ。 実は、本サイトはしみけんと、マツコ・デラックスが15年以上にわたって、姉と弟のような付き合いをしているという話を記事にしたことがある。 この記事を読むと、しみけんの人柄がよくわかるし、はあちゅうが惚れた理由もなんとなくわかる。 以下再録 するので、ぜひ一読してもらいたい。 いまや、アダルトビデオの世界のみならず、お茶の間にも進出しつつある、人気AV男優、しみけん。 そんな、しみけんがいまの地位をつかむきっかけとなったのは、ある意外な人物との交流だった。 その人物とは、マツコ・デラックスである。 先日出版された『AV男優しみけん 光り輝くクズでありたい』(扶桑社)によれば、彼がいちばん最初にアダルト業界に足を踏み入れたのは、AV業界ではなく、ゲイ関係の業界だったという。 AV男優になろうと決意したものの、どうすれば男優になれるのか分からず途方に暮れていたしみけんは、裏モノ系雑誌の記事で、あるAV男優が職を「夕刊紙『内外タイムス』の三行広告で見つけた」と書いてあるのを読み、早速実践。 しかし、いざ見てみると掲載されていたのはゲイ関係のメディアばかり。 その時は、ゲイのエロの世界とAVの世界がまったく別の世界だとは知らなかったので、ゲイ雑誌やゲイビデオの会社に応募することになる。 それから半年が過ぎた。 ゲイ関係のメディアでも、続けていればいつかAV男優になれると思い仕事をしていたが、いっこうにAV男優への道は開けず、悩みの日々は続いていく。 そんな時に出会ったのが、ゲイ雑誌「Badi」編集者時代のマツコ・デラックスだったのである。 マツコに、この仕事を続けていてもAV男優にはなれないという真実を教えてもらったことが、AV男優しみけんが生まれたきっかけとなる。

次の