家族 引越し 相場。 引越し料金の相場はどれくらい?条件で大きく変わる費用の実態

【家族・ファミリー】引越し料金相場&費用ガイド|引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し

家族 引越し 相場

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。 引越しをする時にかかる料金の相場って気になりますよね。 色々なサイトを見比べてみても、実は結構バラバラに書かれていることが多く、何を信じればいいのか、と思うことも多いです。 でも、 相場の料金にばらつきが出てしまうのは引越しの料金相場を決めるにあたって、いくつかの条件があるから。 人によって引越しに関する条件は違うので、幅が出てしまうのです。 その条件を踏まえておくと、わかりやすく引越し料金の相場を考えることができますよ。 そこで今回は、引越し料金に影響する要素として、 1)家族の人数、2)時期と距離、3)家の構成の3つに分けて、それぞれ具体的な料金相場を盛り込みながらご紹介していきましょう。 引越し料金相場が変わる条件1 家族の人数による違い 引越し料金の相場が変わる条件のひとつは、家族の人数です。 というのも、 引越しの費用は荷物の量に比例します。 そのため、家族の人数が増えれば必然的に引越しの費用も変わってくるのです。 でも具体的に家族の人数でどれぐらい引っ越し相場費用が変わってしまうのでしょうか? 3人家族~5人家族まで、人数別で同一市内での相場の金額をみていきましょう。 3人家族の引越し料金の相場 3人家族の場合、 引越し料金の相場は大体5~6万円ぐらい。 見積もりだけの提示であればこれよりも高い金額ですが、大体交渉でこれぐらいの値段にまで割引してくれることが多いです。 私も3人家族になってから、何度か引越しを体験しましたが大体基本料金はそれぐらいの値段で済んでいます。 ただこの3人家族の計算は、1LDK~2LDKぐらいの間取りを想定したもの。 それ以上広い間取りに住んでいる場合の3人家族であれば、もう2~3万高くなる可能性もあります。 4人家族の引越し料金の相場 4人家族の場合、引越し料金の相場は6万5千円~8万円ぐらいになります。 3人家族に比べると単純に人が増えるので当たり前ですが、これぐらいは相場として考えておきましょう。 ただし、 4人家族でも大人二人に子供が二人という内訳で、まだ二人の子供が小さいという場合には家具類が少ない場合が多いです。 これは、勉強机やベッドなどがないことが多いため。 その場合、この相場の金額よりも安くなることはありますよ。 5人家族の引越し料金の相場 5人家族になると、相場の金額は8万~11万円ぐらいまで上がります。 料金に結構な幅があるのは、5人家族の内わけによる違い。 例えば4人家族同様に、子供がいてその子たちが小さい場合には4人家族と同じ大きさのトラックで済むかもしれません。 しかし、子供もある程度大きいという場合には家具の量も増えるために、トラックを大きめの6トンのものにする必要性があります。 引越し料金は、使用する引越しトラックの大きさによって変わるため、荷物が増えて引越しのトラックのサイズが大きくなれば必然的に料金もぐっと跳ね上がるのです。 料金相場が変わる条件2 時期と距離 料金相場が変わる条件には、 引越しをする時期と、旧居から新居までの距離があります。 まず引越しをする時期ですが、3~4月は高いということを覚えておきましょう。 なんとなく予想出来ていると思いますが、3~4月は入学や卒業、社会人では人事異動が起きる時期なので引越しをする人が増えます。 同じ日曜日でも、3月の日曜日と11月の日曜日では引越しをしたい人の数が違うので、必然的に高くなってしまうのです。 引越し業界の繁忙期でもある3~4月は、 通常の相場よりも3~4万円近くは高くなってしまうことは覚悟しておきましょう。 業者によっては倍以上の見積もりになることもあるので、可能なら繁忙期は避けるのが無難ですね。 また、 繁忙期ほどではありませんが、意外と高いのが7月~8月。 企業では7月に大きな人事異動がある場合も多く、その場合、子供が夏休みとなっている間に引っ越しを済ませる家族も多いのです。 単身の荷物が少ない引越しであれば、この時期の影響は少ないかもしれませんが、ファミリー引越しの場合には、少し相場が高くなることを覚悟しておいてください。 また、同じ時期の場合は、曜日によって料金相場は変わります。 当然、平日は安く、日祝日は高くなりますが、平日でも火~水が特に値引き交渉がしやすい曜日です。 こういったポイントを覚えておくことで、相場より安く引越しすることが可能となりますよ。 そして、距離についてですが、旧居から新居までの距離は料金相場に影響を与える大きな要因。 これも、おわかりだと思いますが、 当然距離が長いほど料金は高くなります。 市内の引越し、県内の引越し、隣接県の引越し、それ以上の引越しぐらいの段階に分かれていると思っていただけると良いでしょう。 市内の引越しを基準とすると、県内の引越しでプラス5000~2万円、隣接県で1~3万円、それ以上の引越しだと3~10万円ぐらい料金が変わってきます。 離島などに引越す場合にはそれ以上かかってきますね。 業者さんが見積もりに来た際には見積もりのトータルが示されることが多いので、どれが距離によるものかということはわかりにくくなっています。 また、新居との距離は変えられないものですので、距離が長くなればなるほど料金は高くなる、という点だけ覚えておいてくださいね。 ただし、引っ越しの希望日時などに幅を持たせることで、他の長距離引越しと組み合わせるなど、安い料金を提案してくれる引越し業者もあります。 なるべく複数の候補日にして、営業マンに直接、いつなら安くできるかを確認してみましょう。 料金相場が変わる条件3 家の構造 引越しの料金相場が変わる条件の3つ目は、家の構造にあります。 例えば マンションだけれどもエレベーターが使えない、といったケースです。 2階ぐらいであれば料金が変わるということはないのですが、3階以上の部屋に引越すのにエレベーターが使えない場合には、料金がプラスされることがほとんどです。 というのも、3階以上の部屋へ階段を使って荷物を運ぶとなると、通常の作業よりも時間がかかってしまいますよね。 その分人件費がかかってしまいますし、作業時間を短くしようと思うと今度は作業スタッフを増やさなければいけないということになるので、結果的にどうしてもコストがふえてしまいます。 さらに、階段だけで大きな家具や家電を運ぶとなると破損する可能性も高くなるので、そのリスクを考えて料金が高くなることが多いのです。 その場合の追加料金の相場は、大体1階あがるごとに1500~3000円ぐらいに考えておいてください。 また、道路事情により家の近くまでトラックが入れない場合なども、同じように料金が追加になる可能性があります。 家を選ぶ際には、こういったことも考えて引越し先を決めることが大切ですね。 まとめ 引越しの料金の相場が変わる条件には3つのポイントがありました。 家族の人数、時期や距離、家の構造です。 考え方としては、家族の人数つまり荷物量に応じた基本金額に、時期や距離の分、家の構造の分などがプラスされていくようなイメージなので、まずは引越しする人の人数とその荷物の量を正確に把握しておくことが大切ですね。 同じ人数の家族であっても、荷物の量の大小で料金は変わってきますので、見積もり前にはなるべく荷物を減らすようにしてくださいね。 また、 見積もり一括サービスを使ってこれらの条件を入力すると、より具体的な相場を知ることができます。

次の

福岡県の引越し費用・料金相場と安い引越し業者

家族 引越し 相場

家族での引越しの代表例として、4人家族で東京から大阪へ引越す場合の費用相場を見てみましょう。 繁忙期の引越し費用 東京と大阪の距離は、エリアによって多少異なりますが、おおよそ400~500kmくらいで、引越しの距離としては中~長距離といえます。 子どものいる家庭の引越しでは、学校の事情も考慮する必要があります。 学年・学期の変わり目や、進学時期にあわせて引越しする家庭が多いため、3~4月が最大の引越しシーズンとなります。 この条件で 4人家族が引越す場合の引越し費用の相場は30万円前後。 繁忙期は他の時期に比べて割高になります。 閑散期の引越し費用 同じ条件で3~4月を避けた場合は、最安クラスの業者で10万円程度から、一般的な相場でも20万円程度まで割安になります。 家庭の事情が許すのであれば、このような時期のほうが断然おトクに引越しができるでしょう。 引越し費用を左右する要素とは 上では家族4人で東京から大阪へ引越す場合を見てみましたが、一般的に引越しは以下の要素で変動します。 荷物の量• 移動距離• 曜日・時間帯• 割引サービス 会社や学校などの事情で、引越しの時期や曜日を選べないことも多いでしょう。 また、引越しの移動距離は変更することができません。 つまり、費用を構成する要素で残るのは荷物の量や割引サービスなどです。 これらの要素をうまく調整したり活用したりすることで費用を抑えていきましょう。 家族の引越し費用を安くするためのポイント まとまった金額が必要な引越し費用ですが、色々なサービスを活用することで安く抑えられます。 家族での引越しを少しでも安くするためのコツを紹介していきます。 引越し一括見積もりサイトで相見積もりをとる 引越し費用の見当がつかない場合は、複数の引越し業者から相見積もりを取るのが近道です。 各業者の見積もりを比べることで、引越し費用の相場やサービス内容を大まかにつかむことができるでしょう。 ただし、複数の業者にひとつひとつ見積もりを依頼するのは手間も時間もかかります。 そこでおススメなのが、引越し一括見積もりサイトの利用です。 申し込みフォームに引越しの情報を一度入力するだけで複数の業者から概算見積もりを取れるので、とても手軽です。 相見積もりの内容をもとに交渉をする 引越し一括見積もりサイトで提示される金額はあくまでも概算です。 家族の引越しの場合、基本的には訪問見積もりでくわしい金額を出してもらうことになるので、相見積もりであることと、競合になっている業者の見積もり金額を伝えつつ、検討してみましょう。 また、引越し予定日の曜日や時間帯などを工夫することで、安くできる可能性が高くなります。 引越しの荷物の量を減らす 引越しは荷物が多いほど、より大きなトラックや多くの人員の手配が必要になるため費用が高くなります。 不要な荷物は思い切って捨てたり、買取サービスやフリマアプリなどを利用したりして、処分しておきましょう。 自家用車を持っている方は移動のついでに自分の運べるものを運んでしまうのも、荷物を減らすコツです。 引越しの荷物が少ないなら単身パックを利用する 単身パックは単身者だけではなく、家族での利用も可能です。 コンテナの積載量を見て、使えるかどうか判断しましょう。 荷物が少ない家族、2~3人程度の小家族なら使える可能性があります。 引越し費用が安くなる時期での引っ越しを検討する 会社や学校の都合で難しいと思いますが、相場の安くなる時期の引越しを検討するとよいでしょう。 家庭の事情を考慮しつつ、可能な範囲で時期をずらしたり、土日・祝日を避けたりすると、比較的安い金額で引越すことができます。 また、引越しの時間帯を午前中ではなく午後や夕方に設定するだけでも安くなる場合もあります。 見積もりの際に業者に安くなる時間帯がないか相談してみましょう。 帰り便を使って引越しをする 引越し予定日を調整できる方におススメの方法です。 帰り便とは、荷物を降ろしてから出発地に戻るトラックを利用して荷物を運んでもらうサービスです。 例えば、別の誰かが大阪から東京に引越す際に使ったトラックが、再び大阪へ戻るタイミングで、引越しとして活用させてもらうことを指します。 引越し業者としては、帰りの分もドライバーや作業スタッフの人件費、ガソリン代がかかるので、帰り便として利用してもらえるとコストが埋め合わせできるメリットがあります。 そのため通常よりも安く引越しできます。 ただし帰り便はレアなプランなので、狙って見つけるのは難しいでしょう。 念のため、予定している日程付近でちょうどいい便がないか確認して、運よく見つかったら利用するとよいでしょう。 引越し費用の割引サービスを活用する 引越し業者では、さまざまな割引サービスを用意していることがあります。 引越し予定日を平日に設定することで割引を受けられる「平日割り」、指定のクレジットカード支払うことで割り引いてもらえる「クレジットカード割り」などが代表的なサービスです。 予定日の1カ月以上前に予約することで適用される「早割り」を用意している業者もあります。 注意点は、複数の割引を同時に適用できないケースが多いことです。 利用する際は、もっとも割引率が高く、有利になるサービスを選びましょう。 割引の適用条件にも注意が必要です。 自分が条件に当てはまるかをチェックしてから申し込みましょう。 工夫できるポイントをおさえて、家族での引越し費用も安くできる! 家族の引越しで費用がいくらかかるかを解説しました。 4人家族で東京から大阪へ引越しする場合は繁忙期で30万円前後、閑散期だと10~20万円前後がおおよその相場です。 引越し費用を安くするコツはいくつかあるので、実践できるものを選んでみましょう。 各引越し業者はおトクな割引制度も用意しています。 まずは引越し一括見積もりサイトで見積もりを取り寄せ、だいたいの相場を把握するのが第一歩ですよ。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればおトクにでんきも使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

【東京⇔宮崎】単身・家族の引越し料金相場・日数・見積もり費用を安くするためのコツ

家族 引越し 相場

ジャーナリスト/株式会社タンクフル 代表取締役 「引越し料金&費用ガイド」では、3人以上の引越しを「家族・ファミリー」タイプとして分類し、引越し料金の動向や節約のコツ、上手な引越しのポイントを解説していきます。 「家族・ファミリー」タイプの引越し件数は、全体の25%。 日本全国で1年間に行われる引越しの約4分の1がこのタイプの引越しであることが想定されます。 「家族・ファミリー」タイプの特徴として「荷物が多い」「持ち家・マイカー率が高い」といったことが考えられます。 こういった要素は、引越し料金にもダイレクトに跳ね変えてくるので覚えておく必要があるでしょう。 例えば、荷物の量が多ければ、搬送に使用するトラックが大きくなる上に作業人員も多くなり、その分、引越し料金は高くなります。 また、エアコンの持ち出しやペットの搬送、車の搬送が必要となる場合は、オプション料金を請求されるため、それぞれ数万円前後の追加料金が発生します。 「家族・ファミリー」タイプの引越しでは、ある程度の金額が必要になることが大前提。 その上でいかに節約を図るかに注力するのがいいでしょう。 コストダウン法の第一候補は相見積もりです。 複数の引越し業者に見積もりを依頼し、比較することで、最も安い引越し業者を選ぶことが可能になります。 引越し業者としても単価が高い案件になるので、できれば獲得したいと考えているはずです。 無理のない範囲で料金交渉をすれば、格安の見積もりを引き出すことも難しくはないでしょう。 実際の引越し料金は個別条件によって異なります。 上のグラフと表は、「ズバット 引越し比較」ユーザーのアンケートをもとに割り出した、「家族・ファミリー」タイプの引越しの、「月別 引越し料金相場と引越し件数の推移」「時期・距離別 引越し料金相場」です。 「月別 引越し料金相場と引越し件数の推移」から読み取れるこのタイプの特徴は、3月の引越し件数の集中具合です。 他の月に比べて2倍以上の量になっています。 月別の平均引越し料金も3月が最高で、12万7,672円。 最低値を記録した6月の74,040円に比べて、50,000円以上も高くなっています。 3、4月の引越しは、他のタイプと同様、転勤によるものが中心になっていると考えられますが、「家族・ファミリー」タイプ特有の増加要因もありそうです。 それは、子供の存在。 子供がいる世帯では、学年や学期の変わり目を引越しのタイミングに選ぶ傾向があります。 そのため、3月は最適な引越しのタイミングになっているのでしょう。 続いて、「時期・距離別 引越し料金相場」の表を見てみます。 同一・近隣市町村や近隣の都道府県への引越しが想定される移動距離50km未満の引越しでは、通常期(5~2月)で70,000~90,000円程度、繁忙期(3~4)では10万円程度が相場となるようです。 移動距離が50~200kmの場合には10万円以上は確保しておいたほうがいいかもしれません。 他地方や遠隔地への転居となる移動距離200km以上の引越しでは、通常期で15万円以上、繁忙期になると30万円前後が平均引越し料金となっています。 新生活・住替えの理由別 引越し料金相場と引越し件数(家族・ファミリータイプ) 上に掲載したのは、「ズバット 引越し比較」のユーザーアンケートから算出した「家族・ファミリー」タイプの「新生活・住替えの理由別 引越し料金相場と引越し件数」のグラフです。 家族・ファミリーが、引越しを必要とする最も多い要因は、「住宅購入・リフォーム」の42%。 そのあとに「住環境の改善」が16%で続きます。 これらは生活の基盤となるエリアを変更しなくても済む引越しの要因です。 子供や仕事の関係から、一定の地盤で生活をする意思を固めている人が多い、このタイプ特有の傾向と言えるでしょう。 それぞれ平均引越し料金は84,000円台となっています。 上記のような理由で引越しをする場合は、引越し料金そのものよりもむしろ、住居費や家財の準備費が問題になるでしょう。 新居に合わせた家具・家電を用意するために、ときには100万円以上の出費が発生する場合が多々あります。 人生で最大の買い物である住宅とそれに合わせた家財。 多少、引越し料金は高くとも、これらをより丁寧に扱ってくれる引越し業者を探すのがポイントかもしれません。 一方、平均引越し料金が15万9,929円と他の理由に比べて圧倒的にコスト高となったのが「転勤・転職」を理由とする引越し。 移動距離が長くなる分、どうしても高くなってしまうのでしょう。 しかも、自己都合で決められる引越しではないので、心理的にもこの出費は大きく感じます。 「家族・ファミリー」の引越しは高額が必至!だからこそ値下げの余地がある 荷物の量が多いため、引越し業者の作業も搬送に必要なトラックも多くなってしまう「家族・ファミリー」タイプの引越し。 あらゆる時期・距離で10万円以上の費用を想定しておいたほうがいいでしょう。 繁忙期にあたる3、4月の長距離引越しの場合は30万円以上のコストがかかる可能性もありそうです。 とはいえ、高いものを高いまま受け入れなければいけないかというとそうではありません。 総額の費用が高くなる分、自分たちの工夫や交渉で実現する値下げ幅も非常に大きいのです。 例えば、「ズバット 引越し比較」のような一括見積もりサイトを利用した相見積もり。 単価が高い家族・ファミリーの引越しは、引越し業者にとってもニーズの高い案件です。 一括見積もりサイトを利用し、料金比較が前提になっていることを明示すれば、大幅コストダウンが実現しやすくなります。 中には30万円が15万円になったという事例もあるほど。 Webサイトにアクセスして、引越し先や荷物の情報を入力するだけなので、ぜひ利用してみましょう。

次の