浦和 あけ の ほし。 トピックス

浦和明の星女子中学校・高等学校

浦和 あけ の ほし

この度、2020年2月14日(金)より24時間営業となりました。 それに伴い全会員様(タイム会員を除く)に誓約書のご記入をお願いしております。 誓約書をご提出していただきませんと、スタッフ不在の時間のご利用は出来ませんので、ご了承賜りますようお願い申し上げます。 ご利用の前に、スタッフ在中時間にお越しいただきフロントにてお手続きをお願い致します。 皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。 終日スタジオレッスンは、休講とさせていただきます。 スタッフも不在となります。 また、2020年2月14日(金)8:00より【タイム会員利用時間内】でのご利用をお願いしております。 タイム会員をご利用中の会員様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご了承を賜りますようお願い申し上げます。 (プリペイド残高のご返金は受けかねますのでご了承ください。 ) 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 無料駐車場70台完備!! スタジオレッスン数地域No. 但し、JOYFIT他店舗の会員証は対象外です。 他クラブ会員乗り換え入会キャンペーンは、店頭受付のみとなります。 新型コロナウイルス感染拡大防止の状況や社会情勢、政府の見解を踏まえ、お客様ならびに従業員の健康や安全を第一に考え、臨時休業を行ってまいりました。 5月25日に政府から発令されました緊急事態宣言解除に伴い、徹底した感染拡大予防対策を実施した上で、下記日時より営業を再開とさせていただきます。 ご来館時はマスクの着用をお願いいたします。 また、ご利用時につきましても出来る限りご着用くださいますようご協力をお願いいたします。 マスクをお持ちでない方には店頭で簡易マスクの作成をお願いいたします。 過去14日以内に発熱や風邪のような症状がある場合はご利用をお控えください。 休業店舗のお客様につきましては全店舗ご利用いただけません。 皆様のご来館、心よりお待ちいたしております。 2020. 13 スタジオプログラム・相互利用サービス(どこでもJOY)再開のお知らせ 日頃よりJOYFITをご愛顧賜り誠にありがとうございます。 新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、また、会員の皆様ならびにスタッフの健康と安全確保のため、JOYFIT店舗におけるスタジオプログラムの休止、相互利用サービス(どこでもJOY)を休止しておりましたが、以下の通りに再開させていただきます。 また、行政機関より営業について指示の出ている地域、および店舗につきましては再開の対象外となります。 詳細につきましては、ホームページ、各クラブ営業時間内(スタッフ常駐時間内)にご確認くださいますようお願い申し上げます。 【スタジオプログラム再開に伴う感染症拡大予防対策】 スタジオプログラムの営業再開に伴い、当面の間以下の感染予防対策を講じながら営業をいたしますので、会員の皆様におかれましても、どうかご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 ・レッスンに参加される会員様はレッスン前にヘルスチェックシートに記入のうえご提出ください。 ・レッスンは参加者の間隔を充分に確保するため、各スタジオスペースに応じた制限人数をもって実施いたします。 ・レッスンとレッスンの間は、十分な換気と消毒剤噴霧を行う為、時間を空けております。 ・レッスンに必要な器具の使用前後の消毒にご協力ください。 ・発熱、咳の症状が見受けられる方は、インストラクターおよびスタッフの判断でスタジオから退室していただきます。 ・レッスン中の掛け声、盛り上げ、ハイタッチ等は飛沫感染予防のため禁止といたします。 ・お客様に触れるアジャスト ポーズ調整 、姿勢の補助、修正を中止させていただきます。 ・当面の間、インストラクターは背面指導にてレッスンを行わせていただきます。 【相互利用サービス(どこでもJOY)の再開】 3 月16 日(月)13 時より再開 【会員様のご来館に際して】 ・体調の優れない方や、咳・発熱等の症状がある方は、施設の利用をお控えいただきますようご理解とご協力をお願い申し上げます。 ・館内設置のアルコールで手指の消毒をお願いいたします。 【ビジター利用休止】 3月末まで 【休会取消について】 休会を取り消し利用再開も可能です。 その場合はフロントにてお手続きをお願い致します。 今後も行政機関などからの情報収集を継続し、指導があった際は速やかに対策を取らせていただきます。 引き続き会員の皆様におかれましてはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 【お問合せ先】 ご登録店舗にお電話にてお問合せください。 2018. 01 お問い合わせについて レスミルズレッスンで使用する曲は、事前に発表しておりません。 お問い合わせいただいても、お答えできまでんので予めご了承ください。 2016. 01 お車でご来館の皆様へ 公道まで車の列が出来てしまった場合は、少し時間をおいてからお越し下さい。 ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。 「氏名」「住所」「生年月日」のご本人確認ができる証明書 ・尚、18歳未満の方がご入会の場合には、保護者の方がお申込人となります。 その際は保護者の方のご本人確認証明書が必要となります。 ・20歳未満の方がご入会の場合、親権者の同意が必要となります。 あらかじめ銀行または郵便貯金通帳と、それぞれのお届印鑑をご用意下さい。 店舗一覧 北海道• 甲信越• 中国・四国• 九州・沖縄• CHINA• TAIWAN•

次の

浦和明の星女子中学校 [中学受験] All About

浦和 あけ の ほし

概要 [ ] で()を運営していたが創立30周年を迎えようとする頃、にカトリック学校をという要望があり 、開設30周年を迎えた、 浦和明の星女子高等学校開校。 生徒・教職員ともに10数名という規模での開校であった。 (当時はまだ武蔵野線が開通しておらず受験生が少なかったが、入学定員を埋めるために合格点を下げることをせず、敢えて学校側の合格基準点に達した生徒だけを合格としたことが理由。 ) 4月、 浦和明の星女子中学校を開校し、中高一貫校となる。 2006年に高校募集を停止し、となる。 現在では、首都圏の中学受験における最難関校の一角を占め、埼玉県内では最難関の女子校として知られている。 校名の「明の星」とはのことを指している。 唯一の である。 建学の精神 [ ] 校訓 「正・浄・和」• 一人ひとりを大切に(正しく)• 真に自由な人間として(浄く)• 互いに助け合って(和やかに) モットー Be your best and truest self. (最善のあなたでありなさい。 そして、最も真実なあなたでありなさい。 ) 沿革 [ ]• - (S. V, 本部はカナダ)より5名が来日。 - に青森技芸学院(現:)を開校。 - 浦和市(現:)に浦和明の星女子高等学校を開校。 - 浦和明の星女子中学校開校(中学1期生127名)。 - 開校40周年。 40期生(中学1期生)高校進学。 中学4学級化開始。 - 40期生(中学1期生)卒業、高校4学級化開始。 - 42期生(中学3期生)卒業、4学級化完了(中高全24学級)。 - 50周年に向けた建て替え事業の一環でE棟が完成。 - D棟、カフェテリアが完成。 新校舎建て替え前にあった噴水がカフェテリア横に改めて設置される予定。 象徴 [ ]• 浦和明の星女子中学・高等学校には、明の星讃歌があり、式典でよく歌われるため、校歌と混同されることがある。 教育 [ ] 教育理念 カトリックミッションスクールとして、「一人ひとりを大切にする教育」に重点を置き、自分らしさ、自己実現を目指す教育を実践している。 前期と後期の2期制で。 授業時間は50分で、1日6時間授業を基本としている。 月に1度の土曜日を「自主の日」として、希望する生徒が学校で自主的に活動できる日にしている。 部活動に打ち込んだり、図書館で学習したりすることもできる。 なお、場合によっては、それ以外の土曜日にも、部活動を行うことがある。 編成 [ ] 1学年175名程度で、1クラス43~44名の4クラス編成。 教育課程 [ ] 中3から英語・数学は高校課程の内容を学習する(理科・社会・国語の一部についても同様)。 高2より科目選択制となり、進路に対応したカリキュラムとなっている。 高3では主要5教科で演習中心の授業が行われる。 英会話 [ ] 英会話の授業は、外国人教師によって行われ、1クラスを2つに分けている。 科目「聖書」 [ ] 「道徳」の時間は、明の星では「宗教」の時間として、「聖書」という科目を学ぶ。 「聖書」は、高校3年までの6年間、毎週1時間学ぶ。 活動 [ ]• 福祉施設への訪問や全校へ募金活動を行う社会奉仕委員会がある。 クリスマスには特別支援学校や老人ホームにプレゼントを届けている。 行事 [ ] 4月• 新入生歓迎会• 新入生オリエンテーション合宿(中1軽井沢、高1伊豆)• 修養会(中3、高2、高3) 5月• 球技大会 6月• 合唱コンクール• 文化の会(芸術鑑賞等) 7月• 林間学校(中2) 7月下旬~8月上旬• 短期留学(高1希望者、カナダ・ブリティッシュコロンビア州) 9月• 明の星祭(文化祭)• スポーツデイ(体育祭) 10月• 修学旅行(中3九州、高2奈良・京都)• 修養会(中1、中2、高1) 11月• 文化講演会(例:2015年度はによる講演) 12月• クリスマス行事• スキー教室(希望者) 2月• 百人一首大会 3月• 高3送別会 部活動 [ ]• 体育系、文化系の各種部活動も盛んで、水泳部、テニス部、新体操部、百人一首部、放送部など、様々な部が各種大会で優秀な成績を収めている。 百人一首部は、第40回(2018年)(近江神宮大会)で優勝するなど、全国屈指の強豪校として知られている。 明の星祭(文化祭)では、毎年、女子校ならではの部活である宝塚部が「(明の星版)宝塚歌劇」を上演し好評を博しているほか、迫力のあるダンス部の演技、アンサンブル部、吹奏楽部、エアロビクス部、グリー部、新体操部、バトン部などのパフォーマンスが披露される。 また、有志による「よさこい」のダイナミックな演技や、中学生・高校生をそれぞれメンバーとする中学歌姫・高校歌姫、舞姫などが会場を盛り上げている。 中学・高校合同(運動部)• サッカー、新体操、エアロビクス、剣道、硬式テニス、水泳、卓球、ダンス、バスケットボール、バドミントン、バレーボール、陸上 中学・高校合同(文化部)• アンサンブル、英語、演劇、科学、家庭科、華道、グリー、茶道、写真、吹奏楽、数学研究、バトントワリング、美術、百人一首、放送 高校• 宝塚、軽音楽、漫画研究 進路・進学実績 [ ] 生徒のほぼ全員が大学へ進学しているが、大学進学を最終目的とせず、生徒一人ひとりの自己実現を助けていく進路指導を徹底している。 偏差値による大学選びではなく、自分の進む道と大学・学部の特色とのマッチングを優先した進路指導を行っている。 2018年度の合格実績(卒業生171名) 【国公立大 45名】 京都大3名、一橋大3名、東京工業大2名、東京医科歯科大1名、お茶の水女子大4名、東京海洋大3名、国際教養大2名、東京芸術大1名 等 【私立大学】 早稲田大37名、慶應大37名、上智大39名、東京理大30名、「GMARCH」145名 等 施設 [ ] チャペル、ジュビリホール、礼法室、LL教室、コンピュータ室、実験室3室(物理系、化学系、生物系)、図書館、第一体育館、第二体育館、室内温水プール、200m全天候型トラック・芝グラウンド、テニスコート(4面)、カフェテリアなどの施設がある。 図書館の蔵書は約100,000冊を誇る。

次の

浦和明の星2020年解きました

浦和 あけ の ほし

概要 [ ] で()を運営していたが創立30周年を迎えようとする頃、にカトリック学校をという要望があり 、開設30周年を迎えた、 浦和明の星女子高等学校開校。 生徒・教職員ともに10数名という規模での開校であった。 (当時はまだ武蔵野線が開通しておらず受験生が少なかったが、入学定員を埋めるために合格点を下げることをせず、敢えて学校側の合格基準点に達した生徒だけを合格としたことが理由。 ) 4月、 浦和明の星女子中学校を開校し、中高一貫校となる。 2006年に高校募集を停止し、となる。 現在では、首都圏の中学受験における最難関校の一角を占め、埼玉県内では最難関の女子校として知られている。 校名の「明の星」とはのことを指している。 唯一の である。 建学の精神 [ ] 校訓 「正・浄・和」• 一人ひとりを大切に(正しく)• 真に自由な人間として(浄く)• 互いに助け合って(和やかに) モットー Be your best and truest self. (最善のあなたでありなさい。 そして、最も真実なあなたでありなさい。 ) 沿革 [ ]• - (S. V, 本部はカナダ)より5名が来日。 - に青森技芸学院(現:)を開校。 - 浦和市(現:)に浦和明の星女子高等学校を開校。 - 浦和明の星女子中学校開校(中学1期生127名)。 - 開校40周年。 40期生(中学1期生)高校進学。 中学4学級化開始。 - 40期生(中学1期生)卒業、高校4学級化開始。 - 42期生(中学3期生)卒業、4学級化完了(中高全24学級)。 - 50周年に向けた建て替え事業の一環でE棟が完成。 - D棟、カフェテリアが完成。 新校舎建て替え前にあった噴水がカフェテリア横に改めて設置される予定。 象徴 [ ]• 浦和明の星女子中学・高等学校には、明の星讃歌があり、式典でよく歌われるため、校歌と混同されることがある。 教育 [ ] 教育理念 カトリックミッションスクールとして、「一人ひとりを大切にする教育」に重点を置き、自分らしさ、自己実現を目指す教育を実践している。 前期と後期の2期制で。 授業時間は50分で、1日6時間授業を基本としている。 月に1度の土曜日を「自主の日」として、希望する生徒が学校で自主的に活動できる日にしている。 部活動に打ち込んだり、図書館で学習したりすることもできる。 なお、場合によっては、それ以外の土曜日にも、部活動を行うことがある。 編成 [ ] 1学年175名程度で、1クラス43~44名の4クラス編成。 教育課程 [ ] 中3から英語・数学は高校課程の内容を学習する(理科・社会・国語の一部についても同様)。 高2より科目選択制となり、進路に対応したカリキュラムとなっている。 高3では主要5教科で演習中心の授業が行われる。 英会話 [ ] 英会話の授業は、外国人教師によって行われ、1クラスを2つに分けている。 科目「聖書」 [ ] 「道徳」の時間は、明の星では「宗教」の時間として、「聖書」という科目を学ぶ。 「聖書」は、高校3年までの6年間、毎週1時間学ぶ。 活動 [ ]• 福祉施設への訪問や全校へ募金活動を行う社会奉仕委員会がある。 クリスマスには特別支援学校や老人ホームにプレゼントを届けている。 行事 [ ] 4月• 新入生歓迎会• 新入生オリエンテーション合宿(中1軽井沢、高1伊豆)• 修養会(中3、高2、高3) 5月• 球技大会 6月• 合唱コンクール• 文化の会(芸術鑑賞等) 7月• 林間学校(中2) 7月下旬~8月上旬• 短期留学(高1希望者、カナダ・ブリティッシュコロンビア州) 9月• 明の星祭(文化祭)• スポーツデイ(体育祭) 10月• 修学旅行(中3九州、高2奈良・京都)• 修養会(中1、中2、高1) 11月• 文化講演会(例:2015年度はによる講演) 12月• クリスマス行事• スキー教室(希望者) 2月• 百人一首大会 3月• 高3送別会 部活動 [ ]• 体育系、文化系の各種部活動も盛んで、水泳部、テニス部、新体操部、百人一首部、放送部など、様々な部が各種大会で優秀な成績を収めている。 百人一首部は、第40回(2018年)(近江神宮大会)で優勝するなど、全国屈指の強豪校として知られている。 明の星祭(文化祭)では、毎年、女子校ならではの部活である宝塚部が「(明の星版)宝塚歌劇」を上演し好評を博しているほか、迫力のあるダンス部の演技、アンサンブル部、吹奏楽部、エアロビクス部、グリー部、新体操部、バトン部などのパフォーマンスが披露される。 また、有志による「よさこい」のダイナミックな演技や、中学生・高校生をそれぞれメンバーとする中学歌姫・高校歌姫、舞姫などが会場を盛り上げている。 中学・高校合同(運動部)• サッカー、新体操、エアロビクス、剣道、硬式テニス、水泳、卓球、ダンス、バスケットボール、バドミントン、バレーボール、陸上 中学・高校合同(文化部)• アンサンブル、英語、演劇、科学、家庭科、華道、グリー、茶道、写真、吹奏楽、数学研究、バトントワリング、美術、百人一首、放送 高校• 宝塚、軽音楽、漫画研究 進路・進学実績 [ ] 生徒のほぼ全員が大学へ進学しているが、大学進学を最終目的とせず、生徒一人ひとりの自己実現を助けていく進路指導を徹底している。 偏差値による大学選びではなく、自分の進む道と大学・学部の特色とのマッチングを優先した進路指導を行っている。 2018年度の合格実績(卒業生171名) 【国公立大 45名】 京都大3名、一橋大3名、東京工業大2名、東京医科歯科大1名、お茶の水女子大4名、東京海洋大3名、国際教養大2名、東京芸術大1名 等 【私立大学】 早稲田大37名、慶應大37名、上智大39名、東京理大30名、「GMARCH」145名 等 施設 [ ] チャペル、ジュビリホール、礼法室、LL教室、コンピュータ室、実験室3室(物理系、化学系、生物系)、図書館、第一体育館、第二体育館、室内温水プール、200m全天候型トラック・芝グラウンド、テニスコート(4面)、カフェテリアなどの施設がある。 図書館の蔵書は約100,000冊を誇る。

次の