こちらこそ ビジネス。 「こちらこそ」の意味と正しい使い方!敬語表現や類語も解説

「こちらこそ」のビジネスでの意味や目上への正しい使い方・例文を解説

こちらこそ ビジネス

相手に何かをしてもらったり、お世話になったりした場合、「ありがとう」という言葉を使ってお礼を言うことは、マナーや常識と言えるでしょう。 家族や友人などの身近な相手から、ビジネスにおける取り引き相手まで、どのような人に対しても、感謝の気持ちを伝えることは大切です。 また、お互いに協力したり助け合ったりした場合は、「こちらこそありがとう」という挨拶をすることもあります。 相手からお礼を言われた場合に使うことが多い「こちらこそありがとう」というフレーズですが、意味や使い方、敬語での言い方などに戸惑う方もいらっしゃるでしょう。 そこで今回は、「こちらこそありがとう」というフレーズをテーマにして、意味や使い方、敬語表現などを考察・ご紹介していきます。 「こちらこそありがとう」の意味・使い方 早速、「こちらこそありがとう」というフレーズの意味や使い方について、考えていきましょう。 「こちらこそありがとう」というフレーズは、さまざまなシーンで使用されるものです。 しかし、意味や使い方について、深く考えたことがあるという方は、あまりいらっしゃらないと考えられます。 ですからこの機会にぜひ、「こちらこそありがとう」という言い回しの意味や使い方と、向き合ってみて下さい。 「こちらこそありがとう」の意味 まずは、「こちらこそありがとう」という言い回しの意味について、考察していきます。 「こちらこそありがとう」という言い回しの意味を考える場合、「こちらこそ」「ありがとう」の2つの言葉にわけて考えることができます。 そこで今回は、「こちらこそ」と「ありがとう」の2つの言葉の意味について、考察していきます。 「こちらこそ」の意味 まずは、「こちらこそ」の意味について考察していきます。 「こちらこそ」という言葉の意味について、「weblio辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「こちらこそ」という言葉には、相手からの言葉や気持ちなどに対して、自分も同じ気持ちであることや、同じように感じていることを表現する意味が含まれていると考えられます。 「こちらこそ」という言葉には、単に自分も相手と同じ気持ちであることを伝えるだけでなく、むしろ相手以上に自分もそのように感じていることを表現するニュアンスが、含まれているとも言われています。 相手からの感謝やお詫びの表明を受けて、自分からも相手に同じことを伝えようとする際に用いる表現。 相手の言う内容は、むしろ自分から相手に言うべきものである、というような意味合いを含む。 「ありがとう」の意味 「ありがとう」という言葉は、日常的にも頻繁に使用する言葉だと言えます。 そのため、「ありがとう」の意味や使い方について、多くの人が理解していると言えるでしょう。 しかし、よく使う言葉だからこそ、意味や使い方について見直す機会がなかなかないとも予想できます。 そこで続いては、「ありがとう」という言葉の意味について確認していきます。 「ありがとう」の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用から、「ありがとう」とは感謝の気持ちを伝える言葉だということが読み取れます。 また、関西では「おおきに」などの方言で知られている言葉でもあると言われています。 感謝したり、礼を言ったりするときに用いる言葉。 ありがと。 使い方【1】:こちらこそありがとうございました 続いて、「こちらこそありがとう」というフレーズの使い方について考察していきます。 「こちらこそありがとう」を使用したフレーズの1つとして、「こちらこそありがとうございました」という言い回しが挙げられます。 「こちらこそありがとうございました」という言い回しは、「こちらこそありがとう」を丁寧かつ過去形にした形だと考えられます。 具体的な使い方の一例として、以下の例文のような使い方ができると考えられます。 ・お力を貸していただき、こちらこそありがとうございました。 ・ご協力いただき、こちらこそありがとうございました。 ・こちらこそ、ご一緒させていただきありがとうございました。 使い方【2】:こちらこそありがとうございます 「こちらこそありがとう」を使用したフレーズとしては、「こちらこそありがとうございます」という言い回しも挙げられます。 「こちらこそありがとうござます」は、「こちらこそありがとう」を丁寧に表現した形です。 ビジネスシーンでも使用できるフレーズなので、この機会に使い方や言い回しを覚えておきましょう。 ・こちらこそ、ご指導いただきありがとうございます。 ・ご協力いただき、こちらこそありがとうございます。 ・こちらこそありがとうございます、とても助かりました。 「こちらこそありがとう」への返信方法 「こちらこそありがとう」への返し方【1】:友人 「こちらこそありがとう」という言い回しは、ビジネスシーン以外にも使用される言い回しです。 気心が知れた相手や友人などにも使う表現なので、友人から「こちらこそありがとう」などと挨拶されるケースもあるでしょう。 仲の良い相手から「こちらこそありがとう」と言われた場合は、素直に「どういたしまして」などと返すのも、1つの返し方と言えるでしょう。 気心が知れた友人などであれば、あまりにも謙遜し過ぎると、かえってよそよそしい印象になったり、回りくどい印象を与えたりする危険性があります。 「こちらこそありがとう」への返し方【2】:上司 ビジネスシーンでは、上司や取り引き相手など、目上の人から「こちらこそありがとう」と言われるケースもあります。 友人などと異なり、相手は敬意を払うべき人物です。 そのため、どのように返せば良いのか、返事の仕方に頭を悩ませる方も少なくないでしょう。 上記のようなケースでは、「とんでもないことでございます」「とんでもございません」といった返答をして、相手の感謝の気持ちを一旦否定し、謙遜するのも返し方の1つと言えるでしょう。 とはいえ、あまりにも謙遜をしすぎると、相手に不快感を与える可能性もあります。 ですから、相手の感謝の言葉を否定して謙遜する場合は、程度や度合いに気を付ける必要があると言えるでしょう。 「こちらこそありがとう」のビジネスでの注意点 続いて、「こちらこそありがとう」というフレーズをビジネスで使用する際の、注意点について考察していきます。 「こちらこそありがとう」というフレーズは、状況やシチュエーションによっては、ビジネスシーンで使用しない方が良いケースもあります。 身近なフレーズではありますが、使いどころや使う相手などを見極め、適した形で使用することが大切です。 ですから、「こちらこそありがとう」という言い回しを使用する場合は、むやみに使わず、使いどころや使い方を考えて使用するよう、注意しましょう。 失礼な可能性がある 「こちらこそありがとう」という言い回しは、場合によっては相手に失礼な印象を与える可能性があります。 相手からお礼や感謝の言葉を言われた際に、「こちらこそありがとうございました」というフレーズで済ませてしまうと、相手の感謝の言葉を利用し、感謝の挨拶などを省略したように思われてしまう危険性があります。 ですから、「こちらこそありがとう」を使用する際は、「こちらこそ、〇〇して頂いて大変助かりました。 ありがとうございます」などのように、自分の言葉も付け加えた方が良いと考えられます。 「こちらこそありがとう」の敬語 ビジネスシーンでは、敬語で話すことが基本的なマナーだと言われています。 社会人にとっての、必須とも言えるスキルである「敬語」ですが、「こちらこそありがとう」を敬語で表現する場合、どのように言い換えれば良いのか、気になるところです。 そこで続いては、「こちらこそありがとう」の敬語表現について考察していきます。 丁寧 「こちらこそありがとう」の敬語表現として、特にメジャーなものが、丁寧な表現への言い換えだと考えられます。 「こちらこそありがとう」を丁寧な表現へと言い換える場合は、「こちらこそありがとうございます」という言い回しが一般的だと言われています。 また、過去形にしたい場合は、「こちらこそありがとうございました」といった言い回しになります。 文章や会話の流れに合わせて、上手く使い分けましょう。 「こちらこそありがとう」と言う心理 最後に、「こちらこそありがとう」と言う人の心理や気持ちについて考察していきます。 一般的に、「ありがとう」という感謝の言葉に対する返事は、「どういたしまして」だとされています。 しかし、「どういたしまして」という表現は、相手からの感謝の言葉や気持ちを認め、受け取っているような印象になります。 日本では、謙遜を美とする文化もあり、相手からの感謝などをそのまま受け取ったり認めたりすることを、照れ臭いと感じる方も多いと予想できます。 そのため、相手の感謝を受け取る「どういたしまして」よりも、「こちらこそありがとう」という返事の方が、返しやすいと感じる方も少なくないと考えられます。 上記のような背景から、「こちらこそありがとう」というフレーズを使用する方が多いと予想できます。 「こちらこそありがとう」で気持ちを伝えよう.

次の

「こちらこそ」の意味と正しい使い方!敬語表現や類語も解説

こちらこそ ビジネス

「こちらこそ」は、日常会話でもよく使われる表現ですよね。 それだけに、ビジネスの場面で使ってもいい言葉なのか不安に思う方もいるのではないでしょうか? 今回はこの「こちらこそ」という言葉の使い方について、ビジネスシーンでの正しい使い方を例文と共に紹介します。 「こちらこそ」は、相手の気持ちに同調するときに使う表現 「こちらこそ」は、 相手が伝えてくれた内容に対して、自分も同じ気持ちだと伝える際に使う表現です。 また、 「相手が伝えてくれたことは、むしろ自分が言うべきことだ」というニュアンスが含まれることもあります。 同じ意味で「こちらの方こそ」という表現が使われることもありますが、これは日本語として誤りなので注意しましょう。 「こちらこそ」の類似表現 「こちらこそ」と同じ意味を持つ表現には、「むしろ」「~なのは…です」などがあります。 これらの表現を用いて、「こちらこそ、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした」という文を書き換えると、次のようになります。 しかし、ビジネスの場面で相手に不快感を与えないためにはいくつかの注意点があります。 ビジネスシーンで「こちらこそ」を使う際の注意点 目上の相手に使う際には、前後の言葉を省略せずに使う 例えば、相手から「ありがとうございました」といわれた際に「こちらこそありがとうございました」と返すと、場合によっては相手に不快感を与えてしまう可能性があります。 それは、 何についての「ありがとうございました」なのかが省略されてしまっているからです。 ただ「こちらこそありがとうございました」と返すだけでは、相手が示してくれた感謝の内容に乗った形となり、失礼だと思われかねません。 つまり、 ビジネスシーンでは何について「こちらこそ」と気持ちを表しているのかを省略しないことが必要なのです。 お礼を言う場合であれば、「こちらこそ、お時間をいただきましてありがとうございました」のように、何について感謝しているのかを示しましょう。 お礼やお詫びをされた際には、一度否定の言葉を挟む 相手からお礼やお詫びの言葉を受け取った際に、そのまま「こちらこそ…」と会話を続けてしまうと、 感謝や謝罪を当然のことのように受け取ったとみられ、不快感を与えてしまうかもしれません。 お礼やお詫びをされた際には 「とんでもないです」「とんでもないことでございます」といった否定の言葉を挟んで、相手を立てるようにすると、より丁寧な対応になります。 こちらこそ、貴重な経験をすることができました。

次の

ビジネスメールで使う「こちらこそ」の注意点

こちらこそ ビジネス

「こちらこそ」の意味 「こちらこそ」は「こちら」と「こそ」に分けることができます。 「こちら」の意味は、「私」か「私が所属している組織」のことを指します。 また「こそ」は、その「私」や「私が所属している組織」を強調しています。 つまり「こちらこそ」ということで、「私のほうこそ」という意味になります。 「こちらこそ」の使い方と例文 相手の気持ちと同調または上回るときに使う 「こちらこそ」は、相手が「ありがとう」などの謝意、または「ごめんなさい」や「すみません」など謝罪をしてきたことを受け入れて、自分も同じように思っていることを伝えるときに使います。 時には、相手に謝意や謝罪をさせてしまった以上に、自分こそ謝意または謝罪をすべきだったと考えているときにも使います。 「こちらこそ」は敬語(丁寧)表現として使える 「こちらこそ」は、文字としてはフランクな表現に見えますが、ビジネスや目上の人に丁寧な表現として使うことができる言葉です。 ただし、前後の言葉を省略してしまうと、失礼にあたる場合がありますので、「こちらこそ」を使う場合には、前後の言葉をしっかりと添えるようにしましょう。 「こちらこそ」を使った例文 相手が「ありがとう」と言った時の例: 相手:「本日はお越しいただいてありがとうございました」 自分:「こちらこそ貴重なお時間を頂きましてありがとうございました」 相手が謝罪した時の例: 相手:「先日はご迷惑おかけして申し訳ありませんでした」 自分:「こちらこそ、管理が行き届かず失礼いたしました」 「こちらこそ」を使ったフレーズ集• 「こちらこそです」 「こちらこそ」を使った省略形として親しい間柄では使われます。 前後の文意から何について話しているのかを推測する必要があるでしょう。 「こちらこそどうぞよろしく」 「こちらこそどうぞよろしく」や「こちらこそよろしくお願いします」は、これから始まることについての「意欲」や「高揚した気持ち」を伝えるときに使われます。 「こちらこそお世話になりました」 「こちらこそお手数おかけします」 いろいろと世話をかけている、または世話をかけた相手に、感謝の気持ちを伝えるときに使われます。 「こちらこそすみません」 相手が謝罪してきたときに返す表現で、起こったことに対してお互いに悪かったという同調が感じられます。 お互いに非を認めあうことで、相手の謝意の気持ちを緩和されるので、相手を楽にしてあげる効果があるでしょう。 「こっちこそありがとう」 「こちらこそ」の砕けた言い方は「こっちこそ」です。 友人や親しい間柄に使われる表現で、ビジネスシーンでは使われません。 「こちらこそ」のビジネスでの使い方 「こちらこそ」を使うときのポイント ビジネスでもよく使われる「こちらこそ」という表現ですが、注意しておきたいことは、 何について謝罪や感謝をするのかを明確にすることと、「こちらこそ」という気持ちが過度になり 相手に失礼にならないようにすることです。 相手の謝意を受けて「こちらこそ」と返すと、自分と相手が対等になっています。 顧客のような尊重すべき相手と自分が対等になることで、不快に思われてしまうことがあり、相手に対して無礼になります。 一方で、その言い方や振る舞い次第で相手を見下してしまうことがあります。 自分にはそうした意図がなくても、大げさな言い方をすることで相手を不快に感じさせてしまいます。 「こちらこそ」を使った丁寧な表現 「こちらこそ」を使う場合は、何に対して感謝または謝罪したいのかをはっきりさせて、その振る舞いも過度にせず、自分の立場や状況なども考えた立ち振る舞いにしましょう。 例文 相手:(淡々とした口調で)今日の商談がはかどりまして感謝しております。 ありがとうございました。 自分:(大げさにせず、相手の口調と合わせて)大変有意義なご提案をいただき、こちらこそありがとうございました。 目上の人への「こちらこそ」の使い方 「こちらこそ」を上司や目上の人に使う場合には、相手のことをたてることを忘れないようにしましょう。 使い方次第では相手を見下しているような印象を与えることになるからです。 何について謝意や謝罪をしていることを明確にしたうえで、相手のお陰あることを強調するといった手法で相手への敬意を表すようにします。 「こちらこそ」のメールでの使い方 ビジネスメールでは相手に簡潔に伝えたいことを伝えることが大切です。 相手に謝意を伝える場合も、「こちらこそありがとうございました」と書くだけでは「なにについて」感謝しているのかはっきりしません。 「こちらこそ」を就活にも活用! 「こちらこそ」は目上の方に配慮すれば使ってもいい表現ですから、就活にも使える場面は多いでしょう。 例えば、OBやOGに会う機会があれば、OB側から「今日はわざわざ来てくれてありがとう」といった挨拶があるかもしれません。 そんなときには、「こちらこそお忙しい中お時間を取っていただきありがとうございます」のように返答することができます。 また会社の面接などでも、先方が挨拶をしてきたのに対して、「こちらこそ」で受けることができます。 丁寧なふるまいを忘れずに、「こちらこそ」を使ってはっきりとした返礼をできるようにしましょう。 「こちらこそ」の類語 「むしろ」を使ってへりくだる言い方 「こちらこそ」の言い換え表現として、「むしろ」を使って自分のほうにこそ謝罪または謝意すべきだったということを強調する言い換え方があります。 例文 相手:「今日はお越しいただきありがとうございました」 自分:「とんでもございません。 お邪魔させていただいたのは、私です。 本日はどうもありがとうございました」 例文のように何に感謝をしているのかを伝えてからその原因は自分だという言い方にすれば、「こちらこそ」を使わずに同じ意味を伝えられます。 まとめ 「こちらこそ」は日常的にもよく使われる表現だからこそ、社交辞令にならないように気を付けましょう。 特にビジネスでは相手と同調を見せることになるので、本当に「こちらこそ」を使う状況なのかを見定めたうえで、何について謝罪または謝意を示すのかをはっきりさせることが大切です。 また相手が目上の人ならば失礼にならないような配慮も必要です。 使い慣れた表現だからこそ、使い方のポイントに気をつけながら使ってみましょう。

次の