祖母 喪中。 喪中はがきの文例!祖母(義理)の場合は出す?続柄の書き方と夫婦連名の場合

喪中 夫の祖母の場合

祖母 喪中

喪中の範囲に叔母と叔父は入る? 喪中の 範囲は誰まで?どこまで? 叔父は? 叔母は? ということについて、 色んな意見が存在するのは、 実は、今現在は、 詳細に決められていないからなんです。 昔々、明治時代には 太政官布告という決まりで、 下記のように、 忌日の期間、 喪中の期間が定められていましたから、 下記に該当する続柄の方が 他界された時は、 当然、喪中の範囲 ということになっていました。 続柄 忌日数 服(喪)日数 父母 50日 13カ月 夫 30日 13ヶ月 妻 20日 90日 兄弟姉妹 20日 90日 祖父母(父方) 30日 150日 祖父母(母方) 30日 90日 叔父、叔母 20日 90日 夫の父母 30日 150日 妻の父母 なし なし ですから、 当然ですが、 叔母さん、 叔父さんも範囲に入っていました。 でも、 上記のように、 期間も定められていた時は、 その期間が明けると、 喪中の期間も 明けるということになっていました。 余談ですが、 昔の日本は、 男尊女卑の色合いが にじみ出ていますね。 ですから、昔は 叔父、叔母も、喪中の範囲であった ということがわかります。 でも、今現在は、 明確な決め事がないということから、 一般的には、 (レアケースかもしれませんが) 自分と 同居している叔父、叔母が他界された時は、 喪中とし、同居していない場合は、 喪中ではないになっているようです。 喪中の範囲に祖母と祖父は? 上記のように、 昔の 喪中の 範囲には 祖母、 祖父、 義理の祖母、 義理の祖父、 も、期間が限定された上で、 喪中の範囲ということになるわけです。 しかしながら、 上記の太政官布告は、 昭和22年に廃止されていますから、 今現在、決まりはありません。 ということは、 忌中は、まだしも、 喪中となれば、自分の気持ちしだい、 つまり、 故人の死に 対する自分の悲しみに応じて、 自分自身で 喪に服したいと思う範囲、期間を 決めれば良いということになります。 ただ、 一般的には、 自分の 両親についての忌中は、四十九日までで、 一周忌が終わるまでは、喪中である と、されることが多いのが現実です。 でも、 これだと、喪中の範囲は、どうなるの? という疑問に 対する回答にはならないかもしれませんね。 そこで、 一つ言えるのは、上記でも触れましたが、 故人と同居していたかどうかを考慮に入れる というのも、 考え方として、 取り入れても良いのではないでしょうか。 叔父、叔母と 同居というケースは 少ないかもしれませんが、 祖父、祖母と 同居していたというケースは、 多いかと思いますので、 喪に服すという 気持ちの上でも整理しやすいのでは? 喪中の範囲と年賀状の関係は? では、 喪中の 範囲と 年賀状を 出す出さないという関係は どう考えればいいのか? やはり、 太政官布告がなくなった今となっては、 世の中の慣例に従うということで、 一般的な 喪中の範囲に入る方が他界された時は、 喪中ということで、 喪中はがきを出した上で、 年賀状は 出さないというのが、一般的です。 ですから、 自分の両親 兄弟姉妹 同居の祖父、祖母 が他界された時は、 年賀状は出さない方が 通常と言えますが、 叔母さん、叔父さんが他界された時は、 喪中の範囲と考える必要はないという 判断で、問題ないと言えます。 ただ、 年賀状は、 知人、友人、同僚、上司、 そして、恩師だけではなく、 親戚に出す人も多いかと思いますので、 親戚には、 年賀状は 出さない方が無難だと言えます。 なぜかと言うと、 親戚の誰かが他界されたということは 親戚の方々は、 ご存知であると考えるのが普通ですから、 「なんで、喪中なのに、 アイツは年賀状を送ってきたんだ!」 なんていう感じで、 非難の的になる可能性がありますので、 毎年、年賀状を出している親戚には、 喪中ということで、 年賀状を出さないことにすべきでしょう。 ただ、 喪中というのは、今の時代、 個々人の故人に対する悲しみを 表現する期間となっていますから、 喪に服す期間は、 人それぞれでも、良い という時代になっていますので、 感謝を示す手段としての 年賀状であれば、 喪中を意識しなくても、良い! という発想でも問題ないと言えます。 なお、 人から、「非常識!」と 思われる可能性もなくはないですので、 世間一般的な喪中の考え方通りに、 自分に近いと思う方が他界された時は、 年賀状は出さずに、 喪中はがきを 出すことにした方が無難だと言えます。 喪中の範囲のまとめ 喪中は、 故人に対して、 喪に服しているという自分の意思で 決定しても良い時代ではありますが、 一般的な常識通りに、 1年間は、喪中しますが、 喪中の範囲として、親、兄弟を対象とし、 叔父さん、叔母さんは 対象外として問題ないでしょう。 そして、 当然ですが、 結婚されている方は、相方のご両親、 つまり、 義理の母、義理の父、義理の兄弟も、 喪中の範囲にするということで、 夫婦の足並みを揃えることで問題ないです。 ただし、 普段から、 夫婦連名で年賀状を出してない場合は、 ご自身の判断で、 年賀状を 出す出さないを決めても、良いと言えますね。 基本的には、 喪中は 故人への想いの深さしだいで 決めるべきというのが今の時代です。

次の

喪中とは?いつまでで何をしたらダメか「忌服・服喪期間」徹底解説

祖母 喪中

ご自身の祖母が亡くなられたら喪に服す方は多いでしょう。 妻の祖母が亡くなった場合も、喪中としなければならないのでしょうか。 喪中は気持ち次第 義理の関係でも親等の数え方は同じです。 つまり妻の祖母は夫にとって2親等の関係です。 ですから一般的な基準に照らし合わせると、 妻の祖母が亡くなった時には喪に服すべきということになります。 ですが喪中は最終的には個々の気持ちに委ねられています。 簡単に言うと、 喪中にするかは自分たちで決めて良いということです。 例えば普段から交流が深かった方であれば、3親等以上の関係でも喪中として問題はありません。 最近はペットについても喪中を考える方もおられます。 逆に2親等以内の関係であっても、普段から全く交流がない場合は喪中としない方もおられるようです。 下の記事ではペットの不幸の際に喪中になるかどうかについて紹介していますので、よろしければこちらも合わせてお読みください。 同居か別居かの違いについて 妻の祖母が 同居か別居かの違いは、喪中とするかどうかのひとつの基準になるかもしれません。 ご結婚されて妻側の義両親と一緒に暮らしている方ですと、義祖母も同居のケースがあるでしょう。 この場合は夫も普段から妻の祖母と交流があるはずです。 そうなると気持ち的にも一家全員が喪に服す流れになるのが自然です。 しかし別居となりますと、妻は祖母と幼少期から面識があるかもしれませんが、夫はほとんど会ったことがないケースも多いでしょう。 この場合は夫も同時に 喪に服すのは心情的にも難しいかもしれません。 夫婦で年賀状を分ける場合 妻の祖母が別居であるなど、喪中に対する夫婦の感覚に差がある場合は、妻だけが喪中とし、夫は喪中とせず普段通りに生活する選択肢もあります。 こうした選択をした場合、喪中はがきや年賀状はどのように出せば良いのでしょうか。 妻の個人的な関係には喪中はがきを出す 夫婦両方ではなく妻のみが喪中とする時は、 妻の個人的な関係には喪中はがきを出し、年賀状を辞退します。 夫のほうは喪中ではありませんので、 できる限り夫とは面識のない方に限るのが良いでしょう。 もちろん、夫の親戚などには喪中はがきは出さないことをおすすめします。 夫婦の関係には年賀状を出す 妻だけが喪に服す場合でも、ご夫婦で付き合いのある方とは 普段通りのお付き合いをされることをおすすめします。 つまり、ご夫婦共通の知り合いには 喪中はがきを出さずに年賀状も普通に送り合う方が良いと存じます。 こういった対応をする場合には、夫や他のご家族の協力も必要になる場合が多々あります。 妻側だけで決めずに、 ご家族全員で話し合ってどういった形の喪中にするのかを決めてください。 喪中はがきを夫婦連名で出す場合 妻の祖母の逝去により、妻だけでなく夫も喪中とする場合は、 夫婦連名で喪中はがきを出してください。 この場合は妻だけが喪中にするよりも簡単です。 お付き合いの関係によって選別せず、 一律全ての方に喪中はがきを出せば大丈夫です。 ただし夫側の親族に夫婦連名の喪中はがきを出す場合は、少し注意が必要です。 夫は納得済みであっても、夫の親族からすると妻の祖母は関係がかなり遠いものです。 もしかするとあまり快く思わない方もおられるかもしれませんので、この辺りについてはやはり ご家族でご相談されると良いでしょう。 喪中はがきの連名についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクも合わせてご覧ください。 喪中にしない場合 妻の祖母が亡くなっても、夫だけでなく 妻自身も喪中にしない選択肢もあります。 祖母は同じ2親等でも、兄弟や姉妹とは関係の深さに差があります。 同居か別居かによっても変わりますし、別居であっても頻繁にお世話になった場合もあれば、そうでない場合など、色々な方がおられるでしょう。 ほとんど付き合いがなかったと思われるようでしたら、 喪中にせず普通に年賀状を作成しても問題ないと言えます。 しかし妻の祖母が生前同居だった場合は、仮に関係が薄かったとしても一律喪中にしないというのは、冷たい印象を周りに与えてしまうことが考えられます。 ご自身たちの気持ちの問題も大切ですが、周囲の感じ方も考えてお決めになることをおすすめします。 妻の祖母の喪中はがきの書き方 妻の祖母の逝去で喪中はがきを作る場合、どのようにすれば良いのかを順に解説していきます。 喪中はがきの基本的な書き方について まずは喪中はがきの基本的な書き方から見ていきましょう。 喪中はがきはどういった内容にするものなのでしょうか。 続柄の書き方 喪中はがきに亡くなった方についての情報を書く時、必ず 続柄を入れます。 続柄とは、 差出人にとって故人がどういった関係かを表すものです。 妻の祖母であれば「義祖母」と書きます。 夫婦連名で喪中はがきを出す時は夫に合わせるのが一般的なので、差出人に妻の名前も入っていたとしても義祖母と記入しましょう。 妻が個人的に喪中とする場合は「祖母」で大丈夫です。 喪中はがきの続柄の書き方についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクも合わせてご覧ください。 喪中のため欠礼するというあいさつ 冒頭に必ず置きます。 どなたが亡くなって喪中になるのかの説明 今回の内容では、義祖母が何歳で亡くなったかを書きます。 生前のお礼、もしくはあいさつなど結びの言葉 お相手に感謝の意を述べるなどして内容を締めます。 差出日ではなくお相手に届く日を基準として考えてください。 喪中はがきのデザインについて 喪中はがきのデザインには これといって決まりはありません。 市販の喪中はがきでよく見かけるのはモノクロのデザインですが、フルカラーの喪中はがきでも全く問題はないです。 とは言えあまりにも派手な喪中はがきは、お相手に良い印象を与えません。 喪に服すという気持ちを表すため、 落ち着いたデザインを選ぶのが良いでしょう。 一般的には仏教の花である蓮、もしくは桔梗やアジサイといった趣のある花のイラストが好まれます。 幾何学模様のような喪中はがきも、お相手に良い印象を与えられるなら大丈夫です。 デザインの選定に自信の無い方は市販の喪中はがきを使われるか、喪中はがきを印刷している業者で確認されると良いでしょう。 夫婦連名で喪中はがきを出す場合の文例 先ほどご紹介した喪中はがきの基本構成を元に、妻の祖母の逝去のにより夫婦連名で喪中はがきを出す時の文例をご紹介します。 できるだけ書いたほうが良いでしょう。 なお、喪中はがきを書く時は 句読点を使わないのがマナーです。 薄墨を使われる方もおられるのですが、薄墨は香典袋のマナーであり、喪中はがきには関係ありません。 宛名面などが郵便局の方に読み取れないと困りますので、わかりやすく 黒のインクで書きましょう。 喪中はがきに関するマナー 喪中はがきにはいくつか守るべきマナーがあります。 こちらもしっかり覚えておいてください。 喪中はがきはいつまでに出せばいいの? 喪中はがきの主な役割は、年賀状でのあいさつを欠礼することを知らせるものです。 ですから年賀はがきの作成が始まる前にお相手に届くのがマナーとなります。 年賀状の受付が始まるのは12月の中旬ですから、 遅くとも12月のはじめにはお相手に届くように出すようにしましょう。 また、発送が早すぎるのも良くありません。 妻の祖母などのお身内の逝去が年の前半だった場合、すぐに喪中はがきを出したくなることもあるでしょう。 しかし夏以前に喪中はがきを受け取っても、お相手がいざ年賀はがきを作ろうという段階になると忘れてしまっている可能性もあります。 できれば 10月下旬以降に出すとお相手の記憶にも残るので良いでしょう。 喪中はがきを出す期間についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクも合わせてご覧ください。 喪中はがきは誰に出せばいいの? 喪中はがきは 今回の年賀状を辞退する報告です。 喪が明けたらまた年賀状を出しますという意思表示でもあります。 ですから、基本的にはご自身が 普段から年賀状を出している方に喪中はがきを出してください。 ただ、ご遺族には付き合いが無くても、故人が個人的に付き合いがあった方もおられます。 その方に故人の逝去を知らせるために喪中はがきを使うこともできます。 その場合は故人の代わりに喪中はがきを出すことになりますが、お亡くなりになっている方から手紙が届くのはおかしいので、 必ず代理として送っていることがわかるようにしましょう。 差出人の氏名に故人との続柄を記載しておくとお相手に事情が伝わります。 もし喪中なのに年賀状をもらったら? 稀に、喪中はがきを送っていてもお相手から年賀状が届くことがあります。 実はこれは、あなたが 喪中であったとしても問題ないことです。 喪中はがきで辞退するのはあくまでもこちらからの年賀状であって、 相手が年賀状を送ることに制限はありません。 (とは言え喪に服している方に年賀状を送るのはあまり好ましくないので、できれば避けたほうが良いとされています。 ) もし何らかの事情でお相手に喪中はがきが届いていないと思われる場合は、 年賀状のお返しは寒中見舞いでなさると良いです。 寒中見舞いは松の内が明けた1月8日以降に発送する季節の挨拶状で、年賀状のようなお祝いの意味は持ちません。 寒中見舞いで喪中のご報告と、新年のあいさつ欠礼のお詫びをしてください。 ちなみに寒中見舞いは節分までに届けばマナーの範囲内ですが、できるだけ1月中に出すようにしましょう。 喪中に年賀状を送ってしまった場合は、以下の記事で対処法を詳しく説明しているので、ぜひお読みください。 「年賀状」と書く部分は、 「賀」の文字にお祝いの意味がありますので、できれば避けたほうが良いです。 上記の例文のように「年始状」とするのが適切です。 妻の祖母の場合も喪中になるのかまとめ• 一般的な喪中は2親等までなので、妻の祖母も喪中とするのが普通。 妻の祖母と生前付き合いがなかった場合は喪中としない選択肢も可。 妻のみ喪中、夫婦で喪中としない、様々な例においてどれも問題はないので家族内で話し合って決めること。 喪中はがきの書き方には普通のはがきや手紙と違うマナーがあるので注意する。 差し出す時期にも気を付けること。 2親等である妻の祖母が亡くなれば、夫も必ず喪に服さなければならないと思っていた方もおられるかもしれませんが、喪中にはそこまで厳密な決まりはありません。 もちろんご親戚関係の心情には配慮する必要がありますが、心のこもった選択を心がければ、ご家族内で決めたことについて厳しい追及をされることはないでしょう。 ぜひご家族内でしっかり話し合い、お祖母様に対して悔いのない選択をなさってください。 「終活ねっと」では他にも、以下の記事のように喪中のマナーや喪中はがきの注意点など色々な記事をご紹介しています。 今回の記事と合わせてぜひご参考ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

喪中の範囲は2親等まで│喪中となる続柄と控えるべき行事

祖母 喪中

父〇〇• 母〇〇• 祖母〇〇• 祖父〇〇 連名でもOKですが、結婚している場合で旦那様(奥様)側の父母・祖父母が亡くなった場合はどうなるの?という場合がありますよね。 義父母、義祖父母と記載したほうがいいのでしょうか? こちらの答えは 父母・祖父母としても義父義母、義祖父義祖母としてもどちらでもOKです。 でも例えば自分の母が亡くなったと勘違いされるから嫌だなと思う場合は、義母としてもいいのですが、その場合旦那様の方の母〇〇とは別に義母〇〇で作らなければなりません。 また喪中ハガキをださなければならない続柄はどこまでなのでしょうか? 喪中ハガキを出す続柄はどこまで? 喪中ハガキですが、どの続柄の方が亡くなった場合にだすものなのでしょうか。 基本は2親等までの続柄の方が亡くなった場合に喪中ハガキを出すことになります。 でもやっぱり嫌だなと思う場合は夫婦別に作成しましょう。 まとめ 喪中ハガキは年賀はがきと違いデザインなども限られていますし、考えるのは文面だけです。 そのため早めに用意しておけば焦るものではありません。 自分で印刷も出来ますし(その場合は薄墨仕様があればそれで作成)印刷をお願いしてもいいですが、印刷をお願いする場合は混雑する時期があり希望の納期に間に合わない場合もありますので、余裕を持って依頼してくださいね。

次の