あかぎ 停車駅。 草津行特急「あかぎ」 えきねっとでの予約方法

深谷駅

あかぎ 停車駅

概要 [ ] 「新特急」はそれ以前のとは異なり、主体の編成であり 従来の特急は指定席主体の編成であった 、所持客もを別途購入することにより利用することが可能になった。 また、50km以内の特急料金についても自由席については当時のと同額として、・との差別化を図った。 これは新特急が、急行列車の特急への格上げというより、ダイヤ上は従来の急行と同格の列車にを充当しただけのものという位置づけの種別であったことに加え、新特急に運用される185系電車が従来のをはじめとするの内装をからに変えた程度であり、新型車両とはいえ従来ならばが適用可能と考えられていた。 しかし、より方面の特急「」に185系を運用していたこともあり、急行列車として存続させることができず、特急料金の適用となることによる実質的な値上げを緩和するために講じられた措置でもある。 また、沿線から「特急を停車させて欲しい」との要望が多かったため、これに応える存在という意味合いもあり、実際停車駅数も従来の急行並みかそれ以上であった。 愛称廃止までの経過 [ ] で運行されていた「新特急」については、当時停車駅が類似した「」との差別化が図れず利用客が伸び悩み、のちに、1往復を残して快速「ラビット」に格下げされた。 12月には東北新幹線「なすの」運行開始により、在来線の「新特急なすの」はに名称が変更された。 に - 間が先行開業した際には高崎線を経由していたL特急が廃止されたことから、同線を経由する昼行定期特急列車は「」・「」・「」のみとなった。 12月の時に新特急の呼称は廃止された。 - 「新特急ホームタウン高崎」の一部に田町電車区(現・)配置の0番台10両編成が運用されたことがあったが、その他の列車は当時の新前橋電車区(現・)および田町電車区に配置されていた200番台が充当された。 脚注 [ ].

次の

特急「おおぞら」「とかち」の停車駅と所要時間

あかぎ 停車駅

JR東日本は2018年3月17日に実施するダイヤ改正にて、特急「スワローあかぎ」の停車駅を統一する。 現在は一部列車のみ停車している高崎線北本駅・鴻巣駅にすべての列車が停車し、着席サービスの充実が図られる。 「スワローあかぎ」は651系を使用する全車指定席の特急列車 座席未指定券の購入で座席の指定を受けずに乗車することも可能。 現在は平日朝の通勤時間帯に上り4本 上野行3本、新宿行1本 、平日夕方以降の帰宅時間帯に下り8本 すべて上野発 設定され、高崎線経由で都内から熊谷・本庄・高崎・前橋方面へ運行される。 ダイヤ改正後も運行区間・本数に変更はないが、これまで上り「スワローあかぎ2号」、下り「スワローあかぎ1・3・7号」のみ停車していた北本駅・鴻巣駅にもすべての列車が停車するようになる。 高崎線ではその他、現行の高崎駅20時30分発・上野駅22時4分着の通勤快速 土休日運休 を各駅に停車する列車に改め、通過していた駅から上野方面の利便性向上を図る。 両毛線ではダイヤ改正後の4月1日、富田〜足利間にあしかがフラワーパーク駅が開業。 普通列車はすべて停車する。 JR東日本大宮支社はJR・東武直通特急の停車駅を追加することも発表している。 昨年7月、東武鬼怒川線に東武ワールドスクウェア駅が開業した後、特急「スペーシアきぬがわ3・6号」 東武鉄道100系 が同駅に停車している。 ダイヤ改正後は特急「きぬがわ4・5号」 JR東日本253系 も東武ワールドスクウェア駅に停車するとのこと。 外部サイト.

次の

あかぎ (列車)

あかぎ 停車駅

停車駅など、詳しくはをご覧ください。 1:宇都宮線直通の快速の愛称は〈ラビット〉です。 2:通勤快速は、平日・夕方~夜間のみの運転です。 所在地は主となる駅事務室の位置であり、実際のホームがある場所とは異なることがあります。 JR高崎線からの乗り換え路線 JR高崎線(東京~高崎間)と接続する路線の一覧です。 乗り継ぎたい路線がわかっている場合に、高崎線のどの駅で乗り継げるかがわかります。 湘南新宿ライン直通区間(新宿~池袋間)はをご覧ください。 JR高崎線について 東京駅から、大宮駅・熊谷駅など埼玉県を南東から北西へ縦断し、群馬県南部の交通の要衝・高崎駅へ至る鉄道路線です。 一部の列車は高崎駅からさらに先、群馬県の県庁所在地・前橋市の両毛線前橋駅まで行きます。 高崎線のルートは江戸時代の五街道のひとつ・中山道におおむね沿っています。 また熊谷駅付近までは荒川、同駅以北は利根川にも沿っています。 高崎線の区間 案内上は東京~高崎間が高崎線と案内されています。 このうち東京~大宮間は、大宮駅から宇都宮駅に向かう宇都宮線(東北線)と同じ線路を共有し、案内も一体になっています。 ただし高崎線の正式な区間は大宮~高崎間で、東京~大宮間は東北本線です。 大宮駅から南は宇都宮線(東北線の愛称)に直通するかたちです。 しかし正式の高崎線内だけを運転する列車は下り朝始発・上り最終の籠原~高崎間の列車1往復のみで、高崎線の区間は案内どおりで実質的に東京~高崎間といえます。 上野~赤羽間の走行ルートと運賃計算ルート 上野~赤羽間では尾久駅を経由しますが、宇都宮線と同様に高崎線の列車でも、上野~赤羽間の運賃・料金の計算には距離の短い田端駅経由の距離(京浜東北線のルート)を使用します。 詳しくはをご覧ください。 駅ナンバリング 高崎線の東京~大宮間では駅ナンバリングが実施されていて、路線記号・番号は線路を共有する宇都宮線と同じです。 東京駅のJU 01から始まり、順につけられ大宮駅がJU 07になります。 なお、大宮駅から先の区間ではナンバリングは実施されていません。 JR高崎線の列車 高崎線を走る列車について、普通・快速列車と特急列車の説明です。 上野駅発着・上野東京ライン(東海道線)直通 東京駅・上野駅から発着する高崎線の列車です。 かつては上野駅が始発駅でしたが、2015年3月の上野東京ライン開業により東京駅へ乗り入れ、東海道線への直通運転が始まりました。 東海道線からは宇都宮線と高崎線の両方へ直通するので、本数を確保するため現在でも上野駅発着(日中は1時間あたり1本)が残っています。 東海道線方面は最遠で伊東線伊東駅・JR東海管内の東海道線沼津駅まで直通します。 普通 東京~大宮間ではホームのある駅に停車し、大宮駅以北ではすべての駅に停車します。 日中は1時間あたり3~4本程度運転し、3本が東海道線へ直通します。 残り1本が上野駅発着ですが、上りでは設定されていない時間帯もあります(その場合は1時間あたり3本になります)。 上野~大宮間では宇都宮線直通とあわせると日中1時間あたり8本程度が走っています。 高崎駅発着のほか、車庫のある籠原駅(熊谷駅からひとつ高崎寄りの駅)発着も多いです。 朝と夕方・夜間には、高崎駅から先の上越線新前橋駅、さらに両毛線前橋駅まで直通する列車もあります。 快速〈アーバン〉 東京~熊谷間で快速運転をする列車です。 かつては終日運転されていましたが、湘南新宿ラインに特別快速が設定されと同時に日中の快速はそちらへ振り替えられました。 平日は朝に東海道線から直通してくる高崎ゆき(東海道線内普通)の下り2本のみ、土曜・休日は平日ダイヤに加えて夕・夜間に上野駅発着で下り5本・上り5本が運転され、上野~高崎間のほかに上野~前橋間の列車もあります。 全列車で上野~高崎間は直通します。 快速〈アーバン〉の停車駅 東京 — 上野 — 赤羽 — 浦和 — 大宮 — 上尾 — 桶川 — 鴻巣 — 熊谷 (~ 各駅に停車) 通勤快速 平日の夕・夜間のみに、上野~高崎・前橋間で運転します。 上野東京ラインの開業後も通勤快速は上野駅発着のままとなっています。 快速〈アーバン〉と同じく上野~熊谷間で通過運転を行いますが、尾久駅にも停車します。 さらに下りの一部と上りの全列車は上尾駅・桶川駅も通過します。 かつては通勤快速の全列車が上尾駅・桶川駅を通過していましたが、遅い時間帯の下り通勤快速が両駅に停車するようになりました。 土曜・休日は通勤快速の代わりに快速〈ラビット〉が走りますが、下りは時刻が20分ほどずれている時間帯もあり、上りは通勤快速のない時間帯にも快速〈アーバン〉が設定されています。 高崎線側は、籠原駅・高崎駅発着のほかに、快速のみ前橋駅発着もあります。 湘南新宿ラインのホームが設置されていない、さいたま新都心駅は通過します。 湘南新宿ラインの高崎線直通系統は、もとになっているのはJR化後に運転開始した池袋駅発着の列車です。 高崎線普通/湘南新宿ライン快速/東海道線普通 高崎線内・東海道線内では普通列車、湘南新宿ラインの区間では快速となる列車です。 高崎線と東海道線の普通列車をつなげたかたちですが、横須賀線区間(大崎~戸塚間)では主要駅のみに停まることから、大宮~戸塚間では快速となっています。 日中は籠原駅発着がメインですが、他の時間帯は高崎方面まで運転します。 高崎線普通/湘南新宿ライン快速/東海道線普通の停車駅 [東海道線内各駅に停車 ~] 戸塚 — 横浜 — 武蔵小杉 — 大崎 — 恵比寿 — 渋谷 — 新宿 — 池袋 — 赤羽 — 浦和 — 大宮 (~ 各駅に停車) 特別快速 高崎線の熊谷駅以北で各駅に停まる以外は、大半の区間で通過運転する列車です(東海道線内でも通過運転します)。 高崎線内では快速〈アーバン〉とほぼ同じですが、北本駅にも停まる点が異なります。 以前は快速〈アーバン〉として運転していたものを湘南新宿ライン直通に付け替えた列車で、北本駅は特別快速の設定以前から一部の快速〈アーバン〉が停まっていました。 湘南新宿ラインの区間では、唯一恵比寿駅を通過します。 特別快速の停車駅 [東海道線へ直通 ~] 大船 — 戸塚 — 横浜 — 武蔵小杉 — 大崎 — 渋谷 — 新宿 — 池袋 — 赤羽 — 浦和 — 大宮 — 上尾 — 桶川 — 北本 — 鴻巣 — 熊谷 (~ 各駅に停車) 特急列車 特急列車は、日中に上野駅から高崎駅を経由し吾妻線へ直通する〈草津〉、通勤時間帯に運転し前橋駅まで行く〈あかぎ〉〈スワローあかぎ〉が運転されています。 特急〈草津〉 上野駅から発着し、高崎線を経由したのち上越線・吾妻線へ直通し、草津温泉への入り口になる長野原草津口駅まで行く特急列車です。 平日に2往復、土曜・休日に3往復運転しています。 高崎線内の停車駅は、上野駅・赤羽駅・浦和駅・大宮駅・熊谷駅・高崎駅です。 以前は高崎線内の停車駅が多く、上尾駅・桶川駅・深谷駅・本庄駅などにも停車していましたが、快速列車との棲み分けからかだんだんと減らされ現在に至ります。 特急〈あかぎ〉〈スワローあかぎ〉 高崎線・両毛線沿線から東京への足として運転している特急列車です。 運行時間帯は下りは夕・夜間、上りは朝~午前のみと、沿線から東京への往復利用に便利なダイヤになっています。 列車名の違いは運転する日と料金の違いで、〈あかぎ〉が土曜・休日に運転し自由席連結、〈スワローあかぎ〉は平日に運転し全車指定席です。 〈スワローあかぎ〉は「スワローサービス」という着席サービスが導入され、通常より指定席特急料金を値下げした上に、乗車前に特急券を購入する事前料金ではさらに安い料金になりました。 同様の料金体系はその後常磐線・中央線にも導入されています。 運転本数は、平日運転〈スワローあかぎ〉の上野~熊谷間が上りのみ1本、上野~本庄間が下りのみ3本、上野~高崎間が下り3本・上り1本、上野~前橋間が下り2本・上り1本、新宿~高崎間が上りのみ1本です。 土曜・休日運転〈あかぎ〉の上野~高崎間が下り1本・上り1本、上野~前橋間が下り1本・上り1本、新宿~前橋間が上りのみ1本です。 昼行列車 特急〈水上〉 上越線へ直通する特急〈水上〉が上野~水上間に毎日運転されていました。 現在も臨時列車として走るときがあります。 かつては上野~新前橋間で〈草津〉と併結した14両編成で運転していました。 特急〈あさま〉〈白山〉 長野新幹線開業までは、高崎駅から信越線へ直通し長野駅・直江津駅へ向かう特急〈あさま〉が、1時間に1~2本の高頻度で運転していました。 大宮~高崎間はノンストップの列車もありましたが、一部は熊谷駅・深谷駅・本庄駅に停車していました。 さらに、長野駅から先、北陸方面(現在の北陸新幹線に沿ったルート)へ行く特急〈白山〉が上野~金沢間に1日1往復していました。 夜行列車 寝台特急〈あけぼの〉 2014年3月までは、上野駅から東北地方へ向かう寝台特急〈あけぼの〉も運転されていました。 最後に残った東北方面のブルートレインで、酒田・秋田廻りの上野~青森間を走っていました。 寝台特急〈北陸〉・急行〈能登〉 2010年3月まで、上野駅から北陸へ向かう寝台特急〈北陸〉・急行〈能登〉が運転されていました。 ともに上野~金沢間を上越線(長岡廻り)経由で運転し、〈北陸〉は全車寝台だったのに対し、〈能登〉は全車座席でした。 さらに一時期は、下り〈能登〉は高崎線の最終普通列車よりも遅く発車し、かつ上尾駅などに停車していたため、事実上の終電となっていたこともありました。 快速〈ムーンライトえちご〉 2009年3月までは、新宿~新潟間を走る快速〈ムーンライトえちご〉も走っていました。 全車指定席でしたが、快速列車のため青春18きっぷでの利用も可能でした。 上り新宿ゆきは高崎発の普通列車の始発よりも早く、指定券をもっていれば高崎駅での1日の始発列車としても機能していました。

次の