バズ る っ て どういう 意味。 「バズる(ばずる)」とはどういう意味?語源や使い方をわかりやすく解説!|ワードバンク

英語で《buzz》の意味は じゃない? バズるは英語でどう言う?

バズ る っ て どういう 意味

ソナスの滝澤です。 今回のテーマは、本サイトの名前にもある「DX」です。 IT関係のニュースで、あるいは仕事上の日常会話で、至る所で見かけるこの「DX」という言葉。 もはやITの筆頭にまで成長した感があります。 私もソナスに入社してすぐ、同時期に新設された「DXグループ」の担当ということになり、「はて、この『DX』とはソナスにとってはどんな意味なんだろう?」と最初に考えました。 そのとき私なりに整理した内容をベースに、「DXとは結局どういう意味なのか」をまとめてみたいと思います。 DXとは(大雑把に) DXとは 「デジタルトランスフォーメーション:Digital Transformation」の略称です。 Dは分かるけどXはどこから来た? となる方も多いと思いますが(私もそうでした)、では接頭辞「trans-」をXと略すのだそうです。 TransmitをXmitと略すのは結構メジャーなようですね。 この「Digital Transformation」という言葉は2004年にの大学 エリック・ストルターマン教授によるという論文が初出で、そこで 「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念として提唱された、と言われています。 「The digital transformation can be understood as the changes that the digital technology causes or influences in all aspects of 」という文がそれかなと思いますが、これだけでは「より良い方向に」というニュアンスを読み取れません。 この一文をベースに論文の主張を包括されて広まったのかもしれません。 一方で、現在では(特に国内においては)ITの発展が良いものだからという理由だけでDXが叫ばれているのではありません。 消費者の多くがITに馴染んだとなり、モノ消費からコト消費へと言われるような価値観の変化がある中で、業界の外からITを武器に新規参入者が現れ既存事業者を駆逐する 「デジタル・ディスラプション」が起こってしまった、あるいは起こり得るという、企業にとって好ましいとは限らない社会変化も今日言われる「DX」の背景にあると言えるでしょう。 まとめると、 「最新のITを活用して、デジタル社会の変化に対応できるよう事業を変革する」というのが、世に言われるDXの最大公約数的な意味になるのではないかと思います。 各所の定義 次に、有名どころの定義を見ていきましょう。 IT調査会社の Japanとガートナー、それと兼のの3社を紹介します。 Japan 「第3のITプラットフォーム技術を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデル、新しい関係を通じて価値を創出し、競争上の優位性を確立すること」 のDXレポートにも引用されており、おそらく国内で最も引き合いに出されている定義かと思います。 執筆時点でWeb上に公開されている中で原文(2017年12月のレポート)にあたることは出来なかったのですが、にも同様の説明があります。 単に新技術を用いて製品・サービスを生み出すというだけでなく、 「新しいビジネスモデル、新しい関係を通じて価値を創出」まで含めるのがDXである、というのがこの定義を引用するDXの解説としてよく見られます。 ガートナー ガートナーは元々、 「デジタルビジネス」という言葉を打ち出しており、DXの解説ではがよく引用されます。 ガートナーは企業のIT利用を3つの段階に分け、業務プロセスの変革を第1フェーズ、ビジネスと企業と人を結び付けて統合するのを第2フェーズとして、 人・モノ・企業またはビジネスの結びつきが相互作用をもたらす第3のフェーズが「デジタルビジネス」であると定義しています。 そしてそのデジタルビジネスに重要なのが、 「ソーシャル」「モバイル」「」「インフォメーション」の4要素による「力の結節( of Forces)」に 「IoT」や 「スマートマシン」を加えたテク群だと述べられています。 このガートナーの「力の結節」の4要素を前述の Japanの第3のプラットフォーム技術に挙げた4つと対応付ける解説も見られますが、ガートナーの方はIoT・スマートマシンを別出しで挙げていたことは注意が必要と思います(2014年当時の講演の話なので現在は別の整理をしている可能性も高いです)。 ガートナーはこの自社が提唱するデジタルビジネスへ転換することを 「デジタルビジネストランスフォーメーション(Digital Business Transformation)」と呼んで、これがガートナーの提唱するDXであると一般には解説されています。 しかしそこに書かれているのはITモダナイゼーション(からの脱却)に関する内容で、ご丁寧にも「この用語は"digital business transformation"よりも"digitization"に似ている」とまで書いてあります。 米ガートナーの「Digital Transformation」の解説には「ITモダナイゼーションから(中略)新しいビジネスモデルの発明まで、あらゆるものを指す」と幅広い意味があることを示した上で、特に公共分野でオンライン化やレガシー脱却を指す言葉として使われる、としています。 () 私が個人的に最もしっくりくるというか、実用的だと思うのがの定義です。 直近では言葉や区分が多少変化しているようなのですが、本記事では2018年のというジャーナルを参照します。 の定義では DXを2段階に分け、新技術によって既存ビジネスの効率化・高度化することを 「DX1. 0 プロセス変革」、新しいビジネスを生み出すことを 「DX2. 0 ビジネス変革」と分類しています。 さらにDX1. 0は企業の内側で基幹業務を効率化する 「デジタルバック」と、顧客・消費者向けの業務を多様化・高度化する 「デジタト」に分類しています。 以下は私がソナス社内で初めてDXグループの説明をした際に、そもそもDXとは何かというパートでこのの定義を紹介した資料です。 例えば「AIによるDX」が謳われていたとして、単に事務処理を効率化しているのか、ユーザーとのインターフェースが新しいものになっているのか、そこから新しいビジネスモデルが生まれているのか、といった風にグラデーションを捉えることができます。 まとめ DXという言葉が指す意味について、初出から一般的な意味、各所の定義まで紹介させていただきました。 記事タイトルにした「DXとは結局どういう意味なのか」という問いですが、私自身の答えとしてはニュース等でDXという言葉に触れた際には、最初に挙げた公約数的意味である 「最新のITを活用して、デジタル社会の変化に対応できるよう事業を変革する」を念頭に、 「どのようなDXなのか」をの分類に照らし合わせて理解するようにしています。 また、最近では別のアプローチとしてDXという言葉が どのような文脈で使われているか、ということを考えるようになりました。 だいたいDXについての記事は 「技術活用としてのDX」「ビジネス変革としてのDX」「組織論としてのDX」「情報インフラとしてのDX」の4つの文脈に分類できるのではないか、と思ったのです。 当初はこの記事で合わせて紹介するつもりだったのですが、長くなりそうなので別記事としたいと思います。 というわけで、次回記事は 「文脈から考えるDX」を予定しています。 SonasTakizawa.

次の

ネット用語「バズる」の意味とその由来を解説!「バズった」とはどういう意味?

バズ る っ て どういう 意味

【目次】• バズるは「ネット上で爆発的に話題になる」という意味 「バズる」とは、「 ネット上で爆発的に話題になっている、注目されている」という意味である。 ネット上で特定の単語や話題が爆発的に広まっている状態を「バズる」という。 テレビやネット記事などの影響で、 TwitterやFacebookといったSNSで特定の単語を使う人が一時的に増えり、ネット記事が拡散されたりする状態を、「バズる」や「バズった」というように表現する。 また、特定の人物や商品、動画などがネット上で話題になることも「バズる」と呼ぶ。 例えば2018のFIFAワールドカップ・ロシア大会で大迫勇也選手が活躍した際に、「」というワードがネット上でバズり、元ネタの動画も拡散された。 以下の図のように、Twitterでツイートが多くの人にリツイートされる、Facebook投稿が多くの人にシェアされるなど、 ネット上で話題が拡散されることでバズが起きる。 バズるの由来・語源は「Buzz」というマーケティング用語 「バズる」の由来・語源は、 英語の「Buzz」というマーケティング用語。 「バズ」に「~する」をくっつけて、「バズる」という日本語独特の表現が生まれた。 もともと、「Buzz」には以下のような意味がある。 1: ハチがぶんぶんと飛び回る音 2: ひとつの場所に集まって噂話でざわざわする ぶんぶんと耳障りなほど耳にする、人が噂話にするほど話題になっていることから転じて、 話題になっていることや 口コミで広まっていることという意味で使用されるようになった。 ちなみに、「バズる」は和製英語であるため、海外では通じない。 英語だと、「流行」や「拡散」にあたる「 Viral(バイラル)」がバズるに近い言葉。 「Viral」は、「 ウイルス性の」という意味を持つ英単語。 バズるの使い方(バズってる、バズった) TwitterやFacebookなどのSNSでは、「 バズった」「 バズってる」といった使われ方をする。 たとえば、Twitterで『バルス』というキーワードを、短期間で多数のユーザーがツイートすると、「バルスがバズってる」といったように使う。 「バルス」は、ジブリアニメ『天空の城ラピュタ』の作中で使われる、「閉じよ」を意味する滅びの呪文で、テレビで放送されるたびに「バルス」とツイートする人が爆発的に増える。 【バズるの使用例】 ・天空の城ラピュタの放送後にバルスがバズった ・ツイートが5,000RTされてバズった ・商品がテレビで紹介されてネットでバズってる ・「大迫半端ないって」の動画がネットで拡散されてバズってる バズの基準 バズに明確な基準はない。 バズるは情報の発信者の基準によるところも大きい。 Twitterだと、5,000RTでバズとする人もいれば、1,000RTでバズと呼ぶ人もいる。 ブログやサイトの場合、アクセスが集中して一時的に閲覧できなくなったり、サイトがダウンしたりすると、明確にバズったといえるだろう。 大きなバズが起きやすいのは、テレビで紹介される、Yahoo! トピックスで紹介される、はてなブックマーク(はてブ)のホッテントリに入るなど。 著名なメディアに紹介されるとバズの規模がとんでもなく大きくなる。 口コミやSNSの力を使ってバズらせることを バズマーケティングと呼ぶ。 バズマーケティングでは、TwitterやFacebookなどのSNSが持つ口コミの力を用い、コンテンツがネット上で拡散されることを狙う。 はてブでバズが起こりやすい記事の特徴は、以下の記事の解説が詳しい。 Googleアプリ経由でバズることを Google砲と呼ぶ。 以下の記事で詳しく解説。 もうひとつの「BUZZる」 実は、「バズる」にはもうひとつの使われ方がある。 『サイヴァリア』には敵弾や敵キャラクターに自機をかすらせるとパワーアップができる「BUZZシステム」をプレイヤーは「 BUZZ(バズ)」、もしくは「 BUZZる(バズる)」と呼んでいる。 「BUZZ」には「火花」という意味があり、曲技飛行用語で「地面スレスレを飛ぶ」という意味もある。 先の「バズる」はこのゲームが元ネタとする説があるが、『サイヴァリア』における「BUZZる」には「口コミ」や「話題」といった意味はない。

次の

ネット用語「バズる」の意味とその由来を解説!「バズった」とはどういう意味?

バズ る っ て どういう 意味

もくじ• 「バズる」の意味 「 バズる」とは、ある特定の言葉やモノが、 インターネット上で急激に大勢の人に取り上げられて、 話題沸騰の状態になることを示す言葉です。 主に、 TwitterやFacebookなどのSNSで、突然新しい話題が急浮上して、注目を浴びているときに用いるものです。 ネットに馴染みのない人の場合、ネット上だけに限らず、急に注目を浴びて話題の中心になること全般を「バズる」と表現するように思うかも知れませんが、これは勘違いで、 ネット上の現象のみを指すのが本来の意味です。 「バズる」の由来 「バズる」という言葉の由来はなんでしょう? まず、英単語の Buzz 自体の意味は「蜂や機械がブンブンいう」「ガヤガヤ話す」「噂が飛ぶ」「(がやがや)言いふらす」などです。 そして、マーケティング用語として「 バズマーケティング」があります。 クチコミを人為的に作り出して、商品やサービスの特徴や、感想などをネットユーザーに拡散させていく手法を指します。 これが、由来となって、 「Buzz」+「する」で「バズる」という言葉になったわけです。 「バズる」の使い方 「バズる」はネット上で急に話題になり、注目を集めている状態を意味します。 ネット上で宣伝活動をしている担当者にとっては、自社の商品やサービスを意図的に「バズらせる」ことが業務の目的であり、「バズった」ら成功、という訳ですね。 ある言葉が「バズる」要因としては、テレビで取り上げられる・ネットのポータルサイトなどで注目キーワードとして紹介される、という要素が大きいようです。 いまどき、ある言葉が自然発生的に「バズる」のは、割合的にはどのぐらいなんでしょうね? 次の項で「バズる」の細かな使用例・例文を挙げていますので、ぜひ参考にしてください。 「バズった」とは 「バズる」状態が実現したのが「バズった」という表現です。 ちなみに buzztter というサイトがあり、 Twitter でいま話題のキーワードをリアルタイムで表示・紹介してます。 このサイトで話題のキーワードとして取り上げられることが「バズる」の語源だという人もネット上には見受けられます。 たしかに「buzztter(バズッター)」と「バズった」は発音も似ていますし、ありえる話かもしれません。 「バズる」を使った例文 「バズる」はどのように使うのでしょうか。 以下に例文を挙げてみました。 「バズる」を使った例文• バズるはいい意味での拡散、炎上は悪い意味での拡散なので、方向性が真逆だ。 最近なにか楽しいものバズってない?• 5000リツイート、300はてブを目指してバズるように情報拡散に励んでください。 ノルマ未達成の場合は、きついおしおきがあります。 バズらせろ、バズらせろ、って簡単にいうけどさー、クチコミをカキコする職人募集するのだって結構手間かかるんだよね。 バズったバズったって自慢してるけど、あれ単に炎上してただけだよね。 ようするに話題になって知名度を上げればいいんだから『炎上商法』だって立派なバズマーケティングでしょ?• 効率的に『バズらせる』ためには、有名ブロガーやユーチューバーなどのインフルエンサーを活用しましょう。 まとめ 以上、ネット用語「バズる」の意味や用法について深掘りしてみました。 「バズ」を求める宣伝行動が廃れないうちは、この言葉も使われ続けるでしょう。 すでに流行語の域を超えているかもしれないですね。 この記事が少しでもあなたのお役に立てば嬉しいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の