サ 道 ロケ 地。 上野駅から1分!【サ道】のロケ地、サウナ「北欧」に行ってととのうを体験してきた!

上野駅から1分!【サ道】のロケ地、サウナ「北欧」に行ってととのうを体験してきた!

サ 道 ロケ 地

電車で片道1時間半くらいかかるし、交通費だけで往復2,000円かかります。 若干迷いましたが、行くことにしました。 お金より時間 サウナだけのために交通費2,000円もかけるの?高くない?と思う方もいると思いますが、なぜ行こうと思ったかというと、お金よりも時間の使い方を優先したからです。 動画やブログ、買物などやることが終わったのが大体お昼頃。 もし今日どこにも出かけなかったら、家でダラダラすることは目に見えています。 近場のどこかに遊びに行くという手もありますが、これといって特にやりたいことは思いつかない。 しかし、平塚まで行けば、テントサウナに入れるし、ドラマで見た場所に自分がいるというちょっとした感動が得られるかもしれない。 何か新しい発見があるかもしれない。 そう思って、お金のことは置いといて自分のワクワク感に従うことにしました。 ユニークなお風呂と天然温泉 グリーンサウナはとても良かったです。 テントサウナは、ロウリュをすると予想以上に熱くなってびっくり。 このテントサウナ、装置としては結構シンプルで、庭が広かったら自宅に置けるかもしれないと思いました。 聞いたらフィンランドから輸入したものだそうです。 将来田舎に移住したらマイテントサウナもありだな、と思いました。 サウナの他にも、古世紀代から湧き出た天然温泉やオアシスっぽい雰囲気の露天炭酸泉などユニークなお風呂がたくさんあり、楽しかったです。 水風呂がすごく気持ち良くて、さすが天然温泉!という感じでした。 平塚のおばちゃんの自由さを垣間見る グリーンサウナはとにかく自由な雰囲気でした。 露天スペースは、なんと煙草OK、お酒OKで、私もサウナの後裸でビールを飲みました。 女湯は、意外と混んでおらず、客層も常連のおばちゃんがメイン。 6人くらいでオアシスに集って他愛のない話をしてて、「楽しそうでいいなぁ」と思いました。 ここのロウリュサウナは、アロマ水をかけてタオルであおぐタイムとアロマ水をかけるだけであおがないタイムがあるようで、あおがないタイムの時にお客さんであるおばちゃんが裸で本気の熱波を送ってたのも面白かったです。 こうして改めて文章化するとなかなかの異空間でしたね(笑)東京の都心にはなかなかないような裸のおばちゃんたちの自由な生き方を見ることができて良かったです。 食事、お昼寝、帰宅 その後は、食堂で「富士山カレー」というカレーの上にオニオンフライと半熟卵がのったものを食べました。 そして休憩室でダラダラしてたら、すごく眠くなり、そのまま2時間くらい寝てしまいました。 気づくと夜の19時。 「あら、もうこんな時間」ということで、最後に軽く湯船に浸かって太古の湯グリーンサウナを去りました。 お金はすごく使ったけど、時間の使い方的にはパーフェクトだったと思います。 こうしてブログやツイートのネタにもなったし(笑).

次の

【上野サウナ北欧】ドラマ「サ道」の聖地で最高のととのい+絶品カレー!

サ 道 ロケ 地

BSテレ東 ドラマ25「サ道」 違法・脱法を問わず、危ないお薬に手を出したことはない。 とくにヘロインなどは一度手を出すとやめることは不可能と聞くと、その恐ろしさにプルプル震えがきてしまうくらいのチキンである。 しかし、ユーフォリア、言葉のいらない世界、(開高先生の書籍にもちゃんとでてくる)とはどのようなものか、興味がないではない。 しかし、お薬はいけない。 ローンが〇〇年もあるのだ。 ということで、「サ道」の登場である。 少し前にブームになったサウナの入り方で、サウナ、水風呂、休憩を3セット繰り返すことで、血流がよくなり脳にドバドバ酸素がいって、〇〇物質がでてしまい、アレと同じ状態、俗にいう「整う」という状態になると「文献」読んだ。 文献で読んだことを実践すべく、平塚「太古の湯」に出撃した。 これは原田泰造さん主演の「サ道」において第5話に登場した 「『湘南ひらつか太古の湯グリーンサウナ』でととのう」のロケ地となったサウナである。 土曜日の昼下がりで、ロケ地とはいえ、イイ感じの人の入り。 多くもなく少なくもない。 先輩諸氏の作法を観ながらまず1セットめ。 ロウリュサウナで汗を流す。 設定温度はそれほど高くないようだが、初心者としては椅子は2段目で控えめなポジショニングとした。 10分でまず離脱。 水風呂は天然水ということでどくだみのような色をしているが、黄色人種の私はもちろん気にしない。 1分我慢して露天風呂と休憩スペースがある屋外へ。 ドラマでも紹介されていたが、観葉植物が多く配された中庭のようなスペースで、すでに多くのおっさんたちが「整っている」 ビギナーとして一番はじの肘掛け椅子で休憩にはいったが正直この1セット目がもっとも心地よかったといってよい。 少しずつ体に熱が戻り屋外でもまったく寒くない。 ぽかぽかとしてまわりのオッサンたちが神々しくみえる。 2セット目は少し、慣れたこともあり、サウナでは上段に腰掛け、テレビで「科捜研の女」をみる。 沢口靖子はいつみても美しい。 沢口靖子ほどの女優でなければ「〇〇の女」などというご時世難しいタイトルを背負うことはできなかっただろう。 渡る世間は鬼ばかりが「幸楽の女」だったらもうホラーかサスペンスである。 あっという間の2セット目。 今度は長椅子に横たわる。 空が青く澄み渡り雲が流れている。 数分後、急激に空の青さが際立つ感覚を覚えるが、これが「アレ」なのか、単に日の加減かはわからなかった。 それにしても気持ちよい。 3セット目。 サウナの最上段で、最長の15分にトライする。 テレビはぽつんの一軒家になっているが、あまり頭に入ってこない。 汗がよくでる。 しかし、となりのおじさんが自らの汗を楽しむように、ぴちゃぴちゃと音を鳴らしているのが気になり、ホメオスタシスを大いに乱される。 それがよくなかったのか、3セット目は長椅子の冷たさが気になり、1、2セット目ほどの際立った感覚はなく終了。 最後に太古の湯に入り直し、体を伸ばして大満足。 帰り道も体は暖かく、平塚の民に感謝の念が沸き起こる。 健康的に腹も減り、帰ったら昼寝までしてしまう始末。 ジャンキー的な効果としてはよくわからなかったが、深いリラックスと疲労回復、ストレス解消という意味ではかなり効果が実感できたサ道。 ちょっと平塚は遠いけれど、太古の湯、とってもよかったのでまた行きたい。 カテゴリー• 223• 33 アーカイブ アーカイブ.

次の

【笹塚マルシンスパ】サ道第10話ロケ地「天空のアジト」サウナと黄金比オロポが最高すぎ!

サ 道 ロケ 地

もくじ• 何故サウナにハマるのか「サ道」とは何なのか サ道を見ていると、必ず出てくる「ととのう」という事。 「ととのう」って何なの?という感じですよね? なので、先ずはこの「ととのう」から紐解いていきましょう! 「ととのう」とは 熱々のサウナ室でたっぷりと汗をかき、冷え冷えの水風呂にゆっくり浸かり、イスやベンチに腰かけて休憩する。 そして、サ道に出演する原田泰造さんはこれを3セット行います。 サウナにあまり入らない人は、それだけ聞くと明らかに苦行・拷問を連想してしまいますよね? しかし、これを行う事で「ととのった!」という深い快感を味わっている人々がいるのです! この「ととのう」とは、熱いサウナで汗を流し、そして冷たい水風呂に浸かる。 身体を熱くしてから冷やす。 そして水風呂から出て、椅子で休憩する。 この時に、血流が全身を目まぐるしく駆け巡っていくのです! 内から外へ、熱とともに広がる爽快感・・・。 この感覚こそが「ととのう」という事なのです!! こういった入り方を「温冷交代浴」と言うそうです。 原田泰造さんのプラベートでの「ととのう」サウナの入り方 原田泰造さんはサウナに入ると、階段状のベンチの下段に座ります。 12分計タイマーの針の位置を覚え、「ふぅ~」と息を吐いて背筋を伸ばす。 3、4分すると腕や肩に玉のような汗が浮かんでくる。 タイマーの針が半周すると、顎から汗が滴り落ち始める。 原田泰造さんは、すっごい汗っかきなんだそうです。 ベンチは上段の方が熱くて人気があるけど、原田泰造さんは下段でも汗の量が変わらないのだとか。 そして12分たつと退出。 かけ湯で汗を流し、15度の冷たい水風呂に首まで一気に浸かる。 ビリビリくる冷たさで体を丸めることはなく、2分ほど漬かると、次は休憩。 浴室に置いてある椅子に座って目を閉じる。 そのまま5分間、じっと動かない。 その状態を原田泰造さんは 「脳味噌からドローンと気持ちいいのが出てくる。 睡眠に落ちる寸前の状態がずっと続いている感じ。 これが超気持ちいい」 と語っています。 再びサウナに入って、このサイクルを3回繰り返す。 計約1時間。 浴室を出ると、すぐに水分補給。 900ミリリットルのスポーツドリンクを腰に手を当てて一気に飲み干すそうです。 「最高。 精神が整う。 ストレス発散にもなる。 最近はドラマの撮影日以外は毎日、どこかのサウナに行っています」 とも原田泰造さんは語っているそうです。 このサウナーとしてのサウナ愛が「サ道」に反映されてるんですね! 「サ道」のロケ地 サウナ に行きたい!! サ道を見ていると、原田泰造さんが行っているサウナに行ってみたくなりますよね! 行きたい気持ちどんどん強くなって、ぷるぷるしてきちゃう気持ちも解ります。 偶然さん 三宅弘城 やイケメン蒸し男 磯村勇斗 など個性的なサウナ仲間とサウナのある日常を楽しむ一方、蒸しZの姿を追い全国の理想のサウナ施設を探訪。 普通は禁止されている「泳げる水風呂」が備えつけられた施設を訪れ、驚きながらも喜んでいると、ナカタはふと、まだ自分がサウナに通い出したばかりの頃のことを思い出した。 その日、ナカタは水風呂に長く浸かりすぎてしまいすっかり身体を冷やしてしまったため、脱衣所でダウンしていた。 そんなナカタの視界に、幻のように蒸しZ(宅麻伸)が姿を現す。 果たして、蒸しZが口にしたサウナの極意とは一体!? 第3話「ゆ家 和ごころ 吉の湯」 東京都杉並区成田東1-14-7 TEL:03-3315-1766 JR高円寺駅から永福町駅行きのバスに乗り、松ノ木住宅バス停で降りてください 設定温度90度のコンフォートサウナです。 スペースも広々としており、ゆったりとできます! 第3話「杉並の住宅街でととのう」のあらすじ ナカタアツロウ 原田泰造 は、ある日を境に全国のサウナに足を運んでいる。 ナカタは、杉並区にある偶然さん(三宅弘城)行きつけのサウナ施設を訪れていた。 露天風呂の数やサウナ室の3段シートなどに感動するナカタ。 『北谷2丁目』下車、徒歩2分 サウナはスチーム式の高温サウナです。 塩の成分でお肌の美白・はり・殺菌効果などが期待されます。 女性の健康とキレイを応援しています! 男性サウナではメディアで話題沸騰のフィンランド式サウナが楽しめる『ロウリュ』も大好評! 第4話「エレガントな熱波でととのう」のあらすじ ナカタアツロウ 原田泰造 は、ある日を境に全国のサウナに足を運んでいる。 いつものように『サウナ北欧』へとやってきたナカタだったが、なんと本日は営業休止。 そこで、現存する都内のサウナで最も古いと言われているサウナ施設へと向かうことに。 そこで働く新人熱波師は偶然さん(三宅弘城)の弟子らしいのだが!? 第5話「天然温泉 湘南ひらつか 太古の湯 by GREEN SAUNA」 神奈川県平塚市錦町1-18 TEL:0463-22-1772 東海道線平塚駅下車西口改札から徒歩2分 太古の湯隣接の提携駐車場があります! 30名以上は入れる広々としたフィンランドサウナ。 するとそこには何やら変わったものが・・・。 果たして無事にととのうことができるのか? 第6話「サウナしきじ — 天然水風呂・年中無休24時間営業」 静岡県静岡市駿河区敷地2-25-1 TEL:054-237-5537 静岡駅南口から石田街道沿いに車で約15分(約4キロ程) 大駐車場完備(63台収容) 市内バスで登呂コープタウン行き「登呂コープタウン」下車、徒歩3分。 薬草サウナは、美容先進国とうたわれる韓国の、本場の漢方薬を使用しています! 韓国では漢方ではなく「韓方」「韓薬」と呼ばれ、韓方医を育成する韓医学部が大学に置かれ、東洋医学が西洋医学とは異なる独自の発展を遂げています。 健康と美容を第一に考え、韓方医による特別な配分で調合された本場薬草サウナで、美容と健康維持に、サウナの聖地でぜひ! 第6話「サウナの聖地でととのう」のあらすじ ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境にサウナ中毒になってから、全国のサウナに足を運んでいる。 『サウナ北欧』でいつものように休憩していたナカタ。 するとわざわざマイボトルから水を飲み始めた偶然さん(三宅弘城)。 都内の企業で働くOL・ミズキ(小宮有紗)は、週末になるとサウナを求めて各地を訪れている。 今回もわざわざ仕事終わりに新幹線で名古屋を訪れたミズキ。 ビルの中とは思えない北欧テイストの店内やおしゃれな雰囲気に感動を覚えていた。 館内着に身を包み、ゆったりサウナを満喫していると、2人組の女性と出会う。 なんと彼女たちは!? 第9話「大磯プリンスホテル」 神奈川県中郡大磯町国府本郷546 TEL:0463-61-1111 温度帯の異なる4つのサウナ。 さまざまに体位・姿勢や温度・湿度を変えながら、ゆらぎを感じるサウナトランスへと導きます。 ・パノラミックサウナ ・岩盤浴室 ・テピダリウム ・フィンランドサウナ ・アイスルーム ・クールバス ・エクスペリエンスシャワー この他、4階には色々なリラクゼーションがあります。 第9話「哀しきサラリーマンの隣でととのう」のあらすじ ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境にサウナ中毒になってから、全国のサウナに足を運んでいる。 イケメン蒸し男(磯村勇斗)から推薦されたサウナ施設があるホテルを訪れたナカタは、入り口から感じるリゾート感や露天風呂のおしゃれな雰囲気に圧倒されていた。 そんな時、偶然さん(三宅弘城)と遭遇する。 ところが何やらいつもと様子が違う。 第10話「天空のアジト マルシンスパ」 東京都渋谷区笹塚1-58-6 マルシンビル10F TEL:03-3376-5225 天空に『男の隠れ家』がありました! 『上質なサウナを提供したい。 』というお店の思いから 日々運営のレベルアップに努められているそうです! お湯よりも水風呂の方が大きいという意外性があります! フェラーリのエンジンを乗せた軽ワゴンとも言われる100度超えのサウナを楽しみたいですね! 完璧にととのえる! 180分2,000円で至福の時を! 第10話「天空のアジトで男泣きにととのう」のあらすじ 主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境にサウナ中毒になってから、全国のサウナに足を運んでいる。 いつものように偶然さん(三宅弘城)・イケメン蒸し男(磯村勇斗)と3人でサウナ話に花を咲かせていた。 そんな姿を後ろで羨ましそうに見つめる村田直行(荒川良々)は、会社や家族からぞんざいな扱いを受け孤独を感じていた。 第11話~12話「湯らっくす」 熊本市中央区本荘町722 TEL:096-362-1126 「サウナと天然温泉」の湯らっくすです。 サウナが天然温泉より先に来ているのが、湯らっくす浴場の特徴です。 第11話「西の聖地でととのう・・・のか!?」のあらすじ 主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境にサウナ中毒になってから、全国のサウナに足を運んでいる。 ところが、何故か突然サウナでととのわなくなってしまう。 「蒸しZ(宅麻伸)にもう一度会う事が出来ればととのえるのでは」 と思っていた時、偶然さん(三宅弘城)から蒸しZのタオルと同じものを持った人を見かけたとの情報が! 確かめるために、ナカタは熊本県にある西の聖地へと向かう! ナカちゃんさんは本当に引退してしまうのか・・・。 蒸しZを求めて今日もナカちゃんさんは巡る。 第12話「サウナとは?」のあらすじ 主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境にサウナ中毒になってから、全国のサウナに足を運んでいる。 突然ととのう事が出来なくなり苦悩していたナカタは、熊本県にある西の聖地「湯らっくす」を訪れたが、結局ととのえずにいた・・・。 そんな最中、浴場を訪れたナカタの前をZのタオルを持った男が通りかかる。 遂に蒸しZ(宅麻伸)と再会なるか!? そして、ナカタは再びととのう事が出来るのか!? 今夜、ついに最終回! 「サ道2019年末SP北の聖地でととのう」のあらすじ 主人公・ナカタアツロウ 原田泰造 はフリーランスのクリエイター。 サウナに興味がなく、むしろ苦手意識をもっていたが、ある日、謎のプロサウナー「蒸しZ」に出逢い、サウナの本当の気持ちよさを知ってしまう。 今日もホームサウナの東京・上野「サウナ北欧」でいつものようにサウナ仲間の偶然さん 三宅弘城 やイケメン蒸し男 磯村勇斗 とサウナ談義に花を咲かせている。 全国各地の有名施設を訪れてきたナカタは、2019年の締めくくりに「北の聖地・白銀荘」を目指し北海道サウナツアーの旅に出る。 北海道のサウナやサウナ飯を堪能し、地元の人たちのサウナ愛に触れながら、ナカタは最終目的地「白銀荘」の前に立っていた・・・。 というのを教えてくれたドラマだったと思います。 しかし、毎回その感覚を感じれるわけではありません。 それにナカちゃんは迷ってしまった。 そして蒸しZの言葉が響く・・・。 「サウナを信じるな」 「サウナに過度な期待をするな」 という事ですね。 楽しむために入るもの。 楽しみ方はそれぞれですし、感じ方はそれぞれ。 それを教えてくれたのは、やはり第10話の「天空のアジトで男泣きにととのう」だったと思います。 この回は本当に個人的に神回でした。 この回のためにDVDを購入しても良いと思える程です。 それだけの神回でした。 サウナには人それぞれの楽しみや、感じ方がある。 私の中で「サ道」はそれを言いたかったんじゃないかと思います。 それこそが、「サ道」なんです! ドラマ「サ道」は見返したくなるドラマだ 「サ道」はとにかくサウナの事を詳しく紹介してくれるドラマです。 そして、実際に原田泰造さんがサウナを体験し、レビューをしてくれるような感じのドラマです。 これはTVerで見逃し配信で1話だけ楽しめますけど、正直1話だけでは物足りないですよね。 「あぁ、あそこに行った時の話が観たい・・・。 」 「サ道」を見逃し配信ではなく、全話フルで楽しみたいのであれば、Paravi パラビ で全話配信しています。 「サ道」はよくある物語のドラマとは違います。 物語のドラマと違い、あの時のあの話が観たい・・・そう感じやすいドラマなんじゃないかな?と思います。 そんな時はParavi パラビ で楽しみましょう! サウナの魅力を存分に伝えてくれる「サ道」。 このサ道もまた特番の放送があるかもしれないですが、放送されていない今は「サ道」ロスになってしまいますよね・・・。 そんな今こそParavi パラビ でととのいましょう! 【関連記事】.

次の