からくり 意味。 からくりとは

からくり改善の基礎知識

からくり 意味

「からくり」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 観光地で偶然通りかかって気になったから立ち寄ってみたんです。 忍者屋敷です。 昔からなんとなく光より影のほうに目が向く方でして時代を支配するリーダーより影で動く日陰の彼らに心を奪われてきました。 服部半蔵、猿飛佐助、風魔小太郎、赤影にハットリクンそしてハリケンジャーと・・ なんだか最後のほうは無茶苦茶ですが、兎に角気になる! ということで入場しました。 入場料が数百円と格安で中には広い敷地に忍者としての修行の場としてのアスレチック形式のアトラクション更に砦などが所狭しと並んでいます。 中でも人気 笑えたのが だったのが一メートルほどの発泡スチロールのような素材に板が張られ、それに乗ってロープ一本を手繰りながら向こう岸まで渡るというものでした。 挑戦者が面白いほど水深60センチほどの池に落ちるのです。 私も挑戦しましたが、遊具であるはずなのにいつの間にやらその眼はガチンコ。 ふざける余裕も手を振る余裕も言葉を発する余裕すらありません。 なんとか笑いとお着替えなしに向こう岸に渡れました。 久々にホッ。 有料アトラクションもいくつかあり、話の種にと挑戦。 手裏剣や吹き矢それぞれ的が設けられ、見事的中すると景品がもらえます。 子供たちに混じって挑戦してみました。 残念な結果 そして入り口近くにその一番気になっていたものがあったのです。 「忍者カラクリ屋敷」 どんでん返しの板壁に、囲炉裏の下の抜け穴、二階へ続く階段を登るとそこには・・ 実際に足を運んでご確認ください 中が真っ暗なこともあって迷う迷う。 後から入ってきた親子になんとか付き従って無事に外に出ることができました。 バランス感覚がおかしくなる部屋など、これは「からくり」なのか?と若干疑問も感じましたが忍者ファンの私にとっては大人でも十分楽しめました。 「からくり」 からくりってでも何なのでしょう。 なんて説明したらよいのか私も言葉が思いつきません。 やはり「唐+繰り」で中国からきたものなのでしょうか。 からくりとは・・・ 日本の伝統的な機械仕掛けの人形や模型、機械装置のことなのだそうです。 ということは、「唐」の国は関係ないのでしょうか。 古くはのぞきからくりのことを略して「からくり」と呼んでいました。 漢字では絡繰、機巧、機関と表記し、古くは唐繰とも表記されていたそうです。 前記の三つの漢字であれば理解できますね。 これも由来に関係するのでしょうか。 からくりは元々は機械全般をあらわす言葉でしたが、現代では「からくり人形」など娯楽性のある日本の伝統的機械装置を指す場合に使うことが多いようです。 確かに今では当たり前の機械のすべてが昔は「からくり」だったのでしょう。 英語の「Karakuri」は日本のからくり人形を意味しています。 現在の「からくり」という言葉の認識はよく考えてみると、手品・奇術などの不思議なしかけのことや、転じて、計略・たくらみの意にも用いていますね。 古くは、糸などをあやつって動かすことを「からくる」といい、そこから、あやつり人形など、裏で糸を使って動かすしかけのものを「からくり」というようになりました。 あやつり人形と「からくり」でピンときました。 それが「からみくる(絡繰)」のなまり説であります。 他にも「かはりくる(変転)」「かるくり(軽繰)」のなまり説などがあるそうです。 「からくり人形」は江戸時代中期に現れ、その源流をたずねると16世紀中頃の室町時代後期に渡来してきた南蛮文化に行き尽くそうです。 特にフランシスコザビエルなどのキリスト教宣教師が持ち込んだヨーロッパの機械時計の影響を受けているようです。 精密・精巧の時計文化の影響を受けながら、日本人の持つ緻密さが加わりオリジナルの遊び心を加えて「からくり」文化は現代に伝わっています。 「からまりそうになりながらも、繰り出される」世界観は日本人の性格をこれ以上にないほど示してくれているように感じてなりません。 忍者同様に「からくり」も私の中の日本人を擽ります。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

からくり意味だすっ

からくり 意味

『』(第2版〔オンライン版〕、2007年)「からくり」の項より。 他に語源説として、『』、『』の「絡み繰る」からという説、『言元梯』の「カハリクリ」(変転)の転とする説などが紹介されている。 は・を免じられる代償としてを京都に派遣する制度があり、制度廃絶後も飛騨工は木工・大工の名匠の通称となった。 『機巧図彙』は3種の和時計と9種のからくり人形の構造、製作法について図入りで解説した首巻・上巻・下巻の三巻の書物。 からくり人形の作り方を紹介する前に、その根本となる機械的仕組みが時計であることを示し、機械技術の啓蒙書としてまとめられている。 この書物から実際に茶運び人形が復元された。 著者の細川半蔵 1749頃-96 は出身の暦学・天文学者で、幕府の改暦事業に携わるかたわらこの『機巧図彙』を著した。 半蔵というのは通称で名を頼直という。 他に写天儀(一種の天球儀と思われる)や行程儀(一種の万歩計)などの装置も製作した。 『からくり』 『ものと人間の文化史』 48頁以降。 『弓曳童子の再生』6-12頁、46-47頁• [ リンク切れ]• 2013年11月4日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年11月2日閲覧。 山王祭でより出されていた山車人形「太鼓打人形」(通称てけてん小僧)の頭部と手足等が、また神田祭の山車人形で神田連雀町より出されていた「熊坂」の頭部が伝存しており(現在見られる頭部以外の部分は後の補作)、具体的な構造や操作については明らかではないが、「太鼓打人形」は太鼓を打つからくりが施されていたといわれ、「熊坂」は眼球が動くからくりが施されている。 『広報千代田』NO. 750(昭和63年4月20日発行)およびNO. 1205(平成19年4月5日発行)参照。 にも説明あり(・)。 「よみがえる江戸からくり」峰崎十五 日本経済新聞 2004年3月5日文化面• 『弓曳童子の再生』35頁• 『弓曳童子の再生』6-8頁• 『完訳からくり図彙』26頁• 『完訳からくり図彙』27頁• 朝日新聞 2012年6月16日.

次の

「からくり」 の由来と語源

からくり 意味

製造改善から生まれた「からくり改善」とは? 現場第一線のオペレーターの方が、自主保全活動(注1)を推進する中で、「自分の設備は自分で守る」を合言葉に、設備への関心と改善の心を磨き、日々の生産活動でやりにくい作業や困っている問題を、自らのアイデアで解決するために、さまざまな改善と努力をされています。 注1:日本プラントメンテナンス協会が1971年より提唱しているTPM(Total Productive Maintenance:全員参加の生産保全)活動の8本柱のひとつです。 このオペレーターの方による「改善」の多くは、日本古来のからくり人形に見られるような原理(メカニズム)であるてこ、カム、クランク、ギア、リンク装置、ゼネバストップなどを利用した、手作りでお金をかけない「改善」です。 当協会では、この製造現場から誕生した「改善」を1994年以降、「からくり改善」と名づけ、積極的に普及をしています。 また、正しく普及させるためには、共通の認識を持つことが重要と考え、「からくり改善」の定義を下記のように決定しました。 ・「メカニズムは単純シンプル」 ・「お金をかけない」 ・「ムリ・ムダ・ムラを退治した改善」 その結果、創造性を高く他の見本となる楽しい改善事例となる。 これらの条件を満たした改善により、直接的には品質向上、生産性向上、故障低減、チョコ停低減、保全性・安全性向上、段取り・調整時間の短縮、刃具交換時間の短縮、部品供給や運搬・搬送効率の向上、原単位の効率向上、騒音低減、省エネルギーなどに大きな成果が得られ、オペレーターの方も楽に早く・楽しく仕事ができるようになる、としました。 図1:2014年最優秀からくり改善賞 横浜ベイ・ウォーク(日産自動車 横浜工場) 2. なぜ今、「からくり改善」が注目されるのか? 近年、「からくり改善」が注目され、積極的に多くの企業で導入・展開されている背景には、わが国の製造業が置かれている環境の変化が大きく関係していると思います。 日銀が発表した2015年6月の全国企業短期経済観測調査では、企業が内需回復に手応えをつかんでいることを示しており、好調な業績により大企業製造業の設備投資計画は、11年ぶりの高い伸び率となっています。 また、中小企業の一部にも回復の兆しが現れています。 しかし、この「11年ぶり」が示すように、ほんの数年前までは、製造業の国内空洞化により、国内の生産量は激減し、新規の設備投資を積極的にしにくい時代が続きました。 この時代の企業は、 いかに設備投資を抑えるかが大きな経営課題でした。 このような時代背景により、日本のモノづくりの強化と国内生産存続のためにも全員参加による「からくり改善」が、注目を集めたのです。 また、「からくり改善」は、設備投資額の削減効果はもちろんのこと、 人材育成にも予想を超える大きな効果をもたらしました。 よって、景気回復となった今でもその流れは、簡単に変わらないのです。 実際の「からくり改善」事例をご紹介したいと思います。 某自動車メーカーでは、当時、景気の低迷などにより販売予測が難しいため、新車の計画段階から新規設備の導入を極力抑え、既存設備に「からくり改善」を積極的に取り入れ、 大幅に製造コストを削減しました。 その結果、新車販売価格を下げることができ、計画を超える販売を実現しました。 また、 某事務機器メーカーでは、加工後の事務机の天板を、従来はロボットを使って方向転換し、次工程に送っていました。 方向さえ変わればよいと考えたオペレーターの方が、傾斜を使って流れてくる天板に「てこ」を応用したビンを使い、天板の方向を90度転換し、次工程に送る「からくり改善」を考案しました。 この改善に掛かる費用はわずか数万円で、 約600万円のロボットが不要となったと同時に、ロボットのランニングコストやメンテナンスコストをなくし、大幅な費用削減になりました。 このように、「からくり改善」は、 生産性向上やコスト削減などにつながる、さまざまなロスの低減・撲滅に大きな成果を上げています。 さらに、今後の設備投資の面からも 生まれの良い設備づくりにも「からくり改善」は重要な役割を果たしており、LCA(ロー・コスト・オートメーション)、すなわち設備の低コスト化にも寄与しています。 なお、具体的に「からくり改善」を導入・展開するためには、「からくり改善教育道場」の開設や社内での「からくり改善くふう展」の開催、さらには、設計部門や生産技術部門を巻き込んだ「からくり改善」の検討・標準化の推進が重要です。 図3:2014年のからくり改善くふう展の会場の様子 4. 原点は「楽に作業できること」 からくり改善の原点は、効率化ではなく楽に作業できることです。 やりにくい作業を改善したり、自身が日常作業の中で困っている問題を自らのアイデアで解決したりすることから始まるのです。 行き詰ったときには、生産技術部門や保全部門と相談し、知恵を貸してもらったりすることも有効ですが、気をつけなければいけないのは、決して複雑にはしないということです。 メカニズムを簡素化しないと操作性や保全性の容易さには、つながらないからです。 なお、 日常生活のいたるところにも「からくり改善」のヒントはあります。 過去のくふう展の作品の中には、玩具、調理器具、雨傘などからヒントを得た作品もありました。 両開きの冷蔵庫や台所便利グッズなども、家庭の主婦が困っていることやあったらいいなが形になり、日常生活に定着した「からくり改善」製品だと思います。 さらに、「からくり改善」の目が養われてくると、今まででは見えなかった製品現場のいろいろな場所や機械に存在する重たい、危ない、やりにくい、きつい、汚い、うるさいなど、多くの課題が見えてきます。 これらの課題を「からくり改善」を使って解決していくことで、 3K職場の排除などにつながり大きな成果となるのです。 仕事が安全で楽になり、結果として仕事が楽しくなるのです。 楽になれば楽しくなる、楽しくなければ長続きしないと私は思ってます。 楽しくなれば、今まで気づかなかったおもしろい世界がどんどん見えてきて、興味が広がってきます。 「からくり改善」に終わりはありません。 満足した時点から後退してしまいます。 常に問題意識を持ち、楽しく改善を進めてください。 図2:からくり改善の手順 3. からくり改善や製作の勘所・ヒント からくり改善に取り組むにあたり、大切なことは、 焦らず基本に忠実に、粘り強く、アイデアが出るまで考え抜くことです。 ポイントは8つあります。 どの作業(動作)を改善するかは、よく話し合って決める• 改善のヒントは、玩具・日常生活の中にある• ほかの事例を真似るのが早道• ワークの特徴を活かす• 動力源と力の伝達機構を組み合わせる• どのように操作・作動の信号を取るかを考える• まず、簡単なミニチュアモデルで実験をする• 成功のカギは、本人の理想像と、上司の励まし 上司の役割も重要です。 焦らず部下を見守り、助言をします。 上司が気を付けるポイントを6つ挙げます。 最初は、時間がかかりうまくいかないものだと思う• つくるための時間・人を与える• できれば、複数でやらせる(3人寄れば、文殊の知恵)• 上司の考えを押し付けない• 本人に達成感を味わわせる• 継続するための組織・体制をつくる 4. からくり改善の原理 からくり改善の原理(メカニズム を考えるにあたり、「動力源」と「力の伝達機構」を上手に組み合わせることがポイントです。 0 ー ー クッション材 ー ー ー 輪ゴム ー ー ー 鉛ウェイト各種 ー ー ー 3. 搬送装置の寸法の決め方 4. 搬送装置のからくり改善のポイント 5. 機関車模型の搬送装置 自動化への取り組み 保管用PDFに掲載しています。 ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。 第4回:からくり改善の例2〜滑車と重りを使った部品取り高さの一定化~ 著者:公益社団法人日本プラントメンテナンス協会 技術アドバイザー 新見 芳宣 前回はからくり改善の例として、機関車模型の搬送装置を紹介しました。 今回は、滑車と重りを使って、部品取りの高さを一定にするからくり改善装置の製作例を紹介します。 部品取り装置の構成 工場の生産ラインで、オペレーターが部品箱から部品を取り出して、組み付けなどの作業をする場合を考えてみましょう。 積み重ねた部品箱の数が減っても、高さを一定に保つことができれば、作業をしやすくなります。 この仕組みを実現する方法はいろいろありますが、今回は滑車と重りだけを使ったシンプルなからくり改善の装置を紹介します。 今回の装置の構成は、 図1のとおりです。 左側が部品箱と受け、右側が重りを含む高さを一定化させる装置です。 著者:公益社団法人日本プラントメンテナンス協会 技術アドバイザー 髙橋 正喜 第3回、第4回では、からくり改善の事例を見てきました。 今回は組織として、どのように、からくり改善に取り組むのか、どのようにアイデアを出すのかを解説します。 からくり改善への取り組み方 からくり改善の活動は、2段階で進めます。 第1段階は、入門期として問題解決型の活動を進めます。 ねらいは2つあります。 オペレーターが楽に、早く作業できるようになることで、所要工数を減らすこと• オペレーターが「やればできる」と自信と達成感を持ち、前向きに改善を継続すること これにより、「生きがい、やりがいのある職場づくり」を実現し、目標である「もうける活動」に一歩近づきます。 第2段階は、実践期と位置付け、方針管理による、業績に直結した課題解決型の活動を進めます。 表1に、からくり改善の各段階について、基本的な考え方とロスのねらいや活動の進め方をまとめました。 表1:2段階のからくり改善の取り組み方 基本的な考え方 ロスの対象・活動の進め方 問題点解決型• オペレーターが自らの手で、現場の困っている3ム(ムリ・ムダ・ムラ)を改善し解決する• 「お金をかけずに、知恵を出して、創造性に優れた楽しい作業改善」を目指す• 新たなエネルギーは使用せずに、既存の動力源を最大限に活用する。 併せてテコや滑車など、力の伝達機能を複数活用する• からくり改善導入後の工程の変化は、作業標準書に落とし標準化する• ロス項目の対象 設備の効率:8大ロス 人の効率:5大ロス 原単位の効率:3大ロス• ロスの視点 計画と実績の差、または目標と実績の差 ・からくり改善活動の仕組みづくり• からくり改善の理解促進、活動体制整備、達成感を得られる仕組み 課題解決型• 方針管理の目標を受け、生産性向上をねらいとした、あるべき姿を追求する・工程別、ライン単位の問題点を顕在化させ、その解決のためにからくり改善を実行する• 改善に際して、「お金をかけずに、知恵を出して、創造性に優れた楽しい作業改善」を目指す• LCAや自動化・無人化を目的として、からくり改善でさらに効果を高める• 技術部門では、設備設計・MP(保全予防)情報へと落とし込み、さらなるからくり改善へとつなげる• ロス項目の対象 物流ロスなどを含めたロス項目の拡大。 あるべき姿の追求のために見方や発想を変える• ロスの視点 あるべき姿と現実の差などのロスの視点を掘り下げる• 現場観測から要素作業の問題を顕在化させ、その解決のために、多くのかりくり改善を実践する。 その結果、サイクルタイムの短縮、作業時間のバラツキの低減などによって、ロスを徹底排除する• 方針管理の仕組みで活動を運営する。 基本は自主管理であり、活動の結果は定期的に評価される 第2段階では、LCA(ロー・コスト・オートメーション)や自動化・無人化を目的とし、高い効果を狙います。 からくり改善導入後は、 図1に示すように、成果物のアウトプットにも気を配り、製造部門では作業標準書、技術部門では設備設計・保全が不要となる情報へと落とし込んで、さらなる改善へとつなげます。 図1:からくり改善の活動の進め方 からくり改善活動は、職場で困っていることを皆で話し合って、明らかにすることが重要です。 例えば、下記のような声を意識してみましょう。 「ワーク取り置きの距離が遠く、疲れる」• 「ワークが非常に重く、肩や腰が痛い」• 「箱の出し入れに時間がかかる」• 「両手作業で手間がかかる」• 「小さいものを、毎回いくつも数えるのは面倒だ」• 「組立が難しく、正確に組めないことがある」• 「高所の点検で、毎回上がっていくのは面倒だ」• 「材料や油が無くなるのを、気にしなければならない」• 「くっつきやすい材料なので、取り出すことが難しい」 このようにして、職場で取り組んだからくり改善は、どのような効果が生まれるのでしょうか? 大きく6つの効果があります。 メカニズムが簡単なので故障が少なく、トラブルが発生しても自分たちで修理できる• 新たな動力を極力使わないため、製作や運転に多くの経費がかからない• 現場の困りごとに対応するために、作業が楽になり周りから喜ばれる• 周りから喜ばれると、製作者のモチベーションも上がる• 職場が活性化する• 1~5の結果、生産性向上・品質向上・故障低減・作業性向上・安全性向上につながる 2. からくり改善の進め方 3. からくり改善のアイデア出しのコツ 4. からくり改善活動の上司の役割 5. からくり改善は人づくり 保管用PDFに掲載しています。 ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

次の